So-net無料ブログ作成
検索選択
仏法真理-書籍以外 ブログトップ
前の30件 | -

聖地巡礼-その② [仏法真理-書籍以外]

生誕館の階段を上っていると、何となく、来世の自分が同じ様に生誕館の階段を上っている様な気もした。その時は、国籍も名前も姿形も違うだろうが。

5/4の夜は、今までで最大のエルカンターレ像のある礼拝堂で瞑想・反省・祈りの時間を。
宇都宮正心館とも違い、まさに魂の新生をする場所として、地球上で、これ以上の場所は無いのではないか・・・。
おそらく、ここに来るだけで、研修30回分くらいの価値はあるのではなかろうか!!!
名古屋正心館の像は、降魔がメインで、大変力強く素晴らしかったのですが、こちらの像は、慈悲の塊、大毘盧遮那仏そのものです!!!

夜、風呂に入っていると、しみじみと「いやー、幸福の科学の会員でホント良かった」とつくづく感じますね。
5/5 の朝は、もう目覚ましの鳴る遥か前、日の出前に起きてしまった。
出来立てほやほやの宿泊練は斜面に立っているので地下2階と言えども眺めがいいです。
眼下に見えるのは、総裁が子供の頃、父・善川三朗氏と釣りをしたと言われている大正池です。
IMG_20170505_055729.jpg

午前中は、朝瞑想や朝の祈り、DVDの拝聴をし、昼食前にカミさんと近所を散策。
IMG_1442.jpg
IMG_1464.jpg
IMG_1456.jpg

昼食後に歩いて、4年ぶりの川島町巡りへ。
IMG_20170505_140152.jpg
徳島線

IMG_20170505_140857.jpg
阿波川島駅

IMG_1482.jpg
吉野川、潜水橋

川島特別支部精舎にも寄り、支部長とも話をす。
駅前のコンビニみたいな店、唯一弁当が売っていた場所だったのですが閉めちゃったそうです。
別のとこでやってるとか。

IMG_20170505_170457.jpg
最後に再度、礼拝堂で瞑想。
という事で、今回の巡礼の旅は終わります。
夕暮れ時の6時過ぎに生誕館を後にした。

地球神信仰を持つ者にとって、この巡礼はリボーンです。
毎年行けば、毎年リボーンできる。
まあ3年に一回は必須とも言えるでしょう。

---------
ps.帰り淡路島で大渋滞に巻き込まれ、神戸にたどり着いたのは夜中の0時過ぎ。
更に大阪過ぎて事故渋滞。
結局、家に着いたのは翌日の昼過ぎだった・・・。
SA等の買物で1時間、仮眠で1時間、帰途は合計19時間くらいかかった・・・(+_+)

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

聖地巡礼-その① [仏法真理-書籍以外]

聖地エルカンターレ生誕館に巡礼に行った。
ちょうど4年前、四国、川島町へ行ったが、今回、生誕館も落慶し、何とか早いうちに巡礼に訪れなくてはならないと思ったのであった。

しかし、さすがに地元、白岡から距離はかなりある。
今回も車だが、その距離は700km。
圏央道と新東名が新たなコースとなる。
だが、やはり前回と同じく、途中で中継点を設けなければけっこう厳しい。
という事で、5/3にカミさんと出発し、それ程苦労する事無く名古屋に到着。
名古屋正心館で一泊した。
もちろん名古屋正心館も初めてであった。
IMG_20170503_175754.jpg
いや、実に素晴らしい!
礼拝堂も広く、エネルギーが燦々と降り注いでいる。

が、真の目的地は四国であり、5/4の午前中に出発し、一路四国へ・・・。
いや、前回の中継点、高槻より名古屋はずっと手前であり、けっこう2日目の四国、川島町までの道のりは苦労した。スマホを変えた為、ナビも前回と違っていて、今回のナビは非常にわかりづらかったという理由もある。
ナビの指示がよくわからんため高速も降りてしまい、夕方近く、4時くらいになっても、まだ大阪近辺でうろうろしていて、
「もう生誕館は諦めて、何とか大阪正心館に泊めてもらって翌日帰ろう」
という話にもなりかけたのだが、最後は、「前進あるのみ」と決断し、進む事に決めた。

三宮、元町の駅前を通り、再び高速に乗り、何とか神戸から明石海峡大橋を渡り始めたのは、もう5時くらい。
明石海峡大橋さえ渡ればこっちのものだ。
本当に、後は「前進あるのみ」
そして、とうとう7時前に着いた。
「おおー、夕暮れ時に美しく光る生誕館」
夕食にもギリギリ間に合ったー。
IMG_20170504_185602.jpg

聖地エルカンターレ生誕館は、かなり高いところに建っているので、夜、川島町や遠く徳島の明かりが美しい。
IMG_20170504_204258.jpg

その②に続く。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

総本山・那須精舎2017/4/16 [仏法真理-書籍以外]

2017/4/16(日)の那須精舎です。
桜祭りは終わっていましたが、桜祭りの時は5分咲きで、逆に今が満開でした。
まだ若々しい桜の木ばかりですが、昔は単なる苗木だったもんなー。
ただちょっと桜の花は、例年より多少弱めな感じはした。
けど、着実に成長して来ています。

しかし、10年以上前、那須精舎に、ストゥーパも、桜の木も、霊園も、学園も無い時から那須精舎を見てきていますが、「段々とできてきたなー」と感じます。

IMG_1400.jpg

IMG_1405.jpg

IMG_1410.jpg

IMG_1412.jpg

IMG_20170416_162915.jpg

IMG_20170416_163712.jpg


*************
DSC00255.jpg
↑これは2004年6月、那須精舎にたぶん初めて行った時かな?
当時は、ストゥーパも学園も桜の木も何も無いのであった。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

レプロ社長の守護霊インタビューが公開 清水富美加さん出家の「真相」も明らかに [仏法真理-書籍以外]

レプロ社長の守護霊インタビューが公開 清水富美加さん出家の「真相」も明らかに

自分はまだ見てないけど、カミさんは既に見た。
自分も週末で見る予定。

大雑把な内容は多少訊いたのでわかった。
華やかな芸能界の裏で暗躍しているって感じですね。
華やかさの方にばかり注目が行ってしまい、なかなか闇の部分が表沙汰されなかったのではないでしょうかね?

仕事を一生懸命行う。
ビジネスルールを守る。
そうした事は当然大事ですが、それよりもっと本質的な部分に問題があるならば、それをこそ問題にしなくてはいけないのではないでしょうか。




nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

幸福の科学の教えを学ぶ事こそ、時代の最先端! [仏法真理-書籍以外]

DSC_1562.jpg

名古屋正心館、落慶おめでとうございます。
できれば今年中に行きたいとは思います。
けっこう、名古屋は、関西方面に行く途中で、通り過ぎてしまう事も多く、名古屋そのものに行ったのは、遥か昔、友人の結婚式で行ったくらいかなあ。
是非、行かしてもらいまっせ。

しかし、今回も総裁の御法話を衛星中継で聞いたわけだが、もうこれについては200%断言できる。
幸福の科学の教えを学ぶ事こそ、時代の最先端! であるという事だ。
まあ、まだまだ日本人の多くは、まだ新しい宗教という事で、警戒している人が多いわけだけど、まあホント、残念な人々と言わざるを得ないですね。
この教えを真面目に信用して10年、20年と学んでくれさえすれば、日本も世界も良くなるし、政治も経済も、未来の科学技術も、前途洋々なんだよね。
国防や自然災害に関しても防御可能になっていくだろうし、将来的な話としては、宇宙からの攻撃、災害等に関しても答えを見い出す事は可能だろう。

個人個人の人間にとって、この世で最悪と思われる事態は死ぬ事かもしれんが、この教えを学んでいれば、あの世の事についても人類始まって以来レベルのガイダンスは受けられるわけだからね。
ま、自分は、若い頃、キリストの霊言やら読んで、自分からすんなり会員になった人間だけど、ホント、若い頃から幸福の科学の会員として総裁の教えを学び続けてられる事に関して、心底、ありがたい事だと思う。
一生かかってもわからんような事を、相当、かなりたくさん学べていると思うわな。

もうはっきり言って、総裁の教えは、日本の政治や経済についても遥か上空から見渡すように解説されるので、日本政府の信用より、総裁の信用の方が、ずっと上なのだよね。
どうやら新しい時代の経済の基礎となる信用についても、総裁の語る内容が信用そのものになるだろうと予見されますね。

お金の基本は、そのお金に対する信用が基本にあるわけだけど、より高い信用があれば、そちらに信用が移るのは自然な事であろう。

日本政府も莫大な財政赤字で信用を失いつつあり、マスコミも、部数の凋落と共に、信用を失いつつある。
既存の信用から、新しい信用に移っていく時代を、私達は駆け抜けていかなくてはならないのだ!

DSC_1571.jpg

nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

総本山・那須精舎の桜祭り2016/4/10 [仏法真理-書籍以外]

ここんとこ毎年行ってます。
お墓参りを兼ねた総本山・那須精舎の桜祭りです。
今回は、カミさんの母親だけでなく、特に幸福の科学の会員ではない親戚の方も。
もう80歳を超えている方で、普段はあまり外に出ないとの事で、いろいろ驚かれたり、感銘されていました。

IMG_1277.jpgIMG_1267.jpgIMG_1281.jpgIMG_1283.jpgDSC_1367.jpg
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

けっこう久々、日光精舎 [仏法真理-書籍以外]

けっこう久々に、日光精舎で一泊してきた。
目的は、『ア□□ァの時代』を拝聴するため。
まあ、他でも見れるのだが、修□菩□を進めるためです。
会員でないとわからないと思いますが。

2日の宇都宮 正心館での行事の後、日の暮れた日光街道を通って日光へ。
ちょっと一人だったので、多少寂しい気も、しないではないが、すべては『ア□□ァの時代』を拝聴するため・・・。
内容は書くわけにはいかない。
しかし、1万数千年前のアトランティスの時代など、つい昨日の話と思えるくらい昔の話です。
昔というか、人類の草創期の話だからな。
そう簡単に現時点で公開できる話でもあるまい。

3日も、快晴だった。
IMG_1207.jpg
IMG_1230.jpg

裏の山。
IMG_1225.jpg

裏の小川。第一禅・せせらぎの瞑想に使えそう。
IMG_1215.jpg

近所の散歩。せせらぎのもうちょい下流。
IMG_1236.jpg

近所の小型水力発電所。
IMG_1247.jpg

帰りは高速を全く使わず下で帰ったので未来館にも寄った。
IMG_1251.jpg

参考→夏の日光精舎

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

久々に、宇都宮正心館へ [仏法真理-書籍以外]

DSC_1201.jpg

久々に、宇都宮正心館へカミさんと行った。
で、久々に里村さんの話も聞けた。
時間が限られているので、来年の世界情勢を駆け足で話されていた。
うむうむ、来年は『正義の法』が、必然的に必要なのだな。

ただ、正義と言っても、勘違いしてはいけないのが、
悪をバッサバッサぶった切って、悪人を滅ぼしてしまえばいいというような安直な正義ではないのだよね。
例えて言えば、映画『仏陀再誕』、例えて言えば、映画『神秘の法』。
どちらも、かなり強烈な悪役が出て来るが、最後に、どちらも、「あなたも神の子人間であるのだ」、「あなたも仏性が宿っている仏の子であるのだ」
と、改心させているよね。

こないだの仙台の説法でもあったけど、
最初から最後まで、永遠の悪人という人はいないのだよね。
もともと人間の魂は、唯一なる存在から分かれてできたものであって、最初から悪人として創られた魂などいないわけだよね。

キリスト教とイスラム教にしても、どちらが善で、どちらが悪と、断定できるわけではない。
ただもちろん、悪や不正義、憎しみが広がる事は、押しとどめていかねばならない。

大川隆法総裁が『正義の法』 著作2000冊突破記念パーティーで登壇

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

10月にやる「UFO学園の秘密」 [仏法真理-書籍以外]



10月10日に、「UFO学園の秘密」というアニメ映画をやる。
幸福の科学の大川隆法総裁の作成された映画です。

いい加減、ここらで日本人の遅れた宇宙人知識に活を入れなければいけない。
ボケボケ日本人には、宇宙人やUFOの世界は、ほとんどSFか夢か、カルトの世界の事であると思う。
アメリカでは、おそらく日本の何倍も宇宙人にアブダクションされていると思うが、ま、それさえも日本の人々は信じられない事なのだろうか。

もういい加減、これだけ世界中でUFOが動画や写真で写され、いろいろな体験があり、まだ宇宙人やUFOの存在がわからんといったら、ナンだろうね? 「高度な生命体は地球にしか存在しない宗教」を信じるカルト集団じゃなかろうか?
事実は、宇宙人もいるし、UFOで地球に飛来している、物凄く当たり前の事の方にあるのだ。
も、キリスト教とイスラム教で戦っている場合ではないよね。

おそらく、今後は、もっと宇宙人との遭遇、UFOの出現、アブダクション等、どんどん増加していくと思う。
減る事は、まず無いと思う。
そして、人類が滅亡しない限り、宇宙人との公式なコンタクトは行われる事になる。

ホントもう、この国の若者、サラリーマン、学者、マスコミなどの遅れた意識を底上げするのは骨の折れる作業ですわ。
日本の大学教授など、もう生きた化石レベルで、馬鹿にされるのを恐れて霊とか宇宙人とか考える事さえできないのでは? ホント、固まった考えしか持っとらんのではないか?
もっと素直に発想できんのだろか?

ちょっと今回は、ソクラテス的に挑発的な文章にしました。
人類の未来は、こちら側にある事が100%わかっているのでね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

勇気と自信 [仏法真理-書籍以外]

人生は勇気と自信が必要だ。
そして TOO TOUGH でなくては。
TOUGH さ加減にも限界はない。
何度でも立ち上がれ!
何度でも立ち上がれ!
何度でも立ち上がれ!



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

二度と、沖縄を植民地にはさせない。 [仏法真理-書籍以外]



二度と、沖縄を植民地にはさせない。|大川隆法総裁の提言

沖縄にしろ、南シナ海にしろ、危機が迫っているのは間違いないだろう。
沖縄の人々も、中国の進出を安易に考えてはならないでしょう。
彼等は人権も何も無いですから、何をされても最後は泣き寝入りで、それが行き着いた姿が、チベット、ウイグルなどの民族大弾圧です。

そして、今の中国に無いもの。
それは、これです。↓

国家〈上〉 (岩波文庫)

国家〈上〉 (岩波文庫)

  • 作者: プラトン
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1979/04/16
  • メディア: 文庫



このプラトンンの「国家」の副題は「正義について」
そう、今の中国には正義というものがない。

こないだの大川総裁の御法話が「正義の原理」であったので、久々にプラトンの「国家」を読んでいる途中。
今、(上)を読み終えて(下)を読んでいるところ。
大川総裁の御法話の詳細については、また別途。

今、地球では、国家という枠組みが、一番最終的な正義の強制力を持っているところ。
という事は、ここが間違っていたら、あとは、世界的な指導原理を持っている宗教以外に頼るべきところはない。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

今年のGWの研修地は。 [仏法真理-書籍以外]

自分は毎年、GWに幸福の科学の精舎にて研修を受けたりしている。
そして今回は東京正心館。
去年2014年は横浜正心館、2013年は聖地・四国巡り、その前2012年は那須精舎。
そして2011年は中部正心館。
ま、別にGWの時だけ研修を受けているわけではないがね。

東京正心館に宿泊するのは、過去一度あっただけで、今回2度目。
ちなみに前日に、総裁の説法があったばかりでした。
もちろん宿泊施設は整備され、浴場などもそれ程大きくはないけれども整備されています。
研修は、幾分、今年の映画に関係するもの、とだけ言っておきましょう。
もともと東京正心館では代表的な研修の一つです。
DSC_0700.jpg

夜の東京正心館は、なかなか迫力がある。
DSC_0699.jpg

一泊の研修も終わり、カミさんと待ち合わせて上野の国立博物館へ行った。
見たものは↓
特別展「コルカタ・インド博物館所蔵 インドの仏 仏教美術の源流」
DSC_0709.jpg
うーん、当然、インドの仏像が中心で、見に来ていた人も、物凄く多かった。
しかし、仏像を見る人は多いが、現代の日本に仏陀が転生して仏法真理を説いていても、それに本気で気がついている人は、まだここまで多くない。
どちらかと言えば、仏像とかは象徴として重要なだけで、仏陀の説いた教えの方を重要視してもらいたいのだが。
仏陀は、縁起の教えを説き、反省の教え、中道の教えを説き、悟りに至るために「つとめはげむ事」の重要性を説いた。これが現代風に説かれたものが幸福の科学の教えである事に、日本の人々は、まだ本気で気がついていない。
「教え」こそ仏陀の本当の姿であり、心の教えは2600年前も、現代も、そして未来においても人々を導く灯台の光であるのだ。
もちろん、多少の修正というか、変わっている部分もある。
仏陀の出た釈迦族は、最後、隣国コーサラ国に滅ぼされてしまった。
あまりに、アヒンサー(非暴力、不殺生)の思想が行き過ぎて、自らが害される事に関しても寛容になり過ぎてしまっていた。
今の日本がそれっぽいのだけど、今回は、国防の重要性、悪を侵させない正義の思想も前面に出しています。
よって政治的な活動も必要になっているのだ。

いずれにせよ、日本人はここ10年、遅くとも20年のうちに仏法真理を生活の中心に添えた活動を開始しなくてはならないのだ。別に、狂って言っているわけではなく、本当にそうしなくてはならないのです。


博物館の木がでかくて、生き生きしてます。
DSC_0710.jpg

↓拡大画像あり。
DSC_0713.JPG

裏の木々も、緑がいっぱい。
DSC_0712.jpg


未来人は、仏法真理の奥に、宇宙の成り立ちを感じる人であるべきだと思う。
そう、根本仏の想いを感じ取るべきであるのだ。
hubble_friday_04032015.jpg
タグ:東京正心館
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

総本山・那須精舎の桜祭り2015/4/11 [仏法真理-書籍以外]

去年も行ったが、今年も、カミサンと、カミサンの母ちゃんと行って来た。
4/11は、午前中雨で、午後から少しづつ晴れて来た。
去年の様に快晴ではないけれども、また違った桜が見れた感じかな。
途中に写っている山車は、近所の町内会の山車だと思います。
夕方、田畑さんのナマの曲聴いたり、研修キャンセルで、夕ご飯が余分にあったとの事で夕ご飯もいただいたりして、結局、精舎を出たのは20時を過ぎてしまった。

DSC_0687.jpgIMG_1125.jpgIMG_1105.jpgIMG_1110.jpgDSC_0685.jpgIMG_1119.jpgIMG_1115.jpgDSC_0689.jpgIMG_1136.jpg

これとかは、緑の時期のもの。
もう1ヶ月くらいしたらこうなるということです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

【2014夏】宇都宮正心館へ [仏法真理-書籍以外]

8/12~13 、宇都宮 総本山正心館へカミサンと共に、研修を受けに行った。
自分は、「忍耐の法」公案研修、カミサンは別の研修。
IMG_1016.jpg

まず驚いたのが、研修の隣が金城タツローさんだった事ですか。
これはけっこうビックリ。
うーん、沖縄も大変そうだな。
政治と宗教のバランスを取るのが大変みたい。

幸福の科学学園関係の方も研修に来ていましたのでいろいろ勉強になります。
IMG_1021.jpg

うーむ、まだまだ、忍耐の法を学びきってはいない。
でももう今年も3分の2が過ぎようとしているか・・・。
IMG_1017.jpg

IMG_1019.jpg

宇都宮正心館と未来館の中間くらいにある”KOBORI”というケーキ屋がけっこう人気らしいので寄って覗いてみた。かなりの人気ですね。お客さんは常にたくさんいる感じ。
下野カスター(160円)というのが有名らしいので、それとケーキを買ってみた。まだ食べてないが。
(賞味期限当日なのでネットでの購入とかはできないみたい。あと来週はほとんど休みです)
左のたい焼き屋の看板も気になる・・・。
DSC_0547.jpg

帰り、未来館に少し寄った。
IMG_1025.jpg

DSC_0553.jpg


共通テーマ:blog

2日続けて新宿精舎に [仏法真理-書籍以外]

8/2,3と、2日続けて新宿精舎に行った。
それぞれ別の用件でだが。
8/2は夕方から。
株式会社ドリームファクトリーの社長がお話をするというので「何か参考になるかな」と思い。
いやしかし、出した商品がヒットすると凄いね。
基本的には、顧客のニーズに当たるかどうかであって独創的なものであれば少々価格が高くてもいける感じですね。
あと、自分で宣伝するというよりか、口コミや、マスコミの紹介をうまく利用する。
そして自分のとこで作る、という事も大きいだろうな。

→商品はこれ。
(あれ、もしかしてでかいやつは宇都宮正心館にあるやつ?)

というか売れてるやつはアマゾンでも売ってますね。

3Dマッサージシート (モスグリーン)

3Dマッサージシート (モスグリーン)

  • 出版社/メーカー: ドクターエア
  • メディア:



----------------
8/3、幸福の科学 埼玉県大会
まあ、海外の情報や、こないだ幸福実現党公認で当選した小矢部市議会議員 中野るみこさんに関する話などを聞いた。
大変だけど、少しつづ忍耐で進んでいるといった感じですか。
埼玉でも地方選候補者、何人かいますが、一人でも公認議員が出ていると勇気の原理になります。

DSC_0542.jpg

ps.ところで、会員さんに特化して自分が話したい事は、8/2 井上社長は、心願を今まで13回受けたと言ってました。熱意があります!

共通テーマ:blog

横浜正心館に行って来た [仏法真理-書籍以外]

落慶してから、そこそこ経過しているにもかかわらず、まだ一度も行っていなかったので、今年のGWは、横浜正心館へ行って来た。今回は、諸々の都合で一人で行った。
車はめんどいので湘南新宿ライン。横浜まで一本。
研修は、Norman Vincent Peale の研修。
ま、日帰り研修だったんだけど、せっかくなので宿泊しました。
いや、研修も建物も凄くいいね。
DSC_0454a.jpg

研修終わって近所を散策。
山下公園でデートをしている人が山のようにいました。
ま、チビッ子を連れた家族も大勢。
これは祭りか!?と思えるくらい人が多し。
IMG_0880.jpg
しかし、自分は子供の頃、横浜市民だったので、記憶の糸を辿ると山下公園に来た記憶とか、氷川丸を見た記憶とかあるんだよな。(今、WIKIPEDIA見て初めて知った。氷川丸の名前の由来は大宮の氷川神社だったとは!-自分は、横浜から大宮に引っ越したのだ-)
IMG_0891.jpg
埼玉に比べて海があるところが神奈川県の長所かな。
でもって、やはり若者の数が桁違いに多いね。
しかし数は多いが、人生の真実を把握している人の数が多くは無い!!

翌日(5/5)も、散策三昧。
近所の横浜スタジアム。
DSC_0457.jpg

DSC_0479.jpg
赤レンガ倉庫には人がいっぱいで、何かドイツビールのフェスティバルをやってたのかな?
DSC_0468.jpg

海上保安庁の巡視船 『あきつしま』 去年竣工したばかり。巡視船『しきしま』と共に、世界最大級の巡視船。
DSC_0470.jpg

「工作船展示館」なるものが存在したのは知らなかった。
工作船は弾痕と、さびだらけです。
工作員の武器やら装備品も一緒に展示してあります。
ナマナマしい。
IMG_0903.jpg

『あきつしま』の停泊していた反対側。一番奥に停泊しているのが巡視船 『しきしま』
IMG_0905.jpg
何故、象の鼻があるのかわからん。
DSC_0480.jpg

5/5の散策前半終わり。
しかし、朝方の地震には少しびっくりした。
ま、横浜正心館にいたので、たとえ何十メートルの津波が押し寄せようが大丈夫だと思っていましたが。


共通テーマ:blog

総本山・那須精舎の桜祭り [仏法真理-書籍以外]

前からカミサンの母ちゃんがお墓参りをしたいと言っていたので、3人で総本山・那須精舎に行って来た。
自分は2年ぶりになるかね。
ちょうど、桜祭りもやっているとの事で、那須精舎の桜の季節に行く事ができた。
今年は権現堂に行けなかったので幾分、見逃したという思いがあった。

入り口は既に桜満開。
IMG_0849.jpg
那須精舎も開山10年か。桜の木も大きくなって来ました。
参道の桜は、支部毎に植えたものでしたっけね。
IMG_0851.jpg
休憩所に人が集まっていて、幸福の科学学園生の催し物をやっていました。
吹奏楽、チア部、合唱など。
ちなみに食堂では、茶道部の学園生からお茶をいただきました。
DSC_0432.jpg
桜だけでなく、チア部顧問の桜沢さんとも久々に会いました。
もう那須の生活もすっかり慣れたようです。
あ、「世界大会優勝おめでとうございます」と言いそびれました。
DSC_0438.jpg
この空のブルーとストゥーパ。
1000年後も2000年後も、この景色が続いて欲しい。
IMG_0855.jpg
この奥に在家菩薩堂。
何十年後か、自分もお世話になります。
IMG_0861.jpg
学園生は必ず挨拶してくれます。
催し物が終わった後も、部活動などをやっているようでした。
DSC_0437.jpg
荘厳池の周りも桜がいっぱい。
IMG_0873.jpg
IMG_0869.jpg

先の事ではあるけど、総裁が涅槃に入るのも、春、桜の季節と言われていたでしょうか。
今という一時、一時程大事な時間は無いと、心の底から感じます。
人生、桜を見れる季節は、数十回、多くても100回程度です。
燃焼しなければなりません。


共通テーマ:blog

宇都宮 正心館にて「大黒天発願供養式典」 [仏法真理-書籍以外]

IMG_20140102_0186.jpg

宇都宮 正心館での「大黒天発願供養式典」に行って来た。
総裁の御法話「正しき心の探究」の大切さも式典の中に組み込まれていたので拝聴した。
やなり「正しき心の探究」は、幸福の科学の出発点でもありますので、原点の部分を忘れてはならんとつくづく思う。

夜、年間の個人的な”ざっとした”計画を立案した。
計画の内容はカミサン以外には秘密だが、「忍耐の法」の年にふさわしい計画ではないかと。


共通テーマ:日記・雑感

ザ・伝道 第199号 [仏法真理-書籍以外]

やっぱり「あの世」はあった!
京都の藤本さん、臨死体験談のいいところで、"ちら読み終了"とは!!
続きを読むには、「小冊子をお読みになりたい方へ」で登録してくれ。
こうした臨死体験談が古今東西あるという事は、本当に「あの世」があるということなのだ!!!
脳の働きと思っている人は、大馬鹿者です。
もう、豆腐の角に頭をぶつけて死んでしまった方がいいかも?
いや、死んだのに「自分はまだ生きている」と思って、憑依霊になって、次から次へ人々を豆腐の角にぶつけようとするでしょうから、願わくば生きているうちに「あの世」がある、という事を認めてもらいたい。

--------------------------------------

何年も前から、これだけ「消費増税するな」って言ってるんですよ。
安倍総理、勇気を持て!
増税派を超がっかりさせろ!!
アベノミクスを自分で葬るような事はするな!!!


--------------------------------------

「幸福の科学って宗教でしょ。恐い」
という人は、とりあえずこちらで学んでくれ。
宗教とは、人々に真実を教え、未来に希望を与えるものなのです。
本来、恐いというようなものではないのです。
ここ。


共通テーマ:blog

今年も、千葉正心館へ行って来た。 [仏法真理-書籍以外]

今年も、千葉正心館へ行って来た。
今回は一泊したんだけどね。

"彼の地"もまた見て来た。
まあ、今は深くは語るまい。
ただ、全人類の希望となる地である。

IMG_20130824_0165.jpg
IMG_0832.jpg
IMG_0822.jpg
IMG_0811.jpg

-----------
しかし、フィリピンの洪水だとか、韓国の大統領退陣要求デモだとか、日本の近隣諸国の状況がいまいちよくわからない。
正確な情報は、どう入手すればよいのか・・・?

共通テーマ:blog

中国「秘密軍事基地」の遠隔透視 [仏法真理-書籍以外]

cyugoku_kaku.jpg
中国人民解放軍の最高機密に迫る

・Google Earthで話題となった中国の謎の構造物
・大川隆法が霊能力を使い「遠隔透視」に挑戦
・次々と明らかになる中国軍のトップ・シークレット
・日本をはじめ世界各国に向けられた核ミサイルの実態
・さらに中国軍に技術提供をしている宇宙人を確認!?

おそらく中国の国民の多くは、自分達が今、どの程度の軍事力を持っているのかさえ知らないのではないかと思います。
また、若者達を中心に軍事に関心のある人達も多い反面、軍事などに全く関心を持っていない一般庶民的な人も非常に多いと思います。
ただ、実際は中国国民の意志はどうであれ、中国共産党、中国人民解放軍は、着々とその時に向かって準備を行なっているのは間違いありません。

去年、大川隆法総裁は、アメリカのネバダ州にあるエリア51の遠隔透視を行いましたが、今年は中国のゴビ砂漠周辺にある秘密の物体に対して、それが何であるのか遠隔透視を行いました。
内容を書いてしまうのは問題がありますので書きませんが、とにかく日本人は読んでおかないとマズイです。
日本国内で、「やれ反原発だ」、「反オスプレイだ」などと言っている事が、いかに的外れであるかがわかります。
日本の左翼の人々も、「まさか日本が中国に軍事的制圧下に陥る事など有り得ない」と、思っているのかもしれませんが、全く「あまい」と、言わざるを得ません。

今、地球において大川隆法総裁以上の霊能力を持っている人は当然いませんが、その大川総裁が「ファイナル・ジャッジメント」に続いて、1年で2本目となる映画「神秘の法」においても、日本の軍事的危機を警告する内容の映画となっている事実を、よくよく考えなければならないのです。

マスコミもいい加減、国益のためにやっていかないと駄目です。
2009年に幸福実現党が立党し、その後、政治的に国防の危機、経済の危機を中心に訴えて来ましたが、本当にその様になりつつあるではないですか。
もう少し日本に危機的状況が現れないとわからない、というなら、ホントもう先見性は無いに等しいです。

次の選挙では、橋下とかのやる政党を中心に持ちあげていくのかもしれませんが、今の日本の状況下で地方分権とか、地方自治とか中心に考えている政党、政治家など、お話にならないのではないかと思います。
「神秘の法」は10月6日からやりますが、中国で習近平とか前面に出て来るのも、もうすぐなのですよ。

日本人、日本のマスコミは、この国の危機が近づいている事を警戒せよ!そして、幸福の科学や幸福実現党が、本当に日本を守ろうとしてやっている事に注目せよ!!
趣味や興味本位でやっているわけではないのです。

タグ:ゴビ砂漠

共通テーマ:

悟りの日光精舎 [仏法真理-書籍以外]

悟りの向上を求めて、支部の人々と共に、幸福の科学 日光精舎に行って来ました。
ちょっと自分も日光精舎はかなり久しぶりです。
今回は一泊しましたが、大入り満員でした。

日光精舎は幸福の科学の精舎の中では、「悟り」、「仏教的」、「修行」などを中心にやっている精舎です。
外観も、東京正心館、宇都宮正心館、未来館、千葉正心館などとは少し違い、いかにも「悟り」といった感じです。
道の真ん前なので、この姿を見たことがある人もいると思います。
DSC_0060.jpg
DSC_0071.jpg

精舎の窓から外を眺めると、「すごい山の中」といった感じです。
裏山にあたりますが、気が引き締まるくらい、相当な山と緑です。
一修行者としての自分を感じます。
IMG_0606.jpg

裏に降りていけます。
下に小川が流れています。
DSC_0066.jpg

昔は、少し離れたところに小川が流れていたのですが、何故か今は直前にも支流ができていました。
水は凄く綺麗な様です。
トンボが多く、指を差し出すと、指の先に止まります。
IMG_0615.jpg

まあ今回は自分の悟りを求める、というよりかは普段、なかなか精舎に行けない人とか、初めての人とかをエスコートする事が主目的であったので、一種の布施行であったのかもしれません。

心を見つめる、という事は、意図的に行わないと難しいですよね。
定期的に精舎に行って、反省、瞑想、祈り、といった時を過ごすのも大事な事なのです。

-------------
おまけとして、2日めの午後、車で、いろは坂を登り、戦場ヶ原を越えて、湯滝ってところに行ってみました。
華厳の滝と違った凄さがありました。
DSC_0073.jpg
IMG_0627.jpg

中禅寺湖
DSC_0079.jpg
IMG_0636.jpg

タグ:日光精舎

共通テーマ:blog

素晴らしき千葉正心館 [仏法真理-書籍以外]

何と、千葉正心館も落慶7周年。
埼玉県人として今まで一度も足を運んでいなかった事が悔やまれます。
高速を乗り継げば2時間半か3時間くらい。
(蓮田PAからの話ですが)

千葉正心館と、その周辺。
青い空と、広がった緑が素晴らしい!
wonderfulですな。

IMG_0580.jpg
ハワイか、アメリカ西海岸の建物の様でもあります。

DSC_0027.jpg
中東の方の建造物の様にも見えます。
いえ、千葉県です。

DSC_0043.jpg
しかし、これだけ海に近くて去年の震災では、ここ長生村は津波の被害がゼロ!
驚くべき事です。
村の人々も千葉正心館建立による奇跡と感じている様ですが、実際そうなんです。

DSC_0040.jpg
こちらを見るのが、今回の参拝、見学の最大の目的でもありました。
広い!

IMG_0594.jpg
帰りは隅田川で花火大会をやってました。
スカイツリーとのコラボが良い感じです。

----------
いや、千葉正心館、本当に素晴らしいです。
未来文明を切り拓いている 100年後、500年後、1000年後の未来の姿が見えて来そうな感じがします。


共通テーマ:blog

「週刊新潮」と「週刊文春」の嘘記事について [仏法真理-書籍以外]

いやいや、「週刊新潮」と「週刊文春」の嘘記事には断固戦っていかねばならない。
まっこと悪魔の巣窟になっている。
ま、嘘に対しては真実で戦うのみだ。

今年、大川隆法総裁は、『ファイナル・ジャッジメント』や『神秘の法』の映画を作り、日本を他国の侵略から守ろうとし、経済的没落を防ぐために消費税増税に警告を鳴らし、海外ではアフリカに仏法真理の種を撒き、国家再生レベルの事を行っている。

片や、「週刊新潮」と「週刊文春」は、自分達の存続と、お金儲けのために嘘記事まで書いて、世の中を地獄に引きずり降ろそうとしている。
彼らは、この罪の重さのレベルがわかっていないからやっているのだろうが、イエスを裏切ったユダ、仏陀教団を分裂させようとしたダイバダッタ、などと、同じレベルの事を行っている事を知らねばいけないだろう。

「週刊新潮」と「週刊文春」は、即刻、廃刊すべきである。
結局、「人間死んだら終わり」という様な感じに日本人を持って行き、人々の心に、不信仰、無宗教、唯物論を広め、仏法真理など意味が無いものとしたい勢力、それは何か?
地獄の悪魔の勢力そのものです。
彼らの後ろで、見えない世界から糸を引いているのは悪魔の勢力なのです。
本当に、そういった存在がいるのです。

断じて日本人は悪魔の勢力に負けてはいかんのだ!!!


共通テーマ:blog

支部の映画プロジェクト長をやらせてもらってますが・・・。 [仏法真理-書籍以外]

幸福の科学 久喜支部にて映画『ファイナル・ジャッジメント』のプロジェクト長をやらせてもらっているのですが、ご婦人方の日々の奮闘には頭が下がります。

自分は、平日、朝から夜9時くらいまで仕事で、家に帰って来るのは夜10時半とか11時です。
それから、本日、メールやFAXで上がって来た映画『ファイナル・ジャッジメント』の、お誘いの集計をEXCELでするのですが、毎日毎日、ご婦人方がお誘いされた人々の数が増えていく事は、嬉しい限りです。
(これが最近 mat's page の更新が少なくなっている理由の一つなのです)
もちろん、男性の方のお誘い報告もありますが、圧倒的にご婦人方です。
たぶん、日本中到るところで、同様な事が起こっていると思います。

まあ、しかし、
宗教とかに対して批判的な人が見たら、「何を馬鹿な事をやっているのか?」とか思うのかもしれません。
が、未来の人々から見たら、この時代の日本で起きている、この活動が、"本当に人類の未来を切り開いていた" という事が、はっきり分かります。
これは、本当に本当にそうなります。
必ずそうなるのです。

どうか、もっと多くの日本人に気がついてもらいたい。
この活動こそ、人類の光である事を。
そして、共に新しい時代を切り開く仲間になってもらいたい!!
どうか頼みますm(__)m

猫=^_^=の手も借りたいのだ!!!

el.JPG

共通テーマ:blog

ユートピア活動推進館 [仏法真理-書籍以外]

自分も2~3ヶ月前に外観のみ見学をしてますが、ユートピア活動推進館がぼちぼちスタートする様です。
首相官邸や国会議事堂に非常に近くて、将来、幸福実現党の議員が国会や官邸で仕事をする様になった時に、超便利です。

決してひいき目に見ているわけではなくて、正論というか、国家の緊急時に、「こうすべきだ!」と、ストレートに主張する事こそ、真なる政治団体の使命だと思います。

総裁も今回、ユートピア活動推進館の落慶に伴い、御法話をされましたが、けっこう沖縄とか注意が必要ですね。
映画、『ファイナル・ジャッジメント』など、一番に見るべき人々は、沖縄とかの人々だと思うのですが、沖縄では遅れて公開の一館のみですか・・・。

IMG_0446.jpg
IMG_0451.jpg

共通テーマ:blog

総本山・那須精舎へ行って来た。 [仏法真理-書籍以外]

去年のGWは、中部正心館へ行ったけど、今年のGWはカミサンと総本山・那須精舎へ行って来た。
5~6日で、天気はあまり良くなかったけど、泊まりの研修も非常に良い研修で、悟りを高め、エネルギーの充電も出来た。
6日は家に帰ってから竜巻の事を知ったんだけど、確かにその頃は、那須精舎でも雷が鳴りまくっていた。

↓那須精舎で飼われているウサギです。
 もともと大悟館で飼われていたとか。
IMG_0510.jpg
IMG_0511.jpg

総本山・那須精舎は、幸福の科学学園があるところです。
ちょっとだけ離れているので学園には一度も行ってないです。
IMG_20120506_0155.JPG

金色の建造物は、大ストゥーパと言います。
IMG_0515.jpg
将来、総裁のお墓になるものです。
正面の両側の塔に獅子がいます。
右か左のどちらか忘れてしまいましたが、ちょっと自分のイメージ画像に使わせてもらっています。
白い小さな方のストゥーパは、全世界伝道祈念堂と言います。
エル・カンターレの教えが、必ずや全世界に広まって行く事を祈念している御堂です。
IMG_0516.jpg

それとか、こんなところを通り抜けると。
IMG_0517.jpg

池が見えて来ます。
ゲッ! 雨も降って来た。
IMG_0518.jpg

なんだか別世界です。
IMG_0519.jpg

非常に静かな池です。
荘厳池と言います。
IMG_0521.jpg

で、那須精舎は、幸福の科学の霊苑でもあります。
当たり前の事ですが、不成仏の方は一人も居ませんので、ゾゾーッと来る事は基本的にはありません。
非常にさわやかです。
IMG_0514.jpg

今回宿泊したのは本堂から一番離れた、離れの3号館。
最近、本堂に接続された宿泊錬が新設されましたが、実はそちらの方がかなり便利です。
大浴場とか研修室とか食堂とかすべて本堂にありますから。
研修予約が遅かったので、やむを得ません。
IMG_20120506_0150.JPG

とまあ、この様に、幸福の科学の施設などを紹介しているのは、「宗教は恐い」だとか、「洗脳されるんじゃないか」とかいう一般の人のイメージを払拭したいからでもあります。
当たり前ですが、どの研修に、いつ参加するとかも、自由意思で申し込みます。
どうか、多くの人々が、この世に生あるうちに仏法真理に目覚め、信仰に目覚めて、悟りへ到る道を歩んでもらいたいと思います。
まあ、永遠に続く道ですが。

共通テーマ:blog

心の中にあるエル・カンターレの光に目覚めよ! [仏法真理-書籍以外]

唯物論、無神論的に生きている人々にとって、自らの心の中に宇宙が有り、
その心の中心部分が神、根本仏につながっている、などと言われたところで、
数十年の人生において、ただ一度たりとて真剣に考えた事は無いであろうと思う。

ただ、これは真実であるのだ!
本当の事なのだ!

cap007.JPG
cap008.JPG
cap009.JPG
cap010.JPG
映画『太陽の法』より

共通テーマ:blog

主エル・カンターレから見た宇宙 [仏法真理-書籍以外]

窓辺に植物を置いているのだが、寒さのせいか葉っぱが落ちてしまった。
そして、枯れた葉っぱの上に大きな水球ができていた。
この大宇宙も、主エル・カンターレから見たらこんな感じに見えるのだろうか。
この中に、数百万の銀河が存在し、無数の星と、無数の生命が生き、数々の歴史とドラマが繰り広げられている。

太陽系も、地球も、この中では小さな小さな存在であり、
人間は更に小さな存在だ。

しかし、自らの小さき事を憂う必要はない。我等の心の中に、この大宇宙が広がっているのだ!
20120111012407.jpg

20120111012324.jpg

20120111012531.jpg


共通テーマ:blog
前の30件 | - 仏法真理-書籍以外 ブログトップ