So-net無料ブログ作成
検索選択

プラネタリウム [宇宙]

連休は、大して出かけなかった。
まあ、車で20分くらいの久喜のプラネタリウムにカミさんと行ったくらいかなあ。
普段、星空を見たくても、あまり見えんし、なかなか機会もないしな。
久喜市役所の真ん前ですね。

hs-2015-12-a-web.jpg

やはりねえ、
星空を見て神秘を感じるのは、人間の心が、この宇宙をも創造した存在とつながっているからだと思うよね。
大人300円と、値段もべらぼうに安いので、是非、多くの人に足を運んでいただきたいね。

→久喜プラネタリウム


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

大宇宙MAP ~天体の距離から見えてくる宇宙の構造~: 地球から宇宙の果てまで [宇宙]

≪mat's page 夏休みの課題図書≫

大宇宙MAP ~天体の距離から見えてくる宇宙の構造~: 地球から宇宙の果てまで (大人のための科学入門)

大宇宙MAP ~天体の距離から見えてくる宇宙の構造~: 地球から宇宙の果てまで (大人のための科学入門)

  • 作者: 沼澤 茂美
  • 出版社/メーカー: 誠文堂新光社
  • 発売日: 2014/05/15
  • メディア: 単行本



-----------
こないだMARUZENで買った本です。
最近の自分としては珍しく”衝動買い”です。
宇宙コーナーがあってたくさん宇宙関係の本があったんだけど、いいねーって感じてさ。

地球からスタートして、太陽系の惑星、銀河系の星・星団、銀河系外の別銀河と、距離別になっているビジュアル本です。
距離感がスゲ━━━━━━ヽ(゚Д゚)ノ━━━━━━!!!! 分かり易い。

ざーっとした人にとっては、プレアデスもアンドロメダ銀河も同じかもしれませんが、距離で分かれると、その違いがわかって来ると思うのだ。
プレアデスは、433光年、光の速度で433年ですが、アンドロメダ銀河は、銀河系の外の別銀河で、光の速度でなんと235万年かかります。
光の速度で235万年って、どういうこと!!

ただ上には上があるもので、M74になると、3200万光年。
うわー、遠いねえ。
202918main_hstimg_20071129_m74.jpg

NGC1275だと2億3000万光年だってさ。
なんでそんなに遠いの!!!
ngc1275_multi_web59_2.jpg

CL 0024+17 (なんちゅう名前だ)になると、もうその遠さはイカレテいます。
50億光年の彼方です。
300px-CL0024+17opt.jpg

ということで、学生はこの本、買うように!
夏休みの課題図書です。
「大人のための科学入門」とあるが、かまわん!
自分たちが一体、どういった世界に住んでいるのか、ということが多少なりとも理解できます。
また、あまりにもの宇宙の時空間の大きさに、小さいことで悩んでいることが馬鹿馬鹿しく感じる効果もあります。

宇宙博もやるんで、宇宙博に行って、この本読んで、感想文を書くように。

あと、これも↓読んでないやつらは読んでおくように。
クラスで一人500円出しあって20人くらいでまわし読みしてもよい。
「宇宙人はいるのかいないのか?」なんて原始人的な話題で遅れを取らないようにしろ!!
こんなけ広い宇宙に地球人しかいないわけないだろが!!!
で、宇宙人に飛行原理教えてもらってUFO造らないと宇宙探索できんぜよ!
時代の先を読め!先を。

ダークサイド・ムーンの遠隔透視

ダークサイド・ムーンの遠隔透視

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2014/05/16
  • メディア: 単行本



タグ:大宇宙MAP

共通テーマ:

完全図解・宇宙手帳 (ブルーバックス) [宇宙]


完全図解・宇宙手帳 (ブルーバックス)

完全図解・宇宙手帳 (ブルーバックス)

  • 作者: 渡辺 勝巳
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/03/20
  • メディア: 新書



第1章 広大な宇宙
第2章 宇宙活動
第3章 有人宇宙飛行
第4章 ロケット
第5章 人工衛星
第6章 月・惑星探査

辞書みたいな感じで、読む部分が少ない様な気もしますが、なかなか勉強になります。
資料の部分も電車の中とかで目を通していると、意外にいつまでも見てしまいます。

現代の文明において、人類は、まだまだ宇宙に出始めたばかりの段階ですので、この程度の知識でしたら、何とかものにする事はできましょう。
秒速7.9kmまで加速しないと人工衛星にならない、とかね。
ピストルの弾の20倍の早さってのも大変なものです。

ま、この先、段々と難しくなってくると思いますがね。
というのも、次に待ち受けているのが、

・月面基地、火星基地等の開発
・宇宙人とのコンタクト
・宇宙旅行の一般化
・UFOの原理の習得(ワープ航法)
・タイムマシンの開発
・銀河系探索
・銀河系外の探索

などなど、難しいけど、おもしろいレベルになって来るはずです。
といっても、宇宙には危険もあります。
着実に、防衛ラインを固めながら進出していきましょう。

heic0706a.jpg
Stellar Nursery in the arms of NGC 1672

hs-2004-20-b-web.jpg
Annotated Image of the Pleiades and HST Field of View


共通テーマ:

もしも宇宙を旅したら 地球に無事帰還するための手引き [宇宙]


もしも宇宙を旅したら 地球に無事帰還するための手引き

もしも宇宙を旅したら 地球に無事帰還するための手引き

  • 作者: ニール・F・カミンズ
  • 出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ
  • 発売日: 2008/04/19
  • メディア: ハードカバー



第1部 空気、土壌、水による危険;
第2部 放射線の危険;
第3部 衝突の危険;
第4部 人間が引き起こす危険;
第5部 医学的な危険;
第6部 人間関係などが生む危険;
第7部 地球への適応能力を取り戻す

この本を読んで感じる事は、今まで人類が経験したどんな冒険よりも宇宙空間への進出は、危険と難しさに満ちている、という事でしょうか。
かつての大海原への冒険は、確かに生死を左右する条件が山の様にあったが、太陽の光はあり、空気もあり、いつかは陸地にたどり着ける、という希望もあった。
ただ、宇宙空間となると、太陽の光は弱く、空気は常に造り続けなければならず、引力は無く、狭い空間に何日も閉じ込められ、その圧迫感はいかばかりであろうか。

まだ、地球の少し上空を飛んでいる国際宇宙ステーションなら安心感も多少はあろうが、金星や火星、木星、それ以上の星への旅となると、現在の科学技術では、そうとう不安も大きい。

ただ、その様な不安や恐れや死への恐怖に打ち勝ってさえも、人類は宇宙空間を目指していかなければならない。逆に、宇宙空間へ出る事によって、如何に地球が恵まれた星であり、地球で生活できるという事の真のありがたさを感じる様にもなろう。

全人類の幸福のためにも宇宙への進出は必要だ。
何故なら、そうして初めて地球人という共通の認識を我々は持つ事が出来るようになるのだ。
かつて、日本国内で、武将達は覇権を求めて戦っていた。
他国という存在が身近になかったからだろう。

今、世界は、イスラム教vsキリスト教、中国等最後の共産主義国家vs自由主義陣営、といった最後の戦いを行おうとしている。おそらく地球圏の内部の戦いとしては最終段階には来ているだろう。
しかし、この最後の戦いは、本当に地球を滅ぼす事も可能なレベルの武器を持っての戦いになっている。
そこをなんとか丸く治めてネクスト・ステップに移行せにゃならん。

---------------------

まあただねえ、この本に書いてないことだけど、
実際、本当に宇宙空間へ出て行くためには、宇宙人やUFOとの遭遇は避けては通れないのだよね。
この本は、宇宙空間への脅威をいろいろと並べているが、最大の脅威は、この宇宙人との出会いにあるのではないかなあと思いますね。
もちろん、脅威だけでなく、科学技術の飛躍的は進展もありえる。
彼等が教えてくれるから。
UFOの飛行原理を習得すれば、宇宙空間への進出も、相当楽になります。
全長1キロある葉巻型UFOであれば、大宇宙の旅も圧迫感は無いであろう。
また、人工重力、人工太陽の光により、かなり地球上での生活の延長線上の感覚で宇宙旅行が楽しめます。

だから、まあ、この本に書いてある様な形での宇宙空間の移動は、たぶん経験しなくてもよいのではないかと思います。実際は。
プレアデス星人やクラリオン星人などの人類に近い宇宙人は、その持てる技術を教えてくれる事でしょう。

最後の学習さえマスターしたら、本当に人類は宇宙へ進出できます。
その最後の学習が「仏法真理」なのですね。

あの世の次元構造が理解できないとワープ航法は理解できません。
霊と肉体の違いがわからないと宇宙人と友好関係を結ぶのは難しい。
そっして、この大宇宙が根本仏によって創造されたという神秘を感じ取らなくてはいけません。

今の中国共産党など、進んだ宇宙人から見たならば、もう原始人レベルの野蛮さですよ。
こんなのが宇宙へ進出したところで資源の略奪、他惑星の侵略、そんな宇宙海賊になる程度でしょう。
なんとか教育しないと駄目ですよ。


共通テーマ:

太陽系の地球以外の生命体 [宇宙]

今回は単なるひとり言程度です。

今、大川総裁は、宇宙人の霊言をも数多くやっていますが、結論から言って、地球以外の太陽系にもかなりの生命体が存在する感じですねえ。
まだ公開されている霊言を全部見ているわけではないので、自分の予想とかも含めて以下の星が注目かな。

木星の衛星エウロパ
氷の下か・・・。
土星の衛星エンケラドス(推定)
火星の地下(地表での生息は厳しすぎる)
金星の5次元?(我々と同じ3次元は現在は無理か?)
月の裏側(各種宇宙人の基地多数あり)
ニビル星(かなり高度な人類が生息。ただこの☆って太陽系?)
地球の真反対の惑星?(これは存在自体もよくわかりません)

けっこう人間と同じ高度な生命体であっても、必ずしも人間タイプとは限らないところが多くの人々にはショックかもしれないな。
ま、実際に発見されるのは何時になるかはわかりませんが、宇宙人は必ずしも外見で判断してはいけない感じです。その星の生存に必要な肉体形態というのがあるようですから。
氷の下の水中や、地底にしか生存できないなら、それ相応の肉体にならざるを得ないという事ですか。

共通テーマ:日記・雑感

日本の宇宙開発―果てしなき空間への果てしなき夢 (歴史群像シリーズ) [宇宙]

51rCGis7VQL__SL500_AA300_.jpg

一時期、日本のロケットは失敗の連続の時もあったと思う。
ただ、最近の日本の宇宙分野のパフォーマンスは、かなり良くなってきていると思う。
H2Aロケットの成功が続き、日本人の宇宙飛行士もかなり活躍し、「はやぶさ」を筆頭に惑星探査衛星も、それなりの成果をあげている。
省庁の縦割り構造だったのを JAXAに統合してよかったのかな?
ま、宇宙開発は大事業ですから分散してやるよりかは統合してやった方が効率的ではあると思う。

「宇宙基本法」ができたのもよかったのか?
以下の様になった。
内閣に宇宙開発戦略本部を設け、宇宙開発の推進にかかる基本的な方針、宇宙開発にあたって総合的・計画的に実施すべき施策を宇宙基本計画として策定する。宇宙開発戦略本部の本部長は内閣総理大臣であり、副本部長として、内閣官房長官および宇宙開発担当大臣が宛てられることとなる。

ところで、前回、週刊ダイヤモンドの宇宙ビジネスの記事について書いた時、 日本のロケット打ち上げは、商業利用が少ない旨を書いたが、読売新聞のホームページを見ていると、以下の様な事が書いてあった。

これまでは種子島宇宙センター(鹿児島県)周辺の漁期に配慮し、夏と冬の計190日間に打ち上げを限定していたが、国側と鹿児島など5県の漁業関係者が29日、この制限を撤廃することで合意した。衛星打ち上げを受注するうえでの大きな障害が解消され、国際競争力が高まると期待される。

なるほど。
規制があったのだね。

この本は、現代の日本の宇宙開発について、けっこういろいろな事が書いてありますが、そうだねえ、ただ、ここから未来を見てみると、「まだまだだな」という気はするな。
もっと大きくしていかなと。
物事はすべて目標が無いといかんよな。
アポロ11号にしても、ケネディが「いっちょやったろかー」と、人類を月へ派遣する目標を打ち出したのが大きい。
日本人は宇宙進出計画を立てよう!

・税金投入だけでなく自前で儲ける事の推進。(↑読売記事の件で進むかな)
・もうちょっと宇宙産業全体を一大産業にする。(雇用が増える様に)
・独自に有人飛行をする。
・最低限、宇宙への観光旅行を目指す。
・ホテル並の宇宙ステーション、月面基地を建設する。
・月の資源の調査、活用。
・月や宇宙ステーションでの自給自足。
・Mロケットの軍事転用化など防衛力増強も努力する。
・宇宙人との外交・貿易なども、そろそろ考える。
・UFO技術などの本格的研究。

ま、思いつきで書いただけなので、もう少し真面目に考えて、ちゃんとした計画が必要だ。
しかし、最後の2つが普通の日本人の発想ではないが、宇宙を目指す人類にとって、絶対に避けられない事だろうな。
宇宙飛行士など、相当、UFOを見ているだろうし、月面基地を創るとなれば、もう100%、宇宙人との遭遇は避けられないよ。彼らは、月の裏側を地球への前線基地として使っているからね。

当然、将来的にはロケットの推進力では、全然、宇宙空間を移動するにはスピードが遅すぎるし、安全性にもかなり問題があるという事になるとおもう。
ロケットでは火星に行くにも、物凄い忍耐力が必要だ。
UFOの技術を教えてもらった方が早いのだが、人類が現在ただ今、出来る範囲で努力する、ということも、大事な事だと思う。

宇宙を目指す理念をもう少しまとめると、
・国民に夢、目標をつくる。
・雇用を増やす。
・科学技術を進展させる。
・日本、地球を客観的に見る姿勢を養う。
・地球内での争いを終わらせていく。
 (今はありえないけど昔は日本の中で戦争していたものな)
・銀河連邦?に加盟する。

などかな。

共通テーマ:

週刊 ダイヤモンド 2010年 6/12号 [宇宙]


週刊 ダイヤモンド 2010年 6/12号 [雑誌]

週刊 ダイヤモンド 2010年 6/12号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2010/06/07
  • メディア: 雑誌



小惑星探査機「はやぶさ」の帰還は、日本の技術力の高さを証明しました。
まだまだ日本の技術力は捨てたもんじゃありません。

地球をソフトボールの大きさとするならば、月は3メートルの位置にある10円硬貨で、小惑星「イトカワ」は、約1.7キロ先にある3マイクロメートル(1mmの1000分の3)の粒との事です。

やはり、技術力の高さを証明するためにも、日本はもっと宇宙政策を重視してよいと思います。
国債残高ばかり増えている投資先の無い現代日本としては、宇宙開発は絶好の投資先と言えましょう。
もちろん、資金の投入があれば回収は必要で、単なる好奇心を満たすだけの政策ではなくて、回収も見越して考える必要はあります。

例えば、現状の日本のH2A/Bロケットは、ここ数年、商業衛星の打ち上げはゼロ。
こんな状況は日本だけです。
欧州のアリアンロケットなどは、8割くらいが商業衛星の打ち上げとの事。
ビジネスの力が弱いのだよね。
役人ではなく民間人が入っていかないと駄目だね。
けっこう世界レベルでは、民間の宇宙進出は進んでいるようで、日本も遅れをとってはいけない。
有人の月面基地なども、世界に先駆けて完成させよう!

幸福実現党では、以下の政策をあげています。

-------------------------------------

・交通革命や新たな基幹産業づくりのための資金調達を以下の方法で行い、増税は行いません。
・1400 兆円以上の民間資金や海外の資金から200 兆円を集めます。
・官民共同の「リニア(交通革命)ファンド」「未来産業創造ファンド」を立ち上げ、政府や日銀が出資するとともに、民間からも出資を募ります。同時に、投資額に応じて国家未来事業債(社債)を発行し、国内外から資金を集めます。
・「国家未来事業銀行」を設立し、「未来事業銀行券」を発行することも検討。
・政府として国家未来事業債(国債)を発行することも検討。
・必要な産業に大胆に資金供給するため、通貨制度や中央銀行制度の抜本的な見直し。

・リニア新幹線など交通インフラに100 兆円を投資。
・防衛産業や航空・宇宙産業など未来産業に100 兆円を投資。

-------------------------------------

日本人は、戦後、コツコツと貯めてきたお金がありますが、ここに来て使い方がわからなくなってしまっている状況です。
たぶん、この貯まっているお金は使い方を誤ると、ゴミくずになってしまうかもしれない。
まあ、民主党政権が長期化すればする程、無駄に無くなっていくだろうな。
ただ、早々に政権交代し、うまく使っていくと日本と世界の未来を切り開いていきますね。

日本は勝敗に偶然性が伴うサッカーとかで世界一を目指すでなく、未来産業国家として長期的に世界をリードしていく事を目指すべきです!!!

共通テーマ:日記・雑感

国際宇宙ステーションとはなにか [宇宙]


国際宇宙ステーションとはなにか (ブルーバックス)

国際宇宙ステーションとはなにか (ブルーバックス)

  • 作者: 若田 光一
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/02/03
  • メディア: 単行本



大変興味深く読ませてもらいました。
おぼろげながら自分も小学生頃は宇宙飛行士に憧れていたこともありました。
NHKのキャプテン・フューチャーとか好きでしたしね。
また、若田光一さんの子供の頃通っていた学校は、さいたま市北区の宮原小、宮原中なので、自分の行っていた学校の隣の学校みたいなものです。
そういったこともあり、親近感があります。

ま、宇宙とは神秘そのものですね。
ほんと、不思議そのものです。
まず大きさがでかい。

地球と太陽の距離を1センチとみたら、銀河系の直径は、6万キロ(60億センチ)あるそうです。本当の地球の直径の4.7倍の長さになります。
---------------------------
ということは、
太陽-地球間は1億5000万キロなので、銀河の直径は 900,000,000,000,000,000キロか。
1光年は、9,460,730,472,581キロ(9兆4607万)なので、9万5000光年。
ちなみにアンドロメダ大星雲は230万光年先にあるので、地球と太陽の距離を1センチとみたら145万キロ先になり、地球と月との距離の3.8倍くらいのところにあるという計算になります。。。
とにかく光の速度でも時間かかりすぎです。
---------------------------
身近なところで、
地球の直径を13センチとしたら、太陽の距離は1.5キロ先になり、太陽の直径は14メートルになるそうです。
月はゴルフボールくらいで、3.8メートル離れているとのことです。
では、国際宇宙ステーションは、と言えば、なんと13センチの地球の表面から4ミリのところを飛んでいるにすぎないと言っています。

●国際宇宙ステーションの画像
http://mat777.blog.so-net.ne.jp/2008-10-12

宇宙はでかいけど、人類は、まだまだ13センチの地球の表面から4ミリくらいのところでの生活を始めようとしているに過ぎないのですね。ただ、40年前の技術で3.8メートル離れた月に行ったのは驚きですわ。
なにはともあれ、宇宙に関してはまだまだこれからの分野ですね。

本には、宇宙飛行士としての訓練や作業内容等、いろいろ書かれています。
宇宙での長期滞在
「運用のセンス」について
ジェット機の操縦(特に計器飛行)
科学技術の研究
強靭な肉体の維持
語学力研修
チーム力研修
プロジェクトマネジメント力
などなど。。。
ま、宇宙飛行士の勉強、訓練は、さすがにカリキュラムも多く、内容を詳細に説明するのも大変なので、興味のある方は読んでみてください。
こういった最先端の技術や訓練は、今後、一般社会にも応用できることが随分あるはずです。

今後、若田さんはISSで約3ヶ月半長期滞在しますが、ちょっと打ち上げは延期されているようです。
ミッションの成功をお祈りいたします。
http://blogs.yahoo.co.jp/koichiwakata_blog



共通テーマ:

Newton (ニュートン) 2008年 11月号 [宇宙]


Newton (ニュートン) 2008年 11月号 [雑誌]

Newton (ニュートン) 2008年 11月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ニュートンプレス
  • 発売日: 2008/09/26
  • メディア: 雑誌



SEであるにも係わらず、科学は今まであまり考察の対象にしてきませんでしたが、科学技術の発展も人類の未来を切り開くキーであると、当然思っています。今後、科学技術により解決できる問題も多いはずです。
地球温暖化についても人類の生存を脅かす危険な問題ですが、いろいろ知恵を尽くして解決してくれることと思います。
電気自動車なども、世界の自動車会社が必死になって開発していますし。爆発型エネルギー以外のエネルギーの有効利用も今後、どんどん増えていくでしょう。太陽エネルギーなどもまだまだ利用可能と考えます。

そうした中、当然、今後、人類が考えていかなくてはいけないことが、宇宙への旅路でしょう。
心の探求と、大宇宙の探求は、ベクトルが全く逆の様にも見えますが、結構似たところもあります。
また、政治とか経済にも、大きな夢とか希望が必要でしょう。

地球の人口も、いつの間にか70億手前までになっているようです。やはり、生活空間が地球だけでは手狭になってきていると言えましょう。
今回の『Newton』は、NASAの特集で、今後の計画が述べられています。
まず、スペースシャトルの運行が2010年で終わります。その後、コンステレーション計画という月面基地の計画に、予算が振り分けられるそうです。
スペースシャトルのような、航空機スタイルの宇宙船から、また、アポロ宇宙船のような単発ロケット型に復帰します。
まず、月着陸船と宇宙船のロケットと人間を乗せるロケットを別に発射します。そして、宇宙空間でドッキングさせて月へ向かいます。その後は、アポロ計画に似ているかな。NASAのムービーが下記にあります。
タイトルは To The Moon and Beyond というやつです。

★☆☆∮。・。・★。・。☆・∮。・★・

http://www.nasa.gov/missions/index.html

★☆☆∮。・。・★。・。☆・∮。・★・
そして、月面基地の後は、火星への有人飛行となります。
同時に、国際宇宙ステーション(ISS)も、日本の「きぼう」など取り付けられ、けっこう大きくなってきました。
2010年に完成するとサッカー場くらいの大きさになるそうです。
まあ、その後も、この調子でいけば、どんどん巨大化していって、宇宙ホテルも現実化してきますね。
宇宙ステーションとの往復程度に関しては、商業ベースで採算取れるところまで行けば、後は早いでしょう。

宇宙ステーション上のホテルのラウンジから地球を眺める、そういった体験をする人も、今後出て来ることでしょうね。

photo_iss1.jpg
Courtesy of JAXA



共通テーマ:日記・雑感