So-net無料ブログ作成
検索選択

アサド大統領のスピリチュアル・メッセージ【再読】 [仏法真理(霊言-政治、軍事)]

トランプ大統領がシリアの空軍基地への空爆を決意し、実行したが、これは正義の実現と自分は受け取っている。化学兵器を自分の国民に使用する人を排除する事は、間違った行為とは言えまい。
今回、2013年に行われた大川総裁の守護霊霊言、「アサド大統領のスピリチュアル・メッセージ」を再読してみたが、まあ完全に独裁者で、国民の幸福など考えてはいないですよ。
国民を自分の道具ぐらいにしか思っていない。


アサド大統領のスピリチュアル・メッセージ (OR books)

アサド大統領のスピリチュアル・メッセージ (OR books)

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2013/09/27
  • メディア: 単行本



現代の様な国際的な繋がりが大きい時代において、他の国のやる事だからどうでもいい、というわけにはいかないでしょう。
「ならず者国家は、黙って放置していればいい」
というわけにはいかんのです。

ただ、やはり軍事的行動に関しては、人の命がかかわるだけに、あらゆる情報網からの情報収集と、決断が必要になるだろうと思います。
当然、トランプ政権中枢、アメリカ軍関係者も、↓こうした本は読んでチェックしているはずです。
日本語版も半分は英語ですが。


ま、総裁も語られていますが、プーチン大統領も、シリア政策に関しては考えを改める必要があるでしょうな。
擁護していいものと、してはいけないものがある。