So-net無料ブログ作成
検索選択

完全にゴミ=中日新聞 [幸福実現党]

【参院選】中日新聞が幸福実現党の候補者だけを報じない「差別報道」

中日新聞は偏向新聞なので読む価値はありません。
完全になめてるとしか言いようが無い!!!

絶対に読まないように勧めていきましょう!!!

nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

釈さん、一郎氏、大宮での街宣 [幸福実現党]

自分は仕事で、行けてないですが。

1467133519270.jpg
1467115209300.jpg
1467109163939.jpg
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

共産党の思想は危険、若者は気をつけろ! [★政治]

当たり前の事だが、共産党は問題外と思わなければいけない。
もともとはマルクスの唯物史観から出ているので、完全に唯物論。
だから、人間をロボットと思っているところがある。
だから共産主義思想に染まらないで反発する(まともな)人は壊れたロボット、機械と同じですので、捨ててしまうのですね。要するに粛清です。

ソビエト連邦、中国共産党など、もう過去の歴史を遡れば、粛清の嵐なのです。
彼等にとっちゃ宗教など問題外で、思想、信教の自由はありません。

当然、日本共産党も、もともとの出どころはそちらにあるので彼等が政権を取ったら、今の日本人はかなり粛清されてしまうだろうね。

ま、若者が政治に関心を持つのは結構な事なのだが、
共産党などには大変気をつけてもらいたい。

学校の先生の中にも、まだ日教組の人は少なくないと思うが、基本、日教組も共産主義、社会主義思想なので、危険だから洗脳されないように注意してもらいたい。

nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

イギリスEU離脱は日本経済に”好都合” !? 大川隆法総裁が北海道で講演 [大川総裁御法話]

イギリスEU離脱は日本経済に”好都合” !? 大川隆法総裁が北海道で講演

まあ、政府与党の税金の使いっぷりと、
舛添さんの税金の使いっぷりと、比較したら、
舛添さんのはかわいいものだという事です。

政府与党のやっている事は、入って来る税金より、毎年何十兆もプラスしたお金を使い、バラマキ型の政治を続けていて、今は、日本のGDPの2倍の赤字になっています。
こんなの何年も何十年も許されるはずはありません。

イギリスEU離脱は、今、矛先がそちらに向いているので、何とか時間稼ぎにはなりますが・・・。

いや、もうホント、大川総裁の智慧無くして、この難局を通り越すのは不可能だろう。
幸福実現党の政治家が出ないと、もうマズイどころの騒ぎではなくなる。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

沖縄の汚い活動を、ちゃんと取り締まれ! [幸福実現党]

まず、この汚い景観を何とかしてくれ。
誰でも、これではいい感じはしないだろ。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

EUは失敗する事は、当初より言われていた [★仏法真理]


神理文明の流転―過去と未来の間で (OR books)

神理文明の流転―過去と未来の間で (OR books)

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 1992/03
  • メディア: 単行本



第1章 神理文明の流転
第2章 心の開拓
第3章 勇気の原理
第4章 未来への聖戦

---------------

まあ、The Liberty Web にも書いてあるけど、EUへの統合は失敗する事は、EUが始まった当初より大川総裁が言われていた事だ。
古い幸福の科学の会員であれば、皆、よく知っている。

結局、各国が連携して、与える愛を主軸にやるというよりか、おこぼれ頂戴的に、もらう事ばかり考えてやっているというところに根本的な問題があったと思う。

そりゃ、60過ぎまで汗水流して働いている国と、50歳て定年退職して、年金もらってのんびりしている国と、同じにできるかって言ったら、そりゃ無理だろう。
本当に、福祉とか言っても、やり方を間違えれば、共産主義、社会主義と同じで、やってもやらなくても結果が一緒なら、全体のレベルはどんどん下がってくるしかない。

