So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年04月| 2017年05月 |- ブログトップ

東芝解体 電機メーカーが消える日 [本(経営)]


東芝解体 電機メーカーが消える日 (講談社現代新書)

東芝解体 電機メーカーが消える日 (講談社現代新書)

  • 作者: 大西 康之
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/05/17
  • メディア: 新書



序章      日本の電機が負け続ける「本当の理由」
1東芝     「電力ファミリーの正妻」は解体へ
2NEC     「電電ファミリーの長兄」も墜落寸前
3シャープ   台湾・ホンハイ傘下で再浮上
4ソニー    平井改革の正念場
5パナソニック 立ちすくむ巨人
6日立製作所 エリート野武士集団の死角
7三菱電機  実は構造改革の優等生?
8富士通    コンピューターの優も今は昔
おわりに
----------------------------

厳しい!
誠に厳しい現実がここにある。
ついこないだまで日本経済の推進者であった日本の家電メーカーが、ここまで衰退してしまった。
実に残念な事である。
まあ、それぞれ衰退の原因は個別に違うところはあるが、思えば気が付くところも多々ある。

一般の人々が、一番目が付くところは製品そのものだと思う。
やっぱ、ここ最近の日本のメーカーの製品は、製品も価格も横並びで、デザインなども斬新さはあまりないよね。
携帯電話・スマホとかパソコンなども、基本的に価格競争とデザイン、性能のバランスで負けているのではないかね。
機能てんこ盛りで、価格は高額。
目線が消費者の側に立ってはいないよね。
5万のエクスペリアよりかは、2万弱のファーウェイでいいかな?
って事になってしまう。

本にも書かれているが、電力ファミリー、電々ファミリーで生きて来たのが大問題でしたね。
国の政策で、常に仕事が上から降りて来て、それに飼い慣らされてしまった。
原発なども、基本、日本の国策だったわけだよね。
ただ、大震災後、もう何年も経過しているのに未だに原発がまともに稼働していない。
原発1つ造るのに1兆円かかるんだったら、もう民間企業では手が出せなくなる。

日本企業は、ここで侍精神を回復させないと駄目になるな。
あと、企業に宗教心が失われている事も、衰退の大きな原因であると思う。

宗教心の不足
官僚主義
アイデア不足
未来予測の精度の悪さ

こうした事により、企業は衰退していくと思うな。
ちと、この本の内容ではないけれど。
日本の金融、電気メーカーが衰退し、今後、日本が生き残るためにどうすればよいか?
ま、まずは霊言を読む事だな。
とにかく、霊言を読め!
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

文在寅 韓国新大統領守護霊インタビュー [仏法真理(霊言-政治、軍事)]


文在寅 韓国新大統領守護霊インタビュー

文在寅 韓国新大統領守護霊インタビュー

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2017/05/20
  • メディア: 単行本



韓国という国は、北朝鮮と同様、なかなかやっかいな国である。
そして更に、輪をかけて難しい状況になりつつある。
韓国の人々は、何とも大変な人を大統領に選んだものだ。
今の韓国は、けっこう煽動政治家を担ぎ上げる風潮が蔓延している様に思う。

どうも、日本の周辺に平和な時代が訪れるのは、もう少し先の事になろうかね。
ここ10年、20年と、日本は厳しい時代を過ごさねばならないだろうが、これは大いなるドラマで、後々まで語り継がれるドラマの舞台となっているのだ。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

映画「君のまなざし」 [映画]


大川宏洋 ニュースター・プロダクション社長の守護霊メッセージ

大川宏洋 ニュースター・プロダクション社長の守護霊メッセージ

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2017/05/16
  • メディア: 単行本



梅崎快人守護霊インタビュー 大物新人俳優の演技観

梅崎快人守護霊インタビュー 大物新人俳優の演技観

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2017/05/20
  • メディア: 単行本



女優 水月ゆうこのスピリチュアルメッセージ

女優 水月ゆうこのスピリチュアルメッセージ

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2017/05/20
  • メディア: 単行本



映画、「君のまなざし」を見た。
なかなか奥が深い映画であると思う。

今までの幸福の科学の映画の特徴である、救世主が主役、地球規模、更には宇宙規模といったスケール感では無いのだが、基本的霊界知識を取り入れつつ、ミステリー的な要素をブレンドした、言い方は難しいが、庶民感覚に近い映画ではないかな?
そういった意味では、「幸福の科学の仏法真理とは何か?」
と言った内容を、人々が理解し易い内容になっているのではないかとも言える。

基本的に、「死んでも命は存在し続ける事」、これは大前提中の大前提である。
そして、死んだ人が生きている人の口を使って語る「霊言」とは何か? もわかるし。
更に、悪の発生する心の状況や、心が地獄を作り出してしまうという事もわかる。
それと、本当の信仰を持っていれば、悪魔も撃退できてしまう、という事も映画では描かれていると思う。

単なるホラー映画、心霊映画では無く、すべて霊的真実が根底にある、という事を意識して見てもらえれば、悟りも深まるのではないかと思う。
そう、この映画の土台にあるものは、空想では無く、霊的真実なのです。

是非、多くの人々に見てもらいたいと思います。

あと、本当に個人的な意見ですが、
ドローンの空撮を、もう少し使って欲しかった・・・。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ザ・リバティ 2017年 06 月号 [The Liverty]


ザ・リバティ 2017年 06 月号 [雑誌]

ザ・リバティ 2017年 06 月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2017/04/28
  • メディア: 雑誌


キャプチャ.jpg

ニュースのミカタ
   国際 アメリカと北朝鮮が臨戦態勢
   トランプは正義を貫くか
005 政治 核攻撃で都民42万人が死亡
   北ミサイルが落ちる場所
010 大川隆法【未来への羅針盤】
   成果を生む「組織美」
020 【特集】マレーシア航空370便 謎の行方不明から3年
   誰が何を隠しているのか
   航空史上最大のスキャンダルを追う
   インタビュー
   仏新聞ル・モンド、仏国営ラジオ海外特派員 フローレンス・デ・ションジー
   米フロリダ州 弁護士 スティーブン・C・マークス
030 透視されていた370便の墜落場所
032 幸福の科学が「君のまなざし」を作った理由
   人生が変わる映画
   インタビュー
   映画監督 赤羽博 / 俳優 梅崎快人
   女優 水月ゆうこ / 女優 長谷川奈央
044 全部、言っちゃうね。
   幸福の科学ってこんなとこ
056 もうひとつの「チアダン」
   幸福の科学学園チアダンス部が
   世界大会で優勝したホントの話
など。
---------

「透視されていた370便の墜落場所」という事で、大川総裁の透視リーディングによって、墜落場所はインド洋ではなく、南シナ海である事はわかっている。
どう考えてみても意図的にごまかした人たちがいるわけだ。

彼らは本当に、強引にインド洋への墜落へ持っていく。
実際、南シナ海への墜落現場を見ている人々がいるにも関わらず、けっこう無茶苦茶な理論でインド洋への墜落へ持って行き、南シナ海方面の調査をあまりさせないで原因を探らせないようにしている。
原因不明にしてしまえば、原因を追究されなくて済み、責任や賠償から逃れる事ができる。

ただこうした事は、明らかに正義に反しているわけだから、当然、因果の理法で反作用は来るだろうね。
仏神の目はごまかす事ができません。
必ず反作用はあるはずです。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

「戦えない国」をどう守るのか 稲田朋美防衛大臣の守護霊霊言 [仏法真理(霊言-政治、軍事)]


「戦えない国」をどう守るのか 稲田朋美防衛大臣の守護霊霊言

「戦えない国」をどう守るのか 稲田朋美防衛大臣の守護霊霊言

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2017/05/13
  • メディア: 単行本



国民の命を守るためにいま、防衛大臣の本心を問う。

予断を許さない「朝鮮半島情勢」と東アジアの脅威となる「中国の軍拡」。
◇防衛大臣は慎重なのか? 能力を隠しているのか?
◇「万全の態勢」という言葉の真意とは?
◇イージス艦四隻とPAC-3三十四基で守れるか?
◇在韓邦人をどのように救出するのか?
◇数十万人の難民が生じた場合にどう対処すべきか?
◇北朝鮮の実際の戦力と米軍の三段階攻撃とは?
◇覇権主義の中国と東アジア諸国の今後のパワーバランス

いまこそ、「信念」を貫き「覚悟」を決めて、日本を守っていただきたい。

【衝撃の新事実!
 過去世は、あの海軍大将!?】

-----------------
正直言って、「えー、マジかよ」といった感じです。
どちらかと言えば、自分も、この人に「防衛大臣が務まるのかよ」と、なめていたところはあります。
しかし、実際は、軍人そのものだったとは・・・。

ま、しかし、今回の人生は是非、リベンジして頂きたいですね。
勝ち戦をしてもらえれば嬉しいですね。

本当に、今の朝鮮半島の状況は、いつトランプ大統領がミサイル基地を叩いたとしても全くおかしくない状況にあると言えるでしょう。
北朝鮮のICBMの完成、配備など絶対に許さんと思うね。

ただ、ソウルが人質みたいなものだからソウルを砲撃する砲撃陣地を如何に素早く叩くか。
日本、韓国へのミサイル攻撃を如何に素早く叩くか。
まあここいら辺か難しいところだろうとは思う。

なかなか日本のマスコミも、日本の人々も、日本が攻撃されるイメージが湧かないかもしれないが、まあ日本が無傷で済むかと言ったら、そうもいかないのではないかね。
イージス艦四隻とPAC-3三十四基でどれだけ守れるかと言ったら、なかなか厳しいものがある。
攻撃的武器を持たず、自衛の為だけに特化するのなら、イージス艦数十隻とPAC-3百基くらいは最低限必要でしょう。
ただ実際、本気で防衛するならば、絶対にミサイル発射台を叩かなくては駄目だよね。
今、この国はまだ、マスコミも国民も本気の防衛の意味がわかっていない。
稲田朋美防衛大臣守護霊も、「平和ボケの状態の人々に何を言っても無駄」的な考えにはなっている様に見える。

-----------
↓弾道ミサイルについて参考書籍

弾道ミサイルが日本を襲う: 北朝鮮の核弾頭、中国の脅威にどう立ち向かうか (幻冬舎ルネッサンス新書 の-3-1)

弾道ミサイルが日本を襲う: 北朝鮮の核弾頭、中国の脅威にどう立ち向かうか (幻冬舎ルネッサンス新書 の-3-1)

  • 作者: 能勢 伸之
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎ルネッサンス
  • 発売日: 2013/08/29
  • メディア: 新書



nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

講演会「永遠なるものを求めて」 [大川総裁御法話]

大川隆法総裁 講演会「永遠なるものを求めて」速報レポート

総裁も言われていましたが、5/20(土)から映画『君のまなざし』が始まる。
そして、同時並行的に日本の危機も迫っている。
何とも複雑な状況にいるという事ですかね。

映画に関しては、見る人の思想、信条に関わらず、人間にとって本質的な救済効果があると思う。
人間と言うものが、肉体ではなく、霊、魂、心の方が本質であり、生まれて来る前も、死んだ後も、生命として存在するという事実。
これに人類が気づく事が、どれ程大事な事か。
本当に、人類全体がこの事実に目覚めた時、地球上から大きな争いや戦争は激減するのではないですかね。

金正恩にしても、習近平にしても、結局のところ、この世限りの人生と思えばこそ、やりたい放題のところがあるのだろう。
この世の人生は、一時の魂の修行で、その結果に応じて、天国に帰還したり、地獄で反省したりする、といった仏法真理を受け入れたら、まあ、そうそう簡単に人々を不幸にできないでしょう。
自分たちだけ権力を手にして、国民や、他国の人々を犠牲にするという事は、本当に魂的に割に合わないというか、悟りの無い人生と言うか・・・。

今、人類全体を大きく啓蒙する教えが説かれているのです。
大事なのは教えの中身です。
その事に日本人は気が付くべきです。

愛や慈悲が大事な理由は、人間の魂は、本来、唯一のものから分かれて来たからです。
それが根源の神、仏と言われる存在です。
地球時代の宗教が説かれている事実に気が付かねば!!!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

聖地巡礼-その② [仏法真理-書籍以外]

生誕館の階段を上っていると、何となく、来世の自分が同じ様に生誕館の階段を上っている様な気もした。その時は、国籍も名前も姿形も違うだろうが。

5/4の夜は、今までで最大のエルカンターレ像のある礼拝堂で瞑想・反省・祈りの時間を。
宇都宮正心館とも違い、まさに魂の新生をする場所として、地球上で、これ以上の場所は無いのではないか・・・。
おそらく、ここに来るだけで、研修30回分くらいの価値はあるのではなかろうか!!!
名古屋正心館の像は、降魔がメインで、大変力強く素晴らしかったのですが、こちらの像は、慈悲の塊、大毘盧遮那仏そのものです!!!

夜、風呂に入っていると、しみじみと「いやー、幸福の科学の会員でホント良かった」とつくづく感じますね。
5/5 の朝は、もう目覚ましの鳴る遥か前、日の出前に起きてしまった。
出来立てほやほやの宿泊練は斜面に立っているので地下2階と言えども眺めがいいです。
眼下に見えるのは、総裁が子供の頃、父・善川三朗氏と釣りをしたと言われている大正池です。
IMG_20170505_055729.jpg

午前中は、朝瞑想や朝の祈り、DVDの拝聴をし、昼食前にカミさんと近所を散策。
IMG_1442.jpg
IMG_1464.jpg
IMG_1456.jpg

昼食後に歩いて、4年ぶりの川島町巡りへ。
IMG_20170505_140152.jpg
徳島線

IMG_20170505_140857.jpg
阿波川島駅

IMG_1482.jpg
吉野川、潜水橋

川島特別支部精舎にも寄り、支部長とも話をす。
駅前のコンビニみたいな店、唯一弁当が売っていた場所だったのですが閉めちゃったそうです。
別のとこでやってるとか。

IMG_20170505_170457.jpg
最後に再度、礼拝堂で瞑想。
という事で、今回の巡礼の旅は終わります。
夕暮れ時の6時過ぎに生誕館を後にした。

地球神信仰を持つ者にとって、この巡礼はリボーンです。
毎年行けば、毎年リボーンできる。
まあ3年に一回は必須とも言えるでしょう。

---------
ps.帰り淡路島で大渋滞に巻き込まれ、神戸にたどり着いたのは夜中の0時過ぎ。
更に大阪過ぎて事故渋滞。
結局、家に着いたのは翌日の昼過ぎだった・・・。
SA等の買物で1時間、仮眠で1時間、帰途は合計19時間くらいかかった・・・(+_+)

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

聖地巡礼-その① [仏法真理-書籍以外]

聖地エルカンターレ生誕館に巡礼に行った。
ちょうど4年前、四国、川島町へ行ったが、今回、生誕館も落慶し、何とか早いうちに巡礼に訪れなくてはならないと思ったのであった。

しかし、さすがに地元、白岡から距離はかなりある。
今回も車だが、その距離は700km。
圏央道と新東名が新たなコースとなる。
だが、やはり前回と同じく、途中で中継点を設けなければけっこう厳しい。
という事で、5/3にカミさんと出発し、それ程苦労する事無く名古屋に到着。
名古屋正心館で一泊した。
もちろん名古屋正心館も初めてであった。
IMG_20170503_175754.jpg
いや、実に素晴らしい!
礼拝堂も広く、エネルギーが燦々と降り注いでいる。

が、真の目的地は四国であり、5/4の午前中に出発し、一路四国へ・・・。
いや、前回の中継点、高槻より名古屋はずっと手前であり、けっこう2日目の四国、川島町までの道のりは苦労した。スマホを変えた為、ナビも前回と違っていて、今回のナビは非常にわかりづらかったという理由もある。
ナビの指示がよくわからんため高速も降りてしまい、夕方近く、4時くらいになっても、まだ大阪近辺でうろうろしていて、
「もう生誕館は諦めて、何とか大阪正心館に泊めてもらって翌日帰ろう」
という話にもなりかけたのだが、最後は、「前進あるのみ」と決断し、進む事に決めた。

三宮、元町の駅前を通り、再び高速に乗り、何とか神戸から明石海峡大橋を渡り始めたのは、もう5時くらい。
明石海峡大橋さえ渡ればこっちのものだ。
本当に、後は「前進あるのみ」
そして、とうとう7時前に着いた。
「おおー、夕暮れ時に美しく光る生誕館」
夕食にもギリギリ間に合ったー。
IMG_20170504_185602.jpg

聖地エルカンターレ生誕館は、かなり高いところに建っているので、夜、川島町や遠く徳島の明かりが美しい。
IMG_20170504_204258.jpg

その②に続く。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

仮想通貨とブロックチェーン [★本(経済)]


仮想通貨とブロックチェーン (日経文庫)

仮想通貨とブロックチェーン (日経文庫)

  • 作者: 木ノ内 敏久
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2017/04/15
  • メディア: 新書



序 章 そもそも、貨幣とは何か
第Ⅰ章 仮想通貨は「あやしい存在」なのか
第Ⅱ章 革命的システムのからくり
第Ⅲ章 ビットコインを取り巻くルール
第Ⅳ章 ブロックチェーン2.0
第Ⅴ章 仮想通貨のアキレス腱
終 章 お金の未来

-----------------
まあ、通貨が電子化して、更に送金などが簡易に行われる事に関しては悪くはないと思う。
ただちょっと現段階では、ビットコイン等を、通貨と同等のものとして使えるか? というと、まだ怖いところはあるよね。というのも通貨の価値が安定していないからね。
こないだまで7万円だった通貨が今は15万以上!?
これ通貨として気軽に使えるかね?

結局は、今の仮想通貨は通貨として使うというよりかは、株とか金とかの役割を果たしている感じではないかね?
数か月で倍になるのは持っている人にとっては嬉しいだろうが、通貨として考えるとどうだかねえ。
まだ仮想通貨を使って通販で何か買えるわけでもないし、お店で支払いに使えるわけでもない。
確かにブロックチェーンの技術は、画期的なのかもしれないが・・・。

投資対象としては考えられるが、通貨としてはどうも見る事ができないな。
ただ、将来的には、お金が電子化してしまうのは自然の流れではあると思う。

それと読んでいけばわかるけど、
ビットコインの採掘とかでビットコインを手に入れたり、
最初の頃に持っていた人が超大金持ちになるのは「公平性」が無いよね。

という事で、ビットコイン等を通貨として使える様にするためには、今後、まだまだ改良が必要だと思いますね。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

幸福実現党大会 [幸福実現党]

幸福実現党大会に行って来た。
もちろん総裁の話も聴きました。
大事な内容ですので、日本人は全員以下を読んでおくべきでしょう。

大川隆法総裁「トランプ氏は近く、大規模攻撃を行う」と予測 幸福実現党大会にて

しかし、日本の人々は、北朝鮮とアメリカの対決と、他人事みたいに思わない方がいいと思う。
北朝鮮のミサイル開発、核兵器開発に対して、本来、一番何とかすべき国は、韓国と日本でしょ。
アメリカ本土攻撃用ミサイルは完成しているのかしていなのかよくわからんレベルですが、韓国と日本向けミサイルは既にあるわけですからね。
韓国、日本向け核ミサイルは完成してるかもしれんわけです。

もう、日本政府の「遺憾です」発言は聞き飽きた。
「6カ国協議」の再開だとか、対話で何とかすべきだ、とかいうのも何年何十年そればかりでした。
その間に、どんどん北朝鮮の核ミサイル開発は進んでしまった。
手をこまねいて日本の政権も、アメリカのオバマ政権も大して動けなかった。

今更どうしようもありませんが、トマホーク巡航ミサイル800発くらいは準備しておくべきであったか・・・。
日本に向けてミサイルを発射されたら、その発射した場所くらい叩かないと日本を防衛していると言えないでしょう。
核シェルターの普及率なども、日本は飛びぬけて低いですが、軍事、防衛について左翼マスコミ、学者に洗脳されまくっていた結果でしょうな。

まあ、立党から8年経過して、やっと幸福実現党の出番が出て来る感じですか。
敵地先制攻撃など立党時から言ってましたよね。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

2017年04月|2017年05月 |- ブログトップ