So-net無料ブログ作成
検索選択

神は死んだのか (GOD'S NOT DEAD) / スター・トレック [ビデオ、DVD]


神は死んだのか [DVD]

神は死んだのか [DVD]

  • 出版社/メーカー: アメイジングD.C.
  • メディア: DVD



カミさんが借りた、無神論の教授と神を信じるクリスチャンの生徒との大学でのディベートを中心とした物語です。
大川総裁も、どこかでこの映画の話をしたけれど、ちとどこかは忘れました。

まあもちろん、神はいる方の立場に立った映画です。
しかし、「神は死んだ」と書いて署名しないと単位をくれない教授など言語道断ですな。
こうした件は、アメリカでは憲法裁判になるのかもしれないので、ディベートをさせてくれた教授は、多少、良心が残っていたのかもね。
最後がどうなるかはネタバレになるので書きません。

うーむ、無神論か。
ただ、アメリカとかだと基本的に神を信じるとはイエスを信じる事とイコールなのだろう。
イスラム教や仏教は同列では論じさせてくれないところはあろう。
ましてや日本神道は。

たぶん、無神論者の主張の一つに宗教間の対立があると思う。
ただそれは、宇宙をも創造した神と、地球の神近き高級霊を同一視しているところが問題だ。悟りに至る方法論の違いで、強硬に対立すべき問題ではない。
と言っても、神を信じる立場では、「ではどの宗教? どの宗派?」と、選択しなければいけないところは難しいものもあるのだろうとは思う。

話は飛んでしまうが、ここに宇宙人の存在が出て来ると、けっこう話はシンプルになってくると同時に、複雑にもなってくる。
地球の宗教間の対立は、より大きな世界観を人類が持つことで、発展的解消に向かう という事がシンプルになる理由で、
地球以外の星では、それぞれ価値観が異なるところもある
というのが複雑になる要因です。

まあここいらの問題は、アンドロイドの人権問題と共に、未来社会の課題だよね。
人類が必ずぶち当たる問題だ。
こうした課題を切り抜けて、人類は宇宙へ出ていくのだろう。

スター・トレック ディレクターズ・エディション 特別完全版 [DVD]

スター・トレック ディレクターズ・エディション 特別完全版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: DVD



このDVDも一緒に借りた。
これは自分が見てみたかったから。
うーむ、けっこう古い作品だけど、この映画のストーリーはちと話が飛躍し過ぎているような気がするな。
なんかちょっと「えー、嘘だろ!」といった感じです。
ただまあ、人体転送装置、ワープ航法、ワームホール等、宇宙へ出ていくための必須アイテム、技術、知識ですね。
ブラックホールや反物質とかも、相当研究が必要になる。

心の進化と科学の進化の両面が必要な事を暗示する、たまたま借りた2つのDVDでした。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

飯の種の開拓 [その他]

自分は、政治と宗教に対する関心は高いのだが、と言ってもそれは本業ではない。
ちょっとここ数年、本業の力が弱まっていたかもしれん。

ま、本業に近いものとして、10月には高度情報処理のITストラテジストを受けるつもりなので、多少は勉強している。
ただホント、自分もいい加減なところがあって、去年一度受けて落ちたITストラテジストの試験の答え合わせ(午前問題)を、ほぼ一年経過して、こないだの連休中、やっとやった。
で、採点の結果、なんと既に午前の足切りで落ちてたわ。
午前で60%とれないと午後の論文試験の点数とか関係なく落ちるのだよね。

いやー、去年の復讐をしてよかった。
午前で落ちてしまっていたら、ITストラテジストの論文のネタを固めるとか、無駄な勉強になってしまうからね。
総裁の『不動心』にも書いてあるけれど、基礎の部分がぐらついていたら、まあ、氷山のようにはいかなくて、転覆したり浮き上がったり、漂う人生でしかない。
そうゆうことで、対策としてはスマホに午前の問題の過去問アプリを入れた。
まずこれちゃんとやらんとなあ、と思っている事が一点。

-------

それと、具体的な飯の種で、いろいろ考えているけれど、「うーむ、ロボットかなあ」と思うところはある。
この年齢で、航空産業、宇宙産業と言っても、もう厳しい部分も少なからずある。
幸福実現党の最新の幸福実現NEWSは、「宇宙産業で新たな富の創出を!」てなやつだけど、一サラリーマンがすぐにそちらに関係するのは難しい。
ドローンによるビジネスなどは可能性はあるがな。

という事で、多少可能性を考えてみて、ロボット方面に進出できないものか、昨今考えてはいる。
福沢諭吉先生なども、未来産業はロボットとか霊言で言われていたっけな。

何をしたらよいかよくわからんが、手始めに、放置してあった昔のパソコンにLinuxを入れるところから始めるか。
という事で、2台のパソコンを1セットのマウスとキーボードとモニタで操作するために下記のパソコン切替器とスイッチングハブを買って、早速使えるようにはした。

ieGeek 2ポートUSB2.0 KVM VGAスイッチボックス切替機 パソコン切替器

ieGeek 2ポートUSB2.0 KVM VGAスイッチボックス切替機 パソコン切替器

  • 出版社/メーカー: ieGeek
  • メディア: エレクトロニクス



Logitec スイッチングハブ 超小型 電源外付 5ポート ブラック LAN-SW05PSBE

Logitec スイッチングハブ 超小型 電源外付 5ポート ブラック LAN-SW05PSBE

  • 出版社/メーカー: ロジテック
  • メディア: Personal Computers


Amazonのプライム会員になっているので、夜中に注文して、翌日の夕方には届くので便利だ。

まあ、パソコンにLinux入れてどうなるわけでもないが、制御ソフトの管理くらいには使えるだろう。
実際、ロボットはハードとソフトとの連携で作るので、実際に動かすとなると、下記みたいなものも必要になる。
これだと全然、入門レベルだが、とっかかりにはなると思う。




プラネタリウム [宇宙]

連休は、大して出かけなかった。
まあ、車で20分くらいの久喜のプラネタリウムにカミさんと行ったくらいかなあ。
普段、星空を見たくても、あまり見えんし、なかなか機会もないしな。
久喜市役所の真ん前ですね。

hs-2015-12-a-web.jpg

やはりねえ、
星空を見て神秘を感じるのは、人間の心が、この宇宙をも創造した存在とつながっているからだと思うよね。
大人300円と、値段もべらぼうに安いので、是非、多くの人に足を運んでいただきたいね。

→久喜プラネタリウム


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

本当に暴走中の翁長沖縄県知事 [★政治]

いやー、翁長沖縄県知事が暴走してる。
まあ、琉球新報と沖縄タイムスと一緒になってやってるよ。

しかしどう考えてみても、一県知事の仕事ではないですね。
国連に人権侵害で訴え行くのはやりすぎです。
国防に関しては、沖縄一県の意思で左右されてよいはずがありません。
日本全体の防衛政策を危機に追い込むのは、それこそ日本人全体に対する人権無視と言わざるを得ない。
中国が海軍を増強し、ベトナム、フィリピン、台湾、沖縄近海まで進出し、更にそれを推し進めようとしている今、沖縄県知事が行っている事は、本当に日本全体を危機に追い込む行為です。

こないだの中国の軍事パレードでも、わざわざミサイル本体にDF-21 とか名称を書いていたと思うけど、アメリカの空母を攻撃するミサイルです。
日高さんの本では、アメリカが性能的に大した事は無いと調査結果出したみたいな感じで書いてあるが、まあ、中国としては「対空母ミサイルがあるよ」と、主張した感じではある。

こうした状況で、沖縄から日米同盟を揺さぶる行為を行っているわけですから、はっきり言えば、翁長沖縄県知事も、琉球新報と沖縄タイムスと共に、中国共産党の工作員と思われるのは当然でしょう。

当たり前の事ですが、日本全体を危機に陥れるような言動の数々は、もはや犯罪と言ってもよいと思う。
ドローンを官邸上空に飛ばす事に問題があるなら、翁長沖縄県知事、琉球新報、沖縄タイムスの行っている事は、それよりか遥かに重罪でしょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

安保関連法に対する天の意思 [★政治]

総裁も語られていましたが、安保関連法の成立以前の天候と、成立以降の天候、これが日本を導いている神々の意思の表れという事ですな。
まあ、「戦争法案」ではないですよ。
「戦争を避けるための法案」です。
日本が軍事的、防衛戦略的に集団的自衛権を持っていなかったら、中国、北朝鮮も非常に攻撃・侵略し易いですよ。
それは当然じゃないですか。



どうやって単独で、下記に対処していくのか?
それは無謀というものでしょう。



まあホント、今の中国は虚飾の国家だよね。
よくもここまで自分の国を持ち上げて、他国を侮蔑できるよね。
一般の中国人は良い人々もたくさんいることは十分わかっているのだが、政治が独裁政権で国民を洗脳しまくっているからなかなか本当の幸福を得る事が難しくなってしまっている。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

もう安保闘争の時代は終わったのだ。 [★政治]



いやー、また野党がやってくれるね。
国会はルールに基づいて運営されるべきだからして、潔く負けを認めたらどうか?
それとも暴力で対抗するのか?

何かねえ、60年代、70年代の安保闘争の反省が働いていないのだよね。
結局、日米安全保障条約を締結した事は、戦後の日本の平和にプラスに働いたわけだから、60年代、70年代の安保闘争は間違っていたと考えるのが正しい判断だろう。
そこんとこが反省ができていないのだよね。

やはり人間、間違っていた事をやっていたり、思っていたりしたら、いつかは反省しなくては絶対に成仏する事は無い。100年、500年、1000年経過しようが反省しないとマイナスをプラスに変えられないのだ。
ま、その時は、もう人間とは言えず、悪魔になっているかもしれんがな。
そうなる前に、反省すれば新たな人生、魂生が歩める。

まあ、普通の人間であれば、ある程度の過ちは仕方があるまい。
要は、間違っていたら、早めに反省して正しい道に戻る事だよ。

それしかあるまいて。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

AIの衝撃 人工知能は人類の敵か [本(コンピューターシステム)]


AIの衝撃 人工知能は人類の敵か (講談社現代新書)

AIの衝撃 人工知能は人類の敵か (講談社現代新書)

  • 作者: 小林 雅一
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/03/19
  • メディア: 新書



第1章 最新AIの驚異的実力と人類滅亡の危惧
――機械学習の光と陰
第2章 脳科学とコンピュータの融合から何が生まれるのか
――AIの技術と歴史
第3章 日本の全産業がグーグルに支配される日
――2045年「日本衰退」の危機
第4章 人間の存在価値が問われる時代
――将棋電王戦と「インダストリー4.0」

-------------------
自分は、人口知能(Artificial Intelligence; AI)というのは基本、今のところあり得ないと思っている。
やはり、魂が宿っている存在と、宿っていない存在は、随分違うと思うのだ。
魂が宿っていないものに知能という言葉を与える事が適切な事なのか?
今後、この分野は、大いに発展すべき分野ではあるだろうが、やっぱりロボットは機械にしか過ぎんよ。
人間の道具として、どこまで使いこなすかだろう。

もちろん、ロボットの自己学習能力は、この機能が無ければ、すべてのパターンを当初より組み込まなくてはいけなくなるので、それはちょっとあまりにも非効率なので、その分、どう学習するかという事は、少し問題にならないわけでもなかろう。

ロボットのチャッピーみたいに、泥棒に教育されるのでは確かによくない。
そこいら辺も、造る人間側の魂の進化具合によって、良くも悪くもなろう。
あくまでも、人間がマトモでないとね。

はっきし言って、ロボットが意思を持つなどという事は、基本的には無い。
魂が無いと意思がスパークする事は無いのだ。
そこいら辺、まだまだ霊界科学が遅れ過ぎている。
機械いじりとコンピューターだけでは、人間は肉体という乗り物に、魂が宿っているという事に、なかなか気がつかないのだろう。
よーく、仏法真理も研究しないと宇宙人からも馬鹿にされてしまうよ。

ただ、ロボットからもうちょっと進化して、アンドロイドレベルになると、魂の組込みという事も、考慮に入って来ると思う。
宇宙人も、魂の入ったグレイと魂の入っていないグレイの両方を使いわけているらしいがな。
人類も、段々と分かって来ると思う。
ただ、魂の組込みも、最初は、動物霊レベルかもしれんが、それが段々と、改良に改良を重ねて、ヒトの魂というところになると、更にいろいろと問題は出て来るだろうね。
これは、霊言等でも数百年先の問題として予言されているものだ。

ま、今のレベルであれば、どう発展させたところで、それ程大きな問題にはならんと思うので、どんどんロボットのレベルを上げるしかない。
「意思を持つのではないか?」とか、馬鹿な心配をする必要は無い。

次の時代の、飯の種として、高性能ロボットを作っていこう!

タグ:AI
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

シールズとか共産党とか、イイ者ぶるのはいい加減にしろや! [★政治]

まあ、安保法案に反対という事で、国会前を取り囲んだりしている姿を見ると、「これは60年代、70年代の安保闘争と似ているなあ」と、思わざるを得ない。
与党に罵声を浴びせたり、温和さが無いのも、はっきり言って、これは、共産党、社会党のやり方そっくりじゃないかねえ。
「戦争反対!」と言って、やっているのと裏腹に、その心は戦闘意欲に満ち満ちているように見える。

シールズかなんか知らんけど、本当に政治の事や、軍事、外交、国際情勢等、ちゃんと知っていてやっているのだろうか?
おそらく、安保闘争で、やり足りなかった世代が、後継者を育成というか、洗脳しているのだと思うがな。

そもそも、日本人で戦争を始めたい政治家がいるとしたら、どちらかというと左翼政党の方だと思いますがね。
戦争というか、日本を中国共産党配下に置きたいと思っているのが、今、安保法案に強硬反対している共産党、社民党、民主党の一部? だと思います。

まあ、ギリシャの時代から、自分の国を守るためには、力の弱い国は、他国と同盟を結ぶのが鉄則みたいなものではないか。
アテネにしても、スパルタにしても、単独で、ペルシア帝国とぶつかって勝つのは難しい。
いくら、アテネが、「こちらは戦争しませんよー」と言っていたところで、「馬鹿じゃないのか?」と言って、ペルシアの帝国軍は攻めて来る。
単独では守り切れないならば、他国と軍事同盟を結んだ方が、ペルシアの帝国軍としては攻め難い。
その分、戦争の可能性も、万が一、戦争になっても負ける可能性は低下するでしょう。

なんで、こんな単純な事が、日本の大学生の一部にはわからんのか?
「憲法9条が戦争から守る」
そうした馬鹿な、洗脳から覚めないとな。

中国とか、今は核ミサイルを持っているから、本当に、日米同盟が無ければ、とっくに日本に対して軍事行動を起こしておかしくはないのだよ。
実際、チベット、ウイグル、内モンゴルには侵略して取ってしまっているからね。

竹島だって、戦後、日本に軍事力が全く無い時代に占領して取られているからね。
平和憲法があったところで、日本の周りの国が日本を攻める事は、いくらでも可能性はあるのです。
自衛隊と日米同盟があるから、もう韓国も竹島以上、占領できませんが、それが無かったなら、対馬なども取られているでしょうね。

まあ、日本の政治の野党は、ちょっと考え方が子供以下だよね。
国防等、大事なところは超党派でやれないのは、ホント、駄々っ子の政治としか見えない。
「安保法案に乗じて、いいものぶるのは止めろ!」
と言いたいですな。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ザ・リバティ 2015年 10 月号 [The Liverty]


ザ・リバティ 2015年 10 月号 [雑誌]

ザ・リバティ 2015年 10 月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2015/08/29
  • メディア: 雑誌



【特集】宇宙人との遭遇/相次ぐ天変地異の背景にあるもの
オピニオン
   ユネスコ記憶遺産 ユネスコ関係者が証言「政治性の強い申請は却下すべき」
   政治 「安倍談話」で始まる、中国・韓国のゆすりたかり
大川隆法【未来への羅針盤】ワールド・ティーチャー・メッセージ
   相次ぐ天変地異の背景にあるもの
【特集】マスコミが報じない真実
   宇宙人との遭遇
   目を覚ませ!UFO後進国ニッポン
   ガチンコ対談 宇宙人はいるのか ?
   超常現象コメンテーター 山口敏太郎×UFO懐疑派 唐沢俊一
   対談 宇宙人はいろんな目的で地球に来ている
   元テレビディレクター 矢追純一×プロレスラー・UFO 研究家 ザ・グレート・サスケ
法話・霊言ガイド 「無縁社会」に助け合いのネットワークを
   法話 宗教としての包容力 ほか
なぜ、あの店にはまた行きたくなるのか?
   クレームを「明日のお客様」に変える方法
   元西武百貨店お客様相談室長 /元スターバックスコーヒージャパンCEO 直伝
戦後70年 日本の誇りを取り戻そう
   今度は「記憶遺産」で日本が大ピンチ!
   中国のユネスコ「反日歴史戦」のすべて
えっ? 入学5カ月で、もうこんな実験してるの?
   「新産業を生む力」に特化する理系
   ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ 未来産業学部
など。
------------------

阿蘇山が、また噴火しています。
UFO、宇宙人に関する学習も大事ですが、その前に、やらなくてはいけない事が、"本当は"あるのです。
それは、当たり前の事だけど、人類の意識が進化しないとどうしようもないところがあると思うのです。

まあ、ここ最近の日本に関して言えば、一番の問題は、「今、日本に救世主が生まれて、教えを説いている意味がわかっていない」という事です。
これが最大の問題なのです。
ちょっと、今回のザ・リバティの
**************
大川隆法【未来への羅針盤】ワールド・ティーチャー・メッセージ
   相次ぐ天変地異の背景にあるもの
**************
の部分だけど、ここで言われている事は、本当に冗談ではないのだよね。
救世主の使命は、新たな教えを人類に対して説くことだけど、人類の側が、それを聞かない、無視する、無かった事にする、なんて態度でずっとやっていたら、それは、原因結果の法則や、作用反作用の法則から見ても、悪の累積、暗黒想念の増大、そういったものにつながっていく事は避けられない。

太陽が射していても、人々が仏法真理を無視していたら、巨大な悪想念の雲が人々を覆い、類は友を呼んで、運命も悪化していってしまう。
それは、地球の表面にばい菌が繁殖するのと同じ事で、地球意識の浄化の作用が働き始めてしまうのだ。

本当に、日本人は目覚めないともう駄目なのだよ。
「幸福の科学、幸福実現党、大川隆法総裁、霊言等を無視して葬り去ろうとする多くのマスコミ」の影響も大きいがな。

で、それにプラスして、
「自分の国を、他国に侵略される方に有利に持っていこうとする国会前のデモ」
「相変わらず、中国の侵略を呼び込もうとする沖縄」
「民主党よりは遥かにマシだけど、本当の信仰心は持っていない安倍政権」
等、あまりよろしくない動きが多いよね。

どこかのネットの記事に、
「この天変地異の多さは、大仏建立をしないとまずいのか?」
みたいなのがあったけど、救世主が降りている時に、それに気がつかないで、別のものを拝んだりしても効果は薄いと言わざるを得まい。
それでは、仏法真理を尊重して生きていこうとする真なる反省とは言えないと思うのだ。

とにかく、一人でも多くの人が目覚める必要がある。
他の人々が無視しているから、自分も無視するでは駄目です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

今回の水害もひどい! [その他]

またしても、今年も大きな水害が起きてしまった。
まったく、大震災の津波の様子を見ている感じであった。
被災地が一日でも早く、復興することを願わんばかりだ。

川の氾濫による水害は、他人事では無く。
自分も、実家に住んでいた頃に、床上浸水を2度程、経験した。
車も一台、破壊された。
1度目か、2度目か忘れたが、会社を早退して、消防のボートで家に帰った時もあった。
当然、1階は浸水してしまったので、2階への帰宅だったと思う。
もう一度は、近所のブロック塀の上を伝わって帰ったんだっけな?

水害で、近所の野良猫も、うちのベランダへ避難してきた時があったが、その野良猫は、その後、うちの妹のベットの下で出産した。
親猫は、結局、なつかなかったのだが、子猫はマイケル、トラ、ポコ、と名付け、何年か、おもしろおかしく共に生活した。
まあそうした災害を通した出会いもあるので、悲観する一方でもよろしくない。


うーむ、ちょうど欧州では、シリアとかの難民問題で、ごたごたしているが、日本もこうした災害を通して、難民受け入れを、もう少し積極的に考えた方がよいのではないか?と思ったね。
今後、朝鮮半島の難民。
場合によっては、中国国内の内戦等も、考えられる。
国を失い、行き先が無い人々も、幸福になる権利はあろう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

映画『UFO学園の秘密』、公開約1か月前になりました [仏法真理(宇宙の法)]

映画「UFO学園の秘密」 予告編2


映画の上映日が刻々と近づいております。
今回は、事前の試写会はありません。
内容は10月10日のお楽しみです。

NASAとかCIAとかアメリカ空軍の一部のUFO、宇宙人情報を持っている人とか、この映画を見たら、びっくりするだろうな。
「なんで日本人がここまで知ってるんだ!」
とね。

-----------
ところで、全く個人的な話だが、映画公開の翌週の日曜に、また懲りもせず、情報処理試験を受ける予定です。
去年、ITストラテジストを受けて惨敗したので、今年こそ雪辱を果たしたい。
という事で、なかなか自由に読書ができていません。
よって、ブログの更新間隔が空いたり、ブログの質が低下しています。
ちなみに、ITストラテジストとは何ぞや? という事ですが。
ウィキペディアには以下のように書かれています。

超上流工程において、企業のトップマネジメントと共に、事業戦略・事業計画からシステム化計画の立案と実行を主導する戦略家(ストラテジスト)としての能力を認定する。高度な経営戦略知識・IT戦略知識・コンサルティング能力を持ち、経営者の立場で、企業の経営方針を左右する意志決定能力を証明することから、経営企画や最高情報責任者(CIO)などの幹部候補、ITコンサルといった立場の者を想定した国家資格である。

という事で、情報処理試験では一番難しいレベルのものかと。
と言っても、過去既に合格している「プロジェクト・マネージャ」と同様に、こいつも合格したところで、この試験に合格する程度の能力では大して「飯の種」になるわけでもないんだけどな。
ま、地味な努力ではありますが、UFO、宇宙人を語るだけでなく、この世的な土台固めも粘土をコネコネするように続けていかにゃいかんのだねー(*´Д`)

ITストラテジスト午後2 最速の論文対策 第2版 (TACの情報処理技術者試験対策シリーズ)

ITストラテジスト午後2 最速の論文対策 第2版 (TACの情報処理技術者試験対策シリーズ)

  • 作者: 広田 航二
  • 出版社/メーカー: TAC出版
  • 発売日: 2013/10/15
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

松本人志、安保反対・反戦デモに持論「国会に向かって言うことなのか」 [★政治]

松本人志、安保反対・反戦デモに持論「国会に向かって言うことなのか」

いやこれは的を得た発言ですねえ。
「戦争反対」
は、中国共産党や金正恩に対して言うべきですね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

安保法案反対で、国会前デモを行っていた人々は、中国共産党の軍国主義をどうするのか? [中国、北朝鮮]

安保法案反対で、国会前デモを行っていた人々は、中国共産党の軍国主義をどうするのか?
これに答えられないならば、デモを行う資格は無い。
日本はどこの国とも協力しないで、日本だけで中国人民解放軍と戦えと言うのであろうか?
どうなんだろうか?

本当にマジメに答えてもらいたいね。
戦後70年が経過しても、未だに中国共産党は、反日意識満々でやっているわけだが、今の日本と中国で、どちらが軍国主義か、普通に考えればわかるはずです。

これ本当に、識者が見れば当たり前の事なんだけどさ。
ちゃんと勉強したり、調べたりもしないでただ単に感情的で、一方的な政治活動はしてはいけないのだよ。
政治参加は結構な事だが、ちゃんと調査して考えをまとめてからやれ。

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

THE FACT 異次元ファイル [The FACT]


THE FACT 異次元ファイル (OR books)

THE FACT 異次元ファイル (OR books)

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2015/08/25
  • メディア: 単行本



宇宙人の存在は、もはや常識。
ここまできたUFOと宇宙人の真相究明!

2010年、千葉の九十九里浜に
突如現れたUFO―――
遭遇者たちの恐怖体験の真相と、
そのとき姿を現した
宇宙人の狙いを解明するために
リーディングを敢行!

彼らは何を目撃したのか?
宇宙人の狙いとは何なのか?
それぞれの証言から
明らかになる驚愕の新事実!

▽ネット番組「THE FACT」で話題騒然!


まえがき
1 千葉県長生村で起きた「UFO遭遇事件」の真相を探る
2 リーディングで次々と明かされる衝撃の事実
3 リーディング対象者に起きた「異常体験」の真相
4 「蟹座の宇宙人」の狙いは何か
5 地球で密かに展開されている“移住”の実態
6 エルフ星人の驚異的な科学技術と地球文明の展望
7 「宇宙の法」は今後、どこまで明かされるのか
8 マスコミ等の「UFO情報」の否定・隠蔽に屈することなく真実を探究する
あとがき
---------------

本当に、文明の変換点に入りつつあるね。
Unidentified Flying Object が、その名を変える時が近づいてはいるよね。
まあ今はUFOと言う以外に言い方がありませんが。

ただまあUFOや宇宙人に対して我々地球人が考えなくてはいけないところは、UFOや宇宙人もいろいろな種類があるという事だろう。
例えば、この本の今回の件については、基本的には親和的な方にかなり近いわけです。

ただ本当に心の在り方の一念三千と同様に、いろいろな種類がいるので、一括りにはできないところがあります。
その点、本当に賢くあらねばいかんなあと思いますね。

戦闘的-平和的
冷徹-愛深い
人間型-非人間型
肉食-草食
知能派-体力派
超科学技術-科学技術はそこそこ

等、こうした違いと、更に、自分が相手の宇宙人とどういった関係にあるのか?
という事も大事な要点だ。
今、人間として生まれている側が、もともと宇宙人にとってみれば上司だっていう事もあるくらいだ。
生まれ変わりの秘密も理解しないと、そこら辺は全くわからんだろうがな。

ま、現代の中途半端な科学力では彼らの真の姿を見る事はできん。
まずは、『UFO学園の秘密』の映画を見るとか、大川総裁の本を読んだりするところから始める事だろうな。

少なくとも、我々が宇宙人の象徴みたいに思っている、グレイ型の宇宙人は、ホンマモンの宇宙人がアンドロイドとして使っている存在である事くらいは理解しよう。
グレイは相当、いろいろな星に出回っていて、まあ、よく言えば「お手伝いさん」として使っているのです。
グレイや各種アンドロイドを使っている側の宇宙人こそ、今後、人類が対応していかなければならない存在なのです。
(例えば、この本だとエルフ星人)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: