So-net無料ブログ作成

代議制民主主義 - 「民意」と「政治家」を問い直す [本(政治全般)]


代議制民主主義 - 「民意」と「政治家」を問い直す (中公新書)

代議制民主主義 - 「民意」と「政治家」を問い直す (中公新書)

  • 作者: 待鳥 聡史
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2015/11/21
  • メディア: 新書



まあ、「こうも人口が多いと、すべての人が参加する、直接民主主義などやってられん」という事で、政治の代表者を決めて「政治の運営を、ある程度任せる」というのが代議制民主主義と理解している。
ただ、インターネット等が広く行き渡った国であるならば、
「この件についてどうしますか?」
という議案に対して、国民がインターネットで決議する、という事もできない事ではないだろう。

しかし、どう考えてもそれは現実的では無い。
国民全体で議論したら時間がいくらあっても足りないので、最終的には多数決になるだろうけど、それで結果がうまくいくなら、そもそも議会も、首相も、大統領も、リーダー的な人は必要ないという事になるね。

また、万が一、地球規模で多数決しようものなら、中国的価値観、インド的価値観が地球における最終判断になってしまうわな。

ま、ただ、多数決の理論は、代議制で、選ばれた人が行えば正しいか?
これも本当は、「どうだろうかねー」といったところはある。
議会で討論できる分、それなりに制度は高まるだろうけど、既得権益の利害、政治家自身の選挙結果、マスコミの意見・支持率、官僚の思惑、陳情、党議、等、いろいろなものを秤にかけて最終的に結論に導くのだろうが、これはさすがに誰がやっても難しいよ。

おそらく、大学教授等の書く『代議制民主主義』の結論は、こんなとこだろうと思う。

で、ここから先が、仏法真理の世界に入るが、
仏法真理には、明確に目標があるのです。
神の方向というか、仏の方向というか、哲学的に絶対善とでも言うべき方向です。

個人においては、愛・知・反省・発展により、地獄ではなく天国を目指す。
そして、天国も悟りのレベルがあるから、より高い悟りのレベルを目指す。
できれば、通常の天国ではなく、より人々の幸福のために活躍できる菩薩界、天使の世界を目指す。
また社会全体においては、悪を押しとどめ、善を推進し、切磋琢磨する中でも、調和を目指す。

これを今後、政治システムの中に、どうブレンドして盛り込んでいくか?
人々が納得して、幸福が循環する仕組みに仕上げるか?
まあ、ここまで考えているので、この本とかも読んでいて、参考になるのは半分ぐらいなんだよねえ。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

Wedge (ウェッジ) 2016年 3月号 [経営]


Wedge (ウェッジ) 2016年 3月号 [雑誌]

Wedge (ウェッジ) 2016年 3月号 [雑誌]

  • 出版社/メーカー: 株式会社ウェッジ
  • 発売日: 2016/02/20
  • メディア: Kindle版



米国流「ガバナンス」が企業を弱くする
といったタイトルの記事がある。

まあ、はっきり言って、政府が推奨してるのかよく知らんのだけど、
「社外取締役2人」、「ROE8%」で、コーポレートガバナンスが良い方向に改善されるか?
そういったものでもないでしょうな。
テーラー(F.W.Taylor,1856-1915)の科学的管理法なるものの延長線上で、こういった機械仕掛けの経営手法みたいなものが取り上げられているのだと思いますが、今、大事な事は、そうしたもんじゃないでしょう。

本当に、ストレートに言ってしまうと、経済とか経営に心が無さすぎるのだよね。
政治や教育界もそうだろうけど、経済人にも心が無い。
心が失われている。

そして、心の根本は、仏神を信じる心だ!
信仰心だ!
これが失われていて、制度がどうのこうの、会計がどうのこうのとやったって、そりゃ根本的な解決にはならないよ。
まずは、会社の経営者、役員、株主、そうした人々が『正義の法』を学ぶ意思があるかどうかだよね。
無神論者や信仰を軽視する人々が、いくら効率を重視しようが、経営を改善しようが、良い結果はあまり期待できないね。
正義がどちらの方向にあるのかわからん人が、組織をどういじっても駄目なのです。
人に気づかれなきゃ大丈夫、なんて感じでやってても、あの世の世界からは、すべて丸見えだからね。
心の中で何を考えているのかとかも見られてしまっている。

そりゃ、天使も菩薩も、わざわざ悪魔に憑依されたような人を指導する事は無いですよ。
まず、きちんとした信仰心を持ち、愛、知、反省、発展を、意識的にしろ、無意識的にしろやっているような人が会社の上層部で活躍するような社会ならないといかんと思う。

経営と信仰、
経済と信仰、
それを融合させる事が、日本の会社改革の第一歩だと思う。

DSC_1257.jpg
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:blog

新・神国日本の精神 [★仏法真理]


新・神国日本の精神 (OR books)

新・神国日本の精神 (OR books)

  • 作者: 大川 咲也加
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2016/02/13
  • メディア: 単行本



真の宗教立国をめざして

【大川隆法総裁推薦】
「堂々たる、わかりやすい歴史書だと思う」

この国に生まれてよかった。
心からそう思える近現代史の真実。

先人の熱き思いと神仏の願いとは?
明治維新でやり残したこと課題とは?
現代日本の原点と成り立ちを知れば、正しい未来が見えてくる。

『新・神国日本の精神』発刊に寄せて 大川隆法
まえがき
第一章 明治維新の思想
第二章 王政復古―試行錯誤の宗教史
第三章 明治憲法成立に向けて
第四章 明治憲法の制定まで―国の宗教は?
第五章 明治憲法の発布とその影響
第六章 敗戦後のGHQによる「国家神道」の誤解
第七章 本来の神国日本の精神とは
あとがき

-----------

非常に勉強になります。
幕末から明治の思想、宗教が、分かり易く、そして、かなり奥深いところまで言及されているので、面白くてためになる本ですね。
前回の本は、ちょっと学術論文すぎましたが、今回のやつは本当にGOODです。
是非、大人から子供まで読んでもらいたいと思います。

しかし読んでいて、本当に日本の人材の層の厚さ、多岐に渡る思想の広さを感じますね。
そして、変革期になると、この国の時間密度が高くなる。
是が非でも、今の日本も、ここ10年、20年で、大きく良い方向に歴史を転換させたいものです。

それは十分に可能な事だと思う。
幕末、明治期以上の人材が、今の日本には居る!
精神的な、柱の中の柱がおられるわけだし、日本の中心神も居る!
この国を、断じて良い方向に進ませなければならない。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

公開霊言 カントなら現代の難問にどんな答えをだすのか? [★仏法真理(霊言)]


公開霊言 カントなら現代の難問にどんな答えをだすのか?

公開霊言 カントなら現代の難問にどんな答えをだすのか?

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2016/02/26
  • メディア: 単行本



鋭く、深く、わかりやすい!
知的巨人が語った7つの正義。

1、アメリカ大統領選のゆくえ
2、STAP騒動と科学の未来
3、ヨーロッパ難民問題の解決策
4、イスラム国の今後の動向
5、格差是正と再分配の問題点
6、中国経済の崩壊
7、核兵器の脅威と恒久平和

まえがき
序 カントに現代の諸問題を問う
Q1 米大統領選の行方をどう見るか
Q2 「STAP細胞問題」をどう見るか
Q3 「難民問題」に解決策はあるか
Q4 イスラム圏に必要な改革とは
Q5 「格差是正」の問題点とは
Q6 「アメリカ型経済」と「中国型経済」の行方は?
Q7 「恒久平和」を実現するための哲学とは
あとがき
--------------
哲学者カントが、時事的な問題に答える、という、極めて珍しい霊言です。
政治学者、経済学者、政治家、マスコミ人、ジャーナリスト、学生等、読んでおけばプラスになるでしょう。
現在、カントは、如来の世界、幸福の科学的に言えば8次元世界にいると思いますので、かなり、「神の正義」に近いところから意見を述べているという事になります。

やはり、大局的な正義の下部には、それぞれ個別の問題を、正義のフィルターにかけていくという作業がどうしても必要になります。
なかなか数学みたいに、各問題の答えが、かっちり決まっているというものでもないので、こうした問題と、その解答を、数多く学んでいく事が大事であろう。

まあ、カントの出す解答ですから、論理的ですよ。

今、ちょっと思いついたけど、
上記のQ1~Q7 どれでもいいので、自分なりに本を読む前に、解答と、その理由を出してみたらいいんじゃない。
そして、本を読んでみて、自分の解答とカントの出した結論と、どう違っていたか? または、同じであったか?
という事を訓練してみるのもいいかもね。
あと、この霊言は約100分なので、総裁の解説を省くと、一問10分で、どこまで答えを出せ、説明できるか?
こうした事も、できなくはないよね。

「めんどくさくて、そんな事やるか!」
てな意見も聞こえそうですが、いずれにせよ、個別の問題とは言え、それぞれかなり重い内容ですので、なかなか大変だと思います。
おそらく、考え方の根底に、仏法真理が無いと、左翼思想が出す、トンデモ解答になる可能性も高いでしょう。
人類は、仏法真理の啓蒙が必要なのですよ。
そうした啓蒙の時代を超え、100年後の未来人から見たら、既に過去の事象で、解決済で、当たり前のレベルに見られている事も多かろうと思う。

タグ:カント 霊言
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

緊急・守護霊インタビュー 台湾新総統 蔡英文の未来戦略 [仏法真理(霊言-政治、軍事)]


緊急・守護霊インタビュー 台湾新総統 蔡英文の未来戦略 (OR books)

緊急・守護霊インタビュー 台湾新総統 蔡英文の未来戦略 (OR books)

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2016/02/17
  • メディア: 単行本



米中同盟を結ばせないために、日台関係の強化が絶対に必要。
予告通り長距離弾道ミサイルを発射した北朝鮮!
中国の「一帯一路」構想からシーレーンをどう守る?
台湾新総統の守護霊メッセージから見えてくる、日本が取るべき外交・防衛戦略とは。
今後の国際政治を分析する上で不可欠な一書!
【台湾を「国家」として認めよ。】

まえがき
1 台湾新総統・蔡英文氏の守護霊を招霊する
2 台湾総統選での勝利をどう見ているか
3 蔡英文氏守護霊が考える「日台関係」
4 戦後、米ソ冷戦下で翻弄された台湾
5 日本と台湾は、中国の覇権主義にどう立ち向かうべきか
6 「日本は台湾を国家として認めるべき」
7 中国の脅威に対抗するには
8 台湾と日本の霊的な関係
9 アジアと世界の平和を実現するために
10 蔡英文氏の守護霊インタビューを終えて
あとがき
ーーー
ブログに書くのが遅れてしまったが、重要度が低いというわけではありません。
日本の立ち位置を考える上でも、非常に重要な守護霊霊言だろう。

蔡英文氏が勝利したという事は、台湾の民意は、今のままでは中国共産党に飲み込まれると考え、それに対して「No!」との意見を持ったわけです。
ちゃんと、日本の若者も、この事の意味を考えなければいけません。
香港にしろ、台湾にしろ、特に若者たちは、中国共産党による自由のはく奪に異議を唱えて反対しているわけです。
おそらく、韓国の反日政策のトーンが落ちているのも、中国共産党と北朝鮮の脅威を、ヒシヒシと感じているからだろうと思う。

日本の若者はどうかというと、
安全保障関連法に反対する高校生らが日本各地でデモ?
とまあ、笑ってしまうくらい危機感が無いですね。
教育界に巣食う左翼による洗脳であることは、すぐにわかりますがね。

マスコミにも問題ありすぎる。
前にも書いたけど、
どの記事を載せて、どの記事を乗せないか?
これで世論はかなり操作されてしまうのだよね。
幸福実現党が2000人規模でデモをやっても載せないからね。

残念ながら、今、日本一国では、中国の覇権主義と、北朝鮮の核ミサイルに対抗する事は、事実上できません。
「国連が助けてくれる」と言っても、中国が国連の常任理事国ですから自分たちに不利な事は安保理拒否権を発動し、中国の利権がからんだ事柄は何も成立しません。

いずれにせよ、台湾、香港の民主主義の維持。
韓国、日本本土、沖縄、グアム等におけるアメリカ軍の勢力維持。
日本、台湾、韓国?、フィリピン、ベトナム、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、モンゴルなどが連携して独裁国家から防御できる体制造り。
インド、ロシアとの協力体制の構築。

こうした事をやっていかないと、もう中国の周りの国は、中国の一部にならない限り、生き残る事はできない状況です。
本当に、日本の世論をそうした方向に持って行かないと駄目な事くらい、わかる人であればわかるはずです。

国家の存亡がかかっている時期です。
どうか一人でも多くの人に幸福実現党を信じてもらいたいと思う。
自民党だけでは、おそらく持たないし、ある程度、安倍さんだから持っている部分もある。
いろいろ問題もあるけれど、自民党が負けろなどとは言えない。
幸福実現党を参謀役として、「勝たせる必要がある」という事です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「慰安婦の強制連行は捏造」国連委での政府発言 [The FACT]



やっとこさだね。
一体、ここに至るまでどれだけかかってるんだよ。
もう次は、南京大虐殺も、「嘘である」と言わないとな。

nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

現代の正義論 [仏法真理(政治系統)]

02111459_56bc235e4053c.jpg

憲法、国防、税金、そして沖縄。―『正義の法』特別講義編―

【ウソやタテマエの政治にNO!】

いまの憲法では国民の生命と財産は守れない!
「増税による景気回復」説などあり得ない!
なぜ、政府もマスコミも本当のことを言わないのか。
国民に問うべき争点から逃げる既成政党。
軽減税率で懐柔され、世論誘導するマスコミ。
いま、この国に必要な正義とは何か?

横浜と沖縄で開催された著者最新の講演を緊急書籍化!

まえがき
第1章 「正義の法」講義
 1 「本当の正義」を説けるのは誰か
 2 オバマ大統領「最後の一年」に訪れる危機
 3 現実に合わない憲法は改正を
 4 マスコミも政治家も正々堂々の議論を
 5 言うべきことを言う「幸福実現党」
 6 「一神教」の問題点を正す
 7 新しい時代には「新しい政党」を

第2章 真実の世界
 1 沖縄に見る「言論・出版の自由」
 2 本土とは違う沖縄の「左翼」
 3 「日米同盟」が日本全体の平和を護る
 4 「負けない国と組む」ことの大切さ
 5 「正しさ」を貫く幸福実現党
 6 日銀の「マイナス金利」の是非は?
 7 消費税導入二十五年の「反省」が必要
 8 沖縄を他国の植民地にはさせない
あとがき
----------------------

『正義の法』、この本『現代の正義論』、月曜の法話
は、一貫して、国際政治を主軸とした正義について言及されている。
そして、その中で、日本の取るべき道は? という事について我々は耳を傾けなくてはならないところです。



本当に、今年は悪の勢力も、「やったるぜー」って思っている。
アメリカの大統領がオバマ氏であるうちに、ガツーンと勢力拡張させたいのだよね。
そして、日本でも、幸福実現党の存在も、当然、把握しているだろうから、幸福実現党が本当に国政に出る前に、日本の力も弱めたいだろうと思う。

まず、日本人であるなら当然、考えなくてはいけない事は、この国の存続と、この国の国民を守る事だろう。
安保関連法案を廃案にしたり、憲法9条改正を止めたり、沖縄から米軍を出ていかせようとしたりしたら平和が来るという考えは、違います。
習近平や金正恩に、「平和が大事だから話し合いましょう」と言っても、時間の無駄なのです。

北朝鮮などは、日本人を勝手に拉致してしまうような国です。
そうした国が、核ミサイルを自分のものとしたら、日本人全員を拉致するくらいの事はやりますよ。
特に、水爆など完成させようものなら、一発、日本に落とされたら日本の数分の一は、消滅してしまいます。
水爆の破壊力は原爆の比ではありません。
東京に落とされたら関東地方は、ほぼ全滅です。

もう、いろいろな垣根を超えて、日本人は協力し合わなくてはいけない時が来たのだ!

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

リクルート事件と失われた日本経済20年の謎 江副浩正元会長の霊言 [仏法真理(霊言-経済・経営・産業政策系)]


リクルート事件と失われた日本経済20年の謎 江副浩正元会長の霊言 (OR books)

リクルート事件と失われた日本経済20年の謎 江副浩正元会長の霊言 (OR books)

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2016/02/16
  • メディア: 単行本



日本経済復活のカギが、この一冊に。
事件の「真相」を江副氏本人があの世から激白!

なぜ急成長企業はバッシングされるのか!?
なぜ日本には成功者を認めない「空気」があるのか?

嫉妬の強い平等社会で足元をすくわれないために。
起業家、ビジネスパーソン必読の教訓が満載。

【安倍政権の成長戦略――その意外な死角とは。】

まえがき
1 リクルート創業者、江副浩正氏を招霊する
2 未公開株譲渡の真意とは?
3 マスコミの「嫉妬」を感じていた
4 「メディア性善説」を持っていたのが、甘かった
5 日本人の嫉妬の原因は「島国根性」?
6 「失われた二十年」の真犯人は「日本教」?
7 「成功者を受け入れる風土ができなければ、デフレ脱却はできない」
8 「戦後民主主義」が「経営者性悪説」をつくった
9 「才能による経営」と「徳による経営」
10 情報産業と日本の未来は?
11 江副浩正氏の「現在いる世界」とは
12 江副浩正氏が「現代日本」へ伝えたいこと
13 江副浩正氏の霊言を終えて
あとがき

----------------
リクルート事件とは、随分、昔の事件ですが、ホント、昔、この事件の時は、騒がれたものです。
その前の、ロッキード事件と言い、メディアとかジャーナリストだとか権力を持ち始めた時期ですかね。

内容的には、政治とお金、嫉妬、スキャンダルなど、こうした話題は、後を絶たないですね。
ただまあ、おそらくですが、韓国ほどではないとは思います。
韓国は、日本の悪いところをデフォルメして大きくしてしまった感じでしょうか。

うーむ、
この本の帯に、
「日本の経済成長復活のカギは、リクルート事件に隠されていた」
とあるけれども、
やはりそうであるのかなー。

もちろん、不正や悪は、見逃したり、放置しておくわけにはいきませんが、
ちょっと、間違いに関して厳しすぎたり、重箱の隅をつついたり、他の人を嫉妬心から引きずり下ろしたりする傾向が、日本は特に強過ぎるものがあるのですかね。
大らかな国民性ではないかもね。

お金に関しては、小選挙区制度に変えたり、政党助成金を出すようにしたりしたらクリーンになるのではないか?と思われて、やったのだと思いますが、まあこの制度も、既存の政治家ばかりが有利な制度になってしまい、政治家や政党の新規参入を止めてしまいましたよね。
今の政治家が、再当選を続けるためのシステムですかね。
法律を作るのは政治家ですから、まあ当然そうなってしまって、こうした点は、マスコミなども見抜けなかったのでしょう。
大川総裁は、当初から、よろしくないと言われていたと思いますが。

それはそうと、日本経済を再発展させるためには、日本人の気質を変えなければいけないとしたら、これはかなり大変な事です。
一国、島国根性から脱却し、現在の長所はそのままにして、成功者やお金持ちや、幸福な人々を受け入れ、それを量産できる気風を持たなくてはいけないという事か。

やはり、税金をむしり取るようなシステムではなく、
成功者やお金持ちなどが、ボランティアや社会貢献、寄付等をする事が自然に行えるような社会がいいですね。
税金で取られると何に使われるかわかったものではないので、
図書館を寄付したら、~図書館とか、
公園を寄付したら、~公園とか、
ジョンズ・ホプキンスさんが寄付したら、ジョンズ・ホプキンス大学とかさ。
ちょっとまだまだ日本には、そうしたものは数が少ないよね。

別に、公共施設など、国や地方が税金を取り立てて創らないでも、税金を安くしてお金持ちにどんどん創ってもらえばよいと思うがな。
ただ、施設に、その人の名前をつけるとか、銅像を建ててあげるとか、そうした名誉は大事にするべきだよな。

お金持ちも、恥ずかしいから名前は出さないでくれ、とかやりすぎると、陰では寄付や良い事をいっぱいしてても、表にはわからないので、安田善次郎みたいに恨まれて刺されちゃったりするからね。

いずれにせよ、日本人の気質を変える幸福革命が必要だ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ザ・リバティ 2016年 03 月号 [The Liverty]


ザ・リバティ 2016年 03 月号 [雑誌]

ザ・リバティ 2016年 03 月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2016/01/30
  • メディア: 雑誌



img_lib_2016_03_04.jpg
img_lib_2016_03_05.jpg

今の日本のマスコミの行動原理は、正義ではない。
いかに視聴率を取れるか?
いかに部数を増やせるか?
これが彼らの行動原理です。
あまり信用し過ぎてはいけません。

まあ、本当に単純な正邪の判定くらいはできるでしょうが、複雑な事件や、政治、経済、国防、宗教などが絡んで来ると、当たるも八卦、当たらぬも八卦ぐらいのレベルでしょう。

また、どの記事を取り上げて、どの記事を取り上げないか?
この判断も、かなり重要な事なのですが、それについて問題視される事は、ほとんどありません。
非常に重要、
重要、
普通、
あまり重要ではない
こうした記事のランク付けは、あると思いますが、これによって、社会を良くしていく事も、悪くしていく事も可能であるわけです。

最近では、ベッキーやSMAP、清原の件が、いろいろマスコミに取り上げられていましたが、まあ事の重大さから言ったら、北朝鮮の核実験、ミサイル発射実験の方が遥かに上ですね。
あとちょっとしたら、日本は、北朝鮮の核ミサイルに脅されて、芸能活動どころではなくなってしまう可能性が高いわけですから。
(別に、芸能活動のレベルが低いと言っているわけではありません)

ここ7年近く、
幸福実現党の活動や、大川総裁の霊言も、マスコミには黙殺されてきました。
このまま黙殺を続ければ、日本は、中国共産党か、北朝鮮の支配下に置かれてしまう可能性があります。
勝手に倫理基準なるものを作って、
特定の宗教の宣伝になるような事は報道しない
と、やっているのだろうが、
「特に重要と判断されるものは、例外とする。」
と、一文、追加すればいいだけのもんです。

ホント、民主主義の良い点、悪い点のなかで、
正邪の判定に時間がかかる。
とにかく判定と行動が遅い。
これに関しては改善していかなくては、独裁国家のスピード感に太刀打ちできません。

日本のマスコミは、
正邪の判定基準、
報道重要度基準、
をもう一度、早急に考慮し直す事だ。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

正義のヒーロー「レインボーマン」は北の核実験とミサイルを予言していた? [その他]

正義のヒーロー「レインボーマン」は北の核実験とミサイルを予言していた?

インドの山奥で~、修行をしてー。
・・・
今更、あとにはひけーないぞー。
だから、ゆくのさ、レインボーマーン!
(歌、だいたいは憶えてる)


愛の戦士レインボーマンVOL.8 [DVD]

愛の戦士レインボーマンVOL.8 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: DVD



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

戦わない軍事大国アメリカ [日高義樹さんの本]


戦わない軍事大国アメリカ

戦わない軍事大国アメリカ

  • 作者: 日高 義樹
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2016/01/21
  • メディア: 単行本



第1章 超高空から中国を攻撃する
第2章 アメリカは中国と戦えば勝つ
第3章 アメリカは中国とは戦いたくない
第4章 中国共産主義体制は崩壊する
第5章 アメリカ民主主義は分裂する
第6章 新日米同盟がアジアを安定させる

-----------------------
『戦わない軍事大国アメリカ』
まあこれは、民主党のオバマ大統領の時代が長く続いたので、こうした見方をされるのが一つ。
それと、『アメリカン・スナイパー』とか見てもわかるけど、ちと、厭世気分とか、戦場後遺症が、かなり強くなってるんだろうな。
もうホント、今年いっぱいは、アンチ・アメリカ派は、「いつ動きだそうか」、その時を狙っているようにも感じる。

アメリカという国が、今後どうなっていくのか?
なかなか難しい予測である。
ただ、それは、世界の運命や、日本の運命にも関わって来る。

次期大統領が誰になるかも、現時点ではよくわからない。
日高さんも、前回の大統領選挙の時は、ロムニーだろうと言っていて、結局は、オバマの再選となった。
で、少し前は、次期大統領は、ジェブ・ブッシュだろうとか言っていたが、彼はもう難しいように見える。
アメリカ共和党を、内側から見れる人でさえ、なかなか予測がつかない。
トランプ氏も、最近、少し勢力が落ちているように思える。

また、超万が一、アメリカ民主党が、また勝利するなんて事になったら、ホント、大変だ。

という事で、場合によっては、あてにできるが、場合によっては、あてにできないアメリカに、日本は大きく依存し過ぎる事は危険だ。
だからまあ、あべっちがロシアとのパイプを強めようとするところはわかる。
わかると言うか、まだ多少は、大川総裁の意見を取り入れようとする心が残っているのかもしれん。

あと、日本人は、もうちょっと他人のふんどしで相撲を取る事ばかりなのを改めないとイカンよな。
北朝鮮の核ミサイルが脅威なら、
「どうやって北朝鮮を崩壊させるか?」
作戦を立てて実施しないとイカン。

タグ:日高義樹
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「アイム・ファイン!」になるための7つのヒント [★仏法真理]

01211536_56a07c65598f0.jpg

いつだって、天使はあなたを見守っている

心がキラリ、笑顔になる。

人間関係、仕事、病気、愛する人との別れ―――
“もう、だめだ”と思ったら、この本を読んでください。

あなたの人生に奇跡が起き、天使の存在や愛を感じられるとっておきのアドバイス。

まえがき
プロローグ あなたを見守る天使のまなざし
Chapter 1 <人間関係>人との関係で傷ついているあなたへ
Chapter 2 <お金がない>仕事がうまくいかないあなたへ
Chapter 3 <病気>病に苦しむあなたへ
Chapter 4 <挫折>夢をあきらめようとしているあなたへ
Chapter 5 <障害・死別>生きる意味を見失ってしまったあなたへ
Chapter 6 天使たちからのメッセージ
Chapter 7 あなたも天使になるために生まれてきた
エピローグ 光の輪舞
あとがき
---------------------

実に良い本です。
会員とか関係なく、是非、多くの人に、買って読んでもらいたいですわ。
一読するのにそれ程、時間はかからないでしょうから、何度も繰り返し読まれる事を、お勧めします。
決して難しい内容ではありません。

幸福の科学とか、幸福実現党とか「難しい」と思われている人も、けっこういるかもしれませんが、要するに、この本に書かれている内容を、自分のものとできたら、そりゃ、「天国間違いなし!」
だと思うね。

来月、映画もやるので、
まずは、この本を、5~6回は読んで、準備しようではないか。

---------------------

ところで、今、隣町の宮代町で町議会議員選挙やってますが、
是非、野原さんには当選してもらいたいと思っています。
宮代町は、白岡よりさらに田舎町ですので、まあホント、お歳よりだけで町議会やっててはあきません。
ガンバレ、野原ようこ。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

幻冬舎社長 見城徹 天才の嗅覚 [仏法真理(霊言-学者、評論、マスコミ)]


幻冬舎社長 見城徹 天才の嗅覚

幻冬舎社長 見城徹 天才の嗅覚

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2016/02/03
  • メディア: 単行本



出版界のヒットメーカーである幻冬舎が、今なぜ「霊言」に惹かれるのか。

熱狂か、博打か、それとも殉教か。
挑戦的かつ過激な仕事論――
出版界の「怪物」、その勝負哲学とは?

成功しなきゃ、仕事じゃない!!
守護霊が見城社長のヒット戦略を明かした衝撃の霊言!

霊言は、創作では書けない。
本物の霊言と、小説やフィクションの違いとは?

まえがき
1 幻冬舎社長 見城徹氏の守護霊霊言を収録する
2 “衝撃の霊言”『天才』を発刊した意図とは?
3 角川書店時代、幸福の科学をどう見ていたか
4 見城徹氏守護霊には「大川隆法」がどう見える?
5 「天才編集者・見城徹」のホンネに迫る
6 見城徹氏の「勝負哲学」とは
7 見城徹流「ヒットの法則」
8 見城徹氏の霊的インスピレーションの源泉とは
9 見城徹氏守護霊から幸福の科学へのアドバイス
10 見城徹氏守護霊の霊言を終えて
あとがき
--------------
死んだ人の霊言は、本人が既に霊的存在になっているから、もう本人にとっては信じる信じないの世界ではなく、本人は、自分は死んで、霊になっているという事実の認識であろう。

ただ、守護霊霊言に関しては、一番びっくりするのは、霊言された本人だろう。
「なんで自分が考えていた事が本になるの?」
てな感じかな?
幻冬舎では、それは大騒ぎじゃないかね。
「社長が、いつの間に大川総裁の家に行って話をしたのだ?」
とか、勘違いする人もいるかもしれないが、これは守護霊霊言だから、大川総裁の家に行ったのは、地上の本人ではなく、本人の守護霊なのです。

いずれにせよ、この世という世界だけでなく、あの世の世界も、人々が躍動感を持って普通に生活してるというこっちゃ。
別に、奇妙な事でも何でもなくて、この世とあの世が連動した世界が、真実の姿なのだよね。
死んだら終わりなんて、それこそ馬鹿々々しい話なのだ。

「うーん、自分にも守護霊なる者がいるのだろうか?」
と思っている貴方!
もちろんいるに決まってます。
ただ、この世とあの世では次元が違うので、話かけるわけにもいかず、頭をぶっ叩く事もできない。
心の中を通してしかコミュニケーションはできない。
それも大抵は、インスピレーションとかだろう。

しかし、誰であっても、
「心に光を入れてもらいたい」
と、お願いすれば、そのくらいやってくれるのではないかな?

以下の本とか参照。

瞑想の極意 奇跡の神秘体験

瞑想の極意 奇跡の神秘体験

  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 1989/01/25
  • メディア: Kindle版



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: