So-net無料ブログ作成
本(政治全般) ブログトップ

民主主義の源流 古代アテネの実験 [本(政治全般)]


民主主義の源流 古代アテネの実験 (講談社学術文庫)

民主主義の源流 古代アテネの実験 (講談社学術文庫)

  • 作者: 橋場 弦
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/01/09
  • メディア: 文庫



第一章 マラトンの英雄とその死
裁かれる将軍/民主政は守られた
第二章 指導者の栄光と苦悩
アテネ民主政の輝き/公と私/ペリクレスの苦悩
第三章 参加と責任のシステム
民主政の舞台を訪ねて/公職者の責任
第四章 迷走するアテネ
嵐と弾劾裁判/破局
第五章 民主政の再生
新たな出発/「素人役人」の条件/司法のアマチュアリズム
第六章 たそがれ
ある市民の風貌/専門分化の波/終幕
おわりに

------------
先般、『代議制民主主義(待鳥聡史著)』なる本を読んだが、こちらの「民主主義の源流」という本で語られているのは代議制ではなく、直接民主主義になります。
まあ、アテネ国籍の青年男子に限られるわけだが、プニュクス(Pnyx)の丘というところに集まって、わいわいやっていたらしい。
アテネという都市国家であるからこそ、可能であったわけであって、人口が数十万、数百万レベルになると、そりゃ無理だろう。
そして、奴隷制度があった点も、それを可能にしたポイントか?

しかし、アテネの直接民主主義も、短期間で形作られたものではなく、貴族制や、ソロンの改革、ペイシストラトスの僭主政治、ペルシア戦争等を経て、経験と思考錯誤によりできてきたわけだ。
そして、BC5世紀後半にペリクレスが出て、アテネの黄金期となる。
パルテノン神殿とかも創られた。

ただ、その後、ペロポネソス戦争やら、疫病の蔓延やらで、徐々に衰退していく。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★
パルテノン神殿:紀元前447年に施工を開始し、紀元前432年にはほぼ完了
ペロポネソス戦争、紀元前431年 - 紀元前404年
紀元前399年、ソクラテス死。
紀元前387年、40歳頃、プラトンはシケリア旅行からの帰国後まもなく、アテナイ郊外の北西、アカデメイアの地の近傍に学園を設立した
紀元前338年のカイロネイアの戦いでマケドニア王国にアテナイ・テバイ連合軍は敗北
☆★☆★☆★☆★☆★☆★

まあこの、アテネにおける民主主義の衰退については、現代の日本とか、アメリカとかの民主主義国家は、よく研究しなければいかんと思う。
やっぱ、プラトンも批判した民主主義のよくない点については改良しなければ駄目だよね。
戦争に負けたり、疫病とかが流行ったり、これ、絶対に神々の天罰も落ちているよ。
当時の奴隷制度もまずかっただろうし。

基本、正義は人々の多数決で決まるものでもないのだよね。
最終的には神の意志だし、神近き者の意思を尊重しなければ段々と悪や不正が蔓延する。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

チャーチルに学ぶリーダーシップ―逆境の経営環境で成功するために [本(政治全般)]

802.gif

チャーチルに学ぶリーダーシップ―逆境の経営環境で成功するために (トッパンのビジネス経営書シリーズ)

序章 政界と実業界―ビジネス・リーダーが偉大な政治家から学び取れるもの
第1章 チャーチルを理解するための鍵
第2章 大臣としてのチャーチル―公職歴を概観する
第3章 失敗を正面から受け止め、過ちから学ぶ
第4章 チャーチルの行政手腕―責任と組織
第5章 チャーチル流人事―人を管理し、己を管理する
第6章 決断力―チャーチルの思考過程
第7章 コミュニケーションの達人、チャーチル
第8章 チャーチルの個性―リーダーシップの完成
第9章 発案者、改革者としてのチャーチル
第10章 スタイルを超える実体―倫理上の目的、必然性、個人の指導力

-----------
けっこうチャーチルは判断において「中道」を大事にしたような事が書かれていたが、
大川総裁の『チャーチルの霊言』を読んだ人であるならば、その理由は、すぐにわかる事でしょう。
仏陀が最初に悟った真理も、「中道の悟り」ですよね。

しかし、刻々と、日本も、チャーチルの様な政治家が出て来なければいけない時節になりつつある。
かつてのイギリスも、ヒトラーの攻撃を受けたが、何とか撃退してイギリス滅亡を避ける事ができた。
爆撃機で爆撃されたり、V1ミサイル、V2ミサイルなどのミサイル攻撃も受けた。
Uボートで、シーレーンも寸断されたりした。
ただまあ、諜報機関による暗号解読や、レーダーの実用化、外交戦略等、智慧を総動員して、最後は勝利を得る事ができた。
日本も、勝つための智慧と人材を、総動員しないといけない。
はっきり言って、次回の国政選挙で幸福実現党の議員が出るか出ないかが、日本の天国・地獄を分ける分岐点になる。

中国経済も、かなりダメージを受けているみたいで、そりゃ、最後は軍事力で富を得るしか発想が湧かない状況に追い込まれるのではないか。
今の日本の置かれている状況は、かつてのイギリスより、遥かに厳しい状況だと思う。

安保理改正、憲法9条改正、平和維持のための核武装。
ここまでできて来ないと、今の状況では、かなり厳しい。

そして、国を守れる人材の出現。
それがどうしても必要なのだ。

タグ:チャーチル
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

代議制民主主義 - 「民意」と「政治家」を問い直す [本(政治全般)]


代議制民主主義 - 「民意」と「政治家」を問い直す (中公新書)

代議制民主主義 - 「民意」と「政治家」を問い直す (中公新書)

  • 作者: 待鳥 聡史
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2015/11/21
  • メディア: 新書



まあ、「こうも人口が多いと、すべての人が参加する、直接民主主義などやってられん」という事で、政治の代表者を決めて「政治の運営を、ある程度任せる」というのが代議制民主主義と理解している。
ただ、インターネット等が広く行き渡った国であるならば、
「この件についてどうしますか?」
という議案に対して、国民がインターネットで決議する、という事もできない事ではないだろう。

しかし、どう考えてもそれは現実的では無い。
国民全体で議論したら時間がいくらあっても足りないので、最終的には多数決になるだろうけど、それで結果がうまくいくなら、そもそも議会も、首相も、大統領も、リーダー的な人は必要ないという事になるね。

また、万が一、地球規模で多数決しようものなら、中国的価値観、インド的価値観が地球における最終判断になってしまうわな。

ま、ただ、多数決の理論は、代議制で、選ばれた人が行えば正しいか?
これも本当は、「どうだろうかねー」といったところはある。
議会で討論できる分、それなりに制度は高まるだろうけど、既得権益の利害、政治家自身の選挙結果、マスコミの意見・支持率、官僚の思惑、陳情、党議、等、いろいろなものを秤にかけて最終的に結論に導くのだろうが、これはさすがに誰がやっても難しいよ。

おそらく、大学教授等の書く『代議制民主主義』の結論は、こんなとこだろうと思う。

で、ここから先が、仏法真理の世界に入るが、
仏法真理には、明確に目標があるのです。
神の方向というか、仏の方向というか、哲学的に絶対善とでも言うべき方向です。

個人においては、愛・知・反省・発展により、地獄ではなく天国を目指す。
そして、天国も悟りのレベルがあるから、より高い悟りのレベルを目指す。
できれば、通常の天国ではなく、より人々の幸福のために活躍できる菩薩界、天使の世界を目指す。
また社会全体においては、悪を押しとどめ、善を推進し、切磋琢磨する中でも、調和を目指す。

これを今後、政治システムの中に、どうブレンドして盛り込んでいくか?
人々が納得して、幸福が循環する仕組みに仕上げるか?
まあ、ここまで考えているので、この本とかも読んでいて、参考になるのは半分ぐらいなんだよねえ。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ロック [本(政治全般)]


ロック (1968年) (センチュリーブックス―人と思想〈13〉)

ロック (1968年) (センチュリーブックス―人と思想〈13〉)

  • 作者: 田中 浩
  • 出版社/メーカー: 清水書院
  • 発売日: 1968
  • メディア: -



現代の日本における増税、そして各種、法律や行政指導における規制、更には、マイナンバー制度による国民の全財産の把握(もちろん財産、資産から課税するためのものでしょう)
あと、幸福の科学大学の不認可に見る教育の自由の侵害。

こうした姿を見るにつけ、
日本の民主主義制度も、もうちょっと基本に戻って再考して、
おかしい部分については改革していく必要があるよね。

という事で、多少、この本、読み直してみた。
ロックと言っても、ロックンロールのロックではなく、昔のイギリス人のジョン・ロックです。
前にも書いたけどさ。
ロック (センチュリーブックス 人と思想 13) 
寛容についての書簡

昔から、革命が起きたりして、古い政府が倒される原因の一つとして「課税、重税」のところがあるよね。
アメリカの独立戦争なども、そうだと思うが、その本家のイギリスでも、王様が勝手に国民に課税して(船舶税)、憤った国民が最終的には王政が中心ではなく、議会による民主主義が主流になっていく。

今の日本は、どういったところに問題があるか?
①国民の財産権を政府が侵害している。
 明らかに税金の取り過ぎ。
②税金を盾にして、マスコミさえ増税に反対できないようにしている。
③政府は、福祉や年金制度を守るために増税するという嘘をつき続けている。
④規制やマイナンバー制度で、国民の自由を奪い、税金だけは取れるだけ取るという態度。
⑤幸福の科学大学不認可に見る、信教の自由への国家の介入。
などなど。

ま、『竹下登の霊言』でも、あの世の竹下さんが言われていたが、
消費税の導入も、それによって財政赤字を減らすため という事だったんだよね。
ただ実際は、財政赤字が減るどころか もう当時の7~8倍くらいになっているかな。
嘘で塗り固めて自民党と財務省は最後にどうすんだろか?
年金のお金も 大して残ってないしさ。

はっきり言って、
このままで行くと 自民党政権と国家公務員の多くは失業するね。
財政赤字以上に日本人は資金があるので、日本が経済的に沈没する事は無いけれど、政府は一度 国民に謝罪して破産宣告しなければいけない状況になるかな。
なかなか日本の経済成長も重税・大きな政府で止められてしまっているので、消費税を上げたところで大して税収は増えないし、全然 雇用や経済発展に結びつかない「バラマキ」を止められなくなっている。

まあ、今の時代、フランス革命や清教徒革命みたいに流血の惨事の革命が日本に起きる事は無いとは思うが、自民党と財務省がテレビで
「ごめんなさい、もうこれ以上、やっていけません。年金資金もありません。」
と謝り、旧政府が崩壊して新政府を樹立せざるを得ない時が来る可能性は、かなり高いと思う。
基本的に、日本人が、今の政府ではもう駄目だと判断したら、それは智慧を結集して創り直すしかないのだ。

日本の無血革命、名誉革命だな。

タグ:John Locke
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「普天間」交渉秘録 [本(政治全般)]


「普天間」交渉秘録 (新潮文庫)

「普天間」交渉秘録 (新潮文庫)

  • 作者: 守屋 武昌
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2012/08/27
  • メディア: 文庫



はじめに
第一章 在日米軍再編へ
第二章 「引き延ばし」と「二枚舌」
第三章 十年の時を経て
第四章 防衛庁の悲願
第五章 不実なのは誰なのか
第六章 普天間はどこへ行く
あとがき
将来に向けての日本の防衛

-------------
まあ、この後、ゴルフ接待による収賄罪を問われたりして実刑判決を受けてしまったわけだけど、自分はこの守屋氏の仕事は評価できると思いますがね。
国会議員と、沖縄の地方議員に挟まれて、難しい立場だったと思いますが、何とか決着をつけようと努力していたと思います。

去年の暮、沖縄県知事による辺野古埋め立て承認が、やっと通りましたが、これ一体、何年経過したのかね。
原因はいろいろあるでしょうが、
根本的には、沖縄地方議員の時間稼ぎだろうね。
結局、韓国の従軍慰安婦と同じような構図になっていたと思うね。
時間を延ばして、お金を取りたい、という事でしょうな。

普天間の問題にしても、従軍慰安婦の問題にしても、日本の国会議員の優柔不断さが、事を大きくしてしまったと言えましょうか。

政治は、弱者に優しい事も大事かもしれませんが、「正義の実現」も大事な事であると思う。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
【祝】幸福の科学学園
中学チアダンス部世界一!! 高校、準優勝!!


共通テーマ:blog

ハイエク―マルクス主義を殺した哲人 [本(政治全般)]


ハイエク―マルクス主義を殺した哲人

ハイエク―マルクス主義を殺した哲人

  • 作者: 渡部 昇一
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 1999/01
  • メディア: 単行本



自由主義の大切さと、共産主義・社会主義・全体主義の恐さが伝わって来ます。
まあ、「今更、共産主義・社会主義・全体主義も無いだろう」という人もけっこう多いとは思いますが、現代社会において、まだまだその思想は死んでいないと思います。

以下は、あまり本の内容に沿っていません。徒然なるままに書きます。

------------------------------------
平等を叫ぶ人達には注意が必要です。
往々にして平等と言っても、結果の平等を、嫉妬や不平不満から求めている場合が多いからです。努力した人と努力しなかった人の結果を同じにしてしまっては、それは悪平等です。正義の名の下の本当の平等ではありません。平等とは機会の平等に留めるべきでしょう。
その後は自助努力により結果が分かれた方がよいでしょう。
無限の努力の余地があった方がよいのです。

また、自由の名の下に一部の人々の自由のみを守ったり、人々を狂わせたりする意図にも警戒しなくてはいけません。
自由な状態とは、確かに何でもできるという意味合いはありますが、道徳の崩壊、倫理観の崩壊、社会の崩壊、宗教的教えの崩壊、そういった状態を自由というならば、それは本当の自由ではないでしょう。
人間の根本に遡って考えると、人間の魂は本来、仏神から分かれてきたものであり、本質において良きものであるわけです。時間の差はあっても、すべての魂は、仏神から分かれ、再度、仏神に還って行く長い長い旅をしているわけです。そういうわけで、本質的には善であります。
本質的に善である存在が複数という存在になり、そこに現われて来るのは「発展・繁栄」の姿でしょう。
つまり、「長い目で見て、自分も他人も発展、繁栄し、幸福になっていく」
こういった姿が自由の本質だと思います。
いろいろな経験から悟りを高め、自分も他人も、共に幸福になっていこうとする姿勢の中に無限の自由があると思うのです。
確かに自由ですから他人を傷つけたり、自分を傷つけたり、堕落したりすることもできますが、やはりそれは幸福な状態ではないでしょう。そんな状態で100年も1000年も居たら、たいていの人間は、もとの幸福な状態に戻りたいと思うでしょう。
自由とは、いろいろな方法を通して、自分も他人も真の意味で幸福になっていく道ですかね。
本当の宗教とは思想ではありません。事実を述べているにすぎません。
真実に目を瞑るのは自由な立場ではないでしょう。
「真実を知らずして真の自由はない」と思います。

それと、現代日本のマスコミの言っている自由は、どうも信用し難いところが往々にしてあります。
現代日本のマスコミは独占とまではいかないけど、寡占状態すぎます。
特に、テレビ局と大新聞のことです。
あまりにも一部の人々が全国ネットを牛耳りすぎだと思います。
ほとんど洗脳に近いですよ。
マスコミの寡占は、一部のマスコミ関係の人にのみ「言論の自由」が与えられているのと同じです。
自由を自分達に都合良い方に解釈していると思います。
特にテレビ局は、規制で守られすぎではないのでしょうか。

自由競争がない分野は、本当に駄目になってしまいますね。
農業、金融、テレビ局、官僚等ですか。

ま、平等と自由を語りましたが、あえてどちらかを選ぶとするならば、自由の方を選ばなくてはならんでしょう。
なんだかんだ言って、自由には可能性があります。
最大の可能性は人間の発展の可能性です。
そして、平等の必要性とは、その自由を行使するチャンスにおいて、一人一人に平等の権利が与えられてしかるべきであろう、というところにあると思います。
あくまでも自由の方が大事でしょう。

しかし、現代は国家の力が大きくなりつつありますな。
どうも税金が高くなり、国が企業や個人を面倒みるのが当然の様になりつつある感じですね。
「セルフ・ヘルプ」の精神を復活させないといかんでしょう。

共通テーマ:

ロック (センチュリーブックス 人と思想 13) [本(政治全般)]


ロック (センチュリーブックス 人と思想 13)

ロック (センチュリーブックス 人と思想 13)

  • 作者: 田中 浩
  • 出版社/メーカー: 清水書院
  • 発売日: 2000
  • メディア: -



ジョン・ロック(John Locke)についてまとめられた本です。
ちょっと読み返してみました。
と言っても、その生涯と政治・経済思想のところしかちゃんと読んでいません。
おそらく、学者さんで、ロックの哲学・宗教について本当の意味で解説できる人はあまりいないのではないかと思いますし。
著者は、「ロックの生きていた時代は、まだまだ近代化されておらず、宗教の力が大きかったから無神論とかに寛容じゃなかったのだろう」とか述べていますが、必ずしもそうとは限らないでしょう。謙虚に、科学的探究を突き詰めていけば、必ず神の存在に行き着くことと思います。
ま、大体は、「寛容についての書簡」で書いたので、あまり書くことはありません。

しかし、ジョン・ロックは激動の時代に生きた人ですが、あまり革命とか争い事は好きではなかったのではないかと推測します。

共通テーマ:

寛容についての書簡 [本(政治全般)]


世界の名著 27 ロック・ヒューム (27)

世界の名著 27 ロック・ヒューム (27)

  • 作者: ロック
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 1968/01
  • メディア: -



John Locke が1688年の名誉革命後、亡命先、オランダから帰国して1689年にロンドンで出版されたものです。(英訳版)
その直前にはオランダでラテン語で出版されていました。(どちらも匿名で出版)
日本国憲法の中にも流れている、「信教の自由」の確立に貢献した書簡とも言えると思います。
実際、イギリスでは翌年?「寛容法」が発令されました。

イギリスでは、中世後期ころからローマ教皇と対立することが多くなりました。
そして、ヨーロッパに宗教改革が起こり、1500年代を通じて、カトリックではなく、プロテスタントを信奉する人々も多くなり始めました。
その様な中、エリザベス女王は、ローマから独立した形のイギリス国教会をスタートさせましたが、1600年代になり、プロテスタントである清教徒(ピューリタン)と国教会の対立が大きくなっていき、結局、1649年、ピューリタン革命が起こり、国王チャールズ1世は処刑されてしまいました。

その後、クロムウェルの治世、王政復古と続きますが、チャールズ2世の後を継いだジェームズ2世は、カトリックの復活を推進し、議会と対立します。
議会は、プロテスタント国オランダの統領であるオラニエ公ウィレム3世に嫁いでいたジェームズ2世の長女メアリー夫妻にイングランドへの上陸を要請しました。オランダ軍2万は、イギリスに上陸しロンドンに迫りましたが、イギリス軍はジェームズ2世にあいそをつかし戦いませんでした。
これが無血革命と言われる所以です。
その時、ロックも亡命先オランダから帰還したというわけです。
------------------

この書簡の中でロックが言わんとしていることは、簡単に言えば、「政教の分離」と「信教の自由」についてです。

以下、抜粋。(要するに、為政者【政治】は宗教に口を出さない方が良いという事)
 為政者の権限がこうした社会的なことがら以上には及ばず、政治的な権力や権利や支配がこれらのものの護持・増進のための配慮だけに限定され制約されていて、けっして魂の救済にまで手を伸ばしえない、また伸ばすべきでないということは、以下の考察によって十分に証明されると思われます。
 第一に、魂への配慮は、いかなる他人にもゆだねられないことで、為政者にも同じくゆだねられはしないからです。神はそれを為政者にゆだねませんでした。神は、だれかを自分の宗教に強制して引き入れるというような権威を、いかなる人にも与えはしなかったのです。
 第二に、魂への配慮は為政者の関知する問題ではありえません。なぜなら、為政者の権力はただ外的な力にのみ存するものだからです。しかし、真の救済的宗教は心の内的な確信のうちにあり、それなくしては何事も神に受け容れられることはできません。
 第三に、法の厳しさや刑罰の力が人々の心を変え確信を抱かせることができたにしても、それはそれらの人々の魂への救済にはまったく役だたないでありましょうから、魂の救済への配慮が為政者の仕事に属することはありえません。

ま、政治の力が強すぎて、宗教を圧迫しすぎていたのですね。但し、為政者といえども人間の心までは支配する事はできません。
また、寛容は為政者だけに求めるものではなく、教会、私人、聖職者にも義務であると主張しています。

最後にロックは、寛容に扱われるべきでない人々として「無神論者」、「神の存在を否定する人」をあげています。
これは、ちょいと前の トマス・モアも全く同様の事を言ってますね。
厳しい意見ですが、ぎりぎりのところで生きていた時代の人々の本音でしょう。
なぜなら、本当に神を信じている人は、本心から他の人々に善行を行う事に喜びを感じており、悪をなす事を戒めているからです。
やはり冷静に考えて、この世界の成り立ちを偶然の産物と見るか、神が意図してこの世界と人間を創ったか、どちらを信仰するかは、決定的な違いでしょう。何千年も昔から宗教が存在し、神への信仰が尊ばれていたにも関わらず、なおかつ神を信じないという人々の存在は、一種の無神論信仰とも言えるでしょう。

現代の日本にも、この「無神論信仰」が蔓延っています。
特にマスコミ中心に日本を覆っています。
数少ない全国新聞、全国系テレビ局の思想が日本の思想の様になってしまっています。
これも完全な洗脳です。

JohnLocke.JPG

共通テーマ:

国際政治―恐怖と希望 (中公新書 (108)) [本(政治全般)]


国際政治―恐怖と希望 (中公新書 (108))

国際政治―恐怖と希望 (中公新書 (108))

  • 作者: 高坂 正尭
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 1966/08
  • メディア: 単行本



目次
問題への視角
軍備と平和
経済交流と平和
国際機構と平和
平和国家と国際秩序

1966年に出版された本ですが、根本的な内容は古くはないと思います。
かと言っても、その後随分経過しているので、現代に応用するのは、相当自分で考えなくてはいけないかな、と思います。
だだ、いろいろなレビューでもかなり評価の高い本です。

まず述べているのは、
一般の人々は、国内政治を見るのと同じように国際政治は見ていない、ということです。
国内政治においては、権力闘争、派閥や政党の対立、駆け引き、協力、人間関係の複雑な絡み、ギブアンドテイク的な関係等、本当にいろいろな思いが交錯してやっていて、それを見ている一般の国民も、「そういうものだな」と、ある程度認識しているのですが、話が国際政治になると、極端に見方が単純になってしまっています。たとえば、「一方が善玉の国、他方は悪玉の国」と完全に分けてしまうとか。
確かに、日本人(だけかはよくわからんが)、は他国に対しては、やけに素直です。自分の国を悪く見過ぎじゃないのかな・・・。

軍備に関しては、冷戦真っ盛りの頃であり、ソ連と米国の覇権争いが中心になっています。今であれば、もう、その頃に比較したら、かなり複雑さを増していることになりますね。一筋縄にいかない。日本で言えば、中国、北朝鮮、韓国、台湾、ここいら辺は避けて通れないでしょう。

経済も同様に1960年代に比べたらかなり複雑ですねー。今は経済と言っても金融が占める割合がかなり高いですからね。国際政治で金融問題、かなりウエイト高いですよね。今はサブプライム問題で、国際的に対処していますしね。金融は当時、あまり話題になりませんね。

国連に関しては、当時も今もあまり変化ないかもしれませんね。大国の拒否権や、あまりまとまっていないながらも存在価値は引き続きあるでしょうね。対話の窓口としての役割は重要ですね。

1966年当時は、サミットもなかったですね。WTOも無い。インターネットも無いしね。やはり、随分変化してますよ。

(ちょっと図書館で借りた古っちい本のせいか、全体的に読み方が雑になってしまいました・・・)




共通テーマ:

民主主義という不思議な仕組み (ちくまプリマー新書 64) [本(政治全般)]


民主主義という不思議な仕組み (ちくまプリマー新書 64)

民主主義という不思議な仕組み (ちくまプリマー新書 64)

  • 作者: 佐々木 毅
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2007/08
  • メディア: 新書



第1章 民主主義のルーツを言葉から考える
第2章 代表制を伴った民主政治の誕生
第3章 「みなし」の積み重ねの上で民主政治は動く
第4章 「世論の支配」―その実像と虚像
第5章 政治とどう対面するか―参加と不服従
第6章 これからの政治の課題とは

昔の人々は、民主主義という”しくみ”を、それ程評価していなかった。
まあ、アリストテレスでもせいぜい下の上、くらいの評価であった。
プラトンは、師でもあったソクラテスを死刑に追いやった制度ということもあり、これも評価はよくない。
しかし、近代は、その民主主義が復活してきた。ここ、100年、200年の話である。

なぜだろうか?
思うに、近代になり、

統治の仕組みがあまりにも複雑になりすぎたこと。(多くの人が知恵を出しあわないと厳しくなってきた)
人口があまりにも多くなっていること。(王政とかだと否支配層が多すぎ)
人口統計等が可能になり、国民と国土がはっきりしだしたこと。
大人数が参加する選挙を運営することが可能になったこと。
資本主義とマッチしたこと。

などがあげられると思います。
では、今後はどうしたらよいか?

ま、代議政治論にもありますが、多数者の専制にならないようにすること。
政治的無関心を極力無くしていくこと。

民主主義=繁栄主義と自覚すること。
人々の自由のエネルギーを、最大多数の最大幸福に向けること。

などでしょうか。

本に書いてないことも多いですが、民主主義とは何か を考える材料にはなる本だと思います。
挿し絵もあるしね。

nice!(0) 
共通テーマ:

代議政治論(Considerations on Representative Government ) [本(政治全般)]


世界の名著〈49〉ベンサム,J.S.ミル (1979年) (中公バックス)



『代議政治論"Considerations on Representative Government"』は、J.S.ミル の1861年(55歳の時)に出版された本です。
翻訳された、特に昔の本に多いのだけど、意味がよくわからない部分も多い。
ま、しかし、大体の内容は理解できた。
(後半は要約のみになっちゃってるよ。訳すのがめんどうになってしまったのか・・・)
基本的に原本を英語で読むのがよいと思うのだが、残念ながら自分の能力がそこまでいっていない。
『On Liberty』も英語版持っているが読みきれていない!

以下、要約とか抜き出したもの。

・国民が、その統治形態を維持するために必要なことを進んで行うならば、統治形態は選択できる。
・統治形態の中で一番良いものは代議制民主主義である。
・但し、社会を構成している人々の資質においては、そうでない場合もある。
・ある国民は、自由な統治を好みながら、怠惰や不注意のために、または公共心が欠けているために、一定の統治形態を維持するのに必要な努力をすることができないかもしれない。
・犯罪者を制止するために、法律や公的権威に協力しようとしないような国民は、制限付の限定された自由以上のものには適しないと考えられなければならない。
・私的な市民がときたまのことであるにしても、公的な機能に参与することによって与えられる教訓の道徳的な役割は重要である。
・行政の職務を重視している。
・議会と行政の役割をきっちり分けることが良いとしている。
・国民の個人的な道徳的、知的、活動的な能力を十分に発揮させない恐れがある。
 (選挙権の拡大と司法、行政的な仕事への国民の参加で対応)
・民主制が多数者の専制に陥る可能性はある。

いろいろ述べていますが、確かに現時点で代議制民主主義以外の選択肢はほとんど残されていないと思います。
しかし当時もそうでしょうが、現代においても問題点は多い。
当然、改良していかなくてはなりません。悪い点があるなら修正していかなくてはならないのは当然のことですね。

自分として恐い部分は、最後の「多数者の専制」の部分です。
(これは、トクヴィルの『アメリカの民主政治』でも同じことを言っているわけですが)
特に現代の日本などは、宗教に無関心な人々が多いところが気になります。(マスコミの影響が相当あり)
人生を突き詰めて考えれば、当然、宗教的関心を持たざるを得ないと思うのですが、その部分を曖昧にして、この世的な娯楽だとか趣味に転化しているようにも見えます。
ま、あほな宗教に入るくらいだったら「触らぬ神に祟りなし!」という考えは賢明ではあります。
ただ、真理探究の道は人間として途絶えてしまってはならないでしょう。
自分もかつてはキリスト教の教会に毎週日曜日、何年にも渡って通っていましたが、聖書の内容とか教会の牧師の教えには満足できませんでした。「ある程度までは正しい。但し、あるところは間違っている」 そう感じました。
当然、その後も真理を求め続けました。
やっぱり、ある程度、自分の人生、真面目に考えなくっちゃイカンよ。

どうも日本のマスコミと、それに操られた大衆のマルクス主義的唯物論(物質中心主義。宗教は阿片だ! というような考えを含む) は、何とか打破していかないといけないと感じる。


共通テーマ:

ホッブズ [本(政治全般)]


ホッブズ (Century Books―人と思想)

ホッブズ (Century Books―人と思想)

  • 作者: 田中 浩
  • 出版社/メーカー: 清水書院
  • 発売日: 2006/04
  • メディア: 単行本



自分の政治研究で、ちょっと抜けていた人物が居ました。
トマス・ホッブズ(Thomas Hobbes)という人です。ジョン・ロックより少し前のイギリスに1588年に生まれています。スペインの無敵艦隊とイギリスが戦った年ですね。
しかし、世界史やった人でないとあまりよく知らないかもしれません。『リヴァイアサン』という有名な書物を書きました。
まあ、ざっと人物紹介本を一冊読んだだけなので、はっきり言ってあまりよくわかりません。

国家と民衆が契約によって成り立っているといった思想「社会契約論」のさきがけの主張をしました。教科書等には、ホッブズ、ロック、ルソー といった流れで書いてあると思います。
まあ、いずれにせよ、近代国家の思想的基盤を築いた人であることは事実です。
ただ、絶対王政を擁護したのか、民主制を養護したのか微妙なとこらしいです。
リヴァイアサンという強力な怪獣が権力を持ち、それによって社会の安定を得る。たぶん、そういった考えだと思います。いずれにせよ勉強不足です。

-----------------------------------------------------------------
紅葉が始まりましたねえ。
<2008年10月18日、土曜日夕方の久喜市役所前です>
mat 002.jpg


共通テーマ:日記・雑感

『民主主義とは何なのか』は読まなくてよいかと思います。 [本(政治全般)]


民主主義とは何なのか (文春新書)

民主主義とは何なのか (文春新書)

  • 作者: 長谷川 三千子
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2001/09
  • メディア: 新書

後半になり、突然、ジョン・ロックをペテン師呼ばわりする著者にはびっくりした。自分は、ジョン・ロック好きだからね。いい気はしないですねえ。アマゾンへのリンクも消します。買わんでください。自分は助かった! この本、図書館から借りた本だから無駄な金使わずに済んだ。ブログに出すのも憚られるのですが、あえて『読む価値のない本』として出すのも必要かなと思った次第です。

確かにフランス革命は美化されすぎていることはわかる。しかし、アメリカの独立宣言とかは、そんな悪くはないわな。そりゃ、植民地より独立国家の方が、誰だっていいでしょう。

著者はただ単に民主主義だと何でもかんでも間違っていると思いすぎているのではないか? そりゃ極端だしょ。この人はヒステリー? 確かに民主主義は衆愚政になり易いが、そのなかでどうやってより良い方向に持っていくかが思想的指導者の役割ではないのか。

ちなみに自分は若かりし頃、2年程、埼玉大学の学生やっていた時代があった。



共通テーマ:日記・雑感

民主主義という錯覚 [本(政治全般)]


民主主義という錯覚

民主主義という錯覚

  • 作者: 薬師院 仁志
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2008/03/19
  • メディア: 単行本



目次
第1章 欧米の民主主義
第2章 日本の民主主義:誤解と迷走の歴史
第3章 何のための民主主義なのか

「民主主義とは何か?」 と問われて、すぐさま適切な返答のできる人はどのくらい居るだろうか?
確かに、何をもって民主主義と言うのか、その定義は定かではない。
ルソーによれば、純粋な民主主義とは、直接民主主義だけで、現代の選挙による間接民主主義は、貴族政になるとのことだ。
その様な意味で言えば、民主主義の時代は、古代のギリシャのアテナイにぽつっとあっただけという事になる。
ただ、その民主主義の意味を変化させてしまったのが、1830年代のアメリカ合衆国のジャクソン政権からだと言う。
その時代から、民主主義=選挙権の拡大 という意味に成り代わってしまったらしい。
まあ、はっきり言ってこの本は、「民主主義」の言葉の定義にけっこう力を注いでいる。

ということで、本の内容はともかくとして、自分なりにいろいろ考えると、民主主義とは、「大衆が主体的に政治を行う制度」とでも言えようか。
そして、民主主義を支える支柱は、前回も同じ様なことを書いたけれども、一人一人の「信仰心」に置きたい。何故なら政治を行う人々は、どうしても徳高く、自分の欲得よりも人々の幸福を率先して考えるような神近き人でないと全体としてうまくいかないからだ。
王政とか、少数の人々の貴族政治だったら、その治世者の徳が大部分、社会の発展、安定につながる。但し、民主政の場合、直接・間接の差はあれ、大衆が政治を行うことになる。その大衆が、徳を求めないで、自分の利益のみを主張すると、完全に衆愚政治になってしまう。
ヒトラーは選挙によって大衆に選ばれた。完全に議会制民主主義の範疇の出来事である。革命によってヒトラー政権ができたわけでも何でもない。不平不満の民主主義は、必ず破綻することになっているのだ。

フランス革命も、結構美化されていることがあるけれど、民主化運動というよりも、大衆の不平不満が爆発した結果と言えるかもしれない。実際、何十万人もの人が死んでおり、革命以後も、無政府状態が長く続いていて、治安が維持できなかった。実際、フランス革命は、反宗教的な革命であった。

結論として、民主主義は人々の正しい信仰心、【緩やかに言えば向上心】 があってこそ栄える制度である、と言いたい。逆に、無神論、【これも緩やかに言えば道徳の不在】の民主主義は、不平不満による混乱、殺戮、暴動、独裁者の圧政、こういった過程を経ます。これは、過去の歴史を見ればわかることであります。

当然、現代の欧米諸国や日本も、今後、どうするか、まさに正念場を迎えています。それを選択していくのは、一人一人です。衆愚政への流れは、とても強いので、本当に多数決の理論だけでは負けてしまいます。

共通テーマ:日記・雑感
本(政治全般) ブログトップ