So-net無料ブログ作成

坂本龍馬天下を斬る!―日本を救う維新の気概 [仏法真理(霊言-明治維新)]


坂本龍馬天下を斬る!―日本を救う維新の気概

坂本龍馬天下を斬る!―日本を救う維新の気概

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福実現党
  • 発売日: 2012/09
  • メディア: 単行本



1 「維新ブーム」の今、龍馬がいたら何と言うか
2 つくられた「維新ブーム」を怒る
3 幸福実現党に「プロの自覚」を問う
4 国防における「真のリーダーシップ」とは
5 国連を改革し、宇宙時代を拓け
6 日本は「廃憲」して「創憲」せよ
7 「正論」を堂々と撃ち込め

続々と霊言の新刊とかが出ていますので、それを紹介すべく書いているブログの方が出版に追い着いていない、といった前代未聞の事態になっています。

●近々にブログを書かなくてはいけないのは以下とか。
「中国と習近平に未来はあるか 反日デモの謎を解く 習近平・守護霊インタビュー」
「NHKはなぜ幸福実現党の報道をしないのか 受信料が取れない国営放送の偏向 守護霊インタヴュー!石田研一放送総局長&森永公紀報道局長」
「アインシュタインの警告 反原発は正しいか 公開霊言」
「国を守る宗教の力 この国に正論と正義を」
「映画「神秘の法」完全ガイド 公式ガイドブック(2)」

●其の次に控えているのはこれら。
「朝日新聞はまだ反日か――若宮主筆の本心に迫る」
「天才作家 三島由紀夫の描く死後の世界」
「スピリチュアル党首討論――安倍自民党総裁vs.立木幸福実現党党首」
「従軍慰安婦問題と南京大虐殺は本当か?――左翼の源流vs.E.ケイシ―・リーディング」

--------------

まあ、これだけ日本人に対する警告の本が出ていて、更に、中国で反日運動が開始され、軍事的圧力をかけられるギリギリのところにあるのだから、もう本当は、日本人の2~3割くらいの人々は、幸福実現党や幸福の科学に集結しなくてはいけない、というのが本当のところではないか?

ただ、マスコミは報道しないし、未だに「宗教だから」といって警戒する人々は多い。
チベットやウイグルや内モンゴルの様に、一度軍事的に占領されてしまったら、なかなかそれを解放していくのは簡単な事では無いのだが、「まさかそこまでは」と考えている人も多いと思う。
しかし、唯物論国家に占領されてしまったら、こういったブログなども当然書けなくなる。
もう少し緊迫感が必要だよ。

この本、『坂本龍馬天下を斬る!―日本を救う維新の気概』なども、本当に霊界から坂本龍馬が大川総裁を通して語っているものなのです。
1867年に、斬られて死にましたが、ちゃんとあの世で元気に生きているわけです。
龍馬は、人々の幸福のために生きた人間ですから、けっこう霊界でも高次元の霊界にいます。
7次元・菩薩界というところです。
で、そのレベルの霊人に、一時的に肉体を貸して、自由に語らせる事が出来るなんて事は、誰もが出来る事ではありません。
龍馬以上に、人々の幸福のために生きる心境を持っていないと、その様な事は出来ません。
やはり、仏陀くらいでないと出来ない事なのです。

あの世の世界は100%あるのです。
死んで終りではありません。
しかし、邪悪な心だと地獄に行き、多少なりとも天国的な心を持っていれば天国に還ります。
この単純な事実を、仏陀やキリストの時代も、そして現代も、連綿と伝えていくのが本来の宗教の使命。
あの世が本当にあるとわかれば、この世で領土の争いとかでわいわいやっている事も馬鹿馬鹿しくなる。
ただ、正義は正義として、この世から消えてはいけない。
侵略の意図を持った人々を、この世で反省させる事が大事。

最低限、悪を蔓延(はびこ)らせない事も大事。
唯物論国家に日本やアジアの国々が支配される様な事があってはならない。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
坂本龍馬
いやあ、情けないよ。情けない。実に情けない。
この「維新」という言葉だけで、「票が取れて、当選しそうだ」「第一党になれるかもしらん」っちゅうて、いっぱい便乗してくるなんちゅうのは、こんな悔しいことはねえわな。
さらに、「船中八策」を、何じゃ、「維新八策」だとか称して使っただけで、新聞が全部飛びつくっちゅうんだろ?
もう何ちゅうか、こんな間の抜けた話はないわな。
p26

タグ:坂本龍馬

共通テーマ:

ウイグル、チベット、内モンゴルを盗んだ国は? [中国、北朝鮮]

中国当局が、日本が尖閣諸島を盗んだとほざくならば、日本政府はウイグル、チベット、内モンゴルを盗んだ国はどこの国かを、明白に主張していこう。
(参考)
今回も多くのチベットの人々が焼身自殺で抗議しているようだが、盗賊国家は、それに対してどう弁明するのか?
一体、どれだけ国を奪って弾圧したら気がすむのだろうか?
中国の国内問題ではない!
侵略して、勝手に併合しているだけだ。
強奪国家は中国の方である事を、全世界に対してはっきり知ってもらおう。

中国は、ウイグル、チベット、内モンゴルを解放せよ!!!



共通テーマ:日記・雑感

Voice (ボイス) 2012年 09月号 [雑誌]


Voice (ボイス) 2012年 09月号 [雑誌]

Voice (ボイス) 2012年 09月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2012/08/10
  • メディア: 雑誌



【総力特集】財務省に騙された日本
世界最低の「官僚社会主義」と訣別せよ 柳井 正
「数字の辻褄合わせ」増税は破綻を招く 江田憲司
消費増税の長期的壊滅効果 原田 泰
など。
【特集】沖縄が侵攻される日
拙速なオスプレイ配備は日米同盟を毀損する 前原誠司/飯田泰之
西太平洋の「中国の海」化を阻止せよ 平松茂雄
沖縄を戦略的に必要としなくなったアメリカ 日高義樹
“身の毛もよだつ”中国の少数民族弾圧 有本 香
など。

もう昔の号になってるけどね。
ま、経済と国防がバランス良く載っているので"良"です。
ユニクロの柳井さんも、かなり言いたい事を言っています。
もう「ボケナス!」ってな感じですね。
民間企業で、緊張感持ってやっている多くの日本人から見たら、霞が関の官僚など仕事をしている様には見えないでしょう。
逆に、もう民間の活力を止めているというか、低下させている感じはするよな。
前、大川総裁も言われたけど、何か役所に許認可とか取るために申請しても、反応が返って来るのが遅すぎると。1ヶ月かかればそれだけ生産性は当然下がります。
3ヶ月とかいったらもう莫大な企業の持ち出しも発生するでしょう。
未来経済はスピードが勝負ですから、スピードが遅いものはやはり負けていきます。
お金の循環も、それだけ回転率が下がります。

公務員も"Time is Money" の考えを、もう絶対に取り入れないとダメです。
ま、早くてミスが多いのでも困りますが、「早くて正確」を合言葉にやっていかないと、役所が本当に日本経済の足を掴んで放さない状態のままでいる事になります。
何度も言うけど、日銀と財務省は、相当、日本経済の癌細胞と化している事を知らねばならない。
20年間の日本の経済停滞が無ければ、韓国も中国も絶対に今みたいに威張っていません。
年間3%だろうが20年間発展してれば、税収だって自然に増えていき、年間予算が税収の倍などになっていません。

政治家と官僚が経済を知らなさすぎる為、今、日本に国防の危機まで来てしまっているのです。
安住財務大臣なども、「円高だから為替介入」といった馬鹿の一つ覚えみたいな事はやめてくれないかね。
為替介入の莫大なお金は、信じられないくらい日本国民に損をさせていると思うよ。
無駄使いは本当にやめろ。

---------------

尖閣の問題だけど、日本政府は、もっと尖閣に日本人が住んでいた時の写真とか全世界に公開するべきだな。言葉より、実際に日本人が住んでかつお節の工場とかやっていた事を視覚に訴えた方が効果がある。
アメリカの人々や、デモやっていた中国の人々だって、日本人が住んでいた事があるとか、そんな事さえ知らないのだよ。
ちゃんと証拠を出せば、中国の人々だって、「また我々は当局に騙されていたのだ!」と、その怒りの矛先は政府の方に向かいます。
バーンと世界中に発信してくれ!

220px-Senkaku_bonito.jpg


共通テーマ:日記・雑感

トルストイー人生に贈る言葉―公開霊言 [仏法真理(霊言-作家系)]


トルストイー人生に贈る言葉―公開霊言 (OR books)

トルストイー人生に贈る言葉―公開霊言 (OR books)

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2012/09
  • メディア: 単行本



1 トルストイに「平和主義」の真義を訊く
2 「ロシア革命」について想うこと
3 現代の国際関係を案じる
4 「愛の概念」の理解について
5 ドストエフスキーについて語る
6 トルストイのキリスト教観
7 ロシアへのメッセージ
8 転生の秘密を明かす
9 光あるうちに、光のうちを歩め
10 「トルストイの霊言」を終えて

レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ(露: Лев Николаевич Толстой(ヘルプ / リンク), ラテン文字表記:Lev Nikolayevich Tolstoy, 1828年9月9日〔ユリウス暦8月28日〕- 1910年11月20日〔ユリウス暦11月7日〕)は、帝政ロシアの小説家・思想家である。ドストエフスキー、イワン・ツルゲーネフと並んで19世紀ロシア文学を代表する巨匠。
代表作に『戦争と平和』『アンナ・カレーニナ』『復活』など。文学のみならず、政治・社会にも大きな影響を与えた。非暴力主義者としても知られる。
(Wikipediaより)

うーむ、正直言ってロシア文学はロクに読んだ事も無いのだよね。
子供の頃、家にあった事はあったのだが、分厚すぎて字が小さく、挿絵も何もない本だったので、敬遠してしまってね。
ただまあ、ロシア革命以前、文豪達がこぞってロシアの地に生まれたという事は、このトルストイの霊言を読んで理由がわかった。
将来、唯物論・共産主義国家ソビエト連邦が起きる可能性があるという事で、何とか文学を通してそれを防ごうとしたのではないのかな。
そんな感じがします。

ただ今ではもう、ソビエト連邦は崩壊し、一応、民主的国家に変化、というか、戻った状態になっているので、ロシアの地も文化的にも経済的にも盛り返してもらいたいよね。
トルストイも随分言っていますが、ロシアと日本は、もっと親交を深めるべきだろうな。
国土は未開発の場所がほとんどだし、純粋に土地活用の観点からも、資源の利用からも、もったいないよね。
北方四島など、ロシアの国土の広さから言えば、本当に微々たるものだ。
日本は、めっちゃ国土が狭いのだから、その程度はすぐ返してもらいたい。
そして、いろいろな交流を日本とロシアの間で深めていけばよい。

ロシアは全体的に寒い地域だが、インフラを整備していけば全然住めないところでもないだろう。
交通網を充実させて、近代化させていけば住みやすい土地へと変える事も可能だと思う。
日本とロシアは協力してシベリア方面からでも開発していくべきである。
文化的交流にしても、今は中国よりかはロシアと密接にしていった方がよい。

しかし、トルストイという人物が、非常に高貴な霊界から出ている人物であった事が、今回の霊言でわかった。
ちと、分厚い本も読まなきゃいけないかな、と思う。

タグ:トルストイ

共通テーマ:

野獣対談―元祖・幸福維新 [幸福実現党]


野獣対談―元祖・幸福維新

野獣対談―元祖・幸福維新

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福実現党
  • 発売日: 2012/09
  • メディア: 単行本



1 幸福実現党・松島幹事長と“気楽に”対談してみたい
2 『夢のある国へ──幸福維新』の先見性
3 外交・国防の問題から逃げるな!
4 国家にも「経営マインド」が必要だ!
5 マスコミによる報道管制は「民主主義の否定」だ!
6 国政をやるなら、憲法試案を出せ!
7 ローマ方式で政党幹部を育てる
8 国民の生命や安全、財産を守る!
9 幸福実現党は、二十一世紀の国家設計に入っている
10 世界全体の富が、十倍、百倍になっていく姿が見える

松島幹事長は今年のGW頃だったか、支部に来てもらって『ファイナル・ジャッジメント』の簡易版の研修をやってもらいました。
ま、ちっこい支部なんですが、自分も政治担当なので、お昼を食べながら歓談させていただきました。

野獣というよりか、とても丸くて気さくな方ですよね。
盛岡でラジオやってるんですよね。
恐い感じは全くしませんでした。
あえば直道さんの方が恐いんじゃないかな。

やっぱ、総裁と同じく商社マンだった事もあり、実経済に関しては詳しいですね。
政治家(国会議員)も経済と国防がわからにゃ、意味ないですよ。
そこんところが一番重要で、それがちゃんとしていて、初めて福祉とかに回せるお金が出てくるのでね。

タグ:松島幹事長

共通テーマ:

横井小楠日本と世界の「正義」を語る―起死回生の国家戦略 [仏法真理(霊言-明治維新)]


横井小楠日本と世界の「正義」を語る―起死回生の国家戦略

横井小楠日本と世界の「正義」を語る―起死回生の国家戦略

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福実現党
  • 発売日: 2012/09
  • メディア: 単行本



1 明治維新期に現れた思想界の巨人
2 明治維新を成功させた「思想の核」
3 日本の戦後体制を見直す
4 国防の要諦は「核武装」
5 「失われた二十年」への総括を
6 「国家の正義」と「世界の正義」
7 横井小楠が明かす転生の過程
8 世界的なスケールを持っていた横井小楠

横井 小楠(よこい しょうなん、文化6年8月13日(1809年9月22日) - 明治2年1月5日(1869年2月15日))は、日本の武士(熊本藩士)、儒学者、政治家。維新の十傑の1人。
熊本藩において藩政改革を試みるが、反対派による攻撃により失敗。その後、福井藩の松平春嶽に招かれ政治顧問となり、幕政改革、公武合体の推進などにおいて活躍する。明治維新後に新政府に参与として出仕するが暗殺された。
(Wikipediaより)

確かに、本の中で大川総裁が言われている通り、非常にスケールが大きく、日本を超えた見方をしている様に思われます。
戦後の日本の姿についても、的確に述べている。
自分が勝手に書いているブログのレベルで、思想のいいとこ取りされては困るので、詳細な内容については読んでいただきたい。
まあ、保守系の思想家、政治家、大学教授などは、しっかり読んで、左翼の最期の砦を撃破していただきたいと思います。

しかし、本当に短期間に膨大な霊言が出ています。
そして、霊人の多くは、迫り来る国防の危機を訴えています。
横井小楠さんも、このままでは中国に占領されて、日本の知識人が数百万単位で粛清されると言っています。
映画『ファイナル・ジャッジメント』も、これから上映する『神秘の法』も、日本が近隣の大国に占領されるストーリーになっています。

大事な事は、「ではどうするか?」という事です。
そういった近未来の予言を回避するにはどうするか?
日本人一人一人は、この事について真剣に考え、行動する時が来ています。

民主党や自民党や、日本維新の会ですか、そういった人々も、相当、大川総裁の霊言を読んで参考にしている事と思いますが、「ではどうするか?」という事ですな。
実際、10倍の人口と、数多くの核ミサイルと、そこそこ近代化した武器と、10倍の兵員がいる中国。
そして、核を持っているかもしれない北朝鮮。
反日の韓国。
こうした国を相手に、どう対峙していくか?

最低限言える事は、次の衆院選で、最低一人の幸福実現党の議員を国会に送らないとマズイですね。
これは、与党が自民党になったとしても、どの政党になったとしても、御意見番の幸福実現党の議員を最低一人、できれば数人は国会内に持っていないといけません。
自民党が与党になる可能性が高いのなら自民党は幸福実現党の議員を当選させるべく努力せにゃいけません。
どうしたらよいか判断に迷う場合は、その実現党議員を通して、総裁の意見を聴く、という事が出来るでしょう。

当然、マスコミも、そういった方向で幸福実現党を取り上げないといけません。
そうしないと、本当に、この国がもちません。


共通テーマ:

カミソリ後藤田、日本の危機管理を叱る―後藤田正晴の霊言 [仏法真理(霊言-政治、軍事)]


カミソリ後藤田、日本の危機管理を叱る―後藤田正晴の霊言

カミソリ後藤田、日本の危機管理を叱る―後藤田正晴の霊言

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福実現党
  • 発売日: 2012/09
  • メディア: 単行本



1 危機管理のエキスパートに訊く
2 後藤田氏の霊が出てきた理由
3 「竹島問題」に、どう対処するか
4 「国防の考え方」のポイント
5 この国の価値観を、どう正すか
6 幸福の科学や幸福実現党は「国の宝」
7 後藤田氏の「過去世」について
8 最後に言っておきたいこと
9 「後藤田正晴の霊言」を終えて

後藤田 正晴(ごとうだ まさはる、1914年8月9日 - 2005年9月19日)は、日本の警察官僚、政治家。衆議院議員(当選7回)。
警察庁長官、中曽根康弘内閣の内閣官房長官、行政管理庁長官、総務庁長官、宮澤喜一内閣の副総理、法務大臣などを歴任し、「カミソリ後藤田」、「日本のアンドロポフ」、「日本のジョゼフ・フーシェ」などの異名を取った。位階勲等は正三位勲一等。
(Wikipedia より)

自分もこの本を読んで初めて知りました。
後藤田氏が大川隆法総裁の郷里の先輩にあたり、後藤田氏が大川総裁のために自治省の官僚の席をとっておいてくれたという事を。
結局は、大川総裁は自治省を断り、商社へ行かれるわけですが。

後藤田氏が活躍した時代は中曽根内閣、宮澤内閣の時代で、もう一昔前になりますが、当時のニュースなどでは、よく後藤田氏の名前があがっていた記憶が自分にもあります。

霊界に還ってから、ちょっと高い所から日本を見渡せる感じになっているのだと思われますが、今の日本の危機管理に関して、非常に「なってないなあ」といった風に見ております。
当然でしょうね。
もう20年間も軍拡を続けている中国や、核ミサイルの配備寸前の北朝鮮、常に反日で国内世論をまとめようとしている韓国、そんな近隣諸国に囲まれていながら、政治家もマスコミも、国防についてまともな議論と実践を行なって来なかった。
そもそも、総裁が北朝鮮の核ミサイルについて言及されてから、もう15年くらいになるのではないでしょうか?
その間、それに対して日本としてどう解決する方向に持っていくか、全然進展してないですよね。
イージス艦によるSM-3 と、地上からのPAC-3 の迎撃ミサイルシステムは導入しましたが、本質的な解決方法ではないですよね。

更に、中国には南京大虐殺で責められ、日本が謝罪し、韓国には従軍慰安婦で責められて、日本が謝罪し、それが外交だといった感じで、ずっとやって来てしまった。
本当かどうかもろくに調べないで。

ま、それについては
「『従軍慰安婦問題と南京大虐殺は本当か?』 ―左翼の源流vs.E.ケイシー・リーディング―」
が公開される事を待ってください。

とにかく、もう待ったなし、のところまで来ているのは事実です。
ちょっと NHK など、さすがに風向きが変わりつつあるような気がしますが、ホントもう、マスコミも売上がどうのこうのといったレベルではなくなりますよ。
反日デモも、中東の反米デモも、習近平が行った事であり、ホント冗談では無く、今後、日本を核ミサイルで脅して来ますから。
一般の人々が普通に生活している時、突然、日本政府が降伏して人民解放軍が進駐して来る、なんて事が起こったら、日本のマスコミは全く使命を果たしていなかったという事になりますし、むしろ国を売ったという事になってしまいます。

日本の亡国の危機の時は、宗教だろうがマスコミだろうが政治家だろうが、全精力をあげてそれを回避しなくてはならんのです。
生意気だから引きずり下ろす、などと狭い了見は捨てましょうや。
年齢、性別、思想信条、過去の経歴、そういったものにとらわれる事無く、本当に、今、日本を守る事が出来る人に政治のリーダーになってもらうようにしましょうや。

来年の大河ドラマの事しか考えない? 占領されたら中国語でNHKを放送する?
馬鹿な事を言わんでくれ!
言論の自由、信教の自由の無い暗黒時代など、断じて回避すべきだ!!
中国もどんどん規制が厳しくなっている。

タグ:後藤田正晴

共通テーマ:

核か、反核か―社会学者・清水幾太郎の霊言 [仏法真理(霊言-政治、軍事)]


核か、反核か―社会学者・清水幾太郎の霊言 (OR books)

核か、反核か―社会学者・清水幾太郎の霊言 (OR books)

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2012/09
  • メディア: 単行本



1 「日本の核武装」を訴えた清水幾太郎に訊く
2 今の反原発運動を、どう見るべきか
3 中国の軍事力に、どう対処すべきか
4 清水幾太郎の「過去の転生」
5 清水幾太郎流「外国語学習法」
6 「清水幾太郎の霊言」に対する感想

清水 幾太郎(しみず いくたろう、1907年7月9日 - 1988年8月10日)は、日本の社会学者、評論家。

この方は、戦後しばらくは、左翼的な人物でしたが、60年安保以降は、現実的な保守論者となった様です。
月刊誌『諸君』1980年7月号の論文「今こそ国家たれ、核の選択」で、憲法改正、核武装を主張しています。
語学にも堪能だったとの事です。

うーむ、すみません。
自分は勉強不足で、この人の事はあまり知りませんでした。
自分の大学時代の専攻は半分、社会学みたいなものだったんだけど・・・。

ま、社会学者 清水幾太郎氏は、現代の左翼の主張の矛盾点についていろいろ指摘しています。
今、原発反対を叫んでいる人は、一昔前は、地球温暖化のためCO2排出に対してワーワー騒いでいた人ですが、原発に反対したら、その分、火力による電力発電依存になり、当然、CO2排出はずっと大きいものになります。非常に矛盾しています。

また、憲法9条改正反対とか平和憲法の維持を訴えたところで、今、共産主義国家である中国や北朝鮮が、物凄い武力重視国家になっています。
昔は、左翼はアメリカに対して"米帝"とかいう言い方をしていたのかもしれませんが、政治体制として、アメリカや日本より、中国、北朝鮮の方が、よっぽど帝国主義になっている事実があります。
自国民や近隣諸国を数万、数十万、数百万と殺しているのは、中国、北朝鮮の方ではないですか、ねえ。

--------------
清水幾太郎
どんどん、どんどん、中国の軍備が増強されている状況では、もう一回、"明治維新"が必要じゃないでしょうか。国防論から明治維新は起きておりますからね。このままでは、やられますよ。
おそらく、もうすぐ、フィリピンやベトナム、その他の東南アジアの国に対する、中国軍の侵攻が始まると思います。そして、日本に対しては、尖閣諸島や沖縄、その他に関する領有の主張が、軍事的なデモンストレーションと併せて始まると思いますね。P81


論文の書き方 (岩波新書)

論文の書き方 (岩波新書)

  • 作者: 清水 幾太郎
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1959/03/17
  • メディア: 新書




日本よ国家たれ―核の選択 (1980年)

日本よ国家たれ―核の選択 (1980年)

  • 作者: 清水 幾太郎
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 1980/09
  • メディア: -



DSC_0096.jpg
上の方が雲にかかった東京スカイツリー(2012/9/21)

タグ:清水幾太郎

共通テーマ:

今上天皇・元首の本心―守護霊メッセージ [仏法真理(霊言-日本史、日本神道、陰陽師)]


今上天皇・元首の本心―守護霊メッセージ (OR books)

今上天皇・元首の本心―守護霊メッセージ (OR books)

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2012/09
  • メディア: 単行本



現天皇陛下の守護霊の御言葉です。
基本的に、現天皇陛下から、ある程度、自由に御言葉をいただくとした場合、この様に答えられるという事です。
普段、なかなか本当の事を言える機会がありませんので、大川隆法総裁を口を通して語っていただきました。

各問題に対して、極めてはっきりした意見を持たれ、まさに、日本という国に誇りを持った国民の総意を代弁しているとも言えるのではないかと感じました。
決して、本霊言によって、天皇陛下としての尊厳が失われるわけでな無く、逆に、国内外に対して日本の皇室の意識の高さを伝える事が出来るのではないかと思います。

おそらく、人によっては、この本を、守護霊霊言と思わずに、現天皇陛下が直接御言葉を発した本として購入して読む人もいるかもしれませんが、それでも全く違和感等は無いはずです。
是非、多くの方に読んでいただいて、共にこの国の未来について考えていただきたいと思います。

要約は、The Liberty Web を御覧ください。


共通テーマ:

皇室の未来を祈って―皇太子妃・雅子さまの守護霊インタビュー [仏法真理(霊言-日本史、日本神道、陰陽師)]


皇室の未来を祈って―皇太子妃・雅子さまの守護霊インタビュー (OR books)

皇室の未来を祈って―皇太子妃・雅子さまの守護霊インタビュー (OR books)

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2012/09
  • メディア: 単行本



目次
1 雅子妃の「本心」を代弁したい
2 なぜ皇太子妃に選ばれたのか
3 皇室入りして始まった苦しみ
4 雅子妃の「適応障害」の原因
5 「贖罪史観」をどう考えているか
6 御成婚をめぐる霊界事情
7 「皇室の未来」について想うこと
8 幸福の科学をどう見ているか
9 守護霊インタビューを終えて

なかなか大変です。
言葉一つとって、ニュアンス的な失言も許されないといった感じです。
そして何と言っても、気軽に話せる友人とかがいないと、寂しいだろうし、気軽に映画を見に行ったり、本屋で立ち読みもできないし、ファミレスとかでワイワイ話したりできないというのも辛いものがあります。
特に、本来、日本神道系ではなくアメリカ系の魂の持ち主であれば、更に辛いでしょう。
どうにかならんものか。

自分としても、まだまだ皇室には末永く継続してもらいたいと思います。
天皇制は、日本の歴史と文化の象徴です。
天皇制により、日本の歴史の重みと、平和と徳を重視する国民性が維持されているところがあるのではないかと思います。

ただ、長く続いていただくためにも、多少のイノベーションはあってもよいのではないか?
雅子様の様な、アメリカ的な方であっても、その中で幸福に生活できる自由さはあってもよいと思います。
この本によって、そうした改革が進んでいけばよいな、と感じます。


共通テーマ:

今後、日本は習近平に、どう立ち向かっていくか? [★政治]

雲隠れしていた習近平氏ですが、またまた総裁に守護霊が呼び出されました。
以前はこちら



これを見て、研究してください。
本も、すぐ出るでしょうがね。

ま、反日デモ、反米デモ、共に習近平氏がしかけているという事ですな。
この冷静だが世界征服を企む凶暴なオヤジはホント何とかせにゃなりません。
(初心者は勘違いしないでください。映像は大川総裁ですが、大川総裁を通して習近平氏の守護霊が語っているという事です)

はっきり言って、今、もう、この大川総裁のやっている霊言を信じないと、日本に未来は無いのです。
それも、結論はここ10年以内には出ます。

中共、人民解放軍は、この20年間で、軍事力をめっちゃ増強してますし、核ミサイル持っています。
今は、原爆ではなく水爆ですから爆発力が1メガトン以上。
1メガトンは1,000キロトン。広島、長崎の原爆は15~20キロトンくらい。(前も書いたなあ)
「打つぞ」と脅されるだけで日本が屈服してしまう可能性があります。

これは嘘でも、ドラマでも何でもないのです。
本当に、警戒警報発令! なのです。
『ファイナル・ジャッジメント』と『神秘の法』で描かれている「日本占領」のシーンはSFの産物ではないのです!!!

マスコミも宗教だから放送しないとか言っている場合では無い!!!!
いい加減にしろ!
もう、大阪で橋本氏と遊んでいる場合でもないし、政教分離で幸福実現党を報道しないとか、そんな平和な時代の言葉遊びをしている場合でも無いのだ!!!
今回の日本に迫る危機は、日本に住む、この国を存続させたいと願うすべての人々の総力を結集し、対処していかないと無理です。

もうゆっくり「話し合いで決めましょう」なんてやってられる時間も残り少なくなっている。

タグ:習近平

共通テーマ:blog

李克強次期中国首相本心インタビュー―世界征服戦略の真実 [仏法真理(霊言-政治、軍事)]


李克強次期中国首相本心インタビュー―世界征服戦略の真実

李克強次期中国首相本心インタビュー―世界征服戦略の真実

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福実現党
  • 発売日: 2012/09
  • メディア: 単行本



1 中国の次期首相候補・李克強とは、どんな人物か
2 李克強副首相の守護霊を招霊する
3 「次期国家主席」をめぐる権力闘争の内幕
4 中国外交戦略についての「本音」を探る
5 「アジア植民地化」への野望を明かす
6 「中国民主化革命」と幸福の科学のかかわり
7 次期首相としての抱負を語る
8 今後の中国経済を、どう見るか
9 李克強氏の過去世探究を試みる
10 李克強氏の正体を推定する


うーむ。
中国の指導者というのは誰を出しても日本に対して舐めているというか・・・。
今の中国の指導者というのは、悪知恵がよくはたらき、権力欲が誰よりも強い、そういった人しかなれないシステムが出来上がってしまってますね。
まかり間違っても謙遜の美徳なんて善意を示したら、引きずり降ろされてしまうのだろう。
ある意味、傲慢さのヒエラルキーみたいなものが今の中国共産党の姿と言えるでしょう。

まあ、確かに習近平よりかは、インテリっぽいですな。
そして、バリバリの唯物論国家の中でのエリートだもんだから、決して霊だとかあの世を認めようとしませんね。
万が一、転生輪廻や信仰、霊的存在の話など政敵に聞かれでもしたら、即、精神病院に隔離されかねない世界が繰り広げられているのだろう。

いずれにせよ、習近平国家主席、李克強首相の路線となる可能性が一番高いわけで、この2人が、今後、中華人民共和国で、かなり好き放題暴れまくるのだろうが、マジで何かこちら(日本)も対策を進めないとヤバイですね。

しかし、今回の中国の反日デモとかの日本のマスコミのコメント等聴いていると、
「甘いなー」と言わざるを得ないな。
中国共産党は、内部の権力争いと、外に対しては策略、謀略、ヤラセ、嘘、脅し、こんなのばっかりですからね。
どうも、日本のマスコミのコメントは日本人と同じ感覚で見ているコメントなんですよね。
彼等の考えは、霊言読めばわかる通り、かなり邪悪なのです。

中国共産党には騙されないように、よくよく注意せねばならないのだ!

-------------
個人的に、最終結論には至っていないが、
中国側が、ありもしない「南京大虐殺」でわーわー日本を非難するのは、同じ年、中国側が日本人を虐殺した「通州事件」を忘れさせるためだと思われる。
証拠の無い「南京大虐殺」とは異なり、これは本当にあった事で日本の民間人、260人が元寇時の対馬並に虐殺されています。
当時の日本の新聞でも報道され、日本人を怒らせました。
そりゃ当然でしょうが。
左翼は、「日本が一方的に悪かった」などと嘘を言うな!!

「通州事件」に関して中国政府に謝罪を求めよ!!!

タグ:李克強

共通テーマ:

橋本左内、平成日本を啓発す―稚心を去れ! [仏法真理(霊言-明治維新)]


橋本左内、平成日本を啓発す―稚心を去れ!

橋本左内、平成日本を啓発す―稚心を去れ!

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2012/09
  • メディア: 単行本



目次
1 二十六歳で名を遺した天才
2 勇気を振り絞って、言うべきことを言え!
3 国防を正面から捉えよ!
4 竹島問題が「日米韓三国の協力体制」を壊す
5 中国が日本をバカにする本当の理由
6 日本衰退の原因となった「敗戦のトラウマ」
7 大きな見識を持った人材を輩出せよ!
8 「マッカーサー憲法」など捨てて、新しくつくれ!
9 当選したければ、論争を挑んで論破せよ!
10 後光が射すような学生となれ!
11 日本の若者たちへのメッセージ
12 「花」が散ることを恐れるな!

橋本 左内(はしもと さない、天保5年3月11日(1834年4月19日) - 安政6年10月7日(1859年11月1日))は、幕末の志士・思想家。越前国福井藩藩士。著書に15歳の時に志を記した『啓発録』がある。
安政6年(1859年)、井伊直弼の手により安政の大獄が始まり、小塚原刑場で斬首となった。享年26。

橋本左内。
己の欲得のためにではなく、人々のために生き、日本のために生きた。
しかし、正邪が混沌とした時代の荒波に巻き込まれ、26歳で安政の大獄で散った。
今で言えば、会社に入って2~3年のペーペーの身分の年齢ですが、その人格ゆえに、後世に名を残すものがあった。

確かに、その様な人物から今の日本を見たならば、弱々しい人々が政治を行い、弱々しい人々が官僚となり、弱々しい人々が先生となり生徒となっている様に見えるだろう。
日々、命がけで生きていた「侍魂」を日本人は失ってしまっている。

それではいけない!
自らの国を守る気概も、世の中を良くしていこうとする気概も無く、ただ単に、飼われている家畜の如く、流されていっては断じていけない!!
ある意味、中国による日本侵略も、本来、日本人が持っていた大和魂を復活させるための起爆剤になるのかもしれない。

今の日本人は、この世の命よりも大事なものがある事を知らねばならんという事だろう。

---------
橋本左内
あんたがたの「与える愛」も大事だろうけども、優しすぎる社会には、気をつけないと、本当に堕落する可能性があると思う。
私は、やっぱり、「潔さのない人間は駄目だ」と思うな。
今は、平和ボケがあまりにも長く続きすぎてなあ。
学校の名前だとか、会社の名前だとか、官庁だとか、まあ、いろんなものがあろうと思うけども、そんなものに非常に弱いしなあ。
ブランドにも弱いけども、もうちょっと、何と言うかなあ、霊的な覚醒っていうか、そういうものに対して、自身を持たないといかんのじゃないかなあ。


共通テーマ:

今、日本がとるべき道 [★政治]

民主党政権が、この国防の危機の状態にあって、まだ馬鹿な判断(原発をゼロにする)をしているので、本当にこの国にとって正しい判断をする人々が増えて、正しい道を主張していかなくてはいけません。
そして、この正しい判断の根源の部分は、幸福の科学総裁、幸福実現党設立者 大川隆法総裁である事を、はっきり認識すべきでしょう。

「そんな事は民主的では無いのでは?」

と問われる人も多いのかもしれませんが、ただ、大川総裁は仏陀であると共に、救世主であり、地球で最大の霊能力者である事は100%事実です。
誰が何と言おうが、そうであるからそうであるのです。
『ファイナル・ジャッジメント』や『神秘の法』の映画も、マスコミはほとんど取り上げませんが、こうした救世主の説く警告映画をきちんと公平に報道したり、幸福実現党の政策なども、きちんと報道すれば、今更、「中国が暴発する」などと慌てふためく事は無いのです。

人々の能力が民主主義的な才能開花で花開く事は、いつの時代も大事な事ですが、この国の未来の存続がかかっている判断に関しては、単なる多数決が最善の解決方法では無い事を知らねばいけません。

仏陀であり、救世主がこの世にある時は、重大な意見に関しては、あまり民主主義的多数決の意見よりかは、仏陀であり、救世主の意見を尊重するべきなのです。
それが大人の、成熟した民主主義なのです。

今回、政治やマスコミの日本の誘導は、明らかに失敗しているものが数多くあります。

まず、
「国防を重視する事」
この点において判断が甘すぎます。
水陸両用車を今更4両調達する程度ではちょっと甘いよね。
今、尖閣問題でいろいろやっているけど、北朝鮮が核ミサイルを完成させてしまう事も更に恐い事を知らねばな。
・日米同盟重視
・沖縄の米海兵隊、米空軍維持
・米第七艦隊維持
・憲法9条改正(自衛隊の国軍化)
・核ミサイル原潜の導入議論
・空母艦隊の導入議論
・何としても国連常任理事国への加入
・日本版CIAの創設、活動
・フィリピン、タイ、インド、オーストラリア、ロシア、(台灣、韓国)との国防関係重視
・原発、シーレーンの防衛強化

「エネルギー政策」
原発の高度化
・「もんじゅ」の推進
・代替エネルギーの推進(大規模なもの)

「経済政策」
・日銀法再改正
・財務省による予算権限の剥奪
・増税法案の撤回
・新産業の育成、雇用増大政策重視
・対中国、対韓国への関税導入検討
・対外投資受け入れ緩和

「全般」
・憲法改正
・宗教、特に新宗教に対する差別的報道統制への禁止
・震災復興予算の公平な分配
 (財務省にはやらせない)

などなど。
ちょっと自分独自の考えも混じっています。
橋下の維新~策? 
大衆迎合では真の政治はできません。

-------------

アメリカなのか、日本なのか、台灣なのか、アジアのどこかの国なのかは分かりませんが、最終的には、中国は必ず戦争を仕掛けます。必ず戦争をすると私は思います。
その際、中国に勝ち戦の快進撃をさせないようにしなくてはいけません。
やはり、出鼻をくじかなくてはいけないんですね。
「最初に出鼻をくじき、中国の国民に帝国主義に対する疑心暗鬼を生じさせる。全体主義的な軍事国家体制を崩し、もう少し多元的な国家、すなわち、意見が数多く出て議論ができるような国家にするべく、中国に対して解体をかけていく」という事が必要です。
基本的な戦略は、これだと思う。
『もし空海が民主党政権を見たら何というか』p128

原発を全部停止したら、次は「日本占領」が待っている
『震災復興への道』p128
地球物理学者・竹内均の霊言



共通テーマ:日記・雑感

佐久間象山 弱腰日本に檄を飛ばす [仏法真理(霊言-明治維新)]


佐久間象山 弱腰日本に檄を飛ばす

佐久間象山 弱腰日本に檄を飛ばす

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福実現党
  • 発売日: 2012/09
  • メディア: 単行本



1 佐久間象山に「日本の行方」について訊く
2 日本外交の問題点
3 日本の国防について考える
4 日本が「権威ある国家」であるために
5 「国防」と「財政再建」を両立させる秘訣
6 転生の過程を明かす

自分も国防のところで佐久間象山さんと同じ意見です。
日本は、戦略型原子力潜水艦を配備すべきです。
核ミサイルを搭載したやつですね。
イージス艦やヘリ空母もいいけれど抑止力が効かないよね。

日本本土に配備しろと言っているわけではありません。
日本の広い領海の海の底で、常に最低2隻は運用させておけばよい。
これは左翼も文句は言えないでしょう。
本土に置くわけではないので誰にも迷惑はかかりません。
北朝鮮や中国にも断じて文句は言わせない。
自分達が製造したり、配備しているわけですからあたり前の事です。
第一目標は北京の人民大会堂でしょう。

現状の自衛隊の通常戦力は、そこそこ強力ですが、やはり核ミサイルを持っていないところでなめられてしまっています。
これ以上、日本を軽視したり、悪態をついたりする国に対しては、それなりの対処が必要になります。
誰のおかげて経済が発展したと思っているのか!!!
孔子生誕の地が礼節をわきまえないならば礼節を思い出させなければいけません。

実際、今、中国にいる日本人は非常に危険な中で生活していると思います。
日本人だからという理由で暴力を振るわれる国に対しては、断じてそれなりの対応をしていかなければいけません。
ちょっと間違えば、日本人に対しては何をしても許される、といった事になる可能性があります。

悠長な事は言ってられません。
とりあえずアメリカからレンタルでかまいません。
戦略型原子力潜水艦を配備すべきです!!
ただ、中国は地下に穴掘って核シェルターもけっこう作っているでしょうから、空母からステルス戦闘爆撃機を発信させ、バンカーバスターで破壊していかなくてはなりません。

老後の福祉で増税すると言っても、そもそも国自体が中国の様な人権無視国家に制圧されてしまったら何の意味もありません。

--------------

まあ、別にこれは過激な発言でも何でも無くて、抑止力というものはこういったものだという事です。
インドさえ戦略型原子力潜水艦を開発して、既に持っていて自国を防衛しているのです。
日本の様な経済大国が悪党の襲撃から自国を守るのは当然の権利なのです。

かつてのカミカゼ特攻隊の様に、「日本の核ミサイルが捨て身で攻撃してくるかもしれない」と向こうが思えば、あまり舐めた外交政策は取れないでしょう。
日本が強力で、更に後ろにアメリカが控えているとなれば、絶対に中国の一党独裁は崩壊するでしょう。

戦争したいわけではありませんので、抑止力によって中国共産党と人民解放軍を封じ込め、平和裏に解体させる必要がある、という事です。

タグ:佐久間象山

共通テーマ:

この国のマスコミの"超"馬鹿さ加減について [★マスコミについて]

「日本維新の会」ですか。
随分、大々的に取り上げていますが、もともと幸福実現党が幸福維新を掲げて選挙戦を戦ったのは2009年の衆院選です。
しかし、「日本維新の会」と「幸福実現党」の報道の差は許しがたいものがあります。
政策的には別に「幸福実現党」のそれが劣っているわけでもなく、むしろ、「幸福実現党」の掲げた政策を二番煎じで、いいとこ取りしているだけではないですか。
一方は宗教団体が立党したもので、一方はホボ芸能タレントが立党したものです。

「幸福実現党」は、大川総裁が対外的危機を打破するために立党したものです。
そして300人以上の候補者を擁立しましたが、一人も当選しませんでした。
今回も全く注目していません。
報道量はホボゼロです。
本当に、この国のマスコミは馬鹿というか、先を見る目が無いというか、狂ってますね。

幸福実現党立党時の饗庭直道さんは、今、アメリカ共和党のアジア担当顧問を担っています。
幸福実現党の政策が認められているからそうなっているのであって、宗教だからどうのこうのという偏見は、さほど無い様です。
そもそも、ロムニー自体が、アメリカではかなり少数派の宗教であるバリバリのモルモン教徒なのですから。

大川総裁は、遠隔透視でゴビ砂漠の中国の核ミサイル基地を調査して、本としても出されました。
この国のマスコミは、超能力とかも信じられないのだろうか?
神秘の力を全く信じられず、大道芸人的なパフォーマンス政治に翻弄されている馬鹿さ加減を何と表現してよいものか・・・。
モグラとかミミズといったレベルの視野しか持っていない。

マスコミに少しでも良心が残っているのなら、幸福実現党を報道せよ!
それが本当に、この国のためになるのです。
幸福実現党は、2009年当時から、中国、北朝鮮の軍事的脅威に対処するために国防の重要性を訴え、そして今、その脅威が現実のものとなりつつあるのです。
幸福実現党はマスコミが取り上げようが取り上げまいが既に、沖縄・九州防衛プロジェクトとかやっているのです。
とっくの昔に危険を回避するための活動を行なっているのです。


共通テーマ:日記・雑感

ヒラリー・クリントンの政治外交リーディング―同盟国から見た日本外交の問題点 [仏法真理(霊言-政治、軍事)]


ヒラリー・クリントンの政治外交リーディング―同盟国から見た日本外交の問題点

ヒラリー・クリントンの政治外交リーディング―同盟国から見た日本外交の問題点

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福実現党
  • 発売日: 2012/09
  • メディア: 単行本



1 ヒラリー守護霊に「対日外交の本音」を訊く
2 日本の外交問題をどう見ているか
3 日本にはインディペンデントであってほしい
4 「中国包囲網」を築くためのポイント
5 アメリカから見た「同盟国・日本」の課題とは
6 日本には自主防衛をする気があるのか
7 中国の拡張主義に、どう対応していくか
8 中東問題について、どう考えているか
9 中国のスパイ工作と米軍基地問題
10 アメリカ大統領選の見通し
11 クリントン元大統領やオバマ大統領への人物評
12 「日本の核武装」と「天皇」について
13 幸福実現党に期待すること

日本政府の尖閣諸島購入には中国も随分、強い姿勢で出て来た。
もう数年前から大川総裁が幸福実現党まで創って訴えて来た国防の危機が迫りつつある。
6月に公開された『ファイナル・ジャッジメント』と、10月6日から公開される『神秘の法』も、日本の近隣諸国が日本を占領するというシナリオなのです。
まあ、決してそうなればよいと思ってるわけではなくて、
「何もしないでこのままで行けば日本は本当に占領されてしまいますよ。それでもよいのですか?」
といった警告なのです。
日本の憲法は平和憲法だから、他国は日本を攻めて来ないわけではないのです。

ヒラリー守護霊は、当然、日本の危機的状況も気がついています。
そして、ヒラリー本人は、中国封じ込め外交で積極的に動いています。
オバマ大統領が、そういった事に全然無関心なので、このヒラリー氏の動きには、かなり救われている部分もあるはずです。

ただもうアメリカも大統領選を間近に控えて外交よりも選挙対策で、その目は国内ばかりに向かうはずです。
こういった時期はけっこう危ないのだよなあ。

もはや霊言が本物かどうか? などと呑気な事を考えている時期では無いのです。
中国が軍事的実力行使に出る寸前のところにいる状態にあって、中国工作員に踊らされて反オスプレイやってるどころではないのです。

時は迫りつつある。
もっと日本全国、数多くの人に幸福の科学の会員、幸福実現党の党員になってもらいたい。
橋下の「維新の会」程度では、もうこの国の国難を打破していくのは不可能です。
宗教パワーと政治パワーの両者を融合して、神秘の力で立ち向かっていかないと、これから来る時代に勝利していく事は出来ないのです。

どうか、今度の土日は、近所の幸福の科学の支部に足を運び、
「映画『神秘の法』を見たいのですけれど、前売りチケットをください」と言ってみてください。


共通テーマ:

公開霊言 天才軍略家・源義経なら現代日本の政治をどう見るか [仏法真理(霊言-政治、軍事)]


公開霊言 天才軍略家・源義経なら現代日本の政治をどう見るか

公開霊言 天才軍略家・源義経なら現代日本の政治をどう見るか

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福実現党
  • 発売日: 2012/09
  • メディア: 単行本



目次
1 源義経に「日本の今後のあり方」を訊く
2 議会制民主主義を揺るがす「マスコミの問題点」
3 「時代を変える政治家」となるために
4 意外にしたたかな「ドジョウ宰相」の腹の内
5 幸福実現党に対するアドバイス
6 長期政権を狙う野田首相の「戦略」とは
7 源義経の「転生」について
8 日本国民に対するメッセージ

うーむ。
義経は、今はカメレオン作戦中なのです。
会員は大体知っていると思うけど、会員でない人は、義経が現代、誰として生まれ変わっているのか最後の方まで読まないとわかりませんねえ。
ただ、意識はもう、現代の政治の方にどっぷり浸かってますね。

けっこう自分は現代の義経と握手しているんですよ。
もう3~4回は握手しているかなあ。
こないだも埼玉アリーナで握手したなあ。

それはともかく、義経のドジョウ政権に対する見方は鋭いものがあります。
ドジョウ政権は保守をも、官僚をも裏で取り込もうとしている。
左翼の政党にいながら、保守のやろうとしている事まで、どさくさに紛れて行い、長期政権を目指すか。

この本は、ドジョウ政権の未来を予測する日本の政治部の記者ならば必読しておかねばなるまいな。
政治関係者は必読です。

カメレオンがパクっと獲物を食べてしまう時を目にする時も、そう遠い話ではないでしょう。

タグ:源義経

共通テーマ:

神武天皇は実在した―初代天皇が語る日本建国の真実 [仏法真理(霊言-日本史、日本神道、陰陽師)]


神武天皇は実在した―初代天皇が語る日本建国の真実 (OR books)

神武天皇は実在した―初代天皇が語る日本建国の真実 (OR books)

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2012/09
  • メディア: 単行本



1 政治の混迷の根本は「歴史認識の問題」
2 神武天皇の実像と日本文明のルーツ
3 高千穂峰に降臨した天御中主神
4 天照大神は二人いた!?
5 木花開耶姫の真実の姿
6 出雲伝説とヤマタノオロチ
7 今こそ「歴史観の誤り」を糺すとき
8 中国や韓国に、どう接していくべきか
9 大東亜戦争における日本の正当性
10 日本人に対するメッセージ
11 神武天皇の「転生」について
12 「神武天皇の霊言」を終えて

一度に出版された7冊のうちの一冊といったレベルでは恐れ多い事です。
また、この日本民俗のルーツに関しても言及しておられますが、ルーツは中国、朝鮮半島ではありません。
それよりも、もっと古い話になります。
そう、日本民俗のルーツは、あの、遥か一万年以上昔、太平洋に栄えていたムー文明であったのです。
どうりでレベルが高い理由です。
ムー文明については書籍、または映画『太陽の法』を参照してください。

確かに、漢字や仏教、儒教に関しては、大陸から渡って来た事は事実でしょうが、ムー文明の方がずっと古くて文明も進んでいましたからね。
おそれく、日本の各地にある山林に覆われた山々のなかには、ムー文明のピラミッドを模倣して造られたものも多いものと思われます。

この国の歴史は神秘に満ちている。
同時に、神々と、地に生きる人々が共に築いてきた国でもある。
日本人は、歴史に対して誇りを持って生きていかねばならん。

---------------

映画『神秘の法』上映館の視察
ワーナー・マイカル羽生(イオンモール羽生内)
DSC_0088.jpg
タグ:神武天皇

共通テーマ:

The Liberty (ザ・リバティ) 2012年 10月号 [The Liverty]


The Liberty (ザ・リバティ) 2012年 10月号 [雑誌]

The Liberty (ザ・リバティ) 2012年 10月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2012/08/30
  • メディア: 雑誌



●大川隆法【 未来への羅針盤】ワールド・ティーチャー・メッセージ
2012年の世界を導く教え(9) 日本はロシアと良好な関係を
●公開霊言抜粋レポート
政治経済編:
  恩師・松下幸之助が民主党・野田政権を一喝「君、パナソニックを潰す気か」
国防編: 
  カミソリ後藤田、日本の危機管理を叱る ―― 後藤田正晴の霊言―― 
  李克強 次期中国首相・本心インタビュー
  守護霊インタビュー 石原慎太郎の本音炸裂
  守護霊インタビュー ヒラリー・クリントン米国務長官
皇室編:
  雅子さまの守護霊インタビュー 皇室の末永い
●特集 近未来予言映画「神秘の法」が扉を開く
     宇宙人が常識になる日
●神秘の扉が今、開かれる―― 映画「神秘の法」
●検証・10 のターニングポイント
 太平洋戦争で日本は勝てた 「戦っても勝てた」編
●[シリーズ 富、無限] ユニクロ成功の霊的秘密に迫る
 柳井正社長・守護霊インタビューで読み解く 不況突破のヒント


今年の夏は、大川総裁は、めちゃくちゃ沢山の霊言を収録しておりました。
ですから、The Liberty やLiberty Web に、かなりの内容は載りますし、本としても出版されます、というか出版されています。
もう霊言も矢継ぎ早に出るのでAmazonでは表紙の写真が追いつかないのでしょうか?
最近は、自分で本の表紙をWebに貼り付けなくてはならなくなっています。
今回も、7冊同時に出版されています。

「神武天皇は実在した」
「ヒラリー・クリントンの政治外交リーディング」
「佐久間象山 弱腰日本に檄を飛ばす」
「李克強 次期中国首相 本心インタビュー」
「核か、反核か社会学者・清水幾太郎の霊言」
「カミソリ後藤田、日本の危機管理を叱る」
「天才軍略家・源義経なら現代日本の政治をどう見るか」
です。
まずは、このThe Liberty を読んで、それから各本の内容をじっくり読む事を薦めます。

ま、とにかく現代は情報戦の時代ですから「知る」という事が未来の勝利のための大きな力となると思いますね。
この国を舵取りするためには知らなくてはならない事が非常に多いのです。



共通テーマ:日記・雑感

Newton (ニュートン) 2012年 09月号 [★科学]


Newton (ニュートン) 2012年 09月号 [雑誌]

Newton (ニュートン) 2012年 09月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ニュートンプレス
  • 発売日: 2012/07/26
  • メディア: 雑誌



ヒッグス粒子?
ダークマター?
そちらの方面についてはよくわからないのだが、一つ言える事は、自分が学生の時に学んでいた頃よりかは、随分先に進んだのではないか、という事です。

ヒッグス粒子とは、物体に質量を与える粒子だそうです。
この粒子にぶつかる頻度が高いと、重くなり、ぶつかる頻度が低いと軽くなる。
なお、光はほとんどこの粒子にぶつからないので現在の理論上、最高速度である光速になる。

ダークマターとは、目に見えないのだけれども理論上、宇宙に存在する何か?
ダークエネルギーも、宇宙を満たしていると推定されるエネルギー?

うーむ、ほとんど科学と宗教の接点のところに来ているのではないか?
ただ、あくまでもこれらの研究は3次元世界の中での話でしょうがね。
Happy Science 理論では、死後の世界は4次元以降、ずっとあって次元を上がれば上がる程、神近き存在になって来る。
なお、霊界にも霊太陽があり、霊エネルギーの根源になっているとの事。
人間に階層構造の幽体、霊体、光子体とかある様に、惑星や恒星、銀河系にも霊的側面がある。

今、大川総裁が公開霊言を大量に収録していますが、8次元如来界から見た世界と科学者としての探求は、どこまで進んでいるのか? などは興味があるとこですね。


共通テーマ:日記・雑感

ロムニー大統領で日米新時代へ ~2012年アメリカ大統領選を追う~ [日高義樹さんの本]


ロムニー大統領で日米新時代へ ~2012年アメリカ大統領選を追う~

ロムニー大統領で日米新時代へ ~2012年アメリカ大統領選を追う~

  • 作者: 日高義樹
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2012/08/23
  • メディア: 単行本



【目次】
第1章 二〇一二年アメリカは立ち直るのか
第2章 ロムニーはかつぎやすいお神輿だ
第3章 日本はロムニーの切り札になる
第4章 大統領選挙戦で中国が弾劾される
第5章 オバマバブルは崩壊した
第6章 アメリカ人はオバマのパフォーマンスに飽きてしまった


一言で言って、アメリカ国民は、口先だけのオバマ大統領にうんざりしてしまっている、という事につきる。
もともとオバマ氏に関しては、大川総裁の守護霊リーディングで、だいたいの性格はわかっていましたが、アメリカ国民も、やっとその事に気がついてきたのか、といった感じでしょうか。

それに最近、世界のリーダーたるアメリカの本来の姿を体現すべく、世界を東奔西走しているのはオバマ大統領ではなくクリントン国務長官の方ですな。
オバマ大統領は、世界の趨勢などには全く関心が無く、国内をエアフォースワンで周って再選に向けた選挙活動をやる方に忙しいようだ。
シリアの国内闘争に関しても、クリントンさんの方の「何とかしなくては」といった感情がビンビン伝わって来ますが、たぶんオバマ大統領は、どうしたらよいのかさっぱりわからないのでしょうし、関心も無いのでしょう。

しかし、アメリカにおいても日本においても、最近は、パフォーマンスのみの政治家に翻弄されていてうまくいっていない。
ただ、アメリカはオバマ大統領のそれに飽き飽きして、ロムニーの方を選ぶと日高さんは見ている。
ま、ロムニーも、モルモン教徒で、かなり怪しいのですが、米共和党自体は日本とつながりが深いので、オバマ民主党よりかは、かなりマシとも言えます。

一方、日本は、まだまだパフォーマンスのみの政治に懲りていないようで、次は橋下の維新の会かよ・・・。
「おいおい冗談だろ」と言いたくなるのは絶対に自分だけでは無いはずです。

本当に、幸福実現党の政策が公開されていなかったら全く出し物が無い人々だと思われます。
いい加減、馬鹿もほどほどにしてもらいたいのですが、民主党の次は、更なる素人集団がこの国を最高の国難に導いていきそうな感じですわ。

もし自分が、中国の支配者で、世界帝国を企てる様な人間であったら、もともと地方自治を重視している維新の会なんてのが日本の与党になったら、ここぞとばかり挑発・威嚇するでしょうな。
日本侵略の足場を固める絶好の機会と見て取ります。
「子供政治家国家日本」とでも言ってやりたくなるでしょう。

日本の多くの人々もマスコミも、気がつかねばならんのだ。
今の中国が一番恐れているのは、間違いなく大川隆法総裁と幸福の科学、幸福実現党です。
そもそも、日本侵略に対する警告映画を自ら2012年だけで2本も公開するお節介な集団が、この国にまだ残っているという事が最大の救いと思えんかね。

思想、宗教の影響力をなめてはいけません。
そもそもいい加減、救世主をナメたらアカンぜよ!!!

中共が恐いのは、Happy Scienceの仏法真理が中国内部に広まり、侵食されて、10億人以上の人々に自由化、民主化運動をされてしまうのが一番恐いのです。

日本国民とマスコミは、次の選挙で幸福実現党を応援しなくてはなりません。
この国の未来、世界の未来がかかっているのですから。

また、随分と本の内容とはズレてしまいましたが・・・。

共通テーマ:

映画「神秘の法」が明かす近未来シナリオ―公式ガイドブック〈1〉 [★仏法真理]

eigashinnpi.jpg

第1部 製作総指揮 大川隆法が語る
    映画「神秘の法」製作意図
第2部 映画「神秘の法」の魅力

いよいよ映画『神秘の法』公開まで、あと1ヶ月後に迫ってまいりました。
ちなみに、地元の埼玉県で公開される映画館は、『ファイナル・ジャッジメント』に比べて下記の3館が増えております。
ワーナー・マイカル・シネマズ 大宮
ワーナー・マイカル・シネマズ 浦和美園
ワーナー・マイカル・シネマズ 羽生

近所の人々は必ず見に行きましょう。
特に、子供を持つお父さん、お母さんは、子供と一緒に行って、映画見た後、まあ、どこもイオンモールなので、秋冬ものの服でも買ってあげて、豚カツでも食べて帰りましょう。
ただ、悟りの映画でもあるので、真意をつかみたいなら2~3回は見た方がいいです。
別の日に、今度は一人で行きましょう。
単に、宣伝の意味で数回見た方が良いと言っているわけではなくて、本当に数回見た方が、自分としての悟りが深まるのです。
この悟りの深まりとは、生まれてこの方、数十年わからなかったものが、わかる、といったレベルのものでありますので、今まで人生の密度が低かったとしても、急速に人生の密度を高める事さえ可能になるレベルのものであるのです。
ま、何かしら神秘を感じてください。
試写会では人によっては金粉とかも随分出てる様です。

で、映画を見る前には、この公式ガイドブック〈1〉に目を通しておくべきでしょう。
特に、第一部は、大川総裁本人が、この映画の意図、ねらい、解説を述べておりますので、是非買っておきましょう。

はっきり言って、現代人には新しいフロンティアが必要なんだと思うね。
地球の大部分は人が立ち入り、未開の地も少なくなってしまいました。
そして人口も増え、科学技術も、ある程度のところまで来た。
現代人は、もう新たなるものは何も無い様な錯覚に陥っているかのようですが、ところがどっこい、まだまだ未知の世界は開けているのです。

そう、霊界と宇宙です。
恐いと思うでしょうか?
ただ、そっちの世界で生きている人々の方が、ずっと数は多いし、正直で立派な人々も多いと思うのだ。
恐れを捨て、今こそ神秘の世界に足を踏み入れようではないか!


映画「神秘の法」が明かす近未来シナリオ―公式ガイドブック〈1〉 (OR books)

映画「神秘の法」が明かす近未来シナリオ―公式ガイドブック〈1〉 (OR books)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2012/08
  • メディア: 単行本




共通テーマ:

守護霊インタビュー石原慎太郎の本音炸裂 [仏法真理(霊言-政治、軍事)]

ishihara.jpg

1 東京都知事・石原慎太郎氏の「心の奥」を探る
2 「尖閣・竹島問題」をどのように考えるか
3 「国政復帰」の可能性はあるのか
4 尊敬する三島由紀夫への思い
5 石原都知事が真に目指していること
6 中国の「海洋戦略」を予測する
7 大江健三郎氏に対して言いたいこと
8 中国の軍拡から日本を守るには
9 韓国の「本音」を見抜く
10 「幸福実現党」と「幸福の科学」への批判
11 石原都知事の意外な「過去世」
12 石原慎太郎守護霊へのインタビューを終えて

確かに内閣総理大臣という制度では、石原慎太郎氏は不利だったと言えましょうか。
けっこう内閣総理大臣という立場は微妙な立場で、優秀さというよりかは、人々を丸く収める能力に長けていないと、なかなか続くものでは無い。
その様な国政のしくみの限界に気がついて、ある意味、大統領制とも言える地方自治体、それも最強の地方自治体である東京知事の道を選んだのは、賢明な事だったのだろう。

しかし、この様な人物が国政に生き場所がなくなるというのも国益の観点から言って、あまりよろしく無い。
今の国会議員で、韓国や中国に、はっきり物を言い、実行すべき事は実行する人物はほとんど居ない事は残念な事である。

ちょっと、石原慎太郎氏の話からは逸れるが、国会議員はもっと軍事知識や外交・軍事の力関係について勉強と言うか、体で感じていかないといけないと思う。
ま、国会議員だけでなく、日本全体から抜けている部分であろう。
あえて言えば、

宗教、霊界知識、各国の宗教について
陸海空の戦力、核兵器による威嚇について
外交と軍事同盟の在り方、無神論国家の恐ろしさについて
未確認飛行物体、UFO、宇宙人について

とまあ、この程度は国のリーダーとなる人々におさえておいてもらいたいものです。
やはり、リーダーとなるべき人は、一般の人々の上の事まで考えていてもらわないと困るのです。
日本で言えば、1億3千万人の生命と未来を預かっているのですから、知識と信念と正しさを兼ね備えた人々の集団でなくてはお話にならないのです。

ま、それはともかく、総裁が語られていますが、今後の石原慎太郎氏の発言、行動如何によっては、中国が強硬手段に出て来る可能性は十分あり得ると思いますね。
ただそれは石原慎太郎氏が悪いわけでは無く、今まで左翼思想に染まり、国防を軽視していた戦後の政治やマスコミの在り方が根本的に間違っていたという事だろう。

あと、石原慎太郎氏は幸福実現党の事についてけっこうボロクソに言っていますが、幸福実現党に問題があるというよりかは、幸福実現党よりも、民主党や橋下の維新の会とか、わけのわからん適当な団体を持ち上げているNHK、各種民放テレビ局、断末魔の叫びをあげている新聞、週刊誌にほとんど責任はあると思っている。
この国の人々は、マスコミによって、かなりお馬鹿になっているのだ。

宗教の正邪、そして霊界やUFOについて、マトモに語れない超レベルの低いマスコミなど、もう役に立たないとはっきり言っておこう。何と言うかなあ、もう、火星に生物が存在するかとか、しないとか、その程度の意識レベルだと、これからの時代、ついていけないですよ。
はっきりいっちゃうけどさ。
もう、NHKでUFO特集、宇宙人特集やるくらいでないと駄目だよ。
タグ:石原慎太郎

共通テーマ:

松下幸之助の未来経済リーディング [仏法真理(霊言-経済・経営・産業政策系)]

matsushita.jpg
消費税増税と日本経済

1 松下幸之助霊に「増税後の経済見通し」を訊く
2 今回の「消費税増税」の背景について
3 「消費税増税」を強行してしまった民主党政権
4 なぜ「小さな政府」の発想が必要なのか
5 「増税後の日本経済」に未来はあるか
6 「増税後の不況」を乗り切るために
7 「日本が生き延びる方法」とは

自分としては、確かに野田は、鳩山や菅に比べたら幾分マシな感じはしますが、消費税増税をやってしまった事で、そのマシな感じの部分も吹っ飛んでしまったと思いますね。
鳩山も菅も野田も、一国の総理大臣をやっていた・やっているわけだが、国防・経済に関する能力、感覚は、小学校低学年くらいの判断力しか持っていないのではないかと思う。

超おおまかに言って、
特に、鳩山は国防駄目。
菅は、国防、経済両方駄目。
野田は、経済が駄目。

結局、経済と国防の両方に対してバランス良く対処していかないと、今の日本という国を舵取りしていく事は難しいのだ。
と言っても、この時期、消費税増税したら、この国の経済は今より更に悪くなり、税収は今より更に低下して、倒産する企業の補填で、更に財政が悪化する事くらい、1990年代に民間企業で仕事をしていた人であれば感覚でわかるはずです。
そんな経済学を深く学んだ人でなければわからない事では無い。
小難しい事では無い。

松下翁は、「パナソニックもソニーも倒産してしまうぞ」と言われているが、現時点でシャープなども危険だし、家電全体的によろしくないので、これで消費税増税となれば、厳しいどころでは無い事は察しがつきます。

本当に、知ってか知らずか、日本を滅ぼす側に立ってのうのうとしている人々が多すぎる。
マスコミ、財務省、日銀、左翼活動家・・・。
今回、大川総裁が御法話でいろいろ語られていましたが、もうこの国を危機に陥れる人々は切腹してもらいたいよね。

-----------

大川総裁が御法話にて、竹島について言及されていましたが、
下記はGoogle Earth の竹島近海の海底の様子です。
Many korean tourists visit Dokdo. と記載されている場所が「竹島」です。
Google も韓国側に洗脳されていますが・・・。
ただ、竹島が日本の大陸棚に乗っかっている島である事は、はっきりわかりますね。
歴史的にも、地理的にも、国際司法裁判やれば日本が勝つに決まってます。

takeshima.jpg

共通テーマ:

中国「秘密軍事基地」の遠隔透視 [仏法真理-書籍以外]

cyugoku_kaku.jpg
中国人民解放軍の最高機密に迫る

・Google Earthで話題となった中国の謎の構造物
・大川隆法が霊能力を使い「遠隔透視」に挑戦
・次々と明らかになる中国軍のトップ・シークレット
・日本をはじめ世界各国に向けられた核ミサイルの実態
・さらに中国軍に技術提供をしている宇宙人を確認!?

おそらく中国の国民の多くは、自分達が今、どの程度の軍事力を持っているのかさえ知らないのではないかと思います。
また、若者達を中心に軍事に関心のある人達も多い反面、軍事などに全く関心を持っていない一般庶民的な人も非常に多いと思います。
ただ、実際は中国国民の意志はどうであれ、中国共産党、中国人民解放軍は、着々とその時に向かって準備を行なっているのは間違いありません。

去年、大川隆法総裁は、アメリカのネバダ州にあるエリア51の遠隔透視を行いましたが、今年は中国のゴビ砂漠周辺にある秘密の物体に対して、それが何であるのか遠隔透視を行いました。
内容を書いてしまうのは問題がありますので書きませんが、とにかく日本人は読んでおかないとマズイです。
日本国内で、「やれ反原発だ」、「反オスプレイだ」などと言っている事が、いかに的外れであるかがわかります。
日本の左翼の人々も、「まさか日本が中国に軍事的制圧下に陥る事など有り得ない」と、思っているのかもしれませんが、全く「あまい」と、言わざるを得ません。

今、地球において大川隆法総裁以上の霊能力を持っている人は当然いませんが、その大川総裁が「ファイナル・ジャッジメント」に続いて、1年で2本目となる映画「神秘の法」においても、日本の軍事的危機を警告する内容の映画となっている事実を、よくよく考えなければならないのです。

マスコミもいい加減、国益のためにやっていかないと駄目です。
2009年に幸福実現党が立党し、その後、政治的に国防の危機、経済の危機を中心に訴えて来ましたが、本当にその様になりつつあるではないですか。
もう少し日本に危機的状況が現れないとわからない、というなら、ホントもう先見性は無いに等しいです。

次の選挙では、橋下とかのやる政党を中心に持ちあげていくのかもしれませんが、今の日本の状況下で地方分権とか、地方自治とか中心に考えている政党、政治家など、お話にならないのではないかと思います。
「神秘の法」は10月6日からやりますが、中国で習近平とか前面に出て来るのも、もうすぐなのですよ。

日本人、日本のマスコミは、この国の危機が近づいている事を警戒せよ!そして、幸福の科学や幸福実現党が、本当に日本を守ろうとしてやっている事に注目せよ!!
趣味や興味本位でやっているわけではないのです。

タグ:ゴビ砂漠

共通テーマ: