So-net無料ブログ作成
検索選択

「公益」資本主義 [本(経営)]


「公益」資本主義 (文春新書)

「公益」資本主義 (文春新書)

  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2017/03/17
  • メディア: Kindle版



たまたま買った本ですが、この人は
Wedge (ウェッジ) 2016年 3月号
に書いた人ですね。
この本の副タイトルは「英米型資本主義の終焉」。

あまりにも株主重視の会社制度へ警告を鳴らしています。
まあどう考えてみても極端な株主重視の制度はおかしいよね。
この本で、例えばという事で、アメリカン航空をあげている。
アメリカン航空経営陣は、経済的苦境に立ち、従業員に340億円の給与削減を求めた。
従業員も、会社が無くなってはという事で仕方なくそれを受け入れた。
ただ、この給与削減で苦境を脱した経営陣は、その功績により200億円のボーナスを受け取ったとの事。

株主から見たら、会社の価値を上げたという事で経営陣を評価したのだろうが、はっきり言って、もうこれは末期症状ですね。
欧米の会社は、いいところもあるのだろうが、こうした状態が常識化してるのでは、はっきり言って先は無いと思います。

やっぱ、株主、経営陣、社員、顧客、社会全体、それぞれの幸福を考えるような仕組みにしないと駄目でしょ。
一時的に株価を上げて、ストックオプションのボーナス貰って、とんずらする様な経営陣は、それこそファイヤー!(クビ)だ。
株主も、自分らの儲けばかり考えるなよ。

この愛の無い会社制度、株主資本主義は駄目です。

行動や言葉のなかに「神の愛」を 大川隆法総裁 御生誕祭法話「愛から始まる」“Starting from Love”

という事で、今後の時代は、愛のある時代にしなくてはいけません。
そして、無神論の愛では枯渇してしまうので、根本は神の愛でなくてはいけないのだ。
マジで、無神論、唯物論で愛を語っていたとしても、やはり枯渇してしまうのだよね。

この公益資本主義には大いに賛成です。
どんどんこれを広めていってもらいたいと思うし、自分も広めたい。
ただ、無神論、唯物論のままでは、おそらくどこかで壁にぶち当たることが推定されますので、その先の、まともな宗教心の復活まで行ってもらいたいと思う。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

日本にとってもアメリカにとっても、もうタイムリミットだろう。 [The FACT]

日本にとってもアメリカにとっても、もうタイムリミットだろう。
北朝鮮問題に関しては、日本が今から軍事力増強、憲法改正等言っている場合ではありません。
もう目の前の出来事です。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

マスコミと戦い、中国の覇権と戦うトランプ大統領 [The FACT]

都議選が終わり、結果を見ると、なんとまあ都民ファーストの馬鹿勝ちですか。
何だか大阪と同じことの繰り返しをやっているような感じにも見えますね。
本当に都民ファーストで選挙に出て当選した人々は政治家の器であるのかどうか今後、結果として出て来るでしょう。

政治家は誠実さと、それと信念が無いと今はできないね。
マスコミに迎合したり、批判を恐れて言うべきところを言わなかったりしていたら本当に正義を貫いて政治を行う事はできないでしょう。

マスコミと戦い、中国の覇権と戦うトランプ大統領など、今の日本の政治家が見習うところが多々あるのではないでしょうか?





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

荒川区民へ西野君の熱き思いをぶつけろ!!! [幸福実現党]

政治は、誠実さと情熱だ!!!



タグ:西野アキラ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

時期は迫っています。荒川区は西野君にお願いします。 [The FACT]

人知れず危機が迫っている予感はします。
少しでも幸福実現党の議員が必要です。



荒川区の皆さまは、是非、西野君にお願い致します。
こないだ会いましたけど、
私、西野君が新入局員の頃、同じ支部で活動してました。
話しっぷりでもわかる通り、本当に誠実な人物です。
政治家は誠実さがまず第一でしょう。
もう誠実さがあって、他のものは「ついで」、「おまけ」です。
こうした人物を政治家にすれば、自然と世の中は良くなるのです。

何卒、宜しくお願い致します。m(__)m



タグ:西野アキラ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ザ・リバティ 2017年 07 月号 [The Liverty]

☆彡mat's page 記事数2000達成!☆彡


ザ・リバティ 2017年 07 月号 [雑誌]

ザ・リバティ 2017年 07 月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2017/05/30
  • メディア: 雑誌



【特集】北ミサイルから家族を守る/憎しみを乗り越えるための宇宙からの視点

脅威は「北」だけじゃない
   文在寅韓国大統領は金正恩より怖い
   文大統領はイタリアの独裁者の生まれ変わりだった!?
【特集】「核」着弾まで3分。その時、何をする?
   北ミサイルから家族を守る
   生存率を上げる33の行動
   インタビュー
   札幌医科大学物理学教授 高田純
   元陸自化学学校副校長 濱田昌彦
皇室のルーツは沖縄にあった
など。
------------------

もう次の号が出てしまいます。
しかし、北朝鮮のミサイルの脅威が無くなったわけではないですから。
文在寅韓国大統領も、段々と正体を現して来ました。
まだまだ日本を取り巻く情勢は、
「戦争は絶対、しちゃいけない」
と語るだけでは済まされないものがあるのです。

そりゃ、日本人全員が、北朝鮮人民みたいに何をされてもかまわないと言うのでしたら戦争は起こらず、日本と言う国と民族が消滅するだけでしょうが、そうなるくらいだったら命をかけて防衛、反撃した方が未来のために良いでしょうが。

日本に核ミサイルを落とされて、朝鮮半島に支配されるという筋書きを望んでいる日本人はいないでしょうが、防衛のための戦争や、攻撃を食い止めるための軍備増強までしちゃいけないと言うならば、自然と日本は消滅していくのを許している亡国論者になってしまうわけです。

確かに、防衛と攻撃のバランスは難しい事は事実です。
「君のまなざし」でも、道円の行った事がどこまで悪なのか、かなり難しいところです。
まあ、心が悪魔に乗っ取られてしまったら人間としては悪でしょうが、子供たちが全員殺されて、それに対して何もしないわけにはいかないだろうとは思います。

うーん、あの時、お師匠さんのところに行かず、子供たちを守るために何日間か防衛体制を整えておいた方が良かったと言えば良かったのだろうが、なかなか未来はわからないからな。
映画を日本に例えれば、北朝鮮に日本のどこかが核攻撃されて何千万かが亡くなり、もう、正規軍も何も関係無く、特殊部隊を編成し、北朝鮮を滅亡させる、という様な形になろうか・・・。

やはり最善の策は、相手に攻撃を与えず、防衛力を強化しつつ、相手の悪の体制を修正させる事だろう。
軍事力が弱ければ戦争に巻き込まれないなどという事はありません。
戦争を起こさせないための軍事力強化は、今の日本にどうしても必要な事であるのです。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

間違ったものには正しい批判を! [The FACT]

当たり前の事だが、間違ったものには正しい批判をする事も必要です。
間違った考えを持った指導者に、勝手に好きなようにやらせるのが幸福ではないのです。
やっぱ、指導者は人々の幸福を左右する存在なので、正しい指導者を選択するのは本当に大変な事なのです。
ま、全人格を否定するような批判はあまりよろしくないが、多くの人々の幸福や運命に関わる指導者の判断の誤りに対しては厳しい批判が必要になろう。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

永遠なるものを求めて ―人生の意味とは、国家の理想とは― [★仏法真理]


永遠なるものを求めて  ―人生の意味とは、国家の理想とは―

永遠なるものを求めて ―人生の意味とは、国家の理想とは―

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2017/06/09
  • メディア: 単行本


私たちは、何のために生きるのか。 国家とは、どうあるべきなのか。

北朝鮮のミサイルに対し、何もできない日本にNO!
自由を奪われた北の国民のために、日本人が訴えるべき正義とは何か。

北朝鮮にみる全体主義国家の4つの特徴と問題点を指摘し、人類普遍の真理から「個人」と「国家」の幸福論を導きだす。

【ベストセラー『伝道の法』がよくわかる! 大反響の最新講演会を早くも書籍化。】

まえがき
第1章 人生を深く生きる
    ――「生まれてきてよかった」と言える人生と幸福な社会の築き方
第2章 永遠なるものを求めて
    ――「人を不幸にする全体主義国家」をなくすために
あとがき

---------------------------------
人生の基本的な疑問は、
「なんで自分は生きているのだろうか?」
「なんのために人は生きるのか?」
という事だろう。

これって親から教わる? 学校で教わる?
まあ、教わる事はないでしょう。
何故ならその答えを誰も答えられないから。

しかし、何となく人生を生きるっておかしく思わないかね?
やっぱり、人生は目標を持って生きるのが正しい姿だと思っています。
ま、幸福の科学の仏法真理を学んでいたら、その答えは1ヵ月くらいしたらわかって来るでしょう。
自分も学んだから分かるのであって、大川隆法総裁に教えてもらわなかったら、もっとかなりぐらぐらした人生観だったと思いますね。

自分として理解している事としては、少なくとも、「自分だけ幸福になればいい」という考えは間違っている。
自分の幸福も大事だが、自分以外の人々の幸福も、かなり大事な事なのだ。

そして今の時代、「個人」と「国家」の幸福論の両方が必要という事です。
例えば、もう北朝鮮に生きている人々は客観的にかなり不幸な状況に何十年も生きている。
こうした事は、やはり地球に生きる仲間として何とかしなくてはいけない問題ですよね。
個人の幸福の原理だけでなく、社会全体としての幸福も、今の時代、追及しなくてはいけないのです。

もちろん、日本国内の幸福の総量を増やす事も大事だけれど、日本人から見たら幸福のランクが2ランクも3ランクも低い北朝鮮の様な国でさえも、最終的には幸福な方向へ持っていかなければいけない事なのですわ。

今の時代、日本に人間として生きている人々は、
本当は、もっともっとやるべき事がいっぱいあるはずなのだよねえ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

渡部昇一 日本への申し送り事項 死後21時間、復活のメッセージ [仏法真理(霊言-学者、評論、マスコミ)]


渡部昇一 日本への申し送り事項 死後21時間、復活のメッセージ

渡部昇一 日本への申し送り事項 死後21時間、復活のメッセージ

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2017/04/27
  • メディア: 単行本



「勇気」と「誇り」を取りもどせ。
もう一度、日本の陽は昇る。

“保守言論界の巨人”が日本人に遺言。
生前退位――「上皇」「院政」ではなく「摂政」を
         天皇制の本質と皇室の危機について
半島有事――トランプは必ず攻撃を実行する
言論戦 ――「南京事件」「慰安婦」の誤りを糾した戦い
        「ロッキード事件」と「角栄裁判」の核心
マスコミ――正論を認めず、世相を反映しない問題点
知的生活――若き著者に、そして多くの人びとに影響を与えた「知的鍛錬の大切さ」とは

まえがき
1 渡部昇一氏と幸福の科学の深い縁
2 死後21時間の渡部昇一氏の胸中とは
3 伝統宗教のトップと大川総裁は、どこが違うか
4 大川総裁との対談の際に驚いたこと
5 日本人に遺す言葉
6 なぜ、渡部氏は日本文化とキリスト教圏の両方に親和性があったのか
7 本当のことを、言い続けよ
8 人間的賢さとは何か
9 日本の行く末をどう見るか
10 他の学者は知らない“魔法の力”を使っていた
11 渡部昇一氏の過去世の秘密
12 日本の陽は、また昇る
13 戦後日本で活躍した渡部昇一氏の霊言を終えて
あとがき
----------------------

亡くなったのが4/17ですから、もう2ヵ月になりますので、渡部昇一先生も地上の挨拶等を終え、霊界での生活を始められているのではないかと思います。

まあ、この霊言は、亡くなってから21時間で収録されたものですが、
もうこれなんて渡部昇一先生御本人以外に考えられまいと誰もが思っていいのではないかと思います。
人間の本質は霊的なものであって、肉体が滅びても霊的存在として生き続けているわけですね。

もうこれがわかれば幸福の科学のやっている事も、幸福実現党のやっている事も、すべてつじつまが会ってわかるのではないかと思います。

この霊言は亡くなって21時間ですから、ほぼ生きていた時の延長線上だと思いますので、それはそれで証明ですね。また1年後とかになれば渡部昇一先生も、あちらでの学びが相当増えるでしょうから内容も変わってくるかと。

ホント、「霊界は実在する」という事の証明を、
今、延々と大川隆法総裁は行っているわけですが、ぼちぼち日本人も驚愕していいんではないかと。
これ「宇宙人は実在した」
ってのと同じくらい衝撃的な事ですよね。
いやいや、すべての人々の未来にかかわる事ですから、こちらの方が重要っちゃー重要ですな。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

国軍の父・山県有朋の具体的国防論 [仏法真理(霊言-政治、軍事)]


国軍の父・山県有朋の具体的国防論

国軍の父・山県有朋の具体的国防論

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2017/06/09
  • メディア: 単行本



自分の国を自分で守るために。
政治家やマスコミができない、“あたり前の議論”をしよう。

北朝鮮によるミサイルの挑発や拡大を続ける中国の軍事力と覇権主義――

抽象的な言葉で責任をとらない政府と
日本の危機を伝えないマスコミにNO!
いま、私たちが知りたいのは、この国を守るための現実的な方法。

「憲法9条」をどうする?
「核装備」は必要か?
国を守る「勇気」と「気概」とは?

--------------------

山県有朋の霊言です。
2009年に幸福実現党が旗揚げした時、きちんと国民とマスコミが、それに答えてくれたなら平成維新は、かなり進んでいたとの事ですね。
口先だけで「平和、平和」と言ったところで、平和が維持できるわけではない事に、ホント、もう政治家もマスコミも国民も気が付かなければいけないのだけれども、未だにまともな議論は進んでいませんね。

北朝鮮は、このままいけば核ミサイルを実戦配備するでしょう。
「アメリカがなんとかしてくれるから日本では議論さえ必要ない」
というわけにはいかないはずです。

日本は、世界で一番、核攻撃を受ける可能性がある国となりつつあるのは明らかです。
マジでどうするのでしょうか?
国会で当然、議題に上がらなければいけない問題なのですが、ホント、この国は頭がどうにかなってしまっているとしか言いようがありませんわ。

この国は、まだまだ自虐史観と唯物論、宗教性悪説等の間違った空気に支配されています。
この洗脳を解かないと、この国は滅びてしまいますわ。
そりゃそうです。
隣の敵対国家が核ミサイルを完成させる寸前というのに、国会で具体的対処方法さえ議論されないのだから。

「アッコにおまかせ!」などで霊言が紹介されるレベルまで来たところは進歩ではあるが、これ本当に、幕末の日本みたいに、各藩が「日本をどうにかしなくては」
と議論したり、行動に移したり実践していかないと、もう間に合わなくなるという事に人々は気が付かねばいけないでしょう。

という事で、マスコミも国民も政治家も、この本を、真剣に読んでもらいたい。
冗談で霊言やっているわけではないのです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

凡事徹底と成功への道 [仏法真理(教育、自助努力)]


凡事徹底と成功への道

凡事徹底と成功への道

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2017/06/16
  • メディア: 単行本



大人気『凡事徹底と静寂の時間』続編
見失われた「悟りの心」を、現代によみがえらせる。

「仕事の生産性」が上がる。
「付加価値」を生み出せる。
成功しつづける人が実践している「基本動作」とは。
すべての世界で共通する、一流となるための法則を解説。

【日常生活や実務の中に流れる「宗教的感覚」とは何か――現代における「悟りの道」を説き明かす。】

まえがき
第1章 「凡事徹底」講義
第2章 質疑応答
あとがき
----------------

何事においても、プロを目指す人は、この本を読むべきだ。
というか、そうした人でなくても、もちろん読むべきだ。

やはり人間として生まれて、今の日本の様な地に生きているならば、目標は大きく持つべきであり、常に、より高みを目指すべきであろう。
「自分はこの程度の人間なのだから、そこそこやれればいい」
という様な考えも、もちろんあろうが、基本的姿勢は、自らに打ち勝ち、向上心を持ち続けてやっていく方がいいと思いますね。

ただ、短期的に無理をして、がむしゃらにやるというのではなく、基本はコツコツと地道な努力を続ける、という事だろうな。
努力の習慣化。
これができるかどうかだよね。

どうしても人間、易き方へ流されてしまいがちです。
自分も、ここんところパソコンのゲームとか、スマホのゲームとか、ただなのでダウンロードしてやったりしていましたが、さすがにそれで遊ぶ回数が多くなり、時間をそれに取られる事が多くなってきてしまったので、もうバッサリと削除しました。
多少の気晴らしはあっても良いが、人生の向上に役立たないものに時間を取られ過ぎてはマズイのです。

また、低いレベルの事柄で安易に満足してもいかんでしょう。
例えば、コンピュータの仕事なども、今、職場で必要な知識を最低限理解できていたら良い、というレベルでは、余りにも低いですよね。そこに一生、へばり付くつもりならそれでも良いかもしれんけど、今後の社会を考えるなら、高い知識や技術も必要でしょうね。

どーもねえ、前も書いたかもしれんけど、日本人も、ここらで奮起しないと中国とか韓国の若者に抜かされるよ。
日本の家電の没落と、中国のDJIとかHUAWEIの躍進が象徴的なんだよな。
今の日本人全体の努力レベルでは、今後、中国、インドなどに抜かされる可能性があると思います。

スマホやパソコンの活字や動画を見るよりかは、本を読む時間を増やすべきです。
ま、他人の事は、最終的に自由にはならんので、まずは自分がそうしろ、という事になりましょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

和田アキ子の守護霊メッセージ ―聞き手 千眼美子― [仏法真理(霊言-芸能、スポーツ、テレビ)]


和田アキ子の守護霊メッセージ ―聞き手 千眼美子―

和田アキ子の守護霊メッセージ ―聞き手 千眼美子―

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2017/06/16
  • メディア: 単行本



芸能界のご意見番は、守護霊も「豪快」で「繊細」で情け深かった。

千眼美子に大先輩から愛のムチ!?
厳しい芸能界を生き抜くための秘訣と知恵を、本音トーク。

▽「出家騒動」の真相を本人に逆取材!?
▽「礼節」と「責任感」について
▽「なぜ、私は歌うのか」――共感を呼ぶ秘密
▽人生は“自分だけの力”ではない
▽若い人たちに伝えたい「5つの心」
▽ついに判明! 華やかすぎる過去世

------------------------
6/11(日)の「アッコにおまかせ!」はおもろかった。
アッコさんも、「まさか自分の守護霊が出て来るとは!」
という事で、超びっくりされていましたね。
そりゃ、自分の守護霊が、いつの間にかインタビューを受けてるなんて普通在り得ないですわな。
番組が終わって、たぶん読まれたのではないかと思いますが、どう思われるでしょうかねえ。

直前世の守護霊は意外ですねえ。
「へーって感じです」
失礼ながら、和田アキ子さんの守護霊は、はっきし言って男性ばっかりと思いきや、女性もいるようです。

しかしまあ、ホント、過去世で徳を積んだのでしょうが、今回の人生も素晴らしい。
日本の厳しい芸能界で、これだけ長く第一線で活躍しているのだから人徳ですよね。
そうした秘訣とかも語られていますので、霊言という事を超えても、参考になるところは多いでしょう。

何十年も前だけど、自分も一回だけ和田アキ子さんの歌うのを見た記憶があります。
何かJAZZ系のコンサートだったかなあ。

今後も活躍される事を期待致します。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: