So-net無料ブログ作成
検索選択

東条さんは、お祓い程度では出ていかんでしょ。 [その他]



東条さんは、お祓い程度では出ていかないでしょう。
ま、大川談話をそのままでは気が引けるのでしたら、少し自分流に変えて「安倍談話」を発表し、終戦記念日に天皇陛下と共に靖国神社に参拝し、憲法9条を改正したら、東条さんも、さすがにある程度、成仏するでしょうがね。

共通テーマ:日記・雑感

「首相公邸の幽霊」の正体 [仏法真理(霊言-政治、軍事)]


「首相公邸の幽霊」の正体 (OR books)

「首相公邸の幽霊」の正体 (OR books)

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2013/07/23
  • メディア: 単行本



まえがき
1 「首相公邸の幽霊」を透視する
2 「日本の行く末」を憂える近衞文麿
3 「憲法改正」を目指す廣田弘毅
4 「中心人物」は東條英機
5 安倍首相守護霊に「国を守る気概」を問う
あとがき

近衞文麿(このえ ふみまろ、1891年(明治24年)10月12日 - 1945年(昭和20年)12月16日)
3度にわたり内閣総理大臣に指名され、第1次近衞内閣、第2次近衞内閣、第3次近衞内閣を率いた。第1次近衞内閣では、盧溝橋事件に端を発した日中戦争への対応に当たった。新体制運動を唱え、第2次近衞内閣の治世下にて大政翼賛会を設立した。さらに、日独伊三国軍事同盟や日ソ中立条約を締結した。
太平洋戦争中、昭和天皇に対して「近衛上奏文」を上奏するなど、戦争の早期終結を唱えた。また、戦争末期には、独自の終戦工作も展開していた。太平洋戦争終結後、東久邇宮内閣にて国務大臣として入閣した。大日本帝国憲法改正に意欲を見せたものの、戦争犯罪容疑をかけられ服毒自殺した。

広田弘毅(ひろた こうき。1878年(明治11年)2月14日 - 1948年(昭和23年)12月23日)
1933年(昭和8年)9月、斎藤内閣の外務大臣に就任。
1936年(昭和11年)3月、岡田内閣が二・二六事件の責任をとり総辞職した後首相に就任。
戦後A級戦争犯罪人として対アジア侵略の共同謀議や非人道的な行動を黙認した罪等に問われ、極東国際軍事裁判で文官唯一の死刑判決を受け、1948年(昭和23年)12月23日、巣鴨プリズン内で絞首刑に処される。
城山三郎著『落日燃ゆ』の主人公との事。

東條 英機(とうじょう ひでき、1884年(明治17年)7月30日(戸籍上は12月30日) - 1948年(昭和23年)12月23日)
現役軍人のまま第40代内閣総理大臣に就任した(在任期間は1941年(昭和16年)10月18日 - 1944年(昭和19年)7月18日)。
永田鉄山の死後、統制派の第一人者として陸軍を主導する。日本の対米英開戦時の内閣総理大臣。また権力の強化を志向し複数の大臣を兼任し、慣例を破って陸軍大臣と参謀総長を兼任した。敗戦後に連合国によって行われた東京裁判にてA級戦犯として起訴され、1948年(昭和23年)11月12日に絞首刑の判決が言い渡され、1948年(昭和23年)12月23日、巣鴨拘置所で死刑執行された。享年65(満64歳)。

--------
基本、上記の3人だそうですが、東條英機さんが中心になって会議をしているそうです。
未だに日本は戦後と言われているくらいですからね。
彼等が成仏するためにも、この国のあり方が大きく変わらねばなりません。

ホント、大川総裁の霊言で、戦前、戦中と、この国がどういったシチュエーションにあり、誰がどう思って大東亜戦争が行われたのか、かなり明らかになって来ました。
けっこう政治家、軍人も、上の方のクラスになると、対米戦争は避けたいと、かなり現実的に考えていた事がわかってきた。
そして、相当ひどい、アメリカの嫌がらせもあった。
かなりルーズベルトもずるかった。

はっきり言って、真実を知れば知る程、日本が一方的に軍事的覇権を狙っていたとか、侵略戦争だったとか決して言えませんね。

日本が軍事力を強化していたのも、そりゃ、当時の欧米のアジアの植民地化を見れば、やむを得ないところも、かなりあります。
日本は資源が無いですし。
アメリカに石油を止められ、かつ、東南アジアはすべて欧米の植民地となり、マジでどうやってサバイバルしていくか? という難問を突き付けられたわけですな。

靖国神社参拝がどうのこうのと、中国、韓国にブーブー言われているわけですが、彼等は欧米による植民地化に対して、全く戦っていませんからね。
日本が戦わなければ、今も、アジアの全域は欧米の植民国家だった事を忘れてもらっては困ります。

中国軍、韓国軍は欧米支配に対して全く何もしていないのです。
日本は、空母艦隊を造り、陸軍は補給を断たれても戦い続け、最後は、B29や、機動艦隊に特攻で立ち向かって、原爆まで落とされた。
中国、韓国に靖国神社参拝の文句を言われる筋は全く無く、逆に感謝すべき事なのです。

日本はアジアの光だったし、今後もそうなるのです。
私は、大東亜戦争を戦った日本の歴史を誇りに思う!!!
右翼とか関係ありません。
「よく、欧米の植民地化に対して戦った」と、命がけで戦った過去の日本人に感謝しているのです。


共通テーマ:

「河野談話」「村山談話」を斬る! [仏法真理(霊言-政治、軍事)]


「河野談話」「村山談話」を斬る! (OR books)

「河野談話」「村山談話」を斬る! (OR books)

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2013/07/30
  • メディア: 単行本



偽りの歴史認識を永遠に葬り去る
「大川談話―私案―」収録!

まえがき
第1章 河野洋平守護霊への喚問
 1 中国・韓国との関係でネックとなる「歴史認識」
 2 「河野談話」の背景を探る
 3 河野洋平氏の「転生」に迫る
 4 「河野談話」の責任を問う
第2章 村山富市守護霊への喚問
 1 「村山談話」の背景を探る
 2 村山富市氏の「転生」に迫る
 3 明らかになった「村山談話」の真相
 4 安倍総理は「自分の判断」に忠実に!
あとがき

まさに売国政治家ですね。
政府の見解として、ありもしない日本人の行為を認めて謝罪してしまうのですから。
日本防衛は、政府の言論によるところも大きいでしょう。
これは本当に是正しないと、いつまでも言われ続けてしまいますな。

政治に無関心でぼんやりしている人だと日本人でも本当に騙されてしまう。
日本のマスコミも政治家も、親中、反日が非常に多いから。
これは非常に危険な事なので、事実をしっかり認識しましょう。

河野・村山談話は無効である 歴史問題を永遠に葬り去る

今回も、サッカー日韓戦で「歴史を忘れた民族に未来はない」との横断幕が掲げられたそうですが、こんな嘘で日本が責められ続けるのを良しとしてよいのでしょうか?
従軍慰安婦も南京大虐殺も嘘なのです。

残念ながら、日本の隣国の韓国も中国も、「嘘をついて騙せたら儲けもの」といった民族性があり、はっきり言って、それは、叱りつけるべき事でもあろうと思う。
国家の中心である政治が根本的に嘘で満ちていたら、その国に住む人々を、何が啓蒙できるでしょうか?

ただ、韓国も中国も、自分の国をすべて善として、日本を根本的に悪の国にする思想教育は徹底されているので、そう簡単には間違いを認めたり、反省したりはしないでしょう。
しかし、それだからこそ、日本としては、「絶対に、根拠なき謝罪はしない」といった気概が必要なのです。

今、危険なのは
核兵器を含めた軍事力で隣国を威嚇している中国と、
ほとんど中国の思想的植民地と化している韓国です。
もちろん北朝鮮もそうです。

中国、韓国、北朝鮮は、自分達の国の間違いこそ反省すべきです!!!

共通テーマ:

共産主義批判の常識 [仏法真理(霊言-政治、軍事)]


共産主義批判の常識 (OR books)

共産主義批判の常識 (OR books)

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2013/07/25
  • メディア: 単行本



まえがき
1 「共産党の問題点」をあぶり出す
2 共産主義の「先達」への思い
3 「共産党政権樹立」の暁には
4 「自衛隊」から「日本共産党軍」へ
5 共産党が支配する日本
6 共産主義の「欠陥」とは
7 「結果平等」がユートピアなのか
8 「日本のレーニン」としての決意
あとがき

いやあ、昨日に続けて日本における強力な左翼です。
大川総裁の霊言ではあるのだけど、正直、読んでいて頭が痛くなりそうな強烈な邪悪さを感じますね。
日本共産党も、その傲慢さは中国共産党と、何ら変わる事はありません。
こんな人々に日本の自衛隊を与えてしまったら、即、日本人民解放軍になってしまいます。

もう 左翼=平和 といった100%間違った見解は捨てなければいけません。
基本的に、左翼=暴力・権力主義 なのは総括として間違ってはいないだろう。
冗談では無く、超万が一、日本共産党とかが日本において権力を握ったら、超独裁国家、監視国家になります。
今回も参院選で議席を伸ばしていますが、こういった事がわかって投票しているわけではないですよね。
基本的に、左翼の御本尊は、マルクスとかレーニン、スターリン、毛沢東で、必ず軍事力と警察を強力にして、平和と幸福を奪っています。
そして、彼等と違う考えを持っていたら、死刑です。

いい加減、共産党などという政党は、地球上から消滅してもらいたいものです。こんな間違った理論に引っかかる人々を増やしてはならないでしょう。
マジで、若者も、人の良いお爺さんやお婆さんも、共産党に騙されてはいけないのです。

この守護霊霊言こそカクサンすべきであろう!!!

---------
マスコミも、幸福実現党と日本共産党のどちらが日本人を幸福にしていく政党か、常識的に考えてもらいたい。

ところで、幸福実現党のHPに、「大川談話-私案」というのが載っていた。
そうです。
間違った談話にいつまでも洗脳され続けてはいかんという事です。


共通テーマ:

そして誰もいなくなった [仏法真理(霊言-政治、軍事)]


そして誰もいなくなった (OR books)

そして誰もいなくなった (OR books)

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2013/07/20
  • メディア: 単行本



福島氏、社民党党首を辞任ですか。
この本の紹介ブログを書く前というのに早いですね。
ま、社民党は段々と人々の支持を失っていますし、本当に日本人のための政党なのか、かなり問題ですよね。

しかし、左翼はなかなか反省しないのも左翼の特徴です。
どうも、山本太郎に接触しているようですが、形を変えてまた復活するだけなら、まるでゾンビの様でもあります。

はっきり言って、心の中で、清く正しく礼儀正しい左翼はいないのではないですかね。
とにかく支配欲とかが強すぎます。
平等とか優しい社会とかは口だけで、結局は大衆を支配したいという心があるのですよね。

うーむ、
社民党は崩壊するとは思いますが、日本共産党とかが逆に出て来てしまっている。
また、山本太郎の脱原発も、かなり問題だな。
中国問題、北朝鮮問題、日本のエネルギー政策等を全く考えず、単に脱原発が社会のためと思っているのかよくわからないが、感情で政治(特に国政)をやってはいかんよ。

まだまだ反日左翼思想との戦いは続くか・・・。


共通テーマ:

ニュースキャスター膳場貴子のスピリチュアル政治対話 [仏法真理(霊言-芸能、スポーツ、テレビ)]


ニュースキャスター膳場貴子のスピリチュアル政治対話

ニュースキャスター膳場貴子のスピリチュアル政治対話

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2013/07/06
  • メディア: 単行本



まえがき
1 「優等生タイプ」の膳場貴子キャスター
2 「国防政策」に関する取材攻勢
3 「マスコミの良心」を語る
4 「憲法改正」についての見解
5 「政治と宗教」の関係
6 幸福実現党をめぐる世界の動き
7 広報戦略へのアドバイス
8 膳場キャスターの守護霊霊言を終えて
あとがき

いや、最近、テレビ業界の有名人の皆様の守護霊霊言が多く出ておりますが、地上の本人方はどう思っておられるのでしょうか?
「こんな事有り得るんだろうか?」
てな感じが大部分ですかね。
当然、自分の考えの延長線上にある考え、という事については否定のしようが無いとは思います。
(菅直人氏などは、何をやっても駄目みたいですが・・・)

しかし、膳場さんはすごいですね。
東大文学部から東大医学部へ転身ですか。
で、その後、テレビ局のキャスターになると。
話の内容も、非常にレベルが高く、さすがですね。
さすがです。

幸福実現党に対しても好意的な感じで、読んでいて腹の立つ社民党の党首の守護霊霊言とは、全く違います。
単純に言ってしまえば、神の側に立つか、悪魔の側に立つかの違いでしょうが、神の側に立つ人々がマスコミにもいる、という事は、
ま、有り難い事です。

はっきり言って、今後、まだまだ大きな使命がありそうですな。
更なる御活躍を期待します。

DSC_0321.jpg
DSC_0320.jpg
DSC_0323.jpg
↑期日前投票に行った時の白岡市役所の隣の公園(7/16)

共通テーマ:

池上彰の政界万華鏡 [仏法真理(霊言-芸能、スポーツ、テレビ)]


池上彰の政界万華鏡 (OR books)

池上彰の政界万華鏡 (OR books)

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2013/07/20
  • メディア: 単行本



えがき
1 池上彰氏の眼に映る世界とは
2 霊言収録の現場に興味を示す
3 「自民党大勝」がはらむ危険性
4 マスコミとしての幸福の科学
5 幸福実現党の「強み」と「課題」
6 「分かりやすく伝える」ための秘訣
7 幸福実現党をテレビで取り上げる条件
8 宗教に生きた「過去世」
9 池上彰氏守護霊の霊言を終えて
あとがき

幸福実現党は今回も凄く頑張ったのですが、また票が取れませんでした。
谷井さんも半年以上、ホントに毎日頑張っていました。
自民党という名前だけで当選した人も多いと思いますが、幸福実現党の候補者が、そうした人々に劣るとは決して思いません。
人間的には遥かに純粋で、まさに、現代の仏弟子です。
仏国土実現へ向けた挑戦です。
まだまだこれからです。

-----------------

ところで、池上さんも逸材ですね。
マスコミの中にも良心的な人も存在するという事ですね。
それも、潜在的には、過去世的には、ほとんど同業者であるとは。(宗教家、伝道師、宗教者の庇護者)

まあ、池上さんの様な人が、マスコミの池というか沼というか、泥沼の中で、窮屈な思いで生きているのもわかりますよ。
何となく言いたい事が言えない感じなのかなあ。
自分も、普段はサラリーマンですが、やっぱ、宗教的関心が深い人間は、あまりにこの世的すぎると凄く圧迫感はありますわね。

しかし、今の日本で幸福実現党をマスコミ等が前面に出していく事は、確かにNHKで、宇宙人特集をやるのと同じくらいインパクトがあるかもしれないとは思う。
霊言を参考に国政を考える、など、確かに信じられないレベルではあろう。
2~3年は、様子見したい気持ちもわからんではない。

ただこういった守護霊霊言などというものも、大川総裁が腹話術を使ってやっているものではない事くらい、もうおわかりであろう。
このレベルの霊能力であると、もう単なる一宗教家ではなく、仏陀再誕の事実を認めればすべて、すんなりといく事なのです。
守護霊という言い方が、どうも宗教っぽく聞こえるなら、自己の潜在的魂とでも呼べばよいかな。
この不思議な魂の仕組みが、現代の日本でやっとこさ明らかになったのだ。

宗教というか、霊界科学であるのだ。

ま、池上さんには頑張ってもらいたいものだ。

タグ:池上彰

共通テーマ:

大川隆法の守護霊霊言 [仏法真理(霊言-宗教、哲学)]


大川隆法の守護霊霊言

大川隆法の守護霊霊言

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2013/07/24
  • メディア: 単行本



まえがき
1 マスコミの“要望”に応える
2 「日本国憲法」の問題点
3 「幸福実現党」の立党趣旨
4 「宗教革命」と「政治革命」
5 ユートピア建設という「永遠への挑戦」
6 大川隆法の「人生計画」の真相
7 「アジアの光」が説いた「自力と他力」の関係
8 弟子たちよ、法輪を転じてゆけ!
あとがき

2013年7月21日(日)、日本では第23回参議院議員選挙の投票日で、結果は就寝時間前には出ているであろう。
幸福実現党も立党して4年以上になるが、今回の選挙で国会議員が出るかどうかは何とも言えない。
結果に一喜一憂するのは人間である限り避けられない事であろうが、ただ、我らが目標は、あまりにも遠大な目標であり、すべてはその遠大な目標へ至る道筋、一里塚でしかない事も事実だ。

しかし、新潮か文春かはわからんが、大川総裁の守護霊を呼んだら、仏陀かヘルメス神が出て来る事くらい勉強してもらいたい。
2009年に映画『仏陀再誕』を上映している事から、その程度の事はわかるはずだ。
そして、この後に及んで、まだ、それが信じられないなら、完全に悪魔の側に立つ、という事になるだろう。

エルカンターレという意味がわからないなら、仏陀はわかるでしょう。
東の国に仏陀が再誕し、幸福の科学と幸福実現党を立ちあげ、この日本という国を起点として仏国土ユートピア社会の建設に向かっているという事だ。

今回は、あの世に成仏するだけの教えではなく、「この世も仏国土にすべし!」という点が、2600年前より地球規模になっている点だろう。


共通テーマ:

この国を良くするための政策の発信源 [幸福実現党]

この国を良くするための政策の発信源はここにあります。

国防と経済の、経済分野で言えば、
今、日本経済が多少なりとも回復している政策の出どころはどこか?
客観的に日本人は知るべきであると思う。



政策の出どころは大川総裁、
実施は安倍政権、などとややこしい事はやめるべきだ。


共通テーマ:日記・雑感

政治革命家大川隆法 [幸福実現党]


政治革命家大川隆法 (OR books)

政治革命家大川隆法 (OR books)

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2013/07/18
  • メディア: 単行本



まえがき
1 「私の考え方」を分かりやすく語りたい
2 「幸福実現党」立党の趣旨
3 「リーダーシップを取れる国」日本へ
4 「社会保障」に騙されるな
5 国力を倍増させる「国家経営」の考え方
6 天変地異に「天意」を読み解く
7 「時代のデザイナー」としての使命
8 「自由」こそが「幸福な社会」を実現する
あとがき



率直に言って、国家経営の本質を、ここまで見抜いている政治家は、日本にも世界にもいないのではないだろうか?
今、幸福実現党が立ち上がって4年、
今後も引き続き継続して活動していきますが、政策や、党の活動などは、ほとんどオープンな状態で、裏表は全く無い状態です。
マスコミや他の政党、役所等にとっては厳しい批判もしていますので、意地悪して無視するのもわかりますが、5年、10年と正論を言い続けて、なおかつ無視するなら、もうこの国の経済も、更には近隣諸国による軍事的脅威も、取り返しがつかないところまでいってしまうかもしれない。

もう、日本は、中国、韓国、北朝鮮と、敵対勢力に包囲されかかっているという現状を楽観視していてはいけません。
この反日の包囲網は、民間団体が行っているわけでは無く、すべて国のトップレベルで行われているのです。
尖閣→フィリピン、ベトナム、台湾、沖縄→日本本土
と、勢力範囲は広がって来ます。
最低限、憲法9条くらいは改正しておかないと、タイムリミットになってしまいます。

今こそ、幸福実現党の国会議員が必要なのです!!!


共通テーマ:

若者は必ず選挙に行き、「幸福」と書くべきである [幸福実現党]

今回、第2次安倍政権では、自民党の昔からの政策では無く、国師 大川隆法総裁の言われている政策を中心に実施していて、ある程度の成果と支持率とを出している。
ただ、自民党もいろいろな人がいるので、総理が変われば、政策もがらっと変わってしまう可能性がある。
そんな自民党に一方的に勝たせるのではなく、若者は必ず選挙に行き、比例は「幸福」と書くべきである。

そして、埼玉の人は「谷井みほ」と書く事です。

DSC_0105.jpg
↑うちのカミサンが撮った。


共通テーマ:日記・雑感

「河野談話」、「村山談話」の真相 [★仏法真理(霊言)]

日本の人々は全員、この、「河野談話」、「村山談話」の真相について知らねばならないですね。
この2つの談話のため、日本がどれだけマイナスの方向に引っ張られた事か。
そして、今も・・・。
もういい加減、この意図的に作られた自虐史観を払拭しなくてはなりません。




共通テーマ:日記・雑感

これが左翼政党の本質だ!!! [★仏法真理(霊言)]

民主党も、日本を亡国への道に誘(いざな)う政党でしたが、この2つの政党も恐ろしい政党です。
自分の国を滅ぼしたくてウズウズしている政党など信じられないかもしれませんが、これが日本における左翼政党の本質なのです。
表向き、平等を追及しているように見せながら、実態は、党の幹部による特権階級をつくり出し、人々を支配しようとしていますね。
基本的に、左翼政党は独裁政治・恐怖政治です。
誰も幸福になりません。

あまりにも時代錯誤で笑ってしまいますが、若者とか、政治について、あまりよくわからない人達は、わけもわからす票を入れてしまう可能性もありますので注意してください。
よーく研究して選挙に行きましょう。






共通テーマ:日記・雑感

中国共産党、マルクス、レーニン、好き好きの中日新聞社長 [仏法真理(霊言-学者、評論、マスコミ)]

中日新聞社長の守護霊霊言の紹介。
ま、これでは中部地方は中国の自治区になってしまいます。
こういった、超左翼思想に洗脳された社長の新聞を中部地方の人々は読んでいるんですか!?
この思想では幸福実現党を出さないのも納得ですが、もう中日新聞の購読者は激減でしょう。
自業自得ですよ。



長編はこちら。

偏向報道に負けず、幸福実現党は前進していくしかありません。

gougai.JPG

共通テーマ:日記・雑感

The Liberty (ザ・リバティ) 2013年 08月号 [The Liverty]

bnr-23th-mhc.png


The Liberty (ザ・リバティ) 2013年 08月号 [雑誌]

The Liberty (ザ・リバティ) 2013年 08月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2013/06/29
  • メディア: 雑誌



ちと、幸福実現党の政策で大事な部分。

幸福実現党は、原発を推進し、日本のエネルギーを確保します。
また、TPPには賛成。
日本を自由貿易の推進国へ。
中国、韓国など著作権や知的権利を侵害する国家にはNO!と言います。
どちらも、国防上大事な事です。

----------------

相当な馬鹿者でない限り、北朝鮮も中国当局も、日本の参院選が終わるまでは、かなりじっとしていると思います。
ま、ロシアと中国の海軍が一緒になって演習はしているようですが、それ程インパクトは無いか。

ただ、尖閣あたりで今、ガーッと動いたら、「憲法改正」とか「自衛隊の国防軍化」とか、そちらの方に、票がダーッと行ってしまうでしょう。
いくらなんでも彼等もその程度の戦略はあると思われる。
ロシアは気にする事無く、爆撃機を飛ばしていますが、潜在的に日本の対中国、対北朝鮮防衛を応援しているのかもしれません。
北朝鮮と中国当局が動くとしたら、日本の選挙が終わったらでしょう。

もうはっきり言って、幸福実現党以外の政党では、日本の国を守る事は不可能か?
自民党の安倍さんでさえ「村山談話」を継承するなど、幸福実現党以外は、基本的に中国の勢力に負けてしまっていると言えます。

それと自民党の憲法案、「天皇を元首とする」など、何を考えているのか?
といった感じですね。
権限が無いのに元首など有り得ません。
自民党の憲法案でいくと天皇性は無くなりますね。
ただ、産経案もそうだったかな。
軍事に疎い人は、総裁も語られている様に、国政を語る資格が無いのではないかな。

といって、ブログをアップしようとしたら、

首相「9条」改正を明言

なんて記事が出ていた。
安倍さんも、大川総裁の言動は常にウォッチしているでしょうから、「日和見主義ではマズイ・・・」と思ったのかもしれません。
たぶんそうだと思います。


共通テーマ:日記・雑感

生涯現役社会~豊かな長寿社会を目指して~ [幸福実現党]

1GOgAN8T.jpg

今回、幸福実現党は、
「国防強化」「消費増税の中止」「生涯現役社会の推進」
という主要政策というか、主要フレーズを中心に、人々に訴えております。
国防と経済を良くする事は、国の安定の大前提ですが、
この「生涯現役社会の推進」は、
この国の将来を輝かすために、本当に避けては通れない分野です。

はっきり言って、今の年金制度は既に破綻していますので、消費税を上げてどうこうというレベルではありません。
将来の分も、もう既に使ってしまっていますから、今までの政治家、政府は、責任を取って、本来であれば全員辞めてもらわなくてはいけないレベルですな。

日本の政治家や、一般の人々も、ちょっと北欧の福祉国家を理想的に思い過ぎている。
そもそも、北欧の国々は、人口で比べれば日本の都道府県レベルしかありません。
前も書いた事ありますが、モデルとするには国家の規模が違い過ぎます。
スウェーデンは、900万人で神奈川県と同じくらい。
ノルウェー、フィンランド、デンマークなどは、500万人前後で、埼玉県の人口700万人よりずっと少ない。
日本の人口と経済規模から言って、それらの国々を目指すのではなく、地球レベルで最先端の全く新しい理想的なモデルを創り、世界に発信していかなければいけません。

人間やはり、仕事とか、社会への貢献だとか、そういったものが無ければ”生き甲斐”も無くなります。
確かに、ブラック企業で働く事は苦痛ですが、本当に人々の役に立ち、人々の幸福になにがしかの貢献をする企業などであれば、仕事を全くしなよりかは、仕事をしていた方が、ずっと幸福でしょう。

だから、視点を変えて、年を取ったら働かないで生きていける国を目指すのではなく、年を取っても、いくらでも仕事がある国を創るべきなのです。
もちろん、身体能力とか考慮されねばいけませんが。

若者パワーを活かす事も大事ですが、お年寄りパワーも十分に活かす国を創らねばならないのだ。
年を取って、孤独に家でじっとしている人々を増やすのは駄目です。

これができるのは、今、日本では幸福実現党だけである事を知らなければいけません。
そもそも、自民党も含め、他の政党では全くできないし、発想が湧かないと思います。
「どの政党を選んでも同じ」
などとは絶対に言ってはいけない。


共通テーマ:

安重根は韓国の英雄か、それとも悪魔か [仏法真理(霊言-政治、軍事)]


安重根は韓国の英雄か、それとも悪魔か (OR books)

安重根は韓国の英雄か、それとも悪魔か (OR books)

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2013/07/13
  • メディア: 単行本



韓国政府は日本を悪の国家とすべく、
従軍慰安婦の次は安重根を持ちだして来ています。
もうかなり狂ってますね。

という事で、最初は、安重根の霊言ですが、最後は、朴槿惠・韓国大統領の霊言になっています。
朴槿惠・韓国大統領は、霊的に安重根を指導して、何を発言するかチェックしていたようですが、もう途中から割り込んできた感じです。

しかしまあ、韓国の善良な方々はがっくりするかもしれませんが、朴槿惠・韓国大統領の政治家としての意識の低さにはびっくりしてしまいます。
このレベルの方が、民主主義国家の一国の指導者になってよいのでしょうか?

歴史認識の無さ、
責任感の無さ、
未来を見通す先見性の無さ、
正邪を判定する力の無さ、

いやあ、たまげます。

韓国にも幸福の科学の支部があり、会員の皆様もおりますので、韓国と言う国自体を否定する事は言いませんが、本当に韓国という国の未来を明るいものにするためには、韓国の幸福の科学の会員が頑張るか、幸福実現党の韓国版の様なものを造るしかないのではないかなあ。
ま、地政学的にみて、もの凄く不利な立場に置かれているのはわかりますので、北朝鮮や中国と相討ち覚悟でやらにゃならん事はわかります。
韓国で正しく生きるためには、環境を言い訳にせず、周りの人々を言い訳にせず、真の意味で八正道の「正見」をしていかないと正義と悪とが、すぐに引っくり返ってしまいます。中に住んでいる人々は大変ですが、絶対に、韓国の政府に洗脳されてはいけません。
嘘で固めて政権を維持するなど、超・卑怯です。

ま、最近建造された潜水艦の名前に安重根とつけたり、揚陸艦の名前を独島(日本名:竹島)としたり、
テコンドーの型にも安重根というのがあるとか。

韓国の人々は気がつかねばならない。 反日では韓国の真の英雄には、決してなれない。

今、米・グレンデール市で、慰安婦記念像をめぐる公聴会で日系住民の反対意見が続出しているそうです。
黙っていたら、日本人は世界の極悪人になってしまいます。
当然、日本は猛抗議すべきだと思います。
騙されて謝り続けるのは、もう絶対にヤメです。


共通テーマ:

西野 あきら、谷井 みほ、みなと 侑子 [幸福実現党]

この3人は、
幸福実現党として、今度の参院選に立候補していますが、共通項は何でしょう?

答えは、「自分と同じ支部だった時がある」です。

西野君は、今年の春頃、宇都宮正心館でたまたま会って、「参院選出るんですよー」と言っていました。
最近も土砂降りの中、演説しているようですが、昔から非常に誠実な人柄です。
誠実さが人間になったと言っても過言ではない。
秋田の人々は、よろしくお願いします。
にしきのあきらではなく、西野あきら です。

みなとちゃんは、もうずっと会っていませんので、向こうは忘れていると思いますが、昔、「将来は、どこかの国王の嫁になりたい」というような事を言っていたのを、自分は覚えています。
当時から、新進気鋭の人物であったと言えましょう。
HS政経塾も一期生として卒業してるしな。
淡路島とかで選挙活動していたみたいですが、そうですね、淡路島は自分もこないだ車で走って、「何かいい島だなー」と思った。
みなと侑子HP

あと、谷井さんは、今回の参院選の埼玉選挙区候補者として適役だったと思います。
ざっとした性格ですが、いつでも元気ハツラツみたいなところがありますので、マスコミがあと少し応援してくれたら、100%当選間違い無しです。
それは確実です。
谷井みほHP

共通テーマ:日記・雑感

素顔の大川隆法 [★仏法真理]


素顔の大川隆法 (OR books)

素顔の大川隆法 (OR books)

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2013/07/04
  • メディア: 単行本



まえがき
第1章 宗教家の意外な素顔
第2章 初公開! 霊言の気になる疑問に答える 
第3章 聴いた人を虜にする説法の秘密
第4章 すごい仕事量でも暇に見える「超絶仕事術」
第5章 美的センスの磨き方
第6章 短所で勝つ逆説的成功論
第7章 未来へのメッセージ
あとがき

---------
まっこと暑い日が続きます。
火力発電ばかりで、日本の温度が上がってしまってるのではないでしょうか?
原発を速やかに再稼働しましょう。
火力発電と原発の違いは、扇風機とクーラーくらいの差があると思いますね。

今回は、選挙と関係なく、宗教的な?本の紹介です。
いや、選挙も政治も宗教も、同じ人間が行うものですから関係ないとは言えないか。

仏陀は6大神通力を持っていた。
すなわち、
天眼通
天耳通
他心通
宿命通
神足通
漏尽通
です。(最後に”力”を入れた方がよいのか?)
ただ、大川隆法総裁は、仏陀以上の存在、エルカンターレですから、6大神通力以上の霊能力を持っています。
仏陀とエルカンターレは、子供と親くらいの力の差があるでしょうか。
実際、大川隆法総裁にとって、呼び出せない霊存在はいない。
歴史上の人物は、すべて呼び出せるし、人間の転生の記憶の彼方の、まだ地球人になる以前の霊意識も、宇宙人リーディングとして呼び出しています。
レプタリアンだった人もいるし、輝く様な美男、美女だった人もいるし、さそり型宇宙人だった人、トド型宇宙人、トラ、猫、ヤギ、猿など、宇宙人の姿のレパートリーは様々です。

また、人間の魂の姿がここまで明らかになったのは、初めてなのかはわかりませんが、魂の本体・分身理論で、生きている人の守護霊を呼び出す事もできます。

そして、宇宙の彼方から、霊界の各階層、太古の地球、未来の地球の姿など、空間時間を超えて見たりする事ができる。
月の裏側の宇宙人も、ネス湖のネッシーも、エリア51の内部も、中国の核ミサイルの基地も、最近は、遠隔透視リーディングをやっております。

地球人に対して、今、神秘の扉が開かれている事に気がつかねばなりません。

しかし、この様な高度な霊能力を持ちながら、実務能力も桁違いに高いし、普通の人の様に生活している感じです。これが漏尽通力(ろじんつうりき)でしょう。

もう、日本の人々、世界の人々は気がつかねばならない。
日本に、エルカンターレと言われる存在が、人類に対して啓蒙活動を積極的に行っているという事を。

エルカンターレこそ、地球のアルファであり、オメガなのです。

特に日本人はぼんやりしていてはイカン。
今まで2000年の日本の歴史があったように、今後も普通に日本の歴史があると思っていたら大間違いで、歴史はここで大きく前後裁断される。
霊界の存在が常識になり、宇宙人の存在も常識になっていくでしょう。



共通テーマ:

アメリカが日本に「昭和憲法」を与えた真相 [日高義樹さんの本]


アメリカが日本に「昭和憲法」を与えた真相

アメリカが日本に「昭和憲法」を与えた真相

  • 作者: 日高 義樹
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2013/06/29
  • メディア: 単行本



【目次】
序章 アメリカは変えにくい憲法を日本に与えた
第1章 昭和憲法のどこがおかしいか
第2章 平和憲法は勝者のトロフィーだった
第3章 アメリカは日本人を作り替えようとした
第4章 異常事態のもとで憲法が作られた
第5章 アメリカはなぜ日米安保条約を作ったのか
第6章 日本人は自らの力で国を守ることができる

---------------------

自分は、けっこう軍事に関心のある人間だからわかりますが、
日本が第二次大戦後、平和に暮らせる国であった理由は、別に、今の憲法とは、大して関係無い。

・世界レベルで、他国を植民地にするとかいった行動が行われなくなった事。
・日本を直接的に攻撃しようとしている国がなかった事。
・日米同盟があり、いざとなればアメリカ軍が助けてくれる事。
・自衛隊も、けっこう強力である事。

などが、本当の平和の理由です。
北朝鮮や韓国、中華人民共和国といった国が、今の日本の憲法に感銘を受けて、「では、侵略を止めよう」と思う事は無いのです。
今の日本は、自国に厳しく、他国に甘過ぎるので、
どさくさに紛れて、北方領土を取られ、竹島を取られ、今度は尖閣や沖縄を取られようとしています。
軍事力が無ければ平和が訪れるとか、
まあ、基本的に馬鹿な考えですね。
実際、自衛隊も無い時代に、韓国に竹島を占領されてしまった。
こういった事に関して、知恵をつけていけない政党、政治家は、馬鹿者です。

戦後、アメリカのマッカーサーの力が大きく働いて、今の日本の憲法も作られた。
マッカーサーとか、現場の人々は、日本軍の強さを、よーく知っていたので、日本の軍事力を弱めるために、この憲法が大きく貢献した事はわかります。
ただ、いくらなんでも、将来、70年近く憲法が改正されないでいるとは当時は思わなかったでしょう。

ほんと、もう自分達の手で憲法を改正、もしくは新しく創る、てな事をしないとケジメがつきません。
北朝鮮や韓国、中華人民共和国に、いつまで反省文を書かなければいけないというのか。
韓国も日本に対して、いい加減にしないと、本当に亡国への道が目の前に迫っている感じがします。

アメリカの力もかなり低下している感じがします。
米中経済対話などとやっていますが、今の中国に対話で何とかなると思っているところは幼稚です。
アメリカという国は、どうしても自国中心の部分があり、他国に対する評価が、あまり正確でないという欠点があると思います。
日本と戦争する前、戦争中も、日本の事をよく研究しているようで、実は、日本文化のレベルの高さ、民意の高さがわかっていなかったところがあると思います。
中華民国の対日プロパガンダ作戦にもひっかかってしまうところもあるしね。
情報戦略ができているようで、実はあまりできていないところがあるんだよな。

今後の世界のリーダーは、日本がやるしかありません。
エルカンターレ文明発祥の地である日本が世界のリーダーになるしかないのです。

---------------------

ところで、本日というか昨日(7/10)、幸福実現党 総務会長 かとう文康さんが、久喜、白岡、蓮田に来て、うちのカミサンがウグイスをやったとの事だ。



共通テーマ:

大平正芳の大復活 [仏法真理(霊言-政治、軍事)]


大平正芳の大復活

大平正芳の大復活

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2013/07/06
  • メディア: 単行本



まえがき
第1章 安倍自民党に苦言を呈す
 1 大平正芳元総理を招霊する
 2 安倍政権への厳しい評価
 3 中国・北朝鮮への一手
 4 「幸福の科学」に対する認識
 5 大平元総理の「過去世」
 6 時代の変化が近づいている
第2章 哲人政治家が語る「過去と未来」
 1 二十世紀の日本に生まれた理由
 2 権力闘争の霊的背景
 3 経済と外交の未来を開くために
 4 改めて「過去の転生」を訊く
 5 「世界伝道」へのアドバイス
 6 先の大戦をどう見るか
 7 中国に関する「もう一つの選択肢」
 8 「世界を束ねるキリスト」の出現
 9 世界レベルの話だった「今回の霊言」
あとがき

-----------
自民党の政治家で、宗教的な人は、非常に数が少ない。
言い方は厳しいが、底が浅い人々の集まりとも言える。
といって、決して自民党以外の政党が宗教的であるわけではないが。

大平さんは、日本ではおそらく数少ないクリスチャン政治家で、政治と信仰に生きた人と言えるでしょう。
今で言えば、幸福実現党的とも言えます。

基本的に、政治家は、神や仏の意志が読み取れる人でなければいかんでしょう。
自らの内に、信仰と言う土台があれば、他の人に多くを聞かずとも、正しさの基準がわかるものです。
これは大変重要な事です。

現代の文明の発祥の地の一つ、ギリシャにて、民主主義社会が行われていたわけですが、その基底には、神々への尊崇があった。
信仰無き人々の民主主義では、自己保身の政治が行われるだけであって、政治の中心には、やはり仏神の心が無ければいけないと思う。

しかし、大平さんの過去世は、イエスの12使徒だったとは驚きです。



タグ:大平正芳

共通テーマ:

ビートたけしが幸福実現党に挑戦状 [幸福実現党]


ビートたけしが幸福実現党に挑戦状

ビートたけしが幸福実現党に挑戦状

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2013/07/06
  • メディア: 単行本



まえがき
1 芸能界のゴッドファーザー、登場!
2 毒舌からのスタート!
3 その“成功”の原動力
4 霊界観・死生観に迫る!
5 政治家の条件とは?
6 「悪魔」を騙る!
7 テレビ業界の真相
8 政界を斬る!
9 「実力の限界」が見えた
あどがき

昔は、お笑い番組とか、歌番組とか、そこそこ見ていたけど、最近は、とんと見なくなった。
やっぱ、もう少し、ためになるとか、勉強になるとか何かメリットが無いと時間がもったいなく感じてしまう。
池上明さんの番組とか多くなっているのも、多くの人々は、そう感じているのかもしれない。
という事で、TVタックルとかは微妙だな~。

しかし、日本人はちょっと勘違いしているところはあるね。
テレビというものは、本当に、この世界のほんの一部しか紹介していないという事です。
テレビ局の好み、日本のテレビ業界の好みで映し出すものが限定されていて、いつも同じ顔(^u^)ばかりが出ているって感じ。
本当に、1億3千万の人が住んでいる国なのだろうか、と思ったりもしてしまいます。

ま、ビートたけしさんも、ずっと昔から見てはいますが、
基本的には、いい人だと思うのだよね。
ただ、それを絶対にストレートに出さないだけではないかね。

という事で、ここはちょっと、視聴率を無視して、幸福実現党をテレビに出してやってもらえないだろうか?
局の意向とかあるでしょうが、大御所が、「これで行きたい」と言えば、何とかなるのではないかなあ。
毎週一人、幸福実現党の誰かを番組に出すと。

はっきり言って、今の日本のテレビ局は、先が読め過ぎて面白くない。
視聴者が、「ええー!」と思う様な事は、まず無いですからね。
NHKが、大川隆法総裁の霊言をスペシャルで取り上げるくらいの事はしないとねえ。
これだけの奇跡というか、霊界の証明やってんだから、
食いついて来るくらいのガッツが無いとテレビなんて、無駄に電波を浪費しているだけだよ。

もう堅苦しいのは止めようではないか。
柔軟頭で行こうや!
国益に直結するなら即行動です。
テレビ業界の人々も、新聞社の人々も、中途半端にエリート意識やるのはやめい!!
「宗教だから出さない」
とか、自分達で何縛っているのだろうか。

-------------

柴山沼(しばやまぬま)
DSC_0311.jpg
DSC_0312.jpg
確かに谷井候補は、この写真の先の点に見えるくらいのとこまで行って、釣り人に声をかけていた。
確実に35度くらいあったと思う。

共通テーマ:

幸福実現党【埼玉】 谷井みほ候補 7/7 久喜、蓮田 [幸福実現党]

久々に、谷井みほ候補に、久喜方面に来てもらいました。
日曜の午前・久喜駅、昼・蓮田駅は、
ちょい人の数はまばらですが、谷井候補の視界に人が映った途端、ぱーっと、突っ走っていってました。
とにかくパワフルさに関しては、他の埼玉の候補者の追随を許さないのではないか?
というか、参院選候補者以前から、それは同じですが。

昼間も、ぶっ倒れるくらい暑かったです。
午後は、谷井候補は川口へ。

DSC_0310a.jpg
DSC_0306.jpg
DSC_0314.jpg

しかし本当に、若者も選挙に行く事をお勧めします。
今、若い人程、選挙に行かないので、政治家の政策が、あまりにも年配者の方に偏りすぎているのではないかと思いますね。
若者が、政治について考え、きちんと未来を考えた政策を主張している政党、候補者に票を入れるようになると、この国の未来は明るくなります。

30年先、50年先まで日本の政治を考えているのは、幸福実現党しかありません。
本当に、日本の未来を考えていれば、
どうしても、”国防” とか、 ”TPP参加による自由貿易推進”、”生涯現役” などは、政策として逃げるわけにはいきません。

ま、年齢の行った方も、”生涯現役” を訴える幸福実現党に投票して損する事はありません。
幸福実現党の国会議員が1人、5人、10人、50人、100人と増えていくにつれて、絶対に、この国は良くなります。
”絶対に”です。


共通テーマ:日記・雑感

幸福への決断 [大川総裁御法話]

DSC_0262.jpg
DSC_0264.jpg
2013年7月6日(土)、
パシフィコ横浜を本会場にて、幸福の科学、及び、幸福実現党創始者 大川隆法総裁による大講演会が行われた。
エジプトや韓国へのメッセージ、
また、今の日本は、待った無しの状態にあるという事について述べられた。

やはり、段々と時は迫っている感じがします。
日本の政治家も国民も、小さな自分達だけの幸福を追い求めるだけでは済まなくなって来ています。
世界の中の日本。
そう意識せざるを得ない時に来ている。
人気取りの政治など、もはややっている場合ではないのだ!!!
---------------
・大講演会が終わり、パシフィコ横浜の裏手へ。
DSC_0290.jpg

・上空を見上げると、何やら光ったリングの様な雲が。
DSC_0294.jpg

・表に出てみるとやはり人だかりが。
DSC_0297.jpg

・これを単なる雲と思うか。
DSC_0298.jpg

・それとも何か別のものと見るか、それは、賢明なブログの読者の判断にお任せしよう。
DSC_0301.jpg
(自分なりの想定はついているが・・・)


共通テーマ:日記・雑感

世界でダントツ、既存政党に政党交付金が支給される日本 [幸福実現党]

日本は、世界で一番、断トツに、既存の政党に政党交付金が支給されています。
世界で一番、既存政党の維持に税金が使われている国なのです。
断トツです。

そしてその、日本国民の税金で養われている政党の代表や役員が、NHKを中心とした各テレビ局の公開討論番組に出演し、新聞なども、まるで宣伝広告しているかのように多くの記事を書いています。
片や、幸福実現党は、当たり前ですが、政党交付金など全くもらっていません。
税金をもらっているわけではなく、自分達でお金を出してやっているのです。
(自分∈自分達)
(ま、共産党も貰ってないがな)

そして、幸福実現党は、NHKを含めた討論番組など”一度も”呼ばれず、テレビも新聞も、広告費を払わなければ載せてくれないような状況が非常に多いです。
政党交付金が税金でまかなわれている政党に対して、マスコミは一生懸命紹介し、もらっていない政党は、意見を広く国民に訴えるのは、「自分達でやれ」と言っているわけです。

政策なども、かなり無視されているため、もともと幸福実現党が主張していた政策も、他党に横取りされて、まるで自分達のものであるかのような感じで横取りした政党はやっています。
テレビも新聞も幸福実現党の政策を、ほとんど言ってくれないので、国民はそうした事実も知りません。

はっきり言って、幸福実現党は、もの凄い不利な状況で4年間戦い続け、今度の参院選でも戦っています。ただ、断じて主張を止める事はありません。

国防強化!
消費増税中止!
生涯現役社会!

お金や、名誉、生活のためにやっているわけでは無く、この国の未来のためにやっているのだ。

--------------

珍しく、幸福実現党も加わった、毎日新聞の
「あなたと政党・候補者の一致度数がわかる えらぼーど」
なるものをやってみた。
自分は、幸福実現党との一致度数は、87.5%で、
その次が、維新 57.1%
自民党は、31.6%
民主党 15.8%
などであった。


共通テーマ:日記・雑感

比例は幸福! [幸福実現党]

現代の民主主義は、多数決の原理が根底にある。
確かに、数多くの国民の意見を汲み取る事は、非常に大事だ。
最大多数の最大幸福を実現していくのは政治の使命。
しかし、少数意見だからと言って軽率に対処してよいものでもない。
ある意味、この矛盾したベクトルを、両立させていかなければならない。

ただ、国家の運営は、諸外国との外交や貿易も関係してくるところが、地方政治と大きく異なるところだ。
今、日本の周りは、必ずしも友好的な国々で囲まれているわけではない。
特に、中国は、尖閣諸島や沖縄を、自分達のものであるかの様な、危険な主張を繰り返しています。
また、北朝鮮や、韓国も、中国と同調政策を取っています。

日本は、戦後、軍事をアメリカにお任せして、経済成長・繁栄の方向へ特化できました。
ただ、残念ながら、世界第二位、第三位の経済大国が、未だに国家の防衛を、アメリカに過度に依存し、アメリカ軍占領下に、押し付けられた憲法を、一字一句変える事無く、自虐史観のまま持ち続けています。
自分達の憲法を持っていないのです。

日本人は、嘘つきの集団でもなく、他国を侵略したいと思っている人々で満ちている国でもなく、犯罪が多い国でもありません。
基本的には、他国と仲良くやりたいと思っている人々が圧倒的に多い国です。
が、武力や言論でもって威嚇されて、理由も無く、「申し訳ありませんでした」と、謝り続け、お金と、領土を差し出し続けて、それで「万事良し!」としてよいのだろうか。
やはりそれはおかしいのではないだろうか。
ここが、現代の日本人の意識の分岐点です。

日本の誇りを取り戻さねば、この国は中国の自治区になります。
断じてそれは避けねばなりません。

憲法を改正し、自衛隊を国防軍とし、
他国に対し、言うべき事はきちんと言う。
それが、普通の国家のあるべき姿なのです。

幸福実現党は4年前から同じ事を言っています。
これは、選挙で当選する、しないを超えた視点で、政策を考えているからです。
正しい事を正直に主張し、訴えかけ、自我我欲ではなく、人々から徳を引き出す民主主義を実現する。
これが、未来を築く、新たな徳治主義的民主主義だと思う。


共通テーマ:日記・雑感

幸福実現党 谷井みほ候補をよろしく!【埼玉】 [幸福実現党]

ネット選挙が解禁されましたので、有権者も選挙運動が可能になりました。
以下は、幸福実現党 谷井みほ候補の7/4(木)の予定です。

11:00 浦和駅西口にて第一声(応援弁士:さいたま市民ネットワーク事務長 水野臣次氏)
11:30 浦和駅東口にて街頭演説(応援弁士:幸福実現党総務会長 加藤文康)~ 浦和区内街頭演説
15:00 選挙事務所にて出陣式
16:00 大宮駅東口にて、幸福実現党党首 やない筆勝と共に街頭演説
17:00 大宮駅西口にて街頭演説
18:30 西川口駅東口にて街頭演説
19:05 川口駅東口にて街頭演説

--------------------
やはり、今の日本の政治に必要なのは、
その場しのぎの場当たり的な対応ではありません。
嘘や、ごまかし、選挙の時だけ国民の関心を買う、
その様な政党、政治家は、もういい加減、選択肢から外していかなければいけません。

本当に、長期的に日本の未来を考え、この国の国民を幸福にしていくのは幸福実現党以外にはありません。
他の政党は、もう既に実績は出ています。
ここ半年の経済の持ち直しも、幸福実現党の政策を、与党が行っていたからに過ぎません。
正しい政策の源は、幸福実現党にある、という事を日本の全国民に知らしめるべきです。

古き革袋ではなく、新しき革袋に葡萄酒を入れよ!!
この国は、土台から新しくする事により、幸福を実現する事ができるのだ!!!

共通テーマ:日記・雑感

尖閣・沖縄が日本の領土である動かぬ証拠 (HRPブックレットシリーズ) [幸福実現党]


尖閣・沖縄が日本の領土である動かぬ証拠 (HRPブックレットシリーズ)

尖閣・沖縄が日本の領土である動かぬ証拠 (HRPブックレットシリーズ)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 幸福実現党
  • 発売日: 2013/03/19
  • メディア: 単行本



P01 尖閣は日本の領土
   中国が絶対に反論できない!! 26の証拠
   証拠1~証拠7
P06 まえがき
P08 [緊急対談]
   尖閣はすでに開戦前夜! 日本人は、この現実に目を向けるべき
   幸福実現党党首…矢内筆勝 ジャーナリスト…鳴霞
P13 第1章 動かぬ証拠 part1
   証拠8~証拠15
P26 尖閣上陸ロッカー・トクマの「世直し 幸福塾!!!」
P31 第2章 動かぬ証拠 part2
   証拠16~証拠26
P46 台湾の「4つの主張」への反論
P49 カラーで見る! 許しがたい 中国のねつ造の証拠
P53 第3章 動かぬ証拠 沖縄編
P54 しいちゃん・為朝さんの よく分かる! 沖縄と本土のルーツの話
P59 特別寄稿
   戦後沖縄史観の虚構を正す―沖縄と本土の絆 
   明星大学戦後教育史研究センター/勝岡寛次
P64 「習近平に告ぐ!」
   日本人を代表して、尖閣防衛宣言
P66 あとがき

------------------
今回の参院選で、幸福実現党以外の各党は経済政策を中心に主張するようです。
まあ、確かに経済もうんと大事だが、憲法改正、国防強化も、待った無しの状況にあります。
今の日本の既存政党は、票が沢山取れれば良い、という事を第一優先にして政治を行っています。
情けない限りです。

マスコミや、国民一般の感情論で国の政策を決めてはいけません。
大事な事は、誰が何と言おうとも主張しなければならないもの、それが政治というものだ。

幸福実現党は、第一には国防、第二には消費増税廃止 の順番でやっています。
今の日本の状況を考えたら、それが優先順位なのです。

今、もの凄く、北朝鮮、中国、韓国、そして日本、フィリピン、台湾、ベトナム、などは危険な状態でしょう。
中国の経済の崩壊が、よりいっそう進み、中国国民が暴れ出す状態になったら、中国人民解放軍は、その矛先を近隣諸国に向ける可能性が、大変高いと思われます。

もし、日本の既存の政党に、この危機感が無いのならば、既存の政党はすべて解党してしまってもよいでしょう。
先を見る目、先見性、これが無いと、もう国民を幸福な方向へリードしていく事はできません。

まずは、日本の防衛を強化せよ!
タグ:尖閣・沖縄

共通テーマ:

WiLL (ウィル) 2013年 08月号 [「WiLL」]


WiLL (ウィル) 2013年 08月号 [雑誌]

WiLL (ウィル) 2013年 08月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ワック
  • 発売日: 2013/06/26
  • メディア: 雑誌



とうとう、幸福実現党関係者を出してくれましたので、WiLL買いました。
売上、上がるだろうね。
ちょっと「正論」は、遅れを取りました。

このWiLLでは、饗庭直道さんの論考「韓国ロビイストがやっていること」
が出ています。
幸福の科学出版の広告も2ページ分出ている。
ま、まだ、饗庭直道さんのところしか読んでいませんので、とりあえずその部分のみという事で。

アメリカ政治が相当、韓国のロビイストに洗脳されています。
ニューヨーク州・ナッソー、ニュージャージー州・バーゲン
そして、グレンデール
でも、「慰安婦像」が設置されようとしているとの事。
相当、反日を活発にやられてしまっています。
日本は、まるで、韓国に対して、アウシュビッツみたいな事をしたようにアメリカの議員を洗脳してますね。

ちょっとこれ、日本側が本腰を入れて対処していかないと、マジで日本は犯罪国家みたいな烙印を押されてしまいかねないですね。

しかし、さすが全米共和党顧問。
よくリポートされているのではないかと思います。

---------------------------
いや、ホント、中国と韓国は、かなりお仲間になってしまいました。
1010778_410188885763748_1761501463_n.jpg


タグ:Will 饗庭直道

共通テーマ:日記・雑感