So-net無料ブログ作成
検索選択

久々に、宇都宮正心館へ [仏法真理-書籍以外]

DSC_1201.jpg

久々に、宇都宮正心館へカミさんと行った。
で、久々に里村さんの話も聞けた。
時間が限られているので、来年の世界情勢を駆け足で話されていた。
うむうむ、来年は『正義の法』が、必然的に必要なのだな。

ただ、正義と言っても、勘違いしてはいけないのが、
悪をバッサバッサぶった切って、悪人を滅ぼしてしまえばいいというような安直な正義ではないのだよね。
例えて言えば、映画『仏陀再誕』、例えて言えば、映画『神秘の法』。
どちらも、かなり強烈な悪役が出て来るが、最後に、どちらも、「あなたも神の子人間であるのだ」、「あなたも仏性が宿っている仏の子であるのだ」
と、改心させているよね。

こないだの仙台の説法でもあったけど、
最初から最後まで、永遠の悪人という人はいないのだよね。
もともと人間の魂は、唯一なる存在から分かれてできたものであって、最初から悪人として創られた魂などいないわけだよね。

キリスト教とイスラム教にしても、どちらが善で、どちらが悪と、断定できるわけではない。
ただもちろん、悪や不正義、憎しみが広がる事は、押しとどめていかねばならない。

大川隆法総裁が『正義の法』 著作2000冊突破記念パーティーで登壇

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

幸福実現党テーマ別政策集 3 「金融政策」 [幸福実現党]


幸福実現党テーマ別政策集 3 「金融政策」

幸福実現党テーマ別政策集 3 「金融政策」

  • 作者: 大川 裕太
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2015/10/31
  • メディア: 単行本



金融政策については、ある程度、幸福実現党、幸福の科学の主張の通りに進んだのではないかと思う。ただ、そこに至るまで随分大変ではあったが。

デフレ好き好きの日銀総裁のおかげで、今まで20年くらい、いかに日本の国富が失われた事か・・・。
日銀、財務省、与党自民党 ここいら辺は、ホント、経済の勉強と理解をしっかりしてもらわないと困る。けっこう個人の関心レベルで日本経済全体に影響が出るからね。
日銀、自民党あたりは、昔よりかは理解は進んでるんだとは思うが、それでも総合的にはまだまだって感じかな。
まあ、安倍総理も自民党も、本当の意味では金融政策などはわかってはいないと思うが、道筋を示してあげると多少耳を傾けるところはある。

ちと、財務省だな。
ここがまだ経済を理解していない。
ビッグ・カメラの店員とか、ゼネコンとかで数年、修行をしたらよいと思う。
金融政策とか、税金による景気への影響とか、実地で体験しないとわからんのではないかな。

MV=PT
M:流通貨幣量、V:流通速度、P:価格(物価)、T:取引量

マジで日本の公務員は、こうした式を、頭に叩き込んだ方がいい。
アービングフィッシャーの方程式だけど、流通速度が遅いと経済は沈滞しちゃうんだよね。
これは、大川総裁も、随分言われている事だよね。
政府や役所の仕事は遅いから、あまり税金を多く取り過ぎると、その分のお金は、平均以下のスピードで、景気を冷やしてしまうよね。

そして、インフレターゲットを毎年数パーセントにするって意味だけど、そりゃ、日本人が一年間で付加価値を増やしているからね。その分は、お金の流通量も増えなければいけないし、本にも書いてあるけれど、インフレ的な方が、お金を使った方がいいというインセンティブが働くわな。

まあ、金融に関しては、小難しい話も多いけど、うまく使えば仏国土ユートピア社会が、ぐっと近くなるので理解を深める必要があるね。

タグ:金融政策
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

幸福実現党テーマ別政策集 4 「未来産業投資/規制緩和」 [幸福実現党]


幸福実現党テーマ別政策集 4 「未来産業投資/規制緩和」

幸福実現党テーマ別政策集 4 「未来産業投資/規制緩和」

  • 作者: 大川 裕太
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2015/10/31
  • メディア: 単行本



ぼちぼち自分とこも学習会を開こうと思っている。
今、大川総裁や霊人の皆様の提言をまとめた幸福実現党の政策本が4冊、大川裕太氏の編集で出ているので、これを十分に活用させていただきたい。
「宗教立国」
「減税」
「金融政策」
「未来産業投資/規制緩和」
です。
これに今後、「国防」とか追加されるのでしょう。

自分なりに考えて、「宗教立国」と「未来産業」が、目標・目的・未来構想の部分で、「減税」、「金融政策」、「規制緩和」は、方法論、といった分け方もできるのかなと思う。

で、この「未来産業投資/規制緩和」ですが、私たちが昔からイメージしている未来社会の原点が、ここになくてはならないと思うのだ。
まだまだ科学技術は "ひよっこ" だけど、重点投資、夢への憧れといった部分を強化し、スピードを上げる事により、実現を早める事が大事だ。

航空機、ロケット、ロボット等の技術は、もっともっと力を入れていかなければならない。
宇宙ホテルくらい早く造ってくれい。

そして、規制緩和もどんどんしなくちゃね。
官邸にドローンが落下した程度で、もうドローンの規制法律ですか。
器が小さいよねえ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

正論2015年12月号 [「正論」]


正論2015年12月号

正論2015年12月号

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日本工業新聞社
  • 発売日: 2015/10/31
  • メディア: 雑誌



特集 「南京」と堕ちたユネスコ・国連で、
高橋史朗氏、藤岡信勝氏、阿羅健一氏は、幸福実現党、幸福の科学が、以前より南京大虐殺のユネスコ登録に対して抗議していたような事を記述していただいた事に感謝します。
まあ、評価されたいがためにやっている事ではありませんが、ちょっと国内のマスコミでも、全然取り上げられなかったので、そもそも日本のマスコミの価値判断のレベルの低さに呆れていましたのでね。

日本人の欠点の一つは、色眼鏡で人や組織を見てしまい、公正な判断能力に欠ける点でしょうか。
まあ、幸福実現党、幸福の科学に宗教という、わけのわからんレッテルを張り、報道したり評価したりする事を止めてしまってますよね。
それは、マスコミだけでなく、与党自民党、政府機関にも言えると思います。

はっきり言って、今の日本のマスコミ、自民党、外務省等の能力では、中国のずる賢さと、スピードに勝てないんじゃないかな。
幸福実現党、幸福の科学、それをまとめる大川隆法総裁も、決して自らの利益のために活動しているわけではなくて、日本を良くするための提言や活動を、数多くやっているわけですが、どーも、見て見ぬふりをしているように感じられて仕方がない。
そして、最後は、それを真似して、あたかも自分たちが始めたようなふりをしている素振りがあるように感じてしまうのだよね。

やっぱ、リーダーや人々の上に立つ人々は、公正さが無くてはイカン。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ザ・リバティ 2015年 12 月号 [The Liverty]


ザ・リバティ 2015年 12 月号 [雑誌]

ザ・リバティ 2015年 12 月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2015/10/30
  • メディア: 雑誌



【特集】日本のスゴイ技術/日本の円が基軸通貨になる未来

・オピニオン
国際 シリア内戦で日本は米露を仲裁せよ
政治 知事は「琉球独立宣言」をする気か
政治 「新3本の矢」はアベノミクスの終わり
・大川隆法【未来への羅針盤】ワールド・ティーチャー・メッセージ
 日本の円が基軸通貨になる未来
・【特集】「日本のスゴイ技術
インタビュー
町工場から宇宙を目指す 植松 努
海洋工学のスペシャリスト 磯崎芳男
宇宙エレベーター研究者 山極芳樹  
・現地ルポ × 8カ月追跡取材「南京」記憶遺産 決定の舞台裏
ユネスコの誤審
中国の「歴史戦」に立ち向かった人々
藤岡信勝/水間政憲/阿羅健一/天児都/釈量子
・原発ゼロは安全か!?
「再稼働遅れ」の4大リスク
経済/火力/再生エネルギー/安保
次世代原発「もんじゅ」に賭ける男たち
など。
----------------------

法シリーズ、2016年は『正義の法』とのことです。
とうとう出るかー!
日本と世界に正義の旗を立てる時が キタ――(゚∀゚)――!!

特に、正義が、わけがわからん状態になりつつあるのは、世界では、シリア、ウクライナ、ISがらみの中東など。
そして、中国による南シナ海の人工島の建造、北朝鮮の独裁政治、ユネスコのいい加減さ なども。
国連も、もう正義をかざす事は全然できない状態にある。

まあ、根本中の根本の話だけど、基本的に、仏神を無視して正義を掘り下げる事は難しい。
そして、同じことだけど、唯物論的価値判断で正義がわかるか? と言ったら、おそらくわからんと思う。

”The Liberty 12月号” にも随分書いてあるユネスコの南京大虐殺の登録ですが、嘘を申請し、嘘を許可する組織に正義は全く無いですよね。
も、今の状態のユネスコでは、日本はお金を出す必要は無いよな。
「もー、勝手にやってきださい」 で、ユネスコ脱退でいいじゃないですか。
国連脱退は、もう少し忍耐が必要だが、ユネスコなんてやめちゃっていいと思う。

しかし、安倍政権が幸福実現党の「ユネスコに抗議する署名」19万筆を、まじめに受け止めてなかったのも問題だがな。

あと、国内の正義、これもいろいろあるね。
辺野古移設問題、マイナンバー、消費増税、原発再稼働の遅れ、福島避難住民への対応、憲法問題
などなど。

段々と、今の政権と幸福実現党の政策の違いも見えつつある。
今後、このままで行くのと、幸福実現党が主張する政策でいくのとでは、どこがどう違ってくるのか? それを明確にしていきたいと思う。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

カナダ・トロント「慰安婦像」除幕式 ----> ホント、反論が必要です。 [The FACT]

おー、井寺さんが、いつの間にトロント支部長になっている。
是非、反撃、頑張っていただきたい。

本当に、日本に対する嘘、偽りは止めていかねばなりません。



もうこうした嘘による世界への洗脳は、まっこと正義に反する箏です。
こうした不正義、虚偽により世界の人々を騙していく事は、地獄に通じるものです。
これは仏法真理の目から見て、明らかに罪なのです。

本当に、仏神を信じる人であれば、人を騙して自分たちを偉く見せる、正当化する、こうした事はできません。
韓国は、魂を悪魔に売ったのです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

病気カルマ・リーディング [仏法真理(病気回復)]


病気カルマ・リーディング (OR books)

病気カルマ・リーディング (OR books)

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2015/11/17
  • メディア: 単行本



難病解明編

私たちの「心」と「病気」には、どんな関係があるのか。

【胃ガン】【心と体の性の不一致】【謎の視力低下】【血液のガン】
その病気や障害の原因には、本人も気づいていない「心のクセ」や「過去世の体験」が隠されていた。

スピリチュアルな視点から解明する心と病気のメカニズム。
素直な心で、自分の運命を抱きしめることからはじめよう。

まえがき
CHAPTER 1 「性同一性障害」に悩む女性のカルマ・リーディング
CHAPTER 2 ガンで「余命三カ月」の男性の病気リーディング
CHAPTER 3 目の難病に罹った男性の病気リーディング
CHAPTER 4 「余命九カ月」と宣告された男性の病気リーディング 
あとがき

---------------------------
本当に、総裁がリーディングしたら、難病も難病ではなくなりますね。
絶対に治らないといわれるような難病も、「実はこうだった」と、原因が、あっという間にわかってしまう。
そして、それを回復するための方法も意外なところにある。

自分も、本当に参考になる内容だし、今現在、難病になっている方も、是非一度、目を通していただきたい。
まあ、全く同じパターンというものはないから、それからはこの本とか、別の病気回復系の仏法真理の本を読んで、研究していただきたい。

はっきり言って、現代医学では、この手の難病は、ほとんど回復薬なども無ければ、回復方法を知っている医者も、皆無と言ってよいだろう。
ただ、確率論で難病になるわけでもないし、原因が全く無くて難病になる事もない。

是非是非、読んでいただきたい。
特に、宗教とか仏法真理に全く縁が無かった人こそ、これを機に、まずは読んでいただきたい。
医者に言って、「難病です。治療方法はまだ見つかっていません。」と言われて、落ち込んで暗くなっている人こそ、読んでくださいな。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

HSU祭 [幸福の科学大学]

ちょっとHSUの状況が感覚的に知りたくて、日曜日、はるばる長生村まで車をすっとばして行ってみた。
まだ開学から半年程度なので、研究成果というよりかは、学校の雰囲気を感じたかったのだ。
もう日曜の午後なので、時間が無い!

IMG_1179.jpg

お昼に出て、着いたのはもう2時半くらい。
ゴールデンイベントは、ほとんど終わっていた。
いちおう、受付のパンフレットをもらって、内部をちらちらと覗いて見た。

うーむ、未来産業学部生は、テスラ・コイルとかを使ってプラズマを研究したりもしてるねえ。
自分もHSU生だったら実験したいねえ。
植物の生育の研究なども、やっていたね。
ま、最初から大きな獲物は難しいので、コツコツと積み重ねていってもらいたいな。
5年、10年と、段々と蓄積されていくだろうと思う。

IMG_1182.jpg

その後、釈さんとHSU生との対談があるというので、段差のある講義室へ。
何だか最近、釈さんをよく見るな、といった感じです。
まあ、釈さんとHSU生徒の対談で、なんとなく今のHSU生の感覚は、多少、わかるかな。
自分も、大学時代は学部の一期生だったので、先輩とかいう存在もいないし、学部の方向性も、今一つはっきりしなかったように思う。
未来がよくわからん不安みたいなものも、あるかもしれないけれど、それを打ち消す積極性を持った方がいいかもしれんね。
今だから言える事だけどさ。

まあ、その後、トクマのライブとかもあったのかな?
しかし、もうオヤジの居場所が無いと感じたので、学内のコンビニでパンと飲み物を買って、そそくさとHSUを後にした。
帰りは、高速代、有料道路代を浮かすため、全部、”下”。
途中、海浜幕張の映画館で「UFO学園の秘密」を見ていたカミさんを乗せて帰った。

IMG_1191.jpg
IMG_1198.jpg

いずれにせよHSUとHSU生には期待している。
が、おそらく期待されちゃうとプレッシャーを感じる人も多いだろうから、ま、重く感じ過ぎない事も大事かと。
タグ:HSU
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

日本のものづくりはMRJでよみがえる! ② [★科学]


日本のものづくりはMRJでよみがえる! ロマンに終わらない、世界に飛躍する日本の技術 (SB新書)








前一度読んだのだが、内容を忘れてしまったので、MRJ初飛行という事もあり、もう一度読んでみた。
(※mat's page 8月参照)
読んで考えた結果、日本の技術力を活かすには、やはり最低、航空機だろう、という事かな。

自動車メーカーには申し訳ないが、もはや、日本の技術力は、自動車を相手にしているのでは、ちょっとレベルが低過ぎるのではないか?
まあ、自動車分野で今後出て来る技術と言えば、自動運転とか、電気自動車、水素自動車とかだろうか。
ただこれはもう見えている未来だと思うのだ。
今後、日本の自動車メーカーが、その時、その時において、それなりに高性能のものを、比較的安価で出して来るのは十分想像できる。

ま、もうホンダは航空機に手を出しているけれど、やはり、次なる技術としては、日本のメーカーは、航空機と宇宙進出を視野に入れてやっていくべきだろう。
まあ、ドローンで空撮程度も、悪くはないが、仮想飛行と人間が実際空を飛ぶのとでは、本気さが違いすぎる。

本にも書いてあるが、航空機の産業波及効果は約12兆円だが、技術波及効果は約103兆円という。
要するに、航空機の製造、運用で生まれる技術は、自動車にも応用が利くし、リニアや各種制御技術にも数多く活かされるという事であるのだ。
同じ、時間とお金をかけるなら、全体が発展・繁栄する方向に、より多くシフトした方がよいだろう。

また、日本の得意分野でもある素材分野との相性もいいよね。
炭素繊維など、日本の技術が世界のトップレベルにあるものとのコラボも、とてもし易い。

ちょっと不得意かもしれない、ジェットエンジンと、アビオニクス方面も、多少、技術を傾斜する事により、完全に世界のトップクラスに届くと思われる。

やはりね、航空機は安全性が非常に問われる分野でもあるので、これは日本技術の本領発揮じゃないかね。
それは必ず人類が宇宙へ気軽に出ていくための推進技術ともなる。
原発等の安全分野にも連携する。

航空・宇宙分野とロボット技術、これらをもっと進めるべきである。
ロボットは、こないだ、お台場で見たけれど、ガンダム型戦闘兵器を完成させるべきでしょう。
これは、実践を考慮してというよりかは、中国、韓国などへの威圧効果として使いたい。
ある程度、はったりにははったりでといったところもあるが・・・。
(そのためには、結構、見た目・デザイン・配色も大事!!!)
たぶん、反日の中国、韓国も、ガンダム型兵器を日本が実用化したら、反日を通り越して、日本への尊崇になるのではないかと思うのだ。
あちらは、一般市民でも、軍事にはうるさいからね。

「ここまで日本の技術力はやるか!」
「キタ――(゚∀゚)――!!」
と、思わせるところまで行ければ、中国、韓国の反日は、自国への反省に向かうはずです。

そう、
ソ連がレーガンのSDI に追いつけないで崩壊したように、中国も、日本製のガンダム型ロボット兵器に、特に創造性の分野で追いつけないと悟り、内部から自由化要求が爆発すると思うのだ。
もちろん、連動して、幸福の科学の仏法真理が、中国人民の間に浸透していく必要もあるが。

という事で、日本は技術の高みと、新しき仏法真理で勝負する事ですな。
DSC_0830.jpg

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

科学が見つけた神の足跡 [★科学]


科学が見つけた神の足跡

科学が見つけた神の足跡

  • 作者: 佐鳥 新
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2015/10/07
  • メディア: 単行本



先端科学が解き明かす宇宙の姿

宇宙を解明すればするほど、大きな“設計図”が見えてくる。
宇宙開発の第一線で活躍する科学者が、新しい科学を語る。

第1章 新しい科学の胎動
第2章 「宗教」と「科学」
第3章 宇宙の始まりの謎
第4章 「生命エネルギー」の科学的証明を目指して
第5章 広大な宇宙と現代科学の限界
第6章 超小型衛星から始まる新しい宇宙開発
第7章 「神の足跡」を見つける「ハイパースペクトルカメラ」
第8章 ワープ航法の可能性
第9章 「大宇宙」の構造を考える

ーーーーーーーーーーーーーーーー
これからの科学者は、神秘に対する憧れとか夢が必要だろう。
神や、あの世の世界や、UFOや宇宙人、そうしたものに、真正面から「どすこい!」と、ぶつかっていく気概も必要になろう。
実験で証明されたものだけが真実ではない。
今の地球で、実験で証明されたものなど、真実の世界のほんの一部でしかない。

例えば、毎日当たり前の事になっている「睡眠」について、我々はどれだけ、それを分析できているだろうか?
明らかに肉体を休めているだけではないよね。
実際は、肉体の中に宿っている魂、心、霊といった部分も、睡眠中に霊的エネルギーを補充していると考えられるのだが、証明できないからそうではない、と言い切る事はできないよね。
事実は事実としてあり、それは証明できる・できないといった話で変わる事ではない。

今回、大川隆法総裁の仏法真理により、人類は、かなりいろいろな事が見えて来たのではないかと思う。

①人間は、あの世とこの世を転生輪廻している。
②反省により、心を浄化したり、与える愛により、より仏神に自らを近づける事ができる。
(悟りの方法)
③あの世は、心の状態に応じて、階層構造になっている。
④波長同通の法則がある。
⑤宇宙人は異次元を航行して地球に来ている。
⑥地球は、いろいろな魂の学習する場所として創られた。
などなど。

こうした事を、発想の原点として、未来科学を切り開いていけばよいのだ。
特に、ワープ航法など、地球に来ている宇宙人であれば、当たり前の事としてやっているわけだから、こんなのは、もう、科学技術の初歩っちゃー初歩だよな。

ただ、「UFOなど、すべて作り物だ!」
とか
「宇宙人なんているわけないだべ」
なんて思っている人にとっては、恒星間航行など、夢のまた夢であり、何万年経っても、地球の表面に、へばり付いているしかないだろうな。

も、ホント、地球の科学者は神仏の創られた世界を、もっとちゃんと解明してもらいたい。
誰がやっても同じ結果が出るものが科学的であるなんて、そんな事あるかい。
霊視ができる人は霊が見えるが、できない人には霊は見えない。
全員が霊視ができない限り、霊はない、と言えるのか???

も、科学の前提から変革していかないとアカンですな。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

1st MRJ Flight [その他]



非常に滑らかな離陸と着陸だよね。
機体も、とてもかっこいい。
やはり、航空機は日本の技術力が大きく発揮できる分野だ。
沢山売れる事を期待したい。

タグ:MRJ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

知られざる天才 ニコラ・テスラ: エジソンが恐れた発明 [★科学]


知られざる天才 ニコラ・テスラ: エジソンが恐れた発明家 (平凡社新書)

知られざる天才 ニコラ・テスラ: エジソンが恐れた発明家 (平凡社新書)

  • 作者: 新戸 雅章
  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • 発売日: 2015/02/16
  • メディア: 新書



序章 テスラ・ルネサンス
第1章 天才と直観
第2章 交流システム
第3章 決定的な勝利
第4章 新たな挑戦
第5章 無線革命
第6章 世界システム
第7章 ニューヨークの秋
第8章 終わりなき奮闘
第9章 死とテスラ伝説
第10章 テスラと日本
第11章 テスラとは何者か
第12章 二一世紀のテスラ

--------------------
どうも最近、頭に少し理科系が入って来た感じがしなくもない。
ロボット研究について考えたり、「UFO学園の秘密」を見たりしていた事もあろう。
はっきり言って、現代科学はまだどれも発展途上で、何を学んでも中途半端な気もしないでもないが、電気とか電磁波とか何かそこいら辺に、未来科学の飛躍のヒントがあるような気がする。

ま、テスラなんかは、そんな気がした人の一人なのだろうか。
エジソンのライバルと言えばライバルだろうけど、比較的最近のエジソンの霊言などではテスラの事を、破壊専門とか言っていたよな。

この本では、テスラの秘密の部分については書かれていないですね。
テスラ・コイルを使ったフィラデルフィア実験とかはテスラは反対したみたいですが。

おそらく今はアメリカ軍は、この実験なども参考にして、結局、UFOを造ってしまったのだと思うがね。三角形のやつだけど。
映像とかも出てるけど、光につつまれて三角形のUFOも消えてしまうよね。
そりゃ、宇宙人も協力してるという事になると、UFOとかプラズマ兵器くらいは造れるでしょう。

もう日本は、不思議科学について、超遅れているので、何としても取り戻さねばなりません。
ただ、最終的には人々を幸福にする科学でなければいけないよな。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

夜のお台場 [その他]

DSC_0817.jpg

アカデミー賞長編アニメ部門審査対象に日本から「UFO学園の秘密」他3作品

16 ANIMATED FEATURES SUBMITTED FOR 2015 OSCAR[レジスタードトレードマーク] RACE

DSC_0836.jpg

↑☆★↑☆★↑☆★↑☆★↑☆★↑☆★↑☆★
3.放課後
7. 芽生える真理~チーム・フューチャー誕生
16. LOST LOVE ―もう 愛が見えない―
19.ベガ星へ
27. 光の神とつながれ
などがいいと思う。
→試聴

DSC_0828.jpg
DSC_0831.jpg
DSC_0811.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

日蓮の新霊言 [仏法真理(霊言-日本史、日本神道、陰陽師)]


日蓮の新霊言 (OR books)

日蓮の新霊言 (OR books)

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2015/10/07
  • メディア: 単行本



「信仰の情熱」と「日本の新しい未来」を語る

日蓮、現代に復活!

政治の混迷、大水害と火山噴火、
そして、中国の軍拡の脅威――
内憂外患の現代日本に贈る、
不惜身命のメッセージ!

▽「法華経」に見た仏陀の真の姿とは?
▽戦後日本における「新世界宗教構想」とは?
▽幸福の科学を草創期から指導してきた理由
▽日本政治に対する考えと未来ビジョン
目次
まえがき
1 幸福の科学の草創期の指導霊・日蓮聖人を招霊する
2 幸福の科学三十年の歩みを振り返る
3 終戦直後から「日本発世界宗教」は計画されていた
4 自民党を吸収し、日本を宗教国家へ
5 法華経が示す「世界宗教・仏教」の壮大さ
6 日蓮が明かす「日本神道との深い関係」
7 日蓮と幸福の科学との「共通項」とは
8 「大川隆法は事実上、日本の神となっている」
9 日蓮が語る「大川隆法の真なる姿」
10 日蓮、現代に復活す
11 「日蓮の新霊言」を終えて
あとがき

-------------------
「日蓮の霊言」が出てから、もう随分時間が経過した。
30年か・・・。
まあしかし、30年経過しても仏法真理にブレは無い。

日蓮聖人の霊言―今、一切の宗派を超えて

日蓮聖人の霊言―今、一切の宗派を超えて

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 潮文社
  • 発売日: 1985/07
  • メディア: 単行本



人間は永遠の生命を持って、この世とあの世を、数限りなく転生輪廻しているのは事実。
天国、地獄があの世にあるのも事実。
人間の魂が、本来、根源の神(仏)から分かれて来た、光の存在である事も事実。
「愛・知・反省・発展」の教えを実践する事により、本来の心を取り戻し、根源の神(仏)に戻っていく事こそ、悟りに至る道である事も事実だろう。
そして、信仰とは、その元なる根源の神(仏)とのパイプを強くし、強固なものとする。

残念ながら、真なる仏法真理が説かれて30年経っても、この国では、まだそうした事が常識になっているわけではない。
未だに、「死んだら終わりだから、墓とかいらないんじゃない」
と言うような人も、数多い。

ただ、真実と真実ではないものの、どちらが強いかと言われれば、それは確実に真実の方が強い。
30年も経つと、いろいろな物事が生じては消えていく。
真実も虚偽も、世間を騒がすだろうし、善も悪も、いろいろ目にするだろう。
秋になり冬になり、
「あれ、太陽の光も弱くなり、葉っぱもほとんど枯れてしまった。もう我々は滅びていくのだろうか?」
なんて事も思うかもしれない。
しかし人々は知る事になろう。
秋も冬も、地下で、次なる時代のエネルギーが溜められていたという事を。

真実は負けない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

大川隆法の「鎌倉でのUFO招来体験」 [仏法真理(宇宙の法)]


大川隆法の「鎌倉でのUFO招来体験」

大川隆法の「鎌倉でのUFO招来体験」

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2015/11/06
  • メディア: 単行本



日蓮を救けた「毬」のような「光りもの」の正体は?

映画「UFO学園の秘密」
全国大ヒット上映中の2015年10月22日
旅行先の鎌倉で呼び出したUFOの驚くべき正体とは!?
そのリアルな神秘体験の真相を、タイムスリップ・リーディングで謎解き!

あの時、日蓮の処刑を止めたのは神仏か? それとも宇宙人か?
「竜の口の法難」のUFO伝説、その真相を徹底解明!
またひとつ、歴史の秘密が明らかに。

まえがき
1 日蓮の「竜の口の法難」を偲び鎌倉を訪れる
2 江の島上空に二度にわたり現れたUFO
3 幸福の科学に頻発するUFO目撃体験
4 日蓮を救けた「毬のような光りもの」を霊査する
5 「日蓮を護った宇宙人」の正体とは
6 鎌倉に現れた四機のUFOを再検証する
7 日蓮の「宇宙的なルーツ」を探る
8 映画「UFO学園の秘密」で、日本を啓蒙していきたい
あとがき
--------------------

この本の内容については、読んでのお楽しみですね。
ただ、一つだけ言うとするなら、
それなりの人であれば、UFOは呼べば出て来るという事ですか・・・。
しかも、テレパシーで。

ところで、大部分の映画館は今週で『UFO学園の秘密』は、終了だと思います。
見ていない人は、チャンスはもうあと少ししかありません。
はっきり言って、『UFO学園の秘密』は、単なるアニメではありません。
The Lows of The Universe Part 0
と言ってるくらいなので、宇宙の法の秘密が描かれている映画なのです。

自分なりにポイントをあげるとするならば、
・宇宙人によるアブダクションは、意外に頻繁に起きている。
 (記憶を消されているため、退行催眠等しないと、なかなかわからない)
 (かなりチップを埋め込まれている)
・良い宇宙人と悪い宇宙人の両方が存在する。
・人間と同じ姿の宇宙人もいるが、全く違う姿の宇宙人もいる。
になるかな。
多少、前にも書いたかもしれないが・・・。

ま、本当は、もっとポイントあるのだけれど、全部書と映画のネタバレになるので、これ以上は、今は書きません。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海 [ビデオ、DVD]


宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海 [DVD]

宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海 [DVD]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: DVD



自分は、これ、テレビシリーズでは、ほとんど見ていません。
まあ、映画用に短くアレンジしたようですが、自分的は、けっこうこの映画版、感動したね。
土曜日に一度全部見て、日曜も一部早送りでだいたい見た。
普通、一度見て、すぐ2回目見たいと思わんでしょ。
(『UFO学園の秘密』を除く)

もう、ガキの頃から最初の宇宙戦艦ヤマトは、何回見たかわからんよね。
この2199は、当時に比べてアニメーション技術は雲泥の差で、良くなっている。
キャラクターも全体的にいいと思う。

古代進は、なんだか『神秘の法』の、獅子丸翔に似ていて最初の宇宙戦艦ヤマトよりかは、大人って感じかな。オリジナルの漫画と違うと言えば違うかもしれんが。

うーむ、宗教的人間として、あえて宇宙戦艦ヤマトに、ちゃちゃを入れるとするならば、
やっぱ、ワープ航法を行うためには、あの世の4次元以降の霊的世界をある程度理解していないといけないと思うのだよね。
人間が霊的存在であって、死して後、あの世の次元に移行するけど、結局、ワープするにはそちらの次元を通らないと駄目だと思うのだがな。
当然、敵のガミラス側も、霊的世界を解明しているが故のワープ航法かと。

まあそれと、ガミラスが地球を攻撃したのは何故なのかね?
『UFO学園の秘密』のレプタリアンみたいに、「自分たちが一番強い」と、思いたかったのだろうかね?

それとそれと、2199では、どうも波動砲は、本来使ってはいけなかった?
ただ、宇宙船一隻で全ガミラス相手に、特別な武器も無しに敵中突破をするのは、そりゃ自殺行為でしょう。
ヤマトは、波動エンジンと波動砲、それに連動したシールドがあったからこそ、戦って、イスカンダルまで行けたわけでしょ。

もう、超細かい事を言えば、
地球があそこまでになってしまって、救世主が出て来ない事は基本、無いだろうし、ベガやプレアデス、ケンタウルスα等、惑星連合が黙って見ている事も、あり得ないと思う。

ま、いろいろ批判しているようにも見えるかもしれませんが、
それでも、自分の中では、『宇宙戦艦ヤマト』は、傑作アニメの一つと言えるのだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

人間は自分が考えているような人間になる [★成功哲学]


人間は自分が考えているような人間になる

人間は自分が考えているような人間になる

  • 出版社/メーカー: きこ書房
  • 発売日: 2015/06/25
  • メディア: Kindle版



アール・ナイチンゲール(著)田中孝顕(訳)

Ⅰ 生き方を創る”究極の心理”
Ⅱ 富を増やすための思考法
Ⅲ あなたは使命型か展開型か
Ⅳ あなたの偉大さを認識しよう
Ⅴ どうやって人の役に立つのか
Ⅵ ”心構え”が成功・失敗を決定する
Ⅶ ”粘り強さ”が成功を生む
Ⅷ 人生は一大事業である
Ⅸ 積極的に生きる知恵
Ⅹ 独創的な思考が新しい願望や目標を作る

----------------------
Amazonのプライム会員で、かつKindleを持っていると、毎月、一冊、無料で何か読める事になっている。
かと言って、何でも読めるわけではなく、プライム会員用に指定された本のうちから選ばなくてはならない。
そして、読み替えるたびに、前回のものは消去される。
はっきり言って、選べる本は、二束三文の本ばかりであるが、たまに、こういった良書的なものもある。

まあ、ナポレオン・ヒルさんの流れにある人ですね。
やはり、アメリカがここ100年くらい力を持っていたのは、こうした積極思考の伝道師が、1人、2人ではなく、何人も重ねて出ているところが大きいと思うよね。

やはり、思想も生き物ですから、数とエネルギー量と接触面積を増やすに越した事はないよな。
ハロウィーンで外見をデザインするのも、たまにはいいかもしれないが、やはり大事なのは心のデザインだろう。
「成功」等も、最終的には目に見える形の成功というよりかは、目に見えない部分での成功に、本物の成功はある。
目に見える形の成功は、「おまけ」であり、「残り物」の部分ではある。
と、考えてやっていった方がいいよね。

ただ、チャレンジする事は大事だ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: