So-net無料ブログ作成

「中国問題」の核心 (ちくま新書) [本(中国)]


「中国問題」の核心 (ちくま新書)

「中国問題」の核心 (ちくま新書)

  • 作者: 清水 美和
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2009/09
  • メディア: 新書



第1章 再び高まる東シナ海のうねり
第2章 対日接近への反動
第3章 「三胡」の継承と断絶
第4章 今も続く「天安門」の問い
第5章 「和諧」路線の挫折
第6章 軍に傾斜する胡錦涛

日本、東アジア諸国、及び、世界各国にとって、今後の中国がどうなっていくのか? ということは大きな問題だと思います。
経済力、軍事力などは、もうかなりありますし、とにかく人口が多い。
しかし同時並行的な問題として舵取りが非常に難しくなってきています。
今後、胡錦涛及び、中国共産党が、どのようにこの国を持って行くのか、予断を許さない状況ですね。

まず、理想的な姿を描くなら、
この10億人以上の国の人々が、大部分、貧しさから脱却し、職業選択の自由、居住の自由、信教の自由、学問・言論の自由を得、結果平等ではなく、機会の平等により個人と社会とが発展していく状態になることでしょうね。当然、他の国々とは安心して貿易や人々の移動が行われ、世界平和のリーダーの一画として、他国の尊敬を受ける様な国が望ましいのは当然のことです。
やはり、人として生まれたからには「自由」を求める気持ちは誰でも持っているものです。
民族、国籍などは関係ありません。
また、国民が努力し、他国の理想像とならんとする姿は、これもまた自然な姿です。
大事なことは、理想にどうやって平和裏に到達するかですね。
政治の舵取りいかんによっては、とっても危険です。
ただ、もう避けては通れない。

今後のポイントは、まず、「公平社会」の実現ですかね。
一部の特権階級の人のみが裕福で、ある程度の自由があり、大多数が貧しく、自由がほとんど無い状態では、フランス革命前夜と同じですからね。
大多数の人々が納得する「ある程度のしくみ」を早くつくらねばいけませんな。

最悪は、更なる軍拡により、「はけ口」を他国(特に日本)に求めたり、国内治安を武力による鎮圧に求めることでしょう。
それは単純で、為政者にとってはやり易い手段ですが、最悪の手段です。
いつまでも、軍人と公務員が威張っている社会を続けることはできません。

そうですなー、
当然、「幸福の科学」の教えの民衆への浸透が有効であることは間違いありませんが、すぐには難しいでしょうから、まずは孔子の説いた「徳」あたりをもっと前面に出して、『人の上に立つ人程、「徳」ある者にならねばいかん』
と、徳治社会 の推進等を行うことから始めるのがよいかな。


共通テーマ:

経済報道―検証・金解禁からビッグバンまで (中公新書) [★本(経済)]


経済報道―検証・金解禁からビッグバンまで (中公新書)

経済報道―検証・金解禁からビッグバンまで (中公新書)

  • 作者: 高橋 文利
  • 出版社/メーカー: 中央公論社
  • 発売日: 1998/02
  • メディア: 新書



新しい本ではないが、たまたま書棚にあったので読んでみた。
1929年、金輸出解禁
1980年代後半、バブル
その後の「住専破綻」
消費税導入、3→5%UP
などの事について書かれています。
特に、新聞の「社説」が中心の話題ですが、けっこう感情、感覚で書かれている旨が記されています。
賛成したり反対したり、ま、普通の人達ですね。
特に経済に関してはなかなかその時点では正しいと思われる事が、はっきりとはわからないため、どうにでも書けてしまいます。
ただ、やっぱり大筋では、日本のマスコミは社会主義的な方向に流されているのではないですかね。

しかし、最近は新聞とる人も少なくなり「社説」の影響力はかなり低下していると思われますので、やはり根本は、何を取り上げ、何を取り上げないか、この点が最近では一番のポイントではないかと思います。
経済報道だけでなく、政治の報道もそうです。
今回の、衆議院選挙の報道とかについても、本当に「公器」としての使命を果たしたのかどうか?
一国の進路を左右する大変重要な使命ですから、当然、テレビ局、新聞社は振り返って考えるべきでしょう。

人間の体で言えば、マスコミは眼にあたると思いますが、眼から客観的な正しい情報が入ってこない限り、中途半端な思考しかできないですよね。

共通テーマ:

正論 2009年 10月号 [「正論」]


正論 2009年 10月号 [雑誌]

正論 2009年 10月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日本工業新聞新社
  • 発売日: 2009/09/01
  • メディア: 雑誌



民主党の支持母体の一つに日教組があります。
日教組の定期大会には鳩山氏も来賓で挨拶していたようです。
ま、大部分の人には、あまり良いイメージは無いと思われる日教組ですが、そもそも日教組とは何ぞや?
はっきり言って、自分もあまりよくはわからない。
ということで「検証 日教組と戦後教育」というシンポジウムの記事を紹介します。

日教組は戦後、共産党影響によりつくられた日本教員組合協議会と、社会主義的勢力の教員組合全国連盟が昭和22年に合同し、教員50万人が所属する団体として誕生しました。
昭和20年に12万人の右系の人々が教職を追われたため、そうとう左系の組織だったということですね。
中央の文部省とバランスをとるため日教組は、占領軍が奨励してできた組織のようです。
ストやデモのやり方も教えていたとのこと。
ま、さすがにやりすぎてしまったようで、その後、昭和25年に共産主義者を追放するレッドパージを行いましたが、大きな思想の流れを抑制することは最早出来なくなってしまったようです。

その後、東大教育学部が日教組をバックアップした。
昭和33年に「道徳の時間」が特設された時も徹底的な反対運動を行う。
(教育内容に対する国家統制が理由とのこと)
道徳の授業実施に向けての指導者講習会を妨害するため、会場のお茶の水女子大正門前に2000人の組合員が集結したり、地方でも機動隊が出動する程の闘争だったようです。
このため、この後、道徳教育、宗教教育はかなり抑圧されてしまった。

組織率50%超
北海道、秋田、茨城、千葉、神奈川、新潟、石川、福井、山梨、静岡、愛知、三重、兵庫、鳥取、岡山、大分。
50%未満だが影響力あり
岩手、山形、滋賀、大阪、奈良、広島、熊本、鹿児島

教員団体なので政治活動は出来ないはずだが、日本民主教育政治連盟をつくって活動している。
衆議院
横路孝弘、鉢呂吉雄、小林千代美
参議院
輿石東、神本美恵子、佐藤泰介、辻泰弘、水岡俊一、那谷屋正義、近藤正道
と、かなりの勢力です。
近藤正道以外は民主党。

日教組の考えは、
国旗、国歌は反対。
全国学力テスト反対。
学習指導要領に反対。
自衛隊は憲法違反。
ジェンダーフリー教育奨励。
拉致問題を扱った教科書について「北朝鮮敵視」であると批判。
ミスター日教組、槙枝元文氏の最も尊敬する人物は金日成だそうで、自衛隊には反対し、北朝鮮が軍隊を強くすることは良い事だそうです。
要するに、北朝鮮は良い国で、日本は悪い国と、根本的に考えています。

しかし、まあ、随分洗脳されてしまっている団体であることは間違いありません。
当然、共産主義の北朝鮮、中国に親和性があり、日本、アメリカなどの自由主義陣営に排他性が出ます。

ま、このような基盤の上に民主党が存在することは事実なのです。

タグ:日教組

共通テーマ:日記・雑感

霊的世界のほんとうの話。―スピリチュアル幸福生活 [★仏法真理]


霊的世界のほんとうの話。―スピリチュアル幸福生活

霊的世界のほんとうの話。―スピリチュアル幸福生活

  • 作者: 大川 隆法
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2009/09/15
  • メディア: 単行本




まことに真理中の真理が書いてあります。
ただ、この基本的な真理をどこまで理解できるかによって、未来は薔薇色にもなるし、暗黒の未来にもなる。

世界宗教の説いている内容は難しいものではありません。

あの世の世界はあり、死後の世界に持って行けるのは心だけ。
天国、地獄も心の波長の結果の世界です。
物理的な法則とも言えますね。

「シルバーコード(霊子線)が切れたらもう肉体に戻れないで、つながっているうちは戻れる」とかは、かなり昔から言われていることで、このようなことは早く世間の常識になってもらいたい。

日本人は全員必読だ!



共通テーマ:

アダム・スミス―『道徳感情論』と『国富論』の世界 (中公新書) [★本(経済)]


アダム・スミス―『道徳感情論』と『国富論』の世界 (中公新書)

アダム・スミス―『道徳感情論』と『国富論』の世界 (中公新書)

  • 作者: 堂目 卓生
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2008/03
  • メディア: 新書



なかなか小難しい内容で、読むのに苦労しました。
しかし、アダム・スミスの「国富論」ばかりが取り上げられる中にあって、もう一つの著書である「道徳感情論」と関連づけて考えるのは、とてもよい発想であると思います。

「道徳感情論」 The Theory of Moral Sentiments 1759年 
「国富論」 An Inquiry into the Nature and Causes of the Wealth of Nations 1776年
です。

経済活動とは人間が行うものです。
当然、人間には感情もあり、いろいろ考えたりしますから経済といってもコンピューターで計算できるものばかりではありません。
そこに道徳心や、人間の感情とかいったものが大きく影響しています。

今の世の中、日本でも世界でも、「経済」というものに対するウエイトは非常に大きいわけですが、往々にして、数値的なことばかりが取り上げられ、その中で実際に活動する人間の心というものが、とても軽視されているような気がします。
なんと言いますか、
経済=コンピューターのように機械的なもの
というような感じになっているような気がするのですよね。
「日経新聞」などというと、とてもお堅いイメージがある。
ただ、経済に関して、よくよく考えてみると、もちっと泥臭く、人間の心理的、もしくは宗教的な考えと密接に結びついています。
オカルト的でさえあります。

例えば、「お金」ですが、これはかなり人間の心理を左右するし、人々の間で交換し循環する、ことで初めて意味が出てくる、とても人間的なものです。
1億円のお金が目の前にあっても嬉しくはない。しかし、その1億円のお金が「自分のもの」であったら超嬉しい。
何故嬉しくなるのか?
それは、自分の自由が拡張されるから。
好きな場所に行けて、好きな場所に住め、好きなものを買え、さらに自分の身近な人を喜ばせることさえできる。
自由に建物を建てることもできる。
但し、道徳的に良い使い方、悪い使い方というものもある。

また、「信用」とかも経済では大事なことです。
お金だけに意味があるわけではありません。
お金そのものに「信用」という裏づけがあって初めて「お金」として機能する。
お金を受け取る方が、「そんなものは信用できない」と言ってきたら共通の価値尺度がなくなってしまいます。

ま、経済と人間心理は切り離して考えることはできないのです。
そのような意味では、本当は、経済学者やエコノミストは、人間の心の探求者でなくてはいけないでしょう。
経済に関する記者や編集者も、当然、人間心理のスペシャリストでないと務まらない。

それと、経済と宗教的思考にはかなりの接点はあります。
どちらも人類の発展と幸福に貢献することが目標であり、個人の幸福と、社会全体の幸福のミクロとマクロの両方を兼ね備えていなくてはならないものだからです。
特に、経済のお金の関係と、宗教と宗教で言っているところの愛の関係がとても構造的に似ているのですよね。どちらも人々の間を循環して、自分と他人を幸福にしていくものであり、循環速度が速いほど幸福の度合いが大きくなる。

ま、自分も考えますが、新しい経済学として、この点に関して研究者がたくさん出る必要あります。
人類の進化に貢献する内容であれば、ノーベル経済学賞以上の価値は当然あります。

*但し、経済学は、間違ったらその影響は甚大ですので、その点注意が必要です。
 マルクス主義経済学など何億人にまで伝染してしまいましたから。

共通テーマ:

「1秒!」で財務諸表を読む方法―仕事に使える会計知識が身につく本 [本(経営)]


「1秒!」で財務諸表を読む方法―仕事に使える会計知識が身につく本

「1秒!」で財務諸表を読む方法―仕事に使える会計知識が身につく本

  • 作者: 小宮 一慶
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2008/01/25
  • メディア: 単行本



第1章 貸借対照表―1秒だけ財務諸表を見るなら、どこを見るか?
第2章 損益計算書―なぜ、国の財政は破綻しないのか?
第3章 キャッシュフロー―なぜ、リニアや第二東名はなかなか完成しないのか?
第4章 固定費と変動費―なぜ、IT企業はブランドにこだわるのか?
第5章 増し分利益―なぜ、航空券には早割り格安チケットがあるのか?
第6章 直接原価計算―なぜ、液晶テレビの価格はどんどん下がるのか?
第7章 PPM―なぜ、小林製薬ではヒット商品が次々と生まれるのか?
第8章 付加価値―なぜ、企業業績は良いのに『現金給与総額』は上がらないのか?

自分は、政治家でもなければ、公務員でもなく、一民間企業の社員ですので、この本の内容の様な事は、どんどん勉強しなくてはいけないと思ってます。
というか、資本主義陣営に属する国民は、政治家だろうが公務員だろうがこの分野の知識と理解は必須かもしれない。
なんだかんだ言っても、現代社会の発展の原動力は企業ですから。

人々から資本を募り、人々に対して、良い商品・サービスを提供して対価を得、社員に給料を払い、利益を得、出資者にも還元する。
とても単純なしくみですが、この活動は、半永久的に発展できる構造を持っています。誰に対してもマイナスにならない。活発化すればする程、お金が循環する速度も上がるし、全体の付加価値が増大する。
ただ、ここで、利益がマイナスになってしまったら、この発展は止まる。
企業は利益を出すのに必死ですが、それは企業にとっての生き残りをかけた活動ですから当然です。
ま、最高に優秀な企業になると、利益を後回しにしても利益を得たりしていますが。

国の財政や、役所があまりうまくいかないのも、根本的に、利益、付加価値を創り出す、という考えが無いからじゃないですかね。
必死さがあまりにもあまりにも違いすぎる。



共通テーマ:

The Liberty (ザ・リバティ) 2009年 10月号 [The Liverty]


The Liberty (ザ・リバティ) 2009年 10月号 [雑誌]

The Liberty (ザ・リバティ) 2009年 10月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 幸福の科学出版
  • 発売日: 2009/08/29
  • メディア: 雑誌



大川隆法 講演会レポート
「この国の未来を危うくする政策を見抜け」
 民主党の「高校無償化」は高校まで荒廃させる
 道州制で地方が発展することはない
 メディアによる選挙誘導の問題点
 アメリカ弱体化の今こそ防衛産業を強化せよ

2009年衆院選 幸福実現党の戦い
政治の理想を打ち立てる「幸福維新」が始まった

映画「仏陀再誕」-その魅力に迫る

潜在意識でからだを癒す

etc.

今回のリバティは、トーンが少し低下していますが、やむを得ないでしょう。
しかし、総裁の選挙演説は、その場限りのものではなく、将来に向けての政策の柱となるべき話です。
他の誰も言わない根本的な話をされています。
「防衛産業を強化せよ」など、日本の国会議員は誰もまともに言わないですよね。
マスコミも全くコメントできんでしょう。
しかし、大事なことです。
毎年、防衛費として数兆円の税金が使われているのだから、有効に使いたいものです。
最近は国産の兵器けっこう造ってますが、もうちょいですかね。
軍事技術は、技術の中では本当に最先端を必要としますので、技術立国としては、もっと力を入れてよいと思います。
主力戦闘機、イージス艦、迎撃ミサイル、攻撃ヘリ などはほとんど米国製、もしくは米国製のライセンス生産ですね。
まあ、海上艦艇は予算さえつけば、そこそこのものが造れるかと。
しかし、本格的な空母となると、カタパルト等の技術が必要かな。
新型輸送機は強度に問題ありで再設計中?
飛行機がイマイチですね。
航空産業は時間がかかるので、今から本格的に立ち上げとかないとね。F22の代わりの自前のステルス戦闘機造りましょうや。「心神」でよいでないですか。
新型戦車とか、車両系はあまり問題ないと思います。
あと、今後はパワースーツのようなものや、ガンダムみたいなものも必要かもしれない。

軍事は大事な問題なので、てきとうではいけない。
アメリカなどのシンクタンクは、軍事も当然視野に入っているので、まともな話や、今後の計画が立てられますが、日本では軍事的なシンクタンクあるんでしょうか?
軍事の話になったら”オタク”として扱われるのではないでしょうか?
これって情けない話ですよ。

映画「仏陀再誕」については、今後、話題にしていきたいと思います。

あと、潜在意識の話が書いてあります。
クーエの「私は毎日、あらゆる面で、ますますよくなっている」との自己暗示など、けっこう懐かしい話題です。
マイナスの想念にはプラスの想念で闘っていく。
これ大事ですよね。
「反省」もそうですよね。
過去のネガティブな思いに気付き、変革させていく。
潜在意識も、マイナスな思いばかりではいけません。
憎しみ、嫉妬、奪おうとする思い、自己中心、恐怖、不安、自己卑下、劣等感、怠け心、不平不満、等々、このような意識ばかり持っていたら人生暗くなります。
善意、希望、努力、与える方の思い、勇気、等々、プラスの思いに意図的に変えていかなくてはいけない。
普通に生きていたら、けっこうマイナスな思いばかり持っている人は多いですから自然に影響受けてしまいます。
表面意識、潜在意識、共に明るくしていく必要がありますね。
このような点は、宗教の領域とも言えますが、近未来の精神医学、心理学の進んでいく分野でもあるでしょう。
肉体だけでなく、心も含めて、「本当の健康とはどういった状態か?」といったことが問題になっていくかと。


共通テーマ:日記・雑感

歴代首相の経済政策全データ [本(日本の政治)]


歴代首相の経済政策全データ (角川oneテーマ21)

歴代首相の経済政策全データ (角川oneテーマ21)

  • 作者: 草野 厚
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2005/01
  • メディア: 新書



タイトル通り、戦後の歴代首相の経済政策(経済政策に特化しているわけではないが)が、簡易にまとめられている本です。
27人も載っていますので、1人あたり数ページです。前の方にグラフとかあります。
おおっ、日本は既に、1968年の時点でGNP世界第二位になっていたんですね。
戦後の復興はとても早かった。
1980年代からは、国債残高もグングン増えています。
まあ、大きな政府になってしまってます。
しかし、経済政策を常に考えていなくてはいけないとは社会主義的な考えとも言えますね。

消費税については幸福実現党で随分言いましたので、
鳩山由紀夫のおじいさんの鳩山一郎内閣は何をしたのか? を書いてみます。

第一次1954、12~1955、3 
 社会党の協力を得て首相になったりしてます。(おじいさんの代から左寄りですね)
 米国一辺倒の吉田路線との決別を宣言。(こういうとこも似ている)
 再軍備、憲法改正に意欲。(今の鳩山とは少し似てない)
第二次1955、3~1956、12
 日本社会党に対抗して、民主党と自由党が合体して自民党となる。
 日ソ国交回復にほとんどのエネルギーを費やす。
 1956、12 日ソ共同宣言。
 日本、国連へ加盟。
 経済環境は神武景気へ。(吉田時代の政策の成果かも)

てな感じですが、やはり、おじいさんの代から左寄りであることは間違いないですね。

ちなみにウィキペディアによれば、
クリスチャンであった。
1955年3月、東京でフリーメーソンに加入。
とのことです。

☆とうとうこのブログも書き始めてから200記事に達しました。
 次は、500を目指します。


共通テーマ:

国連安保理と日本 (中公新書ラクレ) [本(日本の政治)]


国連安保理と日本 (中公新書ラクレ)

国連安保理と日本 (中公新書ラクレ)

  • 作者: 白川 義和
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2009/08
  • メディア: 新書



第1章 安保理は何を決定するのか
第2章 安保理の歴史
第3章 広がる安保理の役割
第4章 安保理の日常―日本が議長国を務めた月から
第5章 日本はなぜ常任理事国になれないのか
第6章 日本の歩むべき道

非常に勉強になりました。
どうも国連の安全保障理事会の動きがよくわかってなかったので。
安全保障理事会の構成は以下になります。

常任理事国(米、英、露、仏、中)普遍
非常任理事国 10カ国 (抽選任期2年、但し連続は駄目)

常任理事国は拒否権を持っているので力は絶大です。
常任理事国が最初から決められてしまっているので国連では、日本より中国の力の方がどうしても強くなってしまいます。これってずるいですよね。
ただ、日本は非常任理事国10回と、一番多く非常任理事国になっています。

過去、G4といって、日本、ブラジル、ドイツ、インドが一挙に常任理事国入りを目指しましたが失敗に終わりました。なかなか常任理事国に加わるのは難しいシステムになっています。
安全保障理事会は常任理事国が一国でも拒否権を発動したら成立しませんし、常任理事国の改正には国連憲章の改正も必要です。改正には加盟国の3分の2以上の賛成が必要になります。
最終的に安全保障理事会で中国の反対があれば日本は絶対に常任理事国になれません。
圧倒的多数票を加盟国から得るしかないですね。そして、中国を孤立させる。
なかなか難しいけど。

で、安全保障理事会で大事なのは以下のメッセージです。

決議、議長声明、プレス声明

決議が一番強いメッセージで、どのレベルになるかが、各国の駆け引きになります。
決議も、憲章7章となると、武力行使も視野に入ったものと判断されます。
非常に、各国の利権がぎりぎりのところで闘われます。
北朝鮮のミサイル、核実験に対する日本と国連安保の動きなどもよくわかります。

ま、あまり書くと著者にも申し訳ありませんのでこのくらいにしときます。
外交、軍事、今後の国際情勢に関心ある人は読んでおく価値あります。



共通テーマ:

将来は必ずや第一党になります! [幸福実現党]

幸福実現党の結果は惨敗でした。
ただし、断じて間違った事をやっていたわけではありません。
正しいことを言って、本当に国民のためになる政策を提言し、この国の未来の事を考え、国民の耳には痛い話もしてきました。短期的な解決策ではなく、問題の根本的な解決のための政策の提言をしてきました。
宗教だから、というレッテルに絶え、一部マスコミや心無い人の中傷にも絶え、無視を決め込むマスコミと闘い、明らかに馬鹿にしている人々の視線にも絶えやってきました。
この国の未来のために。
しかし、結果は民主党の天下になってしまった・・・。

が、しかし、それでグチグチ言っても仕方がありません。
いろいろ反省の材料や、研究の材料は随分仕入れました。
人々の反応も、とてもよくわかった。
個人的には、ものすごく得るものはあった。
もちろん活動した大方の人は、そう思っているはずです。
失敗から学ぶのも、大いなる前進です。
宝(たから)です。
この様な経験は、望んでいてもなかなか出来る事ではありません。
十分、反省と研究をして、今後の対策を練っていきたいと思います。
断じてやります。
第一党を目指します!
絶対にです!

民主党の天下になってしまったのは国防問題とか、社会主義への前進とか、教育の荒廃とか、結構危険なことが多いですが、ま、「言論の自由」はありますので、いろいろな方策で間違った方向に行く事は阻止していくべきであると思います。


共通テーマ:日記・雑感