もうこうした実験は、何度やっても一緒で、これを解決するためには、唯物論では駄目なのだ。
ちゃんと、あの世の世界をも見据えて、
与えれば与える程、その見返りは、この世的に来る事を期待するでなく、
自らが仏神に近づいていく
という見返り、つまり、悟りを高めていかなければならないという事だ。

ただ、その中において、公平の原理は極力、実現させるべきである。
正しい者が馬鹿を見るような政治ではいけないよな。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

幸福実現党、国民に訴え続けます [幸福実現党]

立党して7年、幸福実現党は国民に訴え続けます。
今のままの政治を続けていたら、日本政府は完全に破たんします。
それでもなお、自民党・公明党に任せるのでしょうか?

1000兆、1500兆と、財政は赤字が累積し、何とか赤字を減らそうとして増税が繰り返される。
ただ、増税しても景気が冷え込むため、税収は増えません。
同じことの繰り返しです。
見ればわかる事です。

もうこのまま政府が破たんするのを待つくらいなら、国師 大川隆法総裁が指揮する幸福実現党に任せていただきたい。
もう7年になりますが、幸福実現党の政策を批判、非難できる政治家も、政党も、マスコミもいないのです。
何故なら、常に提言していた政策が間違っていなかったから。
正しいものであったからです。

マスコミは、その事を正直に言わず、
黙視していた罪は重い。
今こそ、正しいものは正しいと言うべきでしょう。

-----------------------

幸福実現党 党首 釈量子


幸福実現党 埼玉選挙区 小島一郎


6月18日土曜日、「釈量子を国政に送り出す会」主催のパネルトーク


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

既存政党では、この国は変えられない! [幸福実現党]


ザ・リバティ 2016年 07 月号 [雑誌]

ザ・リバティ 2016年 07 月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2016/05/30
  • メディア: 雑誌



【特集】自民党の正体――借金1000兆円になった理由とは?/マスコミの黙殺権という権力

大川隆法【未来への羅針盤】ワールド・ティーチャー・メッセージ
 マスコミの黙殺権という権力   
【特集】自民党の正体
データで見る自民党
 1000兆円の借金を築いた「自民党幕府」
 建設/農業/医療/年金   
幸福実現党の覚悟
 日本人はもっと豊かになれる
幸福実現党党首 釈量子の志士奮迅 特別編
 私の人生は“政教分離”できない
など。
---------------------

既存政党では、この国は変えられない!
自分はそう思う。
党首会談等も、相変わらず既存政党のみでやっているようだが、こうした事も、有権者に「どこがやっても大差ない」みたいな感じに思われてしまう原因であるだろう。

マスコミにしてみれば、いちいち弱小政党を自民党などと同じレベルで取り上げていたら、いくら紙面や時間があっても足りない、という事もあるだろうが、政策や主張、過去の活動履歴等を調べれば、取り上げるに足るか否かはわかるだろう。

真のフェアネスは、偏見や差別的意識、感覚的な好き嫌いなどとは無縁であるべきで、
選挙で言えば、それぞれの政策や主張をこそ、大事な争点とするべきである。

幸福実現党は、7年前の立党時より、国防と経済政策に重点を置いて、主張をしているが、今、既存の各政党がやっとそうした事について取り上げている。
①日本の守りを固めよ
②日米同盟を大事にせよ
③外交で味方を多く作れ
④増税はしない方がよい
⑤小さな政府にせよ
⑥国家的プロジェクトを実施せよ
などなど、7年前から幸福実現党が述べている事は、かなり現在の政治の争点と方向性を予見していると言える。

まあ、実際の政治は、論理だけでなく、感情も相当作用するだろうから、
いくら政党の主張が正しかろうが、候補者の顔が気に食わないとか、宗教が関係するものはいやだとか、そうし
た感情面での投票活動への作用がある事も十分、わかる事はわかる。
ただ、そうした過ぎ去りゆく感情は、本当に大事なものとは言えないのだ。

魂は永遠だが、この地上の生命の活動時間は有限だ。
この世界を、ごっそりと光に変える、この活動の手助けをしていただきたいのだ。
可能性に賭けてもらいたいのだ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

正しき革命の実現 [★仏法真理]


正しき革命の実現 (OR books)

正しき革命の実現 (OR books)

  • 作者: 大川 真輝
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2016/06/10
  • メディア: 単行本



近年の度重なる天災。
神意はどこに?
いまこそ日本に革命が必要な時!

大東亜戦争前の関東大震災、ペリー来航前の安政の大地震……
天変地異は「国防の危機」を警告してきた――

【大人気『大川隆法名言集シリーズ』のセミナーが書籍化!】

-----------------

なるほど。
日本に軍事的脅威が訪れる時とか、政治が人々を苦しめている時とか、日本の神々は警告として天変地異を起こす。
元寇前の鎌倉の地震、幕末の各地の地震、太平洋戦争前の関東大震災など、確かにこれは警告だ。
そして今、いろいろ天災が多いのは、中国、北朝鮮の脅威が迫っているからだ。

本当に、日本の人々は、
今こそ、時代の変わり目である事に気がつくべきだ。

なかなか大変な時代を私たちは通過しなければならないようだが、
それらはすべて、新しい価値観の時代を築くためだ。

もうはっきり言って、
自民党だとか民進党だとか共産党だとか、
そうした既存の政党では、全く通用しない時代が目の前に迫っている感じがする。

アベノミクス、
その程度のひょろひょろ政策では駄目だね。
マスコミに踊らされる事無く、人々は幸福実現党に賭けてみてもらいたい。
これこそが、日本と世界を救う、唯一の政党であるのだ。

若者達よ、
何を読んだらいいか迷っているなら、まずこの本を読んでみなさい。
自分が今、歴史の時間軸の中で、どの辺にいるのかがわかって来るだろう。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

~平和憲法と自虐史観で日本を守れるのか?~ [幸福実現党]

釈量子を国政に送り出す会(主催)講演会&パネルトーク 「これでいいのか日本!」
~平和憲法と自虐史観で日本を守れるのか?~

------------------

ロバート・エルドリッヂさん、
加瀬 英明さん、
幸福実現党 釈党首
の基調講演&パネルトークに、数人で行って来た。
永田町の星陵會館というとこで、以前、ついき党首の時も、ここで講演会をやりましたね。

ロバート・エルドリッヂ氏は、日本人以上に日本人的なところがある人ではないですかね。
まあ信頼できる人だと感じましたね。
まあ、海兵隊は辞めさせられてしまいましたが、今後も日本とアメリカとの懸け橋の一人として活躍していただきたいと思います。

加瀬英明氏は、ちょいと忘れていたけれど、

加瀬英明のイスラム・ノート―はじめての中東入門

加瀬英明のイスラム・ノート―はじめての中東入門

  • 作者: 加瀬 英明
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2013/08/31
  • メディア: 単行本


を書かれましたね。
講演、パネルトークでも、鋭さを非常に感じたし、聞いている皆さんもそう感じたと思います。
質疑応答でも、「核武装など言わないでください」と釈党首に言った、自分の目の前の人を、ぶち切っていましたね。
「日本こそ、核武装をしなくては駄目なのだ!」
とかね。
まあ、加瀬英明さんは、幸福の科学の会員でも幸福実現党の党員でもないでしょうが、言う時はビシッと言いますね。過去世、中東に生まれてるのではないだろうか?

あと、釈さんは、
もう参院選終わるまで頑張ってくださいとしか言い様が無いです。
自分も幸福実現党の運命共同体みたいなものなので、やるしかないのです。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

月刊WiLL (ウィル) 2016年 07月号 [「WiLL」]


月刊WiLL (ウィル) 2016年 07月号

月刊WiLL (ウィル) 2016年 07月号

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ワック
  • 発売日: 2016/05/26
  • メディア: 雑誌



幸福実現党 釈党首と天安門事件で学生側で活躍された方政さんとの対談が載っています。
本当に、日本の学生も、若者も、独裁国家の圧政に苦しむ近隣諸国の人々の大変さを、もっと深く感じるべきであろう。
そして、純粋に、「正義とは何か」という事を、突き詰めていき、
この世界を、仏国土へと変革していくべきである。

正義の根底にあるものは、神仏を確信する心であり、
また、人間の生命が、根本的には永遠の生命を持っている事への確信であろう。
数十年で、すべてが終わるわけではなく、
永遠の生命があるからこそ、正義にも深い意味が出て来るのだ。

やはり、政治・経済の遥か上に、信仰を置くべきである。
さすればこそ、正しい政治、
正しい経済も見えて来る。

もう、いい加減、
全てを金で解決しようとする、
人間の尊厳を小馬鹿にしたような政治も終わりにしようではないか。

気合を入れて、唯物論政治に立ち向かっていこう!!!

nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

あー、日本の若者は情けない。。。 [The FACT]



まあ、自分も若い頃、政治に関心は薄かったので、今の若者を責める事はできないが、ただ、時代背景を考えるなら、もうホント、今の日本の若者は政治的関心を強く持たなければいけないと思う。
はっきり言って、政治に無関心であればある程、日本が中国共産党の餌食になる可能性が高くなる。

この香港の若者の自立度合いは凄いね。
自由とか、民主主義が脅かされている環境にあって、政治的意識もきちんと育っている。
最悪、圧政に対して命がけで闘わなくてはならない状況下、日本の若者とは、緊張感が違いすぎる。

片や比較するのも恥ずかしいが、日本のシールズとか、情けないとしか言いようが無い。
政治的勉強が不足しているのが見え見えで、ただ単に、目立ちたいから、かっこつけたいからやっているとしか見えない。
共産党や左翼に踊らされて、どうすんの!?

政治において大事な事として、平等と公平を同じにするな、という事があげられる。
機会の平等、チャンスの平等は大事だが、結果の平等を求めすぎてはいけない。
努力や智慧を出した結果と、無気力で怠けていた結果を同じにしてはいけないのだ。
やはり、努力や才能、優れたアイデア、高い成果に対しては、それなりの処遇が必要であって、何でもかんでも、格差をなくしたり、平等にすればいいわけではない。

これに関しては例えて言えば、「イギリス病」で検索して、よく研究してもらいたい。
やってもやらなくても同じ結果では、人間の精神が腐っていってしまうのだ。
政治に関しては、これをよく知らなければ、いい政治はできないのだ。

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

幸福の科学の教えを学ぶ事こそ、時代の最先端! [仏法真理-書籍以外]

DSC_1562.jpg

名古屋正心館、落慶おめでとうございます。
できれば今年中に行きたいとは思います。
けっこう、名古屋は、関西方面に行く途中で、通り過ぎてしまう事も多く、名古屋そのものに行ったのは、遥か昔、友人の結婚式で行ったくらいかなあ。
是非、行かしてもらいまっせ。

しかし、今回も総裁の御法話を衛星中継で聞いたわけだが、もうこれについては200%断言できる。
幸福の科学の教えを学ぶ事こそ、時代の最先端! であるという事だ。
まあ、まだまだ日本人の多くは、まだ新しい宗教という事で、警戒している人が多いわけだけど、まあホント、残念な人々と言わざるを得ないですね。
この教えを真面目に信用して10年、20年と学んでくれさえすれば、日本も世界も良くなるし、政治も経済も、未来の科学技術も、前途洋々なんだよね。
国防や自然災害に関しても防御可能になっていくだろうし、将来的な話としては、宇宙からの攻撃、災害等に関しても答えを見い出す事は可能だろう。

個人個人の人間にとって、この世で最悪と思われる事態は死ぬ事かもしれんが、この教えを学んでいれば、あの世の事についても人類始まって以来レベルのガイダンスは受けられるわけだからね。
ま、自分は、若い頃、キリストの霊言やら読んで、自分からすんなり会員になった人間だけど、ホント、若い頃から幸福の科学の会員として総裁の教えを学び続けてられる事に関して、心底、ありがたい事だと思う。
一生かかってもわからんような事を、相当、かなりたくさん学べていると思うわな。

もうはっきり言って、総裁の教えは、日本の政治や経済についても遥か上空から見渡すように解説されるので、日本政府の信用より、総裁の信用の方が、ずっと上なのだよね。
どうやら新しい時代の経済の基礎となる信用についても、総裁の語る内容が信用そのものになるだろうと予見されますね。

お金の基本は、そのお金に対する信用が基本にあるわけだけど、より高い信用があれば、そちらに信用が移るのは自然な事であろう。

日本政府も莫大な財政赤字で信用を失いつつあり、マスコミも、部数の凋落と共に、信用を失いつつある。
既存の信用から、新しい信用に移っていく時代を、私達は駆け抜けていかなくてはならないのだ!

DSC_1571.jpg

nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

沖縄の人々は、日本本土やアジアの平和を真面目に考えていないのか??? [The FACT]



いやー、情けないね。
沖縄の人々は米軍基地が無くなれば自分たちが守れると真面目に思っているのだろうか???
中国共産党を喜ばせてどうすんの???

うーむ、
本当に中国の一部に、心底なりたいと思っている人々が多いのだろうか???
過去、あれだけ国防の重要性が大事である激戦地となりながら、国防の重要性が一番わからない地になってしまっている。

沖縄だけ被害者意識になるな!
東京だって大空襲で10万の人々が犠牲になっているのだ。
広島も長崎もたくさん亡くなっている。
日本の大部分の主要都市は戦争の被害を受けている。

そして今は、米軍基地がある事によって、北朝鮮や中国からの直接攻撃を避けられているのだ。
その程度の理解が無くて、平和を語る資格は無い。

nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

政府の赤字はドンドン増加する!!! [The FACT]



まあ、決して左翼を応援しているわけではありません。
だだ、ここ20~30年で、莫大な財政赤字を築いた時の政権は、自民党政権である事は、その通りでしょう。
これに関して自民党は全く反省する必要は無いと言えるのか?
そこんとこを問われているわけです。

自分も、細かく調べているわけではないので正確かどうかはわからんが、
特定の業界、職業などに対する補助金とか、給付金とか、多すぎはしないかい?
農業、医療、学校など、いくら税金を投入してるんだい?
年金にしても、世代間格差をどう考えてるのだ?
最近はやりの保育にしても、国が補助金を投入しないと本当にやっていけないのですか?
また、公務員の給料が、民間に比べて高すぎやしないでしょうか?

こうした行いの根源には、やはり税金を使って票を買う行為があると言わざるを得ない。
若者よりかは、実際に票になる お年寄りの方向ばかり見た政治をやっているよね。

入って来る税収よりも毎年毎年、何十兆円も多い予算を使っている政治って、これどうなんでしょうか? 先の事を考えているのでしょうか?
会社だったら当然、倒産だし、まずは、社員の給料を減らしたり、やらなくてもいい仕事はやらないようにするなり対策を講じるのは、当たり前ですわね。

かと言って、消費税を上げるのも馬鹿です。
明らかに消費が低迷して、長期的に税収が減るからです。

ま、保守の人々も、今のまま自民党一本で行くなら、それでもかまわんが、今のままであれば政府の赤字は1000兆円どころか、2000兆、3000兆と増えている可能性が高い事は理解してもらいたい。
今、国民の資産は1700兆くらいなのかな?
それを越したら、外国から投資してもらうしかないが、もうブラックホールみたいに、いくらお金をつぎ込んでも、すべて吸い込んでしまう恐るべき日本政府となるだろうね。

nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

財政再建論 山田方谷ならどうするか [仏法真理(霊言-経済・経営・産業政策系)]


財政再建論 山田方谷ならどうするか

財政再建論 山田方谷ならどうするか

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2016/06/10
  • メディア: 単行本



1000兆円を超える財政赤字をつくったのは、自民党である。

失政の失策のツケを、“老後の不安”にすり替え、増税をめざす?
江戸末期、破たん寸前の備中松山藩をたて直し、渋沢栄一にも影響を与えた「財政再建の神様」―――
現代のバラマキ政治を一喝!

財政赤字解消と景気回復への最善策を特別指南。
▽国家が主導すべきこと、民間にまかせることの区別を
▽法律は最低限に減らし、徹底した自由化を
▽補助金や公務員を減らし、財政の出血を止める
▽必要のない職業から新しい産業へ、人材の移動を

まえがき
1 財政再建の先駆者、山田方谷を招霊する
2 謙遜しつつも現代に詳しい山田方谷
3 「徳川幕府」と「自民党政権」の共通点とは
4 山田方谷が実践した「財政再建の基本」とは
5 “自民党幕府”への指南(1) 潜在的失業者を淘汰せよ
6 “自民党幕府”への指南(2) 「国家主導」を最低限に減らせ
7 “自民党幕府”への指南(3) 「社会貢献なき者に社会福祉なし」
8 今、「戦争経済」を起こそうとする者がいる?
9 今、「新しい信用経済」が起きようとしている
10 「福の神」山田方谷の霊的秘密に迫る
11 「山田方谷の霊言」を終えて
あとがき
------------------------------

↓ しかし、安保法反対デモなんてまだやっているのか!?

安保法反対デモ、全国各地で開催 参院選へ野党支持訴え

この期に及んで、まだ安保法制反対などとやっているのには驚く。
安倍政権も、いろいろな点でボロが出ているため、さすがに賛同はできかねるが、かと言って、こうしたデモを起こしている元凶である共産党、民進党なども、もう問題外だ。

北朝鮮の核ミサイル、潜水艦発射型ミサイル、
中国の南シナ海の埋め立て地の軍事基地化、
こうした状況を、彼らはどうするつもりなのだろうか?
全く、軍事的知識がゼロなのだろうか?

国民も、本当に正しい知識を得ないと、何が正しくて、何が間違っているのかという事が判断できないのかもしれないが、そもそも正しい知識を伝えるべきマスコミが、あまり役に立っていないから、混乱は深まる一方だ。

答えは7年前から幸福実現党を通して出しているのだけれど、それが正しい答えかどうかもわからないのだろうか?

経済に関しては、この本、『財政再建論 山田方谷ならどうするか』を読んでみてもらいたい。
ここ20年以上に渡る経済の低迷による財政の悪化の原因が、かなり突っ込まれて述べられている。
ま、日本だけの問題でもないだろうが、民主主義経済の行きつく先の悪い点かな。
もう、最後はバラマキ型で票を得るような政治になってしまう。
これ本当に、ここで舵を切らないと、もう駄目だね。
今のままでは、もうこの国の政府は、一度、転覆せざるを得ないだろう。

しかし、日本国民が素直に霊言を読み、あの世の存在を認め、大川隆法総裁が正しい事を述べている事を認めて納得すれば、この国は、くるっといい方向に向かうというのに、いつまで待たせるのか?
マスコミが、幸福実現党の政策と候補者を、きちんと他の政党と同レベルで国民に紹介すれば、もっと早く、この国は良い方向に進んでいるのだけれども、宗教政党という理由や、自民党に対抗するからという理由で、7年に渡って、ちゃんと報道していない事が、どれほどまずかったか・・・。

もう遅すぎるが、今からでも、やらないよりかはやった方がマシだ。
マスコミは、幸福実現党を、ちゃんと報道せよ!!!

選択肢が幸福実現党以外に無い事が、絶対わかる!!!
タグ:山田方谷
nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: