So-net無料ブログ作成
検索選択

民主主義の源流 古代アテネの実験 [本(政治全般)]


民主主義の源流 古代アテネの実験 (講談社学術文庫)

民主主義の源流 古代アテネの実験 (講談社学術文庫)

  • 作者: 橋場 弦
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/01/09
  • メディア: 文庫



第一章 マラトンの英雄とその死
裁かれる将軍/民主政は守られた
第二章 指導者の栄光と苦悩
アテネ民主政の輝き/公と私/ペリクレスの苦悩
第三章 参加と責任のシステム
民主政の舞台を訪ねて/公職者の責任
第四章 迷走するアテネ
嵐と弾劾裁判/破局
第五章 民主政の再生
新たな出発/「素人役人」の条件/司法のアマチュアリズム
第六章 たそがれ
ある市民の風貌/専門分化の波/終幕
おわりに

------------
先般、『代議制民主主義(待鳥聡史著)』なる本を読んだが、こちらの「民主主義の源流」という本で語られているのは代議制ではなく、直接民主主義になります。
まあ、アテネ国籍の青年男子に限られるわけだが、プニュクス(Pnyx)の丘というところに集まって、わいわいやっていたらしい。
アテネという都市国家であるからこそ、可能であったわけであって、人口が数十万、数百万レベルになると、そりゃ無理だろう。
そして、奴隷制度があった点も、それを可能にしたポイントか?

しかし、アテネの直接民主主義も、短期間で形作られたものではなく、貴族制や、ソロンの改革、ペイシストラトスの僭主政治、ペルシア戦争等を経て、経験と思考錯誤によりできてきたわけだ。
そして、BC5世紀後半にペリクレスが出て、アテネの黄金期となる。
パルテノン神殿とかも創られた。

ただ、その後、ペロポネソス戦争やら、疫病の蔓延やらで、徐々に衰退していく。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★
パルテノン神殿:紀元前447年に施工を開始し、紀元前432年にはほぼ完了
ペロポネソス戦争、紀元前431年 - 紀元前404年
紀元前399年、ソクラテス死。
紀元前387年、40歳頃、プラトンはシケリア旅行からの帰国後まもなく、アテナイ郊外の北西、アカデメイアの地の近傍に学園を設立した
紀元前338年のカイロネイアの戦いでマケドニア王国にアテナイ・テバイ連合軍は敗北
☆★☆★☆★☆★☆★☆★

まあこの、アテネにおける民主主義の衰退については、現代の日本とか、アメリカとかの民主主義国家は、よく研究しなければいかんと思う。
やっぱ、プラトンも批判した民主主義のよくない点については改良しなければ駄目だよね。
戦争に負けたり、疫病とかが流行ったり、これ、絶対に神々の天罰も落ちているよ。
当時の奴隷制度もまずかっただろうし。

基本、正義は人々の多数決で決まるものでもないのだよね。
最終的には神の意志だし、神近き者の意思を尊重しなければ段々と悪や不正が蔓延する。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

マスコミは、国民に正論を伝えろ! [仏法真理(政治系統)]

「誤った経済政策の責任回避のために衆院解散するのはおかしい」大川隆法総裁が富山で講演

もうはっきり言って、日本のマスコミは、今のままだとゴミ屑みたいなものだ。
ま、スポーツ新聞は、最近は大川総裁のメッセージを伝えているのでGoodですが、NHKを中心としたテレビ局と、大手新聞が、まだまだ闇の中ですわ。

大川総裁が幸福実現党を創って、日本の危機的状況を何とかしようとしている事が、まだわからんのだろうか?
日々、日本の危機は大きくなっているのだよ。
そんな、民進党とか、はっきり言って、どうでもいいのです。
報道する程のものじゃありません。

そしてもう自民党も大して期待はできないのです。
多少は、国防に努力している事は認めますが、これは普通の国であれば、当たり前の事をやっているだけであって、それ程、凄いわけではありません。
というか、国防にしても、何年も前から言っていたのは大川総裁であり、幸福実現党ですよね。

もう、どうしてこうした事を公平に報道しないのか?
宗教がからんでいると正論であろうと報道しないという馬鹿マスコミは。北朝鮮の核ミサイルの直撃弾を受けて消滅した方がマシだ。
この国の滅亡を止めたかったら日本のマスコミは、もうちゃんと大川総裁のメッセージなり、幸福実現党の主張なりを、頼むから伝えてくれ!

NHKも、全部が悪いとは言わんよ。
真田丸とか凄く面白く見ているよ。
ただ、新しい宗教だからって差別するのは止めろ!
格差を是正したいのなら、報道格差を是正しろ!
幸福実現党や幸福の科学や大川総裁の事もちゃんと報道しろ。
まるで日本に、それらが全く存在しないかの様にしているが、とにかく差別しないで報道しろ。
今のままでは、日本のマスコミ界は、日本を滅亡させるため一直線に突っ走っている状態である事に気がつけ!

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

トランプ革命 [本(アメリカの政治)]


トランプ革命

トランプ革命

  • 作者: あえば 直道
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2016/03/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



第1章 アメリカ人は何に“キレて”いるのか―トランプ旋風の裏事情
第2章 「ザ・ドナルド」が「トランプ」になるまで―トランプ流「大成功の法則」
第3章 5分でわかるアメリカ大統領選挙
第4章 日米戦後史の深層―共和党と日本の相性
第5章 共和党の新世代リーダーによる「日本論」
第6章 日本とアメリカの未来

-----------
よい本であると思う。
非常によく書けている本です。
少なくとも、国政に関係する人は読んでおくべきでしょう。
自分は、日高義樹さんの本は、欠かさず買って読んでいるが、直道氏の本も、今後、同じように買って読まなければならない本になるだろう。

しかし、本当に、今度のアメリカの大統領が日本に与える影響は大きい。
まあ、トランプ氏は、「日米同盟は不公平」という発言とか、「在日米軍を撤収させる」とか、日本のマスコミや政治家は、ちょっと恐ろしく感じているのかもしれないが、もう第二次大戦から70年経過したアメリカの国民にとって、日本が自分のお金で自分の国を守らない状態は、「ズルい」と感じて当然の事であろう。

もちろん、トランプ氏が日米同盟を否定しているわけもなく、自由経済を守る立場は、経済人であるが故に、当然の感覚であると思う。
今、日米は、経済において、どちらが有利といったわけではないのだから、国防に関しても、できるだけ対等でやりましょうという事だ。
日本も既に、世界の中で、それなりの立場になっているのだから、自分の国と、その周りの自由主義圏を守る事くらい責任を持て、と思うには、もう普通の人の、自然な感覚でしょう。

最後の冷戦を、中国と北朝鮮が起こしているわけです。
日本の政治家もマスコミも、その事実を、もっと肌身に感じろ。

ま、とにかく勉強になりますので、この本、買って読んでみてください。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

帝王学の築き方 [仏法真理(愛・知・反省・発展)]


帝王学の築き方

帝王学の築き方

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2015/02/05
  • メディア: 単行本



危機の時代を生きるリーダーの心がけ

【経営者、管理職、若手も必読!】
学校では教えてくれない人の上に立つ者の智慧。

先の見えない厳しい時代を生き抜くために!
リーダーとしての自覚を持った、責任ある仕事をする人間のつくり方。

追い風でも、逆風であっても――
前に進むことがリーダーの条件!
▽他人に頼らず、自力で道を拓く覚悟を
▽無名の時代の初心を忘れてはならない
▽信念と共に人の意見を聞き入れる度量を

まえがき
1 “若者のドジ学入門”のようだった『現代の帝王学序説』
2 「帝王学」は自分に厳しくあることの勧め
3 「厳しさの経営」が必要な時代
4 帝王学として必要な心がけとは
5 無駄を排し、「ぜいたく」を捨てよ
6 失敗を言うこと、とがめることの難しさ
7 帝王学をマスターするための「寛厳自在さ」
8 偉くなっても忘れてはいけない心がけ
あとがき

-----------------
昔、出版された書籍で、ブログに書いていない本も、ちらほらとあるので書いていきます。
この本は、去年の1月に出た本です。
「現代の帝王学序説」
に続く本で、リーダーの心構え的な事が、語られています。

もう、超ザクッと言うと、
「自分に厳しく、他の人へは、厳しさと寛容さをブレンドする」
という事が、重要視されていると思う。

やっぱ、人間、どうしても自分に甘くなってしまう。
厳しくやっていた時期があれども、環境等が緩くなっていると、段々と自分に甘くなってしまい、それが当たり前になってしまうのだ。
もちろん、厳しい環境等がやって来れば、再び、厳しく自己を律する事も、せざるを得ないのだが、大事な事は、普段から自分に厳しい事を習慣化する事であると思う。

本当に、もう、自分で自分に檄を飛ばし、鞭を打つ事も必要だ。
時間の使い方なども、だらだらしたらそれが習慣化してしまうので、すきま時間と言えども、仏法真理を学習したり、英語を学習したりして、上を向いていなければならない。

やっぱね、人生の目標を軽んじてはいけないよ。
もう、到達するかわからんくらいの大目標は、人生の推進力だよ。
ま、仏国土の実現がそれです。
天使、菩薩の目標でもあろうが、もう少し泥臭くというか、軍事的に言うとするならば、
「骨になるまで戦うぞ!」的な気概は必要だ。
地球ユートピアの実現まで、骨になるまで頑張り、精進する事だな。
(実際は魂になるのだが・・・)

で、大事な事は、それが愛の戦いであるという事だ。
人類の幸福の実現を目指した戦いであるのだ。
帝王ちゅーと、なんか秦の始皇帝みたいな独裁権力を感じてしまうところもあるが、そうではなくて、人々の真なる幸福を実現するリーダーの一人に、私はなりたい。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

天使に“アイム・ファイン”には、かなり感動した。 [映画]

DSC_1282.jpg

幸手シネプレックスにて「天使に“アイム・ファイン”」を見た。
「ファイナル・ジャッジメント」の時も、この映画館にはお世話になった。
まあ、今回の映画は、上映する映画館の数は、かなり少ないけど、ホント、そした中、上映していただけた事に感謝したいと思う。
有難う! 幸手シネプレックス。
通常の映画も、なるべくここで見ようと思う。

しかし、
今回の、「天使に“アイム・ファイン”」は、かなり感動しましたね。
はっきり言って、かなりいいわ。
今までの人生で感動した映画ランキングの10位以内に入るのは当然として、5位以内、3位以内にも入るかもな。

ま、もちろん、幸福の科学の映画だけど、別に、これ、キリスト教の天使の映画と言っても違和感ないね。
天使たちが地上の人間たちをどう導こうとしているのか、とても具体的に、リアルに伝わって来ます。
会員でない人も、是非観てください。
誰でも見れば必ず「天国の門」に近くなると思います。
だもんだから、観て損をする、という事は、在り得ない。

DSC_1283.jpg

うーむ、
映画を観終わった後の空の光が、天使の喜びを象徴しているような感じがしたね。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

映画「天使にアイム・ファイン」を観に行こう! [映画]



科学が進化しようが、
生活が便利になろうが、
この世は「魂修行の場」なんだよね。

で、
神も存在すれば、天使も存在する。
おとぎ話でも何でもない。

できるだけ天使と友達になりたいが、
ま、見えない、聞こえないからこそ、そこに信仰を鍛える修行の意味がある。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「時代を変える奇跡の力」を聴いて [大川総裁御法話]

13日、日曜、大川総裁の御法話「時代を変える奇跡の力」があった。
本会場は福岡であったが、自分は地元の久喜支部にて衛星中継で見ていた。

しかし、本当に、「待ったなし」の時が来ている事を実感している。
日本の危機が、すぐそこまで迫っている。
総裁の後半の言葉を聴けば、今の延長では、アウトであろう。
もっともっと、個人の力と、仲間の総力を増やしていかなければいけない。

自分も、いろいろな事を、ここんとこ続けているが、いくらやってもやっても、ザルで水をすくっている感じはある。

ただ、やるべき事はやらなくてはならないし、今後も、アイデアや智慧を、フル動員していかなくてはいけないだろう。
もちろん、協力者も、もっと多く出て来なければいけない。

何とか、この国が、良い方向に向かうように、総力を結集して努力していかなければならない。
とにかく、何もしなければ何も変わらない。
やるしかない。
ド根性で、やるしかない。
人類の未来のために。
神の正義のために。

「愛することによって世界を変えることができる」 大川隆法総裁が福岡で講演
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ザ・リバティ 2016年 04 月号 [The Liverty]


ザ・リバティ 2016年 04 月号 [雑誌]

ザ・リバティ 2016年 04 月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2016/02/29
  • メディア: 雑誌





【新】ニュースのミカタ
〈経済〉マイナス金利で生活は良くなる?
〈エネルギー〉電力自由化はホントに自由か?
〈科学〉小保方氏は”わな”を仕掛けられた!? ほか
中国・北朝鮮に核兵器を使わせないために日本も核装備を
大川隆法総裁 講演会レポート
 核装備の研究を進め日米共同の抑止力を
編集長コラム
 なぜ宗教が「核装備」を訴えるのか
大川隆法【未来への羅針盤】ワールド・ティーチャー・メッセージ
 経済発展をもたらす「感動」の力
【特集】どのマスコミも報じない
 トランプの正体
 この暴言王は日本の友人か?
 [1]アメリカ大統領選の仕組み
 [2]トランプの暴言の裏にアメリカの今が見える
 [3]ドナルド・トランプ物語
 [4]新大統領誕生で日本と世界はどう変わる?
映画 「天使に”アイム・ファイン”」特別企画
 震災から5年 園田監督がロケ地を再訪
「福島から幸せを運びたい」
震災から5年 現地ルポ
 福島で怖いのは
 放射線ではなく糖尿病
〈インタビュー〉
 医師・東京大学医科学研究所特任研究員 坪倉正治
 東京大学大学院理学研究科教授 早野龍五
リアル 増税人生ゲーム
 重税なければ億万長者!?
「お金が貯まる生活」入門
 夫婦で考える未来設計
中南海インサイド・ウォッチ
HSU論壇 未来への貢献

-------------------

トランプは正直なのだと思う。
9次元霊に例えれば、ゼウス神の様な感じだろうか?
豪放磊落と正直さで、
アメリカの繁栄を復活させてもらいたい。

但し、日本は、それを望みつつも、
自力で立ち上がらねばならないだろう。

北朝鮮と中国の政治体制が平和裏に解決され、
キリスト教とイスラム教の果てしない争いに終止符が打たれた時、
地球レベルでの正義が、かっちり固まると思いますね。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

しかし、国連も役にたたねえな。 [The FACT]

まあ、反論が遅れた日本政府も問題だが、国連も、ホント、役に立たない組織だ。
従軍慰安婦の強制連行など、証拠は全く無いわけだが、韓国の元従軍慰安婦とかいう嘘つきの婆さんの言葉とか、朝日新聞の嘘とか、河野談話とか、もうそれだけで事実だと認定してしまうレベルなのだよね。
やっぱ、国連って、ホント、唯物論国家、共産主義国家に似てる。



---------
昼、ベンチで日向ぼっこをしていたら、やって来たネコ。
DSC_1279.jpg
DSC_1280.jpg
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

事実が認められるまで何度でも反論を! [★政治]



まあ、今まで20年くらいの期間、日本政府は全く反論していなかったのみならず、過ちを認めるような事を数多く発言していたわけだから、そりゃ、「はい、そうですか」とはいかんだろう。
過去において、謝罪したという事は、罪を認めたという事と認識されるのはやむを得ない。

この点に関しては、日本的な、「なあなあの精神」というか、非常に情けない今の日本の気質をも説明して、説得を続けていくしかない。
「とりあえず謝っちまうか」
という部分が日本人にはあるのだが、問題が大きくなってしまい、やはり真実を言わざるを得なくなった、とかも言う必要があるなら言うべきであって、
何度でも、何度でも、日本政府は国連と諸外国を説得し続ける義務がある。

そして、事実が証明されていない事については、今後、気軽に謝らない事だ。
もうホント、ちゃんとやってくれよな。

---------
日曜、支部で正心館に行った。
DSC_1277.jpg
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

チャーチルに学ぶリーダーシップ―逆境の経営環境で成功するために [本(政治全般)]

802.gif

チャーチルに学ぶリーダーシップ―逆境の経営環境で成功するために (トッパンのビジネス経営書シリーズ)

序章 政界と実業界―ビジネス・リーダーが偉大な政治家から学び取れるもの
第1章 チャーチルを理解するための鍵
第2章 大臣としてのチャーチル―公職歴を概観する
第3章 失敗を正面から受け止め、過ちから学ぶ
第4章 チャーチルの行政手腕―責任と組織
第5章 チャーチル流人事―人を管理し、己を管理する
第6章 決断力―チャーチルの思考過程
第7章 コミュニケーションの達人、チャーチル
第8章 チャーチルの個性―リーダーシップの完成
第9章 発案者、改革者としてのチャーチル
第10章 スタイルを超える実体―倫理上の目的、必然性、個人の指導力

-----------
けっこうチャーチルは判断において「中道」を大事にしたような事が書かれていたが、
大川総裁の『チャーチルの霊言』を読んだ人であるならば、その理由は、すぐにわかる事でしょう。
仏陀が最初に悟った真理も、「中道の悟り」ですよね。

しかし、刻々と、日本も、チャーチルの様な政治家が出て来なければいけない時節になりつつある。
かつてのイギリスも、ヒトラーの攻撃を受けたが、何とか撃退してイギリス滅亡を避ける事ができた。
爆撃機で爆撃されたり、V1ミサイル、V2ミサイルなどのミサイル攻撃も受けた。
Uボートで、シーレーンも寸断されたりした。
ただまあ、諜報機関による暗号解読や、レーダーの実用化、外交戦略等、智慧を総動員して、最後は勝利を得る事ができた。
日本も、勝つための智慧と人材を、総動員しないといけない。
はっきり言って、次回の国政選挙で幸福実現党の議員が出るか出ないかが、日本の天国・地獄を分ける分岐点になる。

中国経済も、かなりダメージを受けているみたいで、そりゃ、最後は軍事力で富を得るしか発想が湧かない状況に追い込まれるのではないか。
今の日本の置かれている状況は、かつてのイギリスより、遥かに厳しい状況だと思う。

安保理改正、憲法9条改正、平和維持のための核武装。
ここまでできて来ないと、今の状況では、かなり厳しい。

そして、国を守れる人材の出現。
それがどうしても必要なのだ。

タグ:チャーチル
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

俳優・南原宏治のガハハ大霊言 [仏法真理(霊言-芸能、スポーツ、テレビ)]


俳優・南原宏治のガハハ大霊言

俳優・南原宏治のガハハ大霊言

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2016/03/04
  • メディア: 単行本



俺の辞書には“NG”なんてネエ!

日本一の悪役スターは、天国にかえっても言いたい放題!
日本が誇る名優であり、幸福の科学初期に活躍した南原氏が「公開霊言」に登場。

型破り! 豪快! 情熱的!
人の心をワシづかみにする12の“魅力学”を直伝!

▽ここまで明かして大丈夫?
 生前の仰天エピソード
▽天上界で地獄で大活躍!?
 霊界での武勇伝
▽いまを生きる私たちへ
 熱きメッセージ

【信仰を持つと、死んでも元気に情熱的に生きられる!】

-----------------
自分もけっこう古い会員なので、超初期の頃、南原さんという名前はよく耳にしたと思う。
したと思う、というのは、もうあまりの昔の事で、いろいろ忘れてしまっている。
南原さんの話を聴きに行った事があったっけなー? とか、もう覚えてないくらい昔の事だ。

しかし、
型破り! 豪快! 情熱的! てのは読んでいてよくわかる。
ちょっと冗談が過ぎる感じもするが、まあ、こういった人がいてくれると助かるっちゃー助かるな。
自分も、けっこう、堅苦しい環境なんかにいると逃げ出したくなるところもあるが、こういった人が現れて、緊張した空気を、ストーンと抜いてくれると、ホント、助かるわ。

まあ信仰を持って、この世をおさらばした人は、あの世に還っても、元気ハツラツって事だよな。
まだまだこの世には、霊言を嘘だと思っている人や、「あの世なんか無い」と思っている人も、数多くいるのだろうが、残念な事です。
大川隆法総裁の霊言は、100%本物です。
当然、守護霊霊言も本物です。

イエスや仏陀も、当然、こうした能力は持っていたのだけど、霊人が誰であるのか? を、特定するのは難しかったようです。時代背景もあるだろうが。
今回、大川隆法総裁は、イエスや仏陀以上の能力を持っているわけですが、それがどういった意味を持っているか、特に、今の日本の人々は真剣に考えた方が良い。

ある意味、踏絵を試されているとも言える。
まあ、ネット上は、ごみ溜めみたいなもので、霊言や大川総裁への非難・中傷も、数多くある。
おそらく軽い気持ちで書いているのだろうが、まあその裏には、邪悪なる者の影は見えますわな。
天国からの距離がどんどん離れていき、神や仏を否定し、信仰や宗教を否定する方向へ、どんどん行ってしまう。
天使や菩薩の世界では無く、悪魔の世界へと。
そう、それは、例えて言えば、現代の北朝鮮みたいなものかな。神や仏、天使や菩薩ではなくて、邪悪な支配者が支配する世界。


別に自分は空想を語っているわけではなく、ホント、その通りだからです。
この世の人生は、そう長くないですから、「ま、地獄よりかは天国の方がいいな」と、この世に生きているうちに思ってもらいたいと思う。
ま、今は霊言を信じられない人も、騙されたと思って、霊言を信じる側に立って欲しい。
絶対にそちらの方が後悔しない事を、100%保障する。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: