So-net無料ブログ作成

日本経済の心臓 証券市場誕生! [★本(経済)]


日本経済の心臓 証券市場誕生!

日本経済の心臓 証券市場誕生!

  • 作者: 日本取引所グループ
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2017/12/15
  • メディア: 単行本



1 江戸期ー証券取引の夜明け
(米は大坂を目指す/蔵屋敷と米切手/大坂米市場の概要 ほか)
2 明治・大正期ー兜町と北浜
(明治初期の堂島米会所/取引所設立の背景ー武家の退職手当(秩禄公債・金禄公債)の売買/取引所設立の背景ー生糸と洋銀取引と明治期の新しい経済人 ほか)
3 昭和期戦後の証券市場復興と隆盛
(戦争下の兜町(昭和20年)/終戦ー新円交換と集団売買(昭和20~24年)/「国民一人一人が株主に」-その1 財閥解体・財産税の物納・特別機関解体 ほか)

------------------------

勉強になります。
そこそこ重みのある本ですが、比較的あっという間に読破しました。
写真や絵も、そこそこ載っていて分かり易いしな。
この本の最初は江戸時代の米相場からです。米の証券の売買ですかね。
でもって、現在の経済の繁栄発展につながる株式会社制度による株式の売買になっていく。

自分の本職はSEですが、比較的、証券系の仕事をしていた期間も多かったので証券は割合身近に感じるのです。
お堅い仕事ではありますが、銀行系よりかは固くないと思う。

こないだ東陽町のHSUから永代通りを日本橋まで歩きましたが、そこいら辺が日本の証券市場の原点となる場所になります。
東証も、遥か昔、内部を見学した事もあったなあ。

最近は仮想通貨などが投機の対象になったりしていますが、やはりちょっと証券などの売買とは違うよね。
まだ証券の方が中身がある。
仮想通貨になると、中身が全く無い感じ。
いや、この違いは大きいよ。

自分は投機レベルになると、ちょいと邪道かなと思うけど、投資レベルであるならば、比較的好意的に見ています。
特に定期積立の株式分散投資であれば、安い時も高い時も買い続ける事になるので、長期的に考えると"お得感"は高いものになります。

新文明建設にあたっては、株式会社制度による経済の発展繁栄も重視しております。
とりあえず、若い人も年寄りも、この本は勉強のため読んでみてください。

タグ:証券市場
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

知られざる天才作曲家 水澤有一 「神秘の音楽」を語る [仏法真理(霊言-芸能、スポーツ、テレビ)]


知られざる天才作曲家 水澤有一 「神秘の音楽」を語る (幸福の科学大学シリーズ 95)

知られざる天才作曲家 水澤有一 「神秘の音楽」を語る (幸福の科学大学シリーズ 95)

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2018/03/15
  • メディア: 単行本



五感を超えて、心を癒してくれる天国のメロディー。
▽インスピレーションを得るための秘訣
▽心や磁場を浄化する“結界”音楽の力
▽ギリシャ、日本神道、古代文明の旋律とは
心の静寂、魂の躍動、女神界の調べ、そして古代の旋律――
多様なる幸福の科学の音楽を手掛ける天才作曲家。
宗教性と芸術を融合するクリエイティブの秘密に迫る。
【音楽好きな人、クリエイターをめざす人 必読のテキスト】

----------------

自分が本当の意味で水澤さんの音楽の素晴らしさを感じたのは、映画『太陽の法』であると思う。
現在の日本人は、全然わかっていませんが、ここいら辺の音楽は、宗教音楽としては最高峰に近いのではないかと思う。
もう、キリスト教系の音楽をも超えています。
大川隆法総裁の説く教えは、エルカンターレの法として、全世界に広がり、定着し、何千年と残って人々を導いていきますが、同時に、水澤さんの音楽も残っていくはずです。





はっきり言って、芸術界は今が勝負の時でしょう。
まだ光が地上を照らしている時に、いかに芸能、芸術革命まで起こせるか。
これが今回の地球始まって以来の霊性革命のミソの部分ではないかな。
今から100年、200年経過して、他の国で花開くのでは、あまりにも残念な事ではある。

今、人類が一つになるかどうかの瀬戸際です。
ここで現代の文明を終わらせて、しばらくしてどこかの地で文明の再出発を行うか、もしくは日本発の世界宗教と文化・芸術を花開かせて、人類の未来を切り開くか。

音楽の道を歩んでいる人も、新しい時代を創造する音楽の道を切り開いていただきたい。

ついこないだ、会社帰りにTOKUMAのコンサートとかも行きましたが、まあ、水澤さんとは、ちょっと音楽のジャンルは違いますが、ホント、頑張ってもらいたいです。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

「太平天国の乱」の宗教革命家 洪秀全の霊言 ―北朝鮮の「最期」と中国の「次の革命」 [仏法真理(霊言-政治、軍事)]


「太平天国の乱」の宗教革命家 洪秀全の霊言 ―北朝鮮の「最期」と中国の「次の革命」― (OR books)

「太平天国の乱」の宗教革命家 洪秀全の霊言 ―北朝鮮の「最期」と中国の「次の革命」― (OR books)

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2017/12/09
  • メディア: 単行本



【緊急発刊!】
アジアの歴史が変わる瞬間を、あなたは目撃する。
第二次朝鮮戦争が、まもなく始まる!
北は崩壊し、次に中国で起こるのは!?
中国近代化のきっかけとなった「太平天国の乱」。
その指導者が語った、アジア情勢の衝撃の未来予言。

まえがき
1 明治維新と同時代、中国でも数多くの革命運動が
2 宗教革命家・洪秀全の運動はどんなものだったか
3 なぜ、中国は宗教運動をこれほど恐れるのか
4 「次の国家の中心軸を何にするか」の戦いだった
5 革命家たちに啓示を与えていた霊存在とは
6 革命の「失敗の本質」、本人が振り返る
7 異形の大国・現代中国の成立史を分析する
8 次の反革命(1)―誰がどこで
9 次の反革命(2)―時期と展開
10 次の反革命(3)―日本の使命
11 北朝鮮有事「3つのシナリオ」、その後の革命戦略
12 世界史を構想する巨大な霊エネルギー
あとがき

--------------------
ちょっと紹介を忘れていた本の一つです。
去年の暮れに出た洪秀全の霊言です。

洪 秀全(こう しゅうぜん)は清代の宗教家・革命家。キリスト教を基にした宗教教団、拝上帝会を興し天王を自称、南京を首都として清に反旗を翻し、国号を太平天国とした(太平天国の乱)。
(wikipediaより)

自分は昔、けっこう世界史は勉強した方だと思うので、洪秀全は全然知っています。
あまり内容は覚えていませんが、下記の本も買った記憶があります。

洪秀全―ユートピアめざして (中国の英傑)

洪秀全―ユートピアめざして (中国の英傑)

  • 作者: 小島 晋治
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1987/02
  • メディア: 単行本



しかし、今、この霊言を紹介するのもタイミングとしていいのではないかね。
習近平さんが、自身の任期を撤廃して皇帝宣言をしたようなものだけど、中国国民も、「そう簡単には支配されないよ」と、いった形で、現在の体制に対する革命勢力がどんどん出て来るという事です。
北朝鮮崩壊の次は、中国共産党一党独裁体制の崩壊という事ですね。

ま、習近平さんも宗教勢力は怖いだろうから、今、どんどん圧力をかけているんだろうが、けっこう中国の人々も、やる時はやるからね。
そもそも今の中国の人々は、日本やアメリカの姿を見て、自由主義国家とはどういったものか知っているからさ。
出てくるべきものは必ず出て来る。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

【ニュース】トランプ 金正恩と会談か!?【ザ・ファクト2018.03.09】 [The FACT]



東日本大震災から7年が経過しました。
もう7年というか、まだ7年というか、あの頃の記憶はまだまだ鮮明に覚えていますね。
被災した方々も、今も厳しい方も多いでしょうが、今後も底力を出して頑張っていただきたいと言うしかありません。
平和で明るい未来は、やはり努力して創っていかないとなかなか達成できないものかもしれません。

で、The FACT最新刊です。
北朝鮮に対する経済制裁やトランプ大統領の圧力が、かなり効いている事は事実な様です。
しかし、今後、平和ムードで進んでいくと考えるのは、あまりにも短絡的な発想でしょうね。
朝鮮半島に関しては予断を許さない状況だと思います。

守護霊霊言、
「文在寅守護霊vs.金正恩守護霊」
は、幸福の科学の支部にて拝聴してきました。
まあ、どちらも本当にくせ者と言うか、何と言うか、日本にとっては難しい人たちですわ。
この守護霊霊言は、当然、トランプ大統領の方にも伝わっていくでしょうから、正しい判断材料にしていただきたいと思います。

以上の半島問題と共に、習近平氏の独裁政権の確立も、実に実に厳しい問題を日本とアジアの平和を脅かす問題として浮上してきました。

中国・全人代が開幕 国家主席の任期撤廃で「皇帝」を目指す習近平

歴史は繰り返すと言うが、経済発展をさせて国民をある程度豊かにし、独裁化を進めていくプロセスなど、ヒトラーに非常に似てます。
今、日本の政治は混乱していますが、もう内部で内輪揉めしている場合ではないのです。

本当に昔から何度も言うが、幸福実現党を国会で活動させないと駄目な時期がすぐそこに迫っているのです。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

「僕は魔法が使えない?」を見に行った。(3/3) [その他]

カミさんと東陽町HSUキャンパスへ「僕は魔法が使えない?」を見に行った。
劇はまた映画とは違って一発勝負で、聴衆も役者も、そのままですから緊張感があります。
90分の公演でしたが、長くも短くも感じず、非常に良かったと思います。
こうした公演を重ねて、どんどんと演技力、舞台勘を磨いていって、メジャーになっていってもらいたいですね。
そしてそれは十分可能でしょう。

ストーリー的にも、仏法真理の光を伝えるものを、これでもかこれでもかと出していくのがいいですよね。
もともと現代の演劇のルーツも、かつてギリシャで、神々への賛歌みたいな形で行われていたものだと思うのだよね。無神論の劇など問題外でしょう。
演劇に神々を復活させてもらいたいですね。

IMG_20180303_160013.jpgIMG_20180303_165722.jpgIMG_20180303_174258.jpgIMG_20180303_174310.jpgIMG_20180303_184746.jpg

前、東陽町HSUを見に行った帰りと同じく、日本橋くらいまで永代通りをカミさんと歩いた。
木場、門前仲町、茅場町、この辺りは、まあほとんど自分の仕事場でしたから。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

『信仰の法』の意味するもの [仏法真理(法シリーズ)]

未来館に「信仰の法」に関する研修を受けに行った。
まあ、この本の重要性を、研修を受けて初めて感じているわけでは無いが、実に実に大変な書籍であると、更につくづくと感じる。
正直、ブログでどうこう書いて済む問題では無い。
日本の歴史の中で一番重要な最重要書籍である事は当然で、聖書やコーランや仏典よりも上位にあたる書籍です。
この書籍が出て、早3か月くらいになりましょうか。
まだまだ日本人も、世界の人々も、この書籍の内容の驚天動地の内容に気づいてはいません。
この本を読むにあたって、下記などは前提として受け入れてもらいたい。

①キリスト教、仏教、イスラム教等の宗教は、神仏が人類を正しい方向に導く為に、意図的に説かれたものである。神仏が意図的に説いたのです。
②人類の歴史は2000年、3000年レベルではなく、3億年以上前に遡る。
③直近では、1万年以上前にアトランティス文明、その前にムー文明、そのまた前にレムリア文明等あったが、大陸ごと沈没したりしている。
④人間は、転生輪廻している。今、日本人でも、かつては別の国に生まれたり、もっと昔はアトランティスやムーに生まれていた事もある。
⑤当たり前だが、霊界は100%ある。天国も地獄もあれば、天使や悪魔も存在する。
⑥当たり前だが、宇宙人はUFOで地球に飛来しているし、今も昔もそれは変わらない。

などなど、こうした事は、まずは基本的な事として考えてもらいたい。
あまりにも唯物論にどっぷり浸かっていると真実の一部さえも全く認識できなくなります。
今、こうした大きな教えが説かれのは、意味があるからです。
もう今じゃないと駄目だからです。
今が人類の転換点であり、危機の時代でもあるという事です。

ここ数年、少なくとも10年のうちに大きな変動が起こる事は予想されますね。
人為的なものもあるでしょうし、自然現象として起こるものもあるでしょう。
この時代の意味を知るべきです。

IMG_1534.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

あなたも監視されている恐るべき中国の監視社会 [The FACT]



自由があるうちに自由を守らないと。
失ってからでは遅い。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門 [本(経営)]


USJを劇的に変えた、たった1つの考え方  成功を引き寄せるマーケティング入門

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門

  • 作者: 森岡 毅
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2016/04/23
  • メディア: 単行本



プロローグ USJがTDLを超えた日
第1章 USJの成功の秘密はマーケティングにあり
第2章 日本のほとんどの企業はマーケティングができていない
第3章 マーケティングの本質とは何か?
第4章 「戦略」を学ぼう
第5章 マーケティング・フレームワークを学ぼう
第6章 マーケティングが日本を救う!
第7章 私はどうやってマーケターになったのか?
第8章 マーケターに向いている人、いない人
第9章 キャリアはどうやって作るのか?/エピローグ 未来のマーケターの皆さんへ

----------------

2年近く前の本ですが、本屋でパラパラめくって参考になりそうなので買って読んでみた。
読んでいて、「うーむ、この人は目のつけどころが鋭いな」と思った。
経済における戦略家そのものですね。

そうなんですよね。
商売の基本は、お客さんが何を望んで、何にお金を払うか、そこが一番のポイントで、会社の組織論的なものは、その次でしょう。
今の日本が遅れを取っている部分とも言えるのかな。

ちょっと先般読んだ、『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」』が、商売の創造性の部分の開発とすれば、こちらのマーケティングは、フィールドワークや戦略的発想による商売の地盤固めとも言えましょうか。

創造とマーケティング、そのどちらも必要じゃないかね。
創造だけでは、その商品やサービスが売れるものか確実では無い。
ただ、マーケティングだけでも、人々の潜在的なニーズを導き出す事は難しい。

いずれにせよ、「創造性」においても「マーケティング」においても、今の日本というか、先進国全般は、まだまだ掘り込みが甘いでしょう。
今後の、10年、30年、50年、100年と、この部分の強化無くして経済の発展・繁栄は無いと言えるのではないかな。

そして、さらに根本の部分には、仏法真理がどうしても必要だ。
仏法真理の部分が、羅針盤になるからだ。
これが無いと文明の方向性が決まらない。
創造性もマーケティングも、道具と言えば道具であり、それをどう良い方向に使うかが、文明の明暗を分ける。
マーケティングしたら、「スマホやPCでゲームしたい人がこれだけいた」とかやって、年がら年中ゲームばかりして依存症の人の山になっても困るでしょう。
絶対に、根本には、仏法真理の教えが必要なのです。

------------------

けっこう感動した↓
「人間性も金メダル級」 ライバルたたえた小平奈緒を韓国メディア絶賛
あと、小平選手を支えた医院もホント偉いと思う。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

【ニュース】「日本には北朝鮮のスパイが存在する」三浦瑠麗氏スリーパーセル発言について【2018.02.17】 [The FACT]



当然、在日韓国人の事を言っているわけではありませんので、炎上する理由は無いでしょう。
北朝鮮との争いが起こった時には、彼らが活動する可能性は高いと考えるのが常識的な判断ですからね。
特に、今は、北朝鮮の存亡がかかっている時期ですから物凄く可能性が高いのではないですか?
韓国内にも相当、潜入してるでしょうし。

ちょっとFACTでは言及してないですが、以下の件なども、ウーム、これは当然、中国当局に疑いがかかるよなあ、と思わせられる事件だと思います。

世界遺産チベット寺院の炎上映像削除 中国当局、情報統制

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」 [本]





第1章 論理的・理性的な情報処理スキルの限界
第2章 巨大な「自己実現欲求の市場」の登場
第3章 システムの変化が早すぎる世界
第4章 脳科学と美意識
第5章 受験エリートと美意識
第6章 美のモノサシ
第7章 どう「美意識」を鍛えるか?

---------------------
以前、ザ・リバティの書評に載っていた本です。
ま、もともとはカミさんが買ったのだけど、あまりにもアカデミックな内容なので読めないらしく、自分が読んだ。
確かに、ちょっと学者っぽい書きっぷりで、インテリっぽい人にはいいのかもしれない。

あまりよく知らないのだが、グローバル企業では最近、エグゼクティブトレーニングにアートスクールや美術系大学を利用しているらしい。
理由は、簡単に言ってしまえば、この本の第1章のタイトルそのものですわ。
現代の経営は、あまりに論理的、理性的になりすぎていて、美意識や感性の部分が弱くなってしまっている。とにかく経営の判断の中心は、数字・数字・数字・・・・。

でもって、法律が網の目の様になっており、かつ、法律が追い付いていない分野での判断も、時には必要になる。例えば、仮想通貨やなど、その最たるものではないかね。

経営とアートについて非常にわかりやすい例は、アップルコンピューターなどで、ジョブズは一回追い出されるわけだけど、彼の想像力が無ければアップルは成り立たない、という事で、再び復活し、業績も回復した。論理的、理性的な経営では人々の心に訴えかける製品を創れなかったわけですな。

まあ、全体的に小難しく感じる部分や、脳科学を持ち出して来るので「唯物論者か」と思ったりするところもありますが、未来企業の在り方を考えるうえで参考になる本かもしれません。
もっと考えを深めていけば、最終的には神への信仰や、宗教心にまで本当は行きつくはずですがね。
美意識の先は信仰になるはずです。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

Wedge (ウェッジ) 2018年 2月号 [雑誌]


Wedge (ウェッジ) 2018年 2月号 [雑誌]

Wedge (ウェッジ) 2018年 2月号 [雑誌]

  • 出版社/メーカー: 株式会社ウェッジ
  • 発売日: 2018/01/20
  • メディア: Kindle版



■特集 中国「創造大国」への野望/山口亮子、川手恭輔、Wedge編集部
PART1 「大衆創業、万衆創新」 起業ブームが広がった理由
PART2 起業の一大拠点・北京「中関村」 人と金が出会う街を歩く
PART3 ハードウェアの聖地・深圳 ものづくりエコシステムの正体

■WEDGE_OPINION
日英同盟「復活」で多層的な安全保障協力を/秋元千明(英国王立防衛安全保障研究所アジア本部所長)
米中サイバー規制が企業に強いる〝変革〟/國分俊史(多摩大学大学院教授)

■WEDGE_REPORT
進まぬ太陽光発電のコストダウン 入札失敗からみえる政策形成の不備/朝野賢司(一橋大学イノベーション研究センター特任講師)
本末転倒の林業政策 山を丸裸にする補助金の危うさ/田中淳夫(ジャーナリスト)
無謀か英断か 楽天の携帯事業参入/尾崎史生(ジャーナリスト)
日本を「仮想敵国」とする韓国海軍の空母導入計画/高橋一也(ジャーナリスト)

■NEWS_TOPICS
「次世代型原発」で米中が接近 ビル・ゲイツもMITも参画/山本隆三(常葉大学経営学部教授)
など。
--------------

中国のものづくりは着々と進んでいる感じだ。
そして、徐々に「モノマネ」から創造性へと、その立ち位置をシフトしているようだ。
日本は自由主義国家であり、中国は共産主義、社会主義を軸とする国家であるはずが、経済に関しては、逆転しかかっているのではないか。

原発もどんどん増やしていて、現在37基を運用していて、20基以上を建設中だそうだ。
そして、軍事も時間の経過と共に、強化を続けている。

南シナ海の中国軍事拠点が完成か 比メディアが明かした中国の野望

日本としては、けっこう厳しいな。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog