So-net無料ブログ作成

銀行員はどう生きるか [★本(経済)]


銀行員はどう生きるか (講談社現代新書)

銀行員はどう生きるか (講談社現代新書)

  • 作者: 浪川 攻
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/04/19
  • メディア: 新書



第1章 メガバンク「大量人員削減」の衝撃――瓦解した銀行神話
第2章 激変する銀行員人生――人員削減・配置転換の深層
第3章 米銀の現状に見る邦銀の未来――支店長の年収は激減
第4章 フィンテック時代の銀行――金融業の本質を問う

------------------
欧米の銀行は、リーマン・ショックの影響をもろに受けて、変わらざるを得なかった。
それも自分たち本位の変化では無くて、本当の顧客志向の変化でなければならなかった。
大きな収益をあげていた金融機関が、その収益が正当なものであったのかどうか? リーマン・ショックを起こし、そして救済されるという矛盾に対して、
欧米の銀行は、顧客志向に立ち戻らなければ、人々の信用を失い、この先、やっていけない事を悟ったのであった。
そして、
また、FinTechによって、生存競争にも晒される事になった。
銀行にも、アイデア、スピード、そうしたものが必要になって来たのだ。

日本の銀行も、幾分、遅れてはいるが、この先、大変な生存競争の時代に突入していく事になる。
大手の銀行に就職したから、この先、何十年と安泰だ、という時代ではもうないのですね。
これは、当たり前と言えば、当たり前の事でしょう。

日本のメーカーの力が低下しているが、今度は銀行です。
親方日の丸が守ってくれる時代でもない。
人々は正直だから、同じサービスなら安い方に流れます。
携帯電話会社なども、格安スマホなど、どんどん出て来ています。
これはもう時代の流れと言えましょう。

おそらくこの流れは、今後、公務員、教育現場、マスコミ、医療などにも波及していくと思います。
その業界が得ている収益は正当なものであるのかどうか?
こうした事が、どんどん追及されていくのでしょう。
テレビ局なども、もう、首都圏で数チャンネルしかない、などという事は許されなくなります。

ま、銀行員だけの問題ではないですよ。
こうした事は、全業界で起きて来る事なのです。

サラリーマンも、常に、勉強やアイデア、行動力、顧客志向、そういったものが求められる時代になって来たのだ。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

守護霊インタビュー トランプ大統領の決意 ー北朝鮮問題の結末とその先のシナリオー [仏法真理(霊言-政治、軍事)]


守護霊インタビュー トランプ大統領の決意 ー北朝鮮問題の結末とその先のシナリオー (OR BOOKS)

守護霊インタビュー トランプ大統領の決意 ー北朝鮮問題の結末とその先のシナリオー (OR BOOKS)

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2018/05/22
  • メディア: 単行本



「私を信頼してほしい。2020年までに、北朝鮮の悪しき体制を破壊するつもりだ」(トランプ守護霊)
全世界が注目!
6月12日「米朝首脳会談」に向けてアメリカの“対北朝鮮"戦略、そのトップシークレットに迫る。
▽「南北会談」について――金正恩は“負け"を認めすべての核兵器、ミサイル、生物兵器を放棄せよ
▽文在寅、プーチン、そして習近平――世界の指導者たちをトランプはどう見ているのか
▽東アジア、シリア、中東、そしてEU――最悪の事態に備えたアメリカの国家戦略とは
▽同盟国・日本に語る力強いメッセージ 国防を強化し「自分の国は自分で守る」体制を
【英日対訳】

------------------

だんだんと、その時が迫っている。
キムとトランプ大統領との話し合いは本当に行われるのだろうか?
まあ、いずれにせよトランプ大統領は大きな決断をするだろうと思う。

多少、地上の本人と守護霊との間には乖離もあるだろうが、基本路線は、かなりこの霊言で語られている方向に進むのではないだろうか。

問題は、日本だな。
オバマ大統領からトランプ大統領に代わり、日本は今、チャンスの時でもあろう。
こうした状況下、日本が、今後、韓国、北朝鮮、中国、東南アジア諸国に、どう向き合っていくかだろう。
アメリカの力は大きいが、トランプ大統領の任期の問題と、アメリカは東アジア情勢だけを見ているわけではない。
とにかく、日本が、謝罪、謝罪の繰り返しで、他国に対する力が弱まってしまうならば、北朝鮮が崩壊したとしても、新朝鮮半島国家、及び、中国に飲み込まれてしまい、東アジアから自由主義が消えてしまう。

そうした事態を避ける為、
幸福実現党と幸福の科学は、まだまだこの世の偏見と、
間違った唯物思想、宗教間の対立と闘っていかなければならない。

あー、マジでもっと会員とか協力者が増えて欲しい。
まだまだ全然、人も財力も足りないのだー。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

「さらば青春、されど青春。」を見て [映画]

大川隆法総裁の東京大学時代、商社時代、幸福の科学の立ち上げに関しては、いろいろなところで語られていましたが、それが映画になったものです。
『太陽の法』最終章などにも書いてありますが、この映画を見れば、大川隆法総裁という人は、どういった人なのか?
何故、幸福の科学を立ち上げるに至ったのか?
そうした原点の部分が描かれています。

こうしたものが映画として残れば、500年後の人々も、1000年後の人々にとっても福音でしょう。
今、イエスの時代の映像も、仏陀の時代の映像もありません。
ただ、今回は、映像も書籍も、かなり正確なものとして後世に残していく事ができる。
時代背景など、なかなかその時代はどうだったのかわからなくなってしまいますからね。
そして、日本だけでなく海外にも、遠くに届ける事が可能なのです。



自分がどこが感動したかと言うと、やはり最後の方で、この世の執着に打ち勝ち、降魔成道を成し、説法を開始するところでしょうか。
まあ、全人類にとっての福音の出発点ですからね。
自分の守護霊も含めて感動した感じです。
けっこう込み上げて来るものがあったので、自分の守護霊の方が、より一層、感動してたかも。

あと、会員ではないだろうな、
と思える役者さん達も、多々出ていましたので、
(京本正樹さんとかビートきよしさんとか)
まあホント、非常に有難かった。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

【ニュース】やはり歴史は繰り返す~第二次大戦前夜にソックリな現在の東アジア情勢【ザ・ファクト2018.05.11】 [The FACT]





やはり国レベルで行われる嘘、虚偽については国レベルできちんと反論していかないと。
従軍慰安婦や南京大虐殺に関しては、ほとんど証拠も無いし、最初の出どころは朝日新聞ですよね。
もう日本人も、韓国人も、中国人も、洗脳され続けるのはイカンでしょう。
左翼は戦争はいけないと言うが、こういった間違った洗脳を解く、という事こそ大事な事ではないか。
日本が悪い、日本が謝罪せよ。
こうした事を言い続けて平和が来ると思っているなら、それは違うと言いたい。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

今年(2018年)のGW [その他]

去年のGWは、四国の生誕館に行ったが、今年は遠出はしなかった。
4/28 駅で街宣。
4/29 自宅で会社の仕事の延長。
4/30 東京正心館で幸福の科学5月研修、幸福実現党9周年大会。
5/1,2 仕事。
5/3 大川総裁御法話を支部にて。駅で街宣。Liberty号外ポスティング。
5/4 幸福実現NEWS特別号ポスティング。
5/5 支部でトランプの霊言拝聴。
5/6 幸福実現NEWS特別号ポスティング。
てな感じで、まあ、休みか仕事かわかりませんが、基本的に自分の最終的な目標は、ブログの上の方にも書いてある通り、「日本を歴史上かつて無い程の超繁栄・リーダー国家とすることです。」
という事なので、無限未来を目指してやるしかないです。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

米朝会談に臨むトランプの"本心" 「3年以内に北の軍事システムを破壊」 [仏法真理(霊言-政治、軍事)]

米朝会談に臨むトランプの"本心" 「3年以内に北の軍事システムを破壊」

聞いておかなければイカンと思っていたので、支部へ「トランプの霊言」を聞きに行った。
これは日本の未来を左右する事なので、本当に大事な事です。

まあ、地上のトランプ大統領と、トランプ大統領の守護霊とでは、幾分、差はあるだろうと思うけど、大筋は同じでしょう。大筋は同じはずです。

まず、ノーベル平和賞ですが、はっきり言って、トランプ守護霊は、それを大して大事なモノだと全く思っていませんね。
どこぞの日本の大学教授などは、トランプ大統領がノーベル平和賞を欲しくて仕方がないような事をテレビで言っていましたが、「アメリカ大統領の権威は、スウェーデンやノルウェー人の出すノーベル平和賞よりも上です」みたいな感じで語っていましたね。
実際、そうでしょうね。
ノーベル平和賞をもらったオバマ大統領など、結局、軍事力を有効に使う事無く、北朝鮮をここまでのさばらせてしまっただけですよね。全然、平和を作り出したわけではないですよ。

本当に世界の人々の幸福を考えるなら、北朝鮮から軍事力を根こそぎにして、洗脳された国民を解放する事でしょう。何もしなければいいわけないでしょう。

基本、今回、トランプ大統領の新霊言を聞いた事により、物凄く、北朝鮮に厳しい態度で臨む事がわかりました。
そして、北朝鮮の後は中国かと。

---------------

しかし、中長期的には日本が本腰を入れて対応していかないと駄目なんじゃないかと。
日本が「平和のため、平和のため」と言うだけで独裁国家の奴隷になるのであれば、世界は独裁国家に支配される。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

司馬遼太郎 愛国心を語る [仏法真理(霊言-作家系)]


司馬遼太郎 愛国心を語る

司馬遼太郎 愛国心を語る

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2018/05/08
  • メディア: 単行本



全国民 必読!
天国からの緊急メッセージ
北の譲歩にアメリカが乗れば、日本は終わる。

習近平、金正恩、文在寅、プーチン……独裁者たちの「世界史を変える戦い」がはじまろうとしている――。
国際社会から置き去りにされる日本に、司馬遼太郎は何を語ったのか。

日本人へ、いま伝えたいことがある。
▽「財務次官セクハラ疑惑」に見る大局観なき“週刊誌政治”への警告
▽平和的対話の美名にだまされるな!
 北の延命戦略と韓国ファシズムの危険性
▽2050年までに地球の半分を支配へ
 中国が目論む「天下二分の計」
▽米朝首脳会談の先にある日本滅亡の可能性
 日本は“腰砕け”トランプの尻を叩く気概を

【いまこそ“英雄”が、この国には必要だ。】

---------------------------------------
まず、はっきり言って、日本の人々は、この霊言の山に関して、もっと真剣に驚かないと駄目だという事です。
あの世の世界があるから、既に死んだ人が霊言をするのであって、こんなの嘘で書けるわけありません。
というか、実際は書いているのではなくて、実際に人々の前で霊人とコンタクトを取り、大川総裁の体を一時的に貸して、霊言として語らせているわけです。そんな即興のモノマネ劇を何百回やって、人々を騙し続けられるわけないでしょうが。
これは本当の事なのだ!!!

もはや、信じる信じないの世界ではないのだよねえ。
人間は死んだら霊体になるのは、これは当たり前の事であって、どうしてこうも簡単な事実を日本人は速攻で認められないのか???
これを認めるのに何十年かかるのか??? 50年か? 100年か?

いや、本当は認めている人も多いんだろうけど、「これ認めたりしたら信者と思われちゃう」
とか、その程度の恐怖心が大多数じゃないかね???
特に、若い人とかは、周りの人々に「宗教に関わっている」と思われるのは、いやなんだと思う。
しかし、霊言に関しては、一宗教がどうのこうのといったレベルの話ではないのです。
~教だったら、あの世がある、とか、そういった話では無くて、人間と言う存在は、死んだら100%、あの世の世界での生活に移るのだ、という事なのです。

もう悠長な事を言ってられない時代が迫っています。
日本人が霊言認めるのは、もう数年以内くらいのレベルでないとアカンのだよ。
日本は、今、ギリギリ、トランプ大統領が出たため、なんとか持ちこたえています。
これがもし民主党のヒラリーだったら、状況は遥かに厳しい状態だったでしょう。

ただ、アメリカの大統領は4年で変わります。
よくても8年です。
トランプ大統領も、かなりの高齢ですし、マスコミの総攻撃にあっているので次の選挙は未知数です。

それに比べて、金正恩とか習近平は終身制です。
今後、何十年続けるかわかりません。
トランプは手強いので、次の大統領まで時間を稼げばいいだけの事です。

北朝鮮も中国も、そして韓国も、日本などアメリカの後ろ盾が無ければ全く恐れていません。
自衛隊が通常兵器でいくら頑張ろうが、「降参しなければ核ミサイルを撃つ」
と言われれば、アメリカ無くして勝ち目はありません。

この霊言が本物である事を理解して行動する人が、もっと増えないと駄目なのだ。

タグ:司馬遼太郎
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

大川咲也加の文学のすすめ~世界文学編~(下) [★仏法真理]


大川咲也加の文学のすすめ~世界文学編~(下) (OR BOOKS)

大川咲也加の文学のすすめ~世界文学編~(下) (OR BOOKS)

  • 作者: 大川 咲也加
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2018/02/28
  • メディア: 単行本



未公開「新霊言」を収録!
シェークスピア、マーガレット・ミッチェル、ドストエフスキー
○世界の名作 9作品を紹介
○5分で読めるあらすじ付

『大川咲也加の文学のすすめ~世界文学編~(下)』推薦の言葉
まえがき
本書に収録された新霊言について
1 イギリス文学 シェークスピア……『リア王』
  コラム 「シェークスピア四大悲劇」(『ハムレット』『オセロー』『マクベス』)
  コラム 『ロミオとジュリエット』
  コラム 『ヴェニスの商人』
  コラム 「シェークスピアと英語」
2 アメリカ文学 マーガレット・ミッチェル……『風と共に去りぬ』
  コラム 「黒人奴隷解放の歴史」
3 ロシア文学 ドストエフスキー……『罪と罰』
  コラム 『カラマーゾフの兄弟』
  コラム 「ゾロアスター教とマニ教」
あとがき
-------------------
『大川咲也加の文学のすすめ~世界文学編』も、これが下なので完結編です。
ちょっと全体的に読んでいない文学ばかりでしたので読み終わるのが遅くなってしまった。
特にロシア文学などは全然読んでいませんでした。
昔、親と一緒に住んでいた頃、赤い重厚な装丁のロシア文学の本があったと記憶していますが、あまりの重厚ぶりに、当時の自分では読破不可能と感じたのかもしれません。
今思えば、読んでいたら魂の肥やしになっていたかもしれません。
小中学生頃は、主に母親の言いつけで、毎週教会に行っていたし、聖書も、新旧共に、そこそこ読んでいました。

うーむ、
次に生まれ変わった時には、学生時代くらいまでには世界文学のおおよその部分については読破したいかな。
ただ、その時には、幸福の科学の教えも世界宗教レベルになっているだろうから、総裁の現在説かれてる霊言や、大川咲也加さんのこの本などを読む方が先かもしれませんね。
やっぱ、文学も、その作品の作者の天国性、地獄性の違いが理解されていないと大海を泳ぐ盲亀が浮木に辿り着くが如きになってしまいますからね。

文学、芸術に関しては、幸福の科学の登場により、今までのものが秤にかけられ、天国・地獄が明確になっています。今後も山の様に、世界史に登場して来る文学、芸術のモノサシが、今作られていると言えましょう。
それは、実に実に大事な事だと思います。

地獄作品を素晴らしいと思い、いつの間にか地獄の思想に洗脳されてしまう人々の数を、
今後、ぐーっと減らしていく必要がありますわね。
故に、この本も、翻訳されて世界中で読まれる必要があります。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

憲法記念日に大川総裁が講演 未来の国家に必要な3つの柱とは? [大川総裁御法話]

憲法記念日に大川総裁が講演 未来の国家に必要な3つの柱とは?

東京正心館には、こないだ幸福実現党立党9周年の集いで行ったが、本日は支部にて法話を拝聴した。
いろいろな事を話されたので、とりあえず今、Liberty Webを見て復習をしている。

ま、自分も仕事としては、直接、AIの仕事をしているわけではないが、多少、それに近い分野の仕事をしているところなので、やればやる程、人間の雇用を奪っていくものなのかもしれない。
だからまあ、今後の日本の在り方としては、AI や自動化が進むと共に、人間にしかできない仕事も増えてもらわないといかんなあ、と思っている。

間違ってはいかんのは、人間がロボットのようになってしまう事だろう。
中国など、最近は経済力や科学技術のレベルも上がっているが、人間でしかできない最たるものである宗教心や信仰の部分が超圧迫されているので、非常に不自然な状態になっている。
ウイグルの人々も多数、拘束されて強制収容所へ送られているという。
中国共産党思想は完全な唯物論なので、信仰を持つ人々などは壊れた機械程度にしか見ていないようだ。
そうした人々の臓器で商売も行っているとか。

日本人も宗教心や信仰を失うと、AIやコンピューターに仕事を奪われ、向かうべき方途を見失う事になる。
真なる宗教によって、人は、人でしかできない感情や能力に気が付くのだ。

憲法記念日という事で、憲法の話もあったが、いい加減、この国は憲法を宗教の如く見るのは止めた方がいいとつくづく思う。別に憲法は神ではありません。どちらかと言えば、日本人から宗教心や信仰を取り去り、自らの国を守るために戦う意欲を失わせ、ロボット人間を作る程度のものが今の日本国憲法です。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

南北会談に歓迎ムード!? ヒトラーとの「宥和」後もこんな空気だった [The Liverty]

南北会談に歓迎ムード!? ヒトラーとの「宥和」後もこんな空気だった

宥和政策
現状を打破しようとして強硬な態度をとる国に対して、譲歩することで摩擦を回避していく外交政策。ナチス‐ドイツの要求を認めたミュンヘン会談がその典型。
<デジタル大辞泉の解説>
タグ:宥和政策
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

楽観視してはいけない! [The FACT]



基本的には、これは演出ですね。
どちらも一癖も二癖もある感じです。
中国、北朝鮮、韓国、これが一体化して反日行動に出る可能性もありますね。
日本の野党も、国会をサボってないで日本の安全を守るために何が必要か、よく考えて行動してもらいたい。
あと、日本の政治家は、北朝鮮問題というと拉致問題ばかり重視しているが、拉致問題は、あくまでも問題の一部であって、根本的なところでは、北朝鮮の自由化・民主化が必要である事を意識していないといけないと思う。
北朝鮮の人々は、国民全体がある意味、拉致されているようなものかな。
中国も半分はそうだろう。

南北首脳が板門店宣言 「非核化」「統一」の先にある「日本包囲網」という危機

nannboku.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